お知らせ。

さて、11月3日文化の日正午〜、
毎年恒例となる千鳥ヶ淵墓苑での「東京ヤゴダ会主催」の
シベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭が近づいて来ました。
母親の兄にあたる伯父が二人シベリア抑留を経験し、
長男の伯父は生還しましたが、
次男にあたる伯父が木の伐採作業中に倒れた木の下敷きになって亡くなっています。
足を怪我していて逃げ遅れたと聞いています。
それまで戦時中のことなど興味も関心も無かった自分が、
そのことにやっと意識を持ったのが10年前でした。
「全国ソロモン会」と言う南方の戦友遺族会のお誘いを受け、
2009年にガタルカナル島、ブーゲンビル島と開催された現地慰霊祭で、
提供した鎮魂歌「涙雨」を歌って欲しいと声をかけられたのがきっかけでした。
その経験から、
今まで全く無関心だったシベリアで亡くなっている伯父の慰霊に関心が芽生え、
とにかくシベリアへ慰霊に行きたいと言う強い思いから探し当てたのが
シベリア抑留を経験された皆さんで組織されていた「東京ヤゴダ会」でした。
すぐに連絡を取ると、毎年11月3日に慰霊祭をしているとのことで、
同年の慰霊祭に駆け込みで参列でき「涙雨」を奉納させて頂きました。
そして、その翌年2010年戦後65年と言う節目の年、
どうしてもシベリアへと言う思いに駆られ、
その思いを故杉村事務局長さんに伝えると、
何とかして慰霊墓参ツアー実現の為の最低人員を集めるからと集めてくれて、
伯父が亡くなった地域ではありませんでしたが、
ロシア沿海州の八ヶ所の慰霊碑を回って慰霊祭をして歌を奉納することができました。
その経験から帰国後鎮魂歌として改めて作ったのが
「貴方の眠る場所 ヤゴダの祈り」です。
ヤゴダと言うのは、シベリアの短い夏の間だけ山野に自生している赤い木の実で、
食べ物の無かった抑留者にとって、大変貴重だったことから、
亡くなった戦友たちへの鎮魂の祈りを「ヤゴダの祈り」と呼んでいるとのことでした。
お世話になった故杉村事務局長さん、
ご自身は80歳を越え、2ヶ月前に手術をしたばかりのお体でしたが、
身を呈しても戦友、遺族を思うその思いの方が勝っていることを
目の当たりにさせて頂き、
本当に感謝でした。
その思いは「全国ソロモン会」の故菊本事務局長さんからも
全く同じものを感じましたが、
どちらの会も当時の事務局長さん無くして
自分が今のように音楽で戦没者の鎮魂、慰霊に関わることは無かったと言えます。
「東京ヤゴダ会」でシベリア抑留を経験された皆さんは、
日本軍の将来のエリート幹部として教育を受けていた皆さんですが、
まだ戦地に赴く前の段階で抑留されているので、
実際の戦地での戦争経験者よりも年齢的に少し若かったのですが、
それでもこの2、3年で抑留経験者の参列はなくなってしまいました。
参列者の数は減っても、その思いを絶やさず引き継ごうと有志が中心となって、
慰霊祭は11月3日正午〜続けられています。
かつての大戦中に、
今日の平和の礎となっている日本のみならず
世界中で払われた未曾有の甚大なる命の犠牲。
平和とは一人ひとりの命の尊厳の上に築かれるものであるならば、
やはり世界が平和に向かう途上で犠牲になったその命に目を向け、
鎮魂、慰霊の思いを捧げるのは、
一人ひとりの心が真の平和を希求する上での出発点であると思います。
どんな大きな理想を掲げても、理想は大切だと思いますが、
まずは目の前の身近なところで実践できなければ偽りになってしまうと思います。
この鎮魂、慰霊への思いは、
政治、宗教、思想信条に関係なく平和へ向かう根幹をなすものだと思っています。
この尊い命の犠牲を無駄にしない為にも
世界の平和を実現していかないといけないと思いますし、
その土台は我々一人ひとであることを思うと、
まずは自分の心が平和でないといけないな…と、
そんなことを思いつつ長くなりましたが…。

「東京ヤゴダ会」の慰霊祭は、献花代として1000円受付でお支払い頂くと、
どなたでも参列できますので、
関心を持って頂ける方がいましたらお声掛け下さい。

◆11月3日正午〜(1時間弱)
シベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭
「東京ヤゴダ会」主催 於:千鳥ヶ淵墓苑
献花代 1,000円

 

15周年コンサートの映像(スマホ版)。

さて、先日の15周年コンサートで正式に撮影した映像は
追ってDVDにして販売しますが、客席から撮ったスマホ映像で当日の雰囲気を。
今までのコンサートで最多の24曲歌った中の10曲です。
最初の「月」は短いですが、それ以外5分超える曲以外はほぼフルコーラスです。

<前半から>…
1:月
2:あなたの笑顔思い浮かべて
3:遠野四季織り物語

<後半から>
1:いつかの飯田橋で
2:ONCE AGAIN~君のいない部屋~
3:いつかの蛍火
4:Loneliness Boy~暗闇の中で~
5:海府の冬
6:花~我が人生に悔いなしと~
7:花鳥風月~絆~

それと、何だか懐かしいインターネット番組が引っ掛かって来ました。
5年前の11月、
10周年コンサートを終えた直後のタイミングで声が掛かり出演した
「それいけDREAMUP」と言う番組ですね。
今回の15周年と同じ「埼玉会館」で500名満席で終えたことやら
音楽活動を踏み切った辺りのことを話してました。
最後に自分の動物占いもしてもらってましたね。

15周年コンサートの感想を紹介。

今回のコンサート後に頂いたいくつかのメールを紹介。

いつも応援頂いている70代の男性の方から。

◆やはりフルバンドをそろえると、ハードなロックが、
70過ぎの私にも心に響きますね。
「君のいない部屋」とか「暗闇の中で」とか歌手と演奏者が一体となって
懸命にそして気持ちよさそうに舞台を作り上げている姿は、
聞いている私たちにも心に響くものがありました。
私がびっくりしたのは、その時ヤマト君の顔が変わって見えましたね。
何度か眼鏡の角度を変えたりしてみたのですが、
確かに貴男の顔が変わって見えました。
多分気持ちが乗っていたせいではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

不思議ですが、こんなことを感じたお客さんがいるんだな…と。
素晴らしいメンバーとやれてるからこその安心感、
一体感がお客さんに伝わっているんでしょうね。

また、休憩時間に佐渡世界遺産の署名のお願いをされた
「佐渡を世界遺産にする首都圏の会」の金子怜三さん、
いつの間にか、YAMATOのアピールタイムになっていました。
その金子さんの感想です。

◆YAMATO氏のお誘いを受け参加してきた。
仲間達とカラオケを楽しむ好々爺で歌と言えば演歌だけにどっぷり浸り、
ロックのコンサートは
「明大マンドリンOB倶楽部」のコンサートに毎年参加する中で唯一明大のOBである
「宇崎竜童」のライブを聴いたのみ。
果たして付いて行けるか心配でした。
休憩を挟んで前半 後半で12曲づつの熱唱にいつしか引き込まれてしまった。
彼のレパートリーにはロックだけではなく演歌調もある。
激しくシャウトする彼の歌には愛があり心がこもっている
その故は、彼の原体験にあるのだろう!
彼の故郷佐渡外海府は、
海の向こう側はロシア真冬にはマイナス60〜80度のシベリア寒気団が襲来し
ブリザードが吹き荒ぶ、
海は怒涛のように荒れ狂い泡が飛び舞う
そんな過酷な冬にはコタツに潜り込んでも身も心も冷え
幼い少年の胸のうちにはマグマが凝縮した事でしょう!
しかし春には荒れ狂った大地に可憐な野花が咲き乱れる、
夏には鏡のように澄んだ海に潜り魚や貝を取る。
そのような原体験があるから感受性強く豊かな感性が磨かれポエムが湧き上がり
メロディが降臨してシンガーソングライターが完成したものと思いました。

・金子怜三さん。
71654809_895125824220611_8030595426174369792_n

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また、こんなうれしいメールも頂きました。

◆まずは格好いい
誇らしい

熱い視線が一点に
点はオーラを発し面となり
小宇宙に
ヤマトの世界へ

無の状態で行った私を導いてくれました
深く大きな大きな人でした
この出会いは自分へのご褒美でした

謝謝

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今月末には、佐渡の中学校の文化祭でのライブを頼まれていますので、
まさに世代を超える音楽と言う目標に向かって更に精進します!

あっそうそう、コンサート前日の東吾妻町では、
自分のライブに来てくれていたファンの御孫さん10歳の男の子が、
その日以来YAMATOに夢中になって毎日CDを聴いてくれているとか、
昨日のコーラスに入った7歳の男の子と女の子も、
栃木から来てくれていたんですが、
前でずっと真剣にライブを聴いてくれていて、
帰り際に最後自分と握手したかったそうで、同伴のお母さんが連れて来てくれました。
ファンが低年齢化してる。

72201315_895125820887278_4935310215043088384_n

71384553_895125884220605_4532929035616911360_n

15周年記念コンサートの写真。

YAMATO音楽活動15周年記念コンサート
”光めざして”【花鳥風月 絆】無事に終了しました。
お越し頂いた皆さんありがとうございました!
ホールコンサート前でありながら、
8月末の中国ツアーを皮切りに9月入ってからも佐渡〜能登〜東北ツアー、
前日は群馬の東吾妻町でライブと、ほとんど家に居なかったので、
正直どうなるのやら?みたいな忙しさでしたが、
本当に無事に終わりホッとしています。

今回Newアルバムのレコーディングをした時から、
メンバーから自分の歌唱力の飛躍に驚きの声をもらっていましたが、
確かに今回のコンサートで、
自分の中で新たな段階にステップアップした手応えがありました。
それは最近の自分のライブでの感覚やお客さんの反応からも感じてはいましたが、
改めてこういう大きなホールで歌っていても余裕があると言うか、
何か思ったように自由に歌える、表現できる感覚があるんですよね…。
昨日のコンサート終了後にも感動、称賛のお声をたくさん頂きましたが、
コンサートの度に来ていつも応援してくれているお客さんからも、
毎回歌唱力が上がってるけど、今回また格段に上がっていたと言われました。
まだまだ進化する余地がある程、歌は奥深いものだな…と改めて。

公式カメラマンの写真ではありませんが、
撮ってもらった今回のコンサート写真をアップします。

line_555863271967995_20191012194207

line_555530746519476_20191012193043

line_555805645979163_20191012193137

line_555880348089812_20191012194117  line_555965129907852_20191012193104

line_556448759429022_20191012193201

line_555888459809913_20191012193236  line_555950627598326

line_556127590332582  line_555930779820990_20191012193221

line_555972439269203  line_555978010305868line_556196985829430_20191012214842  line_555939401795466_20191012194002 

line_555482713013140_20191012194036

line_555708321475502_20191012214904

line_556607117549118_20191012213740

line_556164161376682_20191012193141  line_556215297273017_20191012194234

line_556509341423738_20191012194056

line_556567291251997_20191012194058

line_556595880267559_20191012194148

line_557045059942336_20191012194157

「第4回 いわびつ文化祭」。

週5日(土)は、
15周年コンサートの前日でしたが、
群馬県東吾妻町の「第4回 いわびつ文化祭」に行って歌って来ました。
前日に長野経由で東吾妻町入りして、
当日朝一で地元の「天狗の湯」に入ってのライブとなりました。

・「天狗の湯」に貼ってありました。
DSC_5802_20191012184540

・道の駅になっている野外では、ライブ演奏していました。
DSC_5803_20191012184549

午後から廃校になった岩島中学校校舎での「いわびつ文化祭」でした。

・最初は、山野さんの尺八演奏から。
DSC_5808_20191012184559

YAMATOのライブでは、、
今回のNewアルバムの中でも素晴らしい尺八の音色を奏でてくれる
山野さんのサポートで演奏しました。
そして、翌日の15周年コンサート前にNewアルバムが間に合い販売できました!

line_978614141940527_20191012174913 line_915365737800905_20191012174917

line_915377618311161_20191012174923

・このライブ以来ファンになり、毎日CDを聴いてくれていると言う10歳の琥太郎君。
received_422063235162780_20191012174607 received_493193344746041_20191012174554

帰りに買って帰ろうと思ったりんごや野菜、
そしてこんな素晴らしい菊の花まで頂いてしまいました。

DSC_5815_20191012184520

DSC_5816_20191012184514

来年は、「いわびつ文化祭」も5周年になり、
少し大きくやりたいそうなので楽しみにしています。
東吾妻の皆さん、ことしもお世話になりました!

10月5日は「第4回 いわびつ文化祭」に。

さて、6日の15周年コンサート前日ですが、
明後日5日、各地のご当地ソングを提供する流れになった草分け的な地域、
東吾妻町の「いわびつ文化祭」に参加して今年もライブをして来ます。
東吾妻町は、今自分のサポートとして活躍してもらっている尺八奏者山野さんの故郷。
彼とのご縁を繋いでくれた故人片貝孝夫さんのことも思い出しながら、
今年も心を込めてライブをして来ます。
2年前の「いわびつ文化祭」で初めて自分の歌を聴いて大変感動したと言うご婦人が、
その直後12月の「埼玉会館」のコンサートにもわざわざ東吾妻町から参加してくれて
「80年生きて来た人生で、こんなに歌を聴いて感動したことはない」
言ってくれましたが、
6日には数人の方を誘ってまた来てくれることになっています。
そう言えば、前日の「いわびつ文化祭」でもお会いできるのかな…?
実は明日の夕方には家を出て長野経由で行く予定なので、
Newアルバム間に合えば東吾妻町に持って行きたいのですが、
明日家を出るまでに届くかな…?
東吾妻町の皆さん、今年もお世話になります!

70120231_2415594082059294_397551974033129472_n

10年ぶりの「LIVE ACT 21」に。

昨日は、10年ぶりに戸田市文化会館の「LIVE ACT 21」で
ピアノのKenji君とコーラスの中山敏余さんと演奏しました。
何と2日前に戸田市文化会館に連絡しての演奏でした。
急な告知ながら、元蕨高のPTA会長だった渡邊さんが駆けつけてくれました。
全盲の知人の方を連れて来てくれたのですが、
素晴らしい声だったと感動して帰ってくれました。
また、聴いてくれていたご婦人が、
「LIVE ACT 21」スケジュールを見て、
もし自分が歌う機会があればまた聴きに来たいと言って帰って行きました。
その後は、チケットの注文を受けていた「若波会」の練習に。

71826326_2340512646047507_5445101581580107776_n

71313037_2340512692714169_1635425363364413440_n

・元蕨高PTA会長の渡邉さんが急な告知を見て駆けつけてくれました。
71255338_2499733153449545_2041096470559457280_n

・若波会の練習に。
72268629_2499733273449533_2242393629148577792_n

その前日は、1ヶ月ほとんど留守にしていたので、
やっとのことで「田舎料理 さど」に行ってポスター、チラシ渡して来ました。
居た女性のお客さんとママのリクエストで、
アカペラで2曲ほど自分の歌を歌いましたが、
何だか訪中団に続き、最近アカペラで歌う機会が増えてるな…。

71708636_2499733203449540_4778645884147597312_n

信頼おけるメンバーと最高のコンサートになると思うので、
一人でも多くの人に聴いてもらえるように、最後まで集客頑張りま~す!

東北から帰ってもバタバタと。

気仙沼最終日24日の朝に大島に行き、
懇意にしているヤマヨ水産の親父さんを訪ねると、
牡蠣筏で滑って倒れたらしく顔面殴打、大変な状態になっていました。
知り合いの東京羽村市の青木先生の話をすると、
奥さんと息子さんが仕事だと思ってすぐに行ってくれとのことで、
26日に予約が取れたので親父さんを大宮駅で迎えて連れて行って来ました。
顔面を打った歪みやむち打ち、首の骨のズレ、肩や背中、膝と、
長年働き過ぎの全身の不具合を施術してもらいました。
夜はサンアイで昨年2月に牡蠣ツアーで行った女性陣が集まり、ささやかな交流会。
施術で楽になったのか、移動で疲れている中、1曲お披露目してくれました。
翌日は、早速始発の新幹線で気仙沼に帰ったようで、やっぱりヤマヨの親父さんでした。

71173396_2496235383799322_4445705113192890368_n

71140201_2496235457132648_1237038864300769280_n

・夜は、サンアイで交流会。
72317172_2496235500465977_5146030299951398912_n

そして、27日は6日15周年コンサートの本番前のリハーサル。
午前中は、ピアノのKenji君宅でのリハ。

70915220_2490433804379480_5301779506460098560_n

午後からは、リズム楽器中心にフルバンドのメンバーで。
ギター新井さん、ベース斉藤さん、ピアノメイさん、ドラム泰喜君で。

71643841_2490433844379476_7438924279120396288_n

71248123_2490433924379468_4207483515169669120_n

28日は、8月末に行って来た訪中団の報告会が中国の建国70周年の写真展と合わせて、
リーガロイヤルホテル東京で開催され、
丁度予定が空いていたので参加して来ました。
実際訪中団のメンバーからの参加者は100名のうちの3分の1くらいだったでしょうか?
他は、一般からの参加者でした。
訪中団の時に、中国でギターを現地調達してもらって
最後の懇親会の各班の余興で歌ったことをアップしましたが、
何とその時に自分に歌わせようと最後まで執念で段取りをして頂いた横田さんが、
またもや自分が参加するかどうかわからなかったからと、
ご自分で10月6日のコンサートの宣伝チラシを作って来て
皆さんに配布する準備をしていてくれてビックリ!
いや〜、ただただ感謝で涙ものでした。
今回も、ギターは無かったのですが、歌のリクエストがあり、
さすがにここまでされてはと中国でも歌った「把根留住」をアカペラで歌いました。
横田さんには、ここまで気遣ってもらったので、
コンサート当日のサプライズを約束しましたが、
横田さんは訪中団の参加者が10人来てなかったらやらなくて良いとのことでしたが。
逆に10人くらいは来て欲しいと言う横田さんの期待もあると思いますが、
果たしてサプライズがあるのでしょうか?
当日ステージから挙手してもらわないといけないですね…。

・訪中団団長の近藤衆議院議員。    ・孔鉉佑大使
71402683_2496236697132524_880971987969638400_n 72273929_2496236753799185_7918286605524140032_n

・内山書店内山社長の報告。
71032144_2496236807132513_7600403985614241792_n

・近藤衆議院議員と胡参事官の懇親会乾杯の音頭。
72410815_2496236873799173_9073227367530364928_n

・訪中団でお世話になった早稲田大学江先生。
71952265_2496246567131537_3806478795452448768_n

・リクエストに応えて中国でも歌った【把根留住】。
72388953_2496246610464866_1280418111299780608_n

29日は、学士会館での佐渡高校関東支部同窓会です。
今年の基調講演は、拉致被害者の曽我ひとみさんでした。
アトラクションでライブでは、
裸子被害者救援ソングとして作った「愛しき人よ もう一度」を歌いました。

71342124_2492392924183568_4249173753394626560_n

東北ツアーの報告。

●9月21日

仙台の「Vintage Cafe」でのライブ終わりました。
結構キャンセルが相継いだようで、
予定の半数近くになってしまいこじんまりのライブになりましたが、
初めて来て頂いた方たちは、本当に来て良かったと感動しまくって頂きました。
夜は、ファン宅にいずみんのお母さんや、
感動しまくって頂いた同じ住宅に住むご婦人が来てくれて、
夜中2時過ぎまで打ち上げでした。

71294167_2477385989017595_4657446408180203520_n

70460021_2477386032350924_2583534411794350080_n

71513419_2477386085684252_8686337108643676160_n

70462145_2477393342350193_4538002135022829568_n

71558860_2477393422350185_1377226510942863360_n

●9月23日

反松公園仮設住宅での久々のライブでした。
90軒以上あった住宅も、今や住んでいる方は6、7軒になっているそうです。
初期の頃からの馴染みの仮設住宅を出た方々が来てくれていました。
ボランティアの東北学院大学学生たちもいましたが、
自分のライブを真剣に聴いてくれていて、
ライブの後に聞いてわかったのですが、
東日本大震災の時に地元唐桑で被災して津波で家を亡くした学生もいて、
「YAMATOさんの歌、本当に力をもらいました」と、
うれしい感想をもらい、堅い握手をしましたね…。

・応援歌を歌ったボランティア学生の”たくみ”君。
70713072_2706091786078618_3782706469296668672_n

71311294_2486815281407999_6864024893457956864_n

・東北学院大学の学生たち。
70526729_2706091656078631_8130181273793593344_n

●9月24日

この日は、4月以来の大船渡川原アパートでのライブでした。
前回4月に来た時には、出発直前に高熱が出て、
一時は東北ツアーを断念しないといけないか?
くらいの体調不良をおして何とか来て歌ったので、
納得いくものではなかったですが、今回はたっぷり2時間位のライブになりました。
涙を流しながら聴いてくれる方もいたり、とっても温かい気持ちで歌えました。
川原アパートの睦ちゃんから、
「今日はお彼岸なので、YAMATOさんが来て歌ってくれたのはきっと意味がある気がする」
と言われ、
震災で沢山の方が亡くなっているわけで、
昨年の遠野ライブで初めてお会いした息子さんを震災で亡くされている岩城さんも、
お忙しい中駆けつけてくれて、
4月に奥さんも一緒に聴いて頂いた「愛しき人よ もう一度」を
息子さんのことを思いながら歌わせて頂きましたが、
確かにそう言われたら何か不思議な気持ちになりましたね…。
最後にアンコールで鎮魂の意味を込めて「涙雨」を歌いましたが、
歌っている時に窓の外の雨で濡れた景色が目に入って来て、
その日の雨がまさに”涙雨”ような気がして来ました。
連日とっても良いライブの時間を共に過ごさせて頂きました。

71216458_931662753856071_3150083449025462272_n

70933671_931663123856034_6392391210379509760_n

69163283_2486815554741305_3567097659338522624_n

71311292_931663017189378_604943682625339392_n

71095164_931662970522716_3315239458546122752_n

70678198_931663203856026_3820177499153760256_n

この後は、急遽皆さんで昼食と観光に!

・村上さんおススメの磯ラーメンを食べに!
71145452_2487197278036466_5875391076243603456_n

71302244_2487197341369793_2035458260831567872_n

その後は、陸前高田の「普門寺」へ。
71759142_2487197438036450_5203450026969268224_n 71384552_2487197508036443_550750141766696960_n

70843049_2487197608036433_5275853752421580800_n

71226355_2487198001369727_9059065172433305600_n

71059677_2487197901369737_4406198749873831936_n

70795798_2487197714703089_5142139476193050624_n

夜は、電車のハプニングで川原アパートに一緒に行けなかった
京都からのボランティアの福井さんのためにボラ宿「若芽」でのミニライブ。

70977423_2487198234703037_2925075545521651712_n

70954817_2487198354703025_3864771277004734464_n

●9月24日

最終日午前中は、また予定外に、
南郷復興住宅の集会所のお茶っこの会でライブでした。
前回4月に来た時に皆さんで歌った気仙沼版ドンパン節の歌詞に「泥棒坂」があり、
【みっちゃんと泥棒坂】を作るきかっけになった場所でした。

71659610_2487198088036385_1948234557450878976_n

71700296_2487198161369711_8864644544247889920_n

そして、午後からはまだ大島へ行ったことのない
ボランティアの福井さん、大巻さんと地元の美女お二人を連れて大島観光へ!

・福井さんと大巻さん。
71673399_2487198434703017_5071685661598154752_n

70894515_2487198558036338_6182553144250073088_n

71333652_2487198718036322_8622086339220733952_n

70992402_2487198828036311_5153924183553474560_n

70926857_2487198918036302_4453919414240149504_n

夜は、塩田マスターからYAMATOファンの福ちゃんが来るからとの情報があり、
仙台に向かう前に顔を出しに気仙沼滞在中3回目の「食事処 塩田」へ。

・福ちゃんとおばさん、従妹と。
71189659_2487199031369624_4935679268697931776_n

・塩田ファミリーと。
71207237_2487199141369613_7094945536704249856_n

今回の東北ツアー、仙台から始まって、気仙沼、大船渡は復興支援のライブでしたが、
どの場所もたっぷり2時間前後歌い切った感じでした。
最近、一人でプライベートで通ってライブをするようになり、
以前はボランティア団体として整体と一緒にライブをしていましたが、
自分の歌は、歌詞に重きを置いているので、
雰囲気とかBGM的に聴く歌とは違い、
やはり整体などをしている場ではどうしても集中して聴けなかったのはあると思うので、
本当の意味で歌が伝わりきれなかったのは正直あると思います。
今一人で通ってやるライブでは、
ライブだけに集中できるので歌詞が伝わってくれるのだと思いますが、
現地の皆さんの感動の仕方が全く違っているのを感じます。
自分としては、新たな段階での活動に感じています。

今回は特に、お彼岸と重なったこたもあり、
鎮魂、慰霊をテーマに歌ったこたもあり、
泣きながら聴いたという方が多くいました。
いつも顔を出す「食事処塩田」のマスターが、
今回顔を出した時にしみじみと本音が出て、
「仮設の頃はとにかく先のことを考える暇もないくらい必死だったけど、
今こうして店を構えて落ち着いたら、
逆に先のことを考えて不安になることがあるんだ」と言いながら、
自分がマスターのテーマソングだと言っている曲をえらく気に入ってくれていて、
今回のアルバムに収録した正式な音源を聴かせると
「こう言う歌を聴くと励まされるね〜」と喜んでくれていました。
そんなことからも、やはりインフラの整備が進んだり、
生活環境が整ったとしても、
逆に余裕が出てくる分心の問題が浮上してくるケースも多々あると言うことですね…。
歌の力を信じて、まだまだ通うことの意味を感じた東北ツアーでした。

 

 

萬燈祭当日。

●9月16日

萬燈祭当日、天気予報では晴れだったんですが、
夕方に近づくにつれて雲行きが怪しくなってきて、
萬燈祭に参加する「若波会」のメンバーからは、
金沢の方は雨が降っているとの連絡もあり、天候が心配されましたが、
昨年のような自分が歌い終わった後のようなドラマはなく、
結局雨は降らずに自分が歌い終わる頃には月が昇ってくれました。

今回は、準備から片付けまで、
かなり一緒にさせて頂き、準備の大変さも更によくわかりましたが、
萬燈祭への思い入れも強くなりました。
佐渡の地元集落でのライブでは、ギターの弦3本切りましたが、
萬燈祭では1曲で最初2本切り、
その後3本を超えたら佐渡よりも思い入れが強い証拠と、
冗談めいて言っていたら、結果的に3弦〜6弦までの4本切ってしまい、
佐渡ライブからよく弦を切りましたね…。
長田集落の皆さん、お世話になりました!

・リハーサルも終わり。
70448666_2467756119980582_4007638820030775296_n

・夕方に向けてこんな雲行きに…。
71003600_2467756156647245_196675889742741504_n

・今年は、昨年の倍20名の皆さんで参加してくれた「若波会」に皆さん、
70388444_2527350354023882_7499680306669027328_n 70470257_2527350670690517_6099108118736666624_n

71021598_2527350957357155_5843367366292930560_n

・暗くなるにつれて見事の竹灯りに。
71053760_2468099919946202_7900513128910159872_n

70404165_2469687333120794_7703708544767361024_n

71096628_2468099976612863_8608350664440938496_n

70557848_2468100106612850_8498864199944896512_n

・YAMATOミニライブ。
70685735_2527352064023711_1940486848765755392_n

70289942_2527352424023675_5926689864979316736_n 70666141_2527352604023657_254438024438349824_n

・ライブの終盤には月が出ました!
70207979_2469687379787456_7741117748570226688_n

・最後は、民謡流しで。
70181087_2469687289787465_3664244180281982976_n

・主催者代表中西光路さん挨拶。
70638239_2469687219787472_3865439595390828544_n

・打ち上げは、日付が変わるまで自分のギター伴奏に合わせて皆さん歌いまくり!
70926085_2469687443120783_5238836185211600896_n

早速メディアにも取り上げて頂きました。

・前日の浄専寺ライブと合わせて「北國新聞」で。
70149142_2469549316467929_3736540389817974784_n

69893792_537911576982120_162868475579072512_n

・地元志賀町の月報で。
71275176_537911453648799_8637446134408675328_n

71285212_2496641883758672_6328349988115972096_n

71350677_537911543648790_8784463891447939072_n

 

去年は、高知県から知人が駆けつけてくれましたが、
今年は川越からも!
そして、来年は、すでに熊本から参加したいとの表明があります!
来年の萬燈祭、楽しみです!

この萬燈祭へ寄付をするために【長田萬燈祭の歌】と
その他【能登の四季巡り】、【故郷金沢 四季の歌】などを収録したCDを
石川県のご当地ソングCDとして販売しています。
1枚1,000円のうち500円が寄付になりますので、よろしくお願いします!
視聴は、こちらからできます!

61980023_2280090275413835_1633051655198998528_n

WordPress Themes