新曲【果てしなき旅路へ】※デモ音源

さて、【虹の架け橋】、【福寿草】と新曲デモ音源アップして、
YAMATOのコンサートを聴いたことのない方は、
特に復興支援関係のライブをしたりする時にはバラードの曲が中心になるので、
ロックなイメージがないかも知れませんが、ロックな曲も結構あります。
一昨年、自分の曲の中のバラード曲ばかりを集めて、
ピアノ、バイオリンをベースにバラードライブをして大変好評でしたが、
すでに告知してある通り、来る2月21日(金)夜には、
初めて赤坂でロックな曲ばかりを集めたロックライブを敢行します!
どんなステージになるか楽しみにお越し頂きたいと思います。
次に上げるデモ音源は完全にロック。
これまでの2曲とは全く違って、余り知らない方は同じ人?
と思われるかも知れませんが、
ギター1本の弾き語りですが、結構ハードに魂ぶち込んでいます。
実は、曲自体は、
一昨年5月に気仙沼のうどん屋団平さんが都内でお店をやっている時にライブをして、
その時に団平さんの応援歌として作って行って一度だけ歌いました。
震災後、行く先の見えない中で他人の助けはすれど、
なかなか自身のお店を地元気仙沼で再開できず、
色んなご苦労がありましたが、昨年無事にオープンに漕ぎ着け嬉しい限りです。
そんな先の見えない人生の応援歌のつもりで作った曲で【果てしなき旅路へ】です。
これまでの2曲と聴き比べて頂き、ギャップを楽しんで下さい。
多分2月21日のRock!LIVEでは、フルバンドアレンジにして、
正真正銘ロックな【果てしなき旅路へ】をお披露目できると思いますのでお楽しみに!

新曲【福寿草~3月9日の君へ~】

すでに歌詞だけアップしていましたが、
今年3月9日に行われる卒業式で歌うために作った曲です。
元々3月9日と言うことで、
レミオロメンの「3月9日」のリクエストがあったんですが、
普段コピー、カバーはほとんどせず、
元歌も巷で流れているのを耳にしていた程度で聴き込んだことがないので、
それはみんなで歌う伴奏にして、
自分でお祝いの歌を作ろうと思い作った久々の卒業ソングです。

子供の頃は、
春先になれば福寿草はたくさん見ていたのに気にも留めてなかったんですが、
フォトスライドショー用にたくさん見ていたら、
何だか地味ですが可愛らしくて良い花ですね…。
好きになってしまいました。
カラオケBOXで録ったデモ音源なので、バックが少しうるさいですが。

【福寿草~3月9日の君へ~】

新曲【虹の架け橋~オリオンの三つ星見上げて~】

昨日、何曲か新曲のデモ音源をギターで録ったんですが、
その中の1曲【虹の架け橋~オリオンの三つ星見上げて~】は、
一昨年のフェニックスクリスマスチャリティーでご縁を頂いた
石巻の木工作家遠藤伸一さんをテーマに作った曲です。
デモ音源ですが、ご本人に先程聴いて頂き、
泪が止まらなかったとの感想を頂きました。
東日本大震災や熊本地震などを通して、
実際関わった中で、何曲か楽曲作りをして来ましたが、
個人的なつながりで作るのは
「気仙沼フェニックスバッティングセンター」の千葉さんとの出会いで作った
テーマソングの【光めざして〜不死鳥のように〜】以来かな?と思います。

東日本大震災で3人のお子さんを亡くされ、
生きる意味を失った失意のどん底から這い上がり、
今は木工作家としての立場から子供たちに関わる木工作品を多く作られています。
そんな遠藤さんを支えてくれたのが、人とのつながりであり、
想いであったと関わって頂いた皆さんに大変な感謝をされています。
「虹の架け橋」と言うのは、そんな遠藤さんの想いを表現した言葉で、
子供たちのために作る公園の遊具にもその名が付けられています。
歌を聴いて頂くとわかると思いますが、
今朝見た夢の中ではっきり降りて来た
「苦しみ、悲しみはありがとうと感謝するためにある」と言う言葉が、
まさしく遠藤さんの生き様と重なりました。
遠藤さんと知り合ってから、都内での物販を手伝ったりもして、
遠藤さんのとことん誠実な人柄にも触れ、
応援したい気持ちで歌を作ろうと思い、
昨年夏頃には大筋の歌詞ができていたんですが、
遠藤さんの想いとズレないようにと慎重になる分、
なかなかこれで良し!とならず、
少し直してはまた冷却期間と言うことを繰り返し、
つい3日ほど前に出来上がりました。
ご本人に歌詞だけでも先に送ろうと金曜に郵送した後で、
遠藤さんを応援しているフェニックス救援隊の古川さんから、
昨日が遠藤さんの誕生日と知らされ、タイミングがタイミングでびっくり!
日曜日を挟んだので、歌詞が届くのは明日か明後日だと思いますが、
昨日デモ音源を録ったお陰で
先に「YOU TUBE」にフォトスライドショーにしてアップし、
遠藤さんに聴いてもらい感動して頂いたのでホッとしました。
歌詞は、遠藤さんがNHKの「こころフォト〜忘れない〜」に書いた
3回分のお子さんたちへのメッセージを
そのまま自分なりに歌詞として表現したと言っても良いと思います。
今日遠藤さんから思いの詰まったネットでは拾えない
「虹の架け橋」の感動的な写真がたくさん送られて来ましたので、
それらを使った正式なフォトスライドショーは、
正式にレコーディングした音源で改めて作りたいと思います。
ピアノベースでアレンジしたらガラッと雰囲気が変わると思いますが、
取り敢えずご紹介します。

虹の架け橋~オリオンの三つ星見上げて~

詞・曲/YAMATO

(一)
いくつもの悲しみ越えて 心に描いた虹の架け橋
流した泪は雨となり 空を彩る虹を咲かす
暗闇を彷徨いながら 生きてゆく意味を探し続けた
瞼の面影今も煌めく 三つの温もり胸に抱きしめ

あの日消されかけた灯火が いくつもの想いに生かされ
新たな息吹の光となり 奇跡の人生(みち)を照らしてゆく
想いがつながり愛が生まれる  心つなぐ愛の架け橋

(二) 
いくつもの苦しみ越えて 心に描いた虹の架け橋    
誓った約束噛みしめて 希望織りなす虹を咲かす

絶望に打ちひしがれて 幸せの意味を探し求めた  
瞼の面影今も煌めく 三つ微笑み胸に抱きしめ  

あの日途切れかけた道程(みちのり)が いくつもの願いに生かされ   
新たな明日への道標(しるべ)となり 奇跡の人生(みち)を支えてゆく
願いがつながり夢が生まれる 心つなぐ夢の架け橋

遥か夜空凛と浮かんだ 冬の星座瞬くオリオン
寄り添う三つ星見上げては 三つの面影抱きしめる
人がつながり絆が生まれる 三つの命が生きた証
             心つなぐ虹の架け橋

 

15周年コンサートDVDできました!

長らくお待たせしました。
昨年15周年コンサートのDVDやっと発送できるようになりました。
ご注文頂いていた皆さん、明日発送しますのでもう少しお待ちください。
15周年記念【花鳥風月 絆】CD(15曲入り2,500円)、DVD(24曲入り2,500円)
で販売していますので、興味のある方はお声かけ下さい!m(_ _)m
チラシ

・CD【花鳥風月 絆】(15曲入り2,500円)
71022724_782145362221911_7281538651417214976_n

・15周年コンサートDVD(24曲入り 2,500円)82315852_2732372083518983_8962499112024932352_n

正月明けの仕事一段落で書いてみました。

昨日で、正月明けからのバタバタが一旦落ち着いたので、
少し前にネットで読んだ内容を。
これまでの人生、
振り返ると自分の心の声と向き合って選択してきた人生ような気がしていますが、
自身のこれまでの経験などから培ってきた考え方や価値観がどうなんだろう?と、
時々客観的にみつめて整理することがあります。
ネットで気になるキーワードでそういったことを検索してみることがあるんですが、
普段自分が考えていることと気持ちよいほど
全く同じことが書かれている文面がありました。

元々自分は、周囲と同じということにどちらかと言うと逆らいたいタイプで、
売れているとか流行っているとか、
そういう周囲の評価に流されて何かに飛びつくことはしたくなく
(今の世の中、自然発生的に何かがブレイクするということはほとんどなく、
基本大衆心理をコントールしながら
商業的に仕組まれて作り出されているものだと思っているので)、
そうとわかった時点で、
そんなことに自分をコントロールされたくないという反骨精神?
が湧いて興味がなくなるので、
何も情報のないフラットな状態で自分が感じた感性で評価や価値づけをしたいという、
商業的な利益を得ようとしている側にとっては、
実に不利益な面倒くさい人間だと思います。
何もかもがそれでは、現代社会では生活できないので、
人並よりもそういう意識が強いかな?と。
噂なんかにも流されたくなく、人に対しての噂もそうですが、
ある程度前情報として参考にしたとしても、
自分が実際会ってみてどうなのか、やっぱり自分で判断したいと思います。
メディアなどから流れる情報も何でもかんでも鵜呑みにせず、
何かしら意図がある場合もあるでしょうし、
利権が絡んでいる場合もあるでしょう。
新しいものほど、それまでの既成の価値観に囚われている組織や人にとっては
攻撃、批判の対象になるでしょうが、
歴史的にみても攻撃、批判されている物の中にこそ、
真実があることもありますので、
多分本当に正しいもの、真実と言うのは歴史が証明していくものだと思います。

かなり話が飛びますが、第二次世界大戦中日本が開戦に踏み切ったのは、
一般的に陸軍が暴走したというような見解でいましたが、
お父さんが佐渡出身ということで佐渡とご縁があることから
佐渡の郷土会で講演されたJR東海の葛西会長の講演では、
当時の陸軍幹部は弱腰で暴走するだけの士気は無かったとのことでした。
ネットなんかでも調べると出てきますが、
結局何がそうさせたかと言うと、
結論はメディアとそれに煽られた日本国民の大衆心理ということだと思います。
当時戦争を反対的に書いていた新聞は売れず、
肯定的に書いていた新聞が売れていたことから、
新聞各社が挙って戦争肯定の論調へと流れるようになり、
結局それに日本国民の大衆心理が扇動され止めることのできない状況下で
戦争へ突入していったというもの。
ここにも、大きな教訓があると思いますが、
一見メジャーな物の裏には、何か意図が隠されている可能性があり、
以前NHKで出版社を立ち上げた若き企業佐渡島庸平氏を紹介していましたが、
人々がもっとマイナーに目を向ける勇気を持つことが必要ではないかと言っていました。
単に周囲の風潮、流れにそのまま同調しないで、
しっかり自分自身で物事を見極める、
一人一人がそういう意識を持つことがとても重要で、
そういう人が増えていくことでまた社会も変わるのかな?と思ったりもします。

例えばテレビなどメディアに頻繁に出ることの無いような
自分のようなスタンスで音楽活動しているアーティストを応援してくれる支持者は、
ある意味本質で物事を見ようとしている方たちなのだと思います。
もちろん、10人いて10人が評価してくれるなどとは思っていませんが、
まず耳を傾けて聴いてくれるかどうか、
そこで物事の本質を見ようとしている人なのか、有名かどうかなど、
ただ周囲に作られた評価で聴くかどうかを判断する人なのかは
篩にかけられると思っています。
よくテレビに出ている人、有名な人かどうかなど、
自分がどう感じるかという作品の本質ではなく、
周囲によって作られた評価で判断する人は、まず耳を傾けることをしないでしょう。
真剣に聴こうとするのと、聴き流すのでは伝わり方は全く変わりますので。
以前も書いたことがありますが、
典型的な例として昔コブクロが売れる前の野外ライブ動画が
「YOU TUBE」にアップされていて、
レコード大賞を獲った有名な曲を歌っているのに誰も足を止めず素通り。
歌の本質、価値は変わってないのに、
単に有名か無名かで耳を傾けるかどうかを判断されている典型的な例ですね。

結局自分に自身がないと、
まだ周囲で注目されていないマイナーなものを自分の判断で良いと評価できないから、
周囲がすでに決めた評価の中にいることで居場所を見つけ安心する、
全く同じことが書かれていますね。
自分のファンに自然と年配層が多いのは、
年齢層の壁を越えたいという目標があり、
そういう楽曲作りを意識していることもありますが、
結局若い頃と言うのは外見がカッコいいとか、
ノリが良いとか、流行だとか、どちらかというと外的な要因で判断する部分が大きく、
年を取れば取るほど人生で苦労をしてきて、
本質を見抜く力が養われていきているので歌詞をしっかり聴いてくれて、
音楽のジャンルを越えたところで歌詞に共感してくれるからなんでしょうね…。

周囲の評価や流行に流されず、物事の本質を見抜ける人間が、
基本的に信頼できる人間であり、
理想的な人間関係を築くために必要だとありましたが、
そういう人間でありたいものですね。

https://ten-choose.com/life/ikikata/%E5%91%A8%E5%9B%B2%E3%81%AB%E6%B5%81%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BF%A1%E9%A0%BC%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4/?fbclid=IwAR38bNKOXKM-WPZB4Y6NUefOJv31MQJ5swRAwri9l_4v4SaF0MsFun50Flc

 

DSC_6429

昨日は「コスモス・アート・ライフの会」で。

昨日は、「青山アイビーホール」で開催された、
今回で5回目になる同郷の画家中川宇妻さん主催の
「コスモス・アート・ライフの会」会で演奏して来ました。
宇妻さん、昨夜の銀座の復興バーにも来てくれようと
銀座まで来ていながら場所が分からず、
自分のライブ中に電話が入っていましたが、結局諦めて帰ったようです。
アーティスト宇妻さんらしいですが…。

参加者に「東京相川大会」で自分の歌を聴いたことがある、
自分の実家近くの佐渡大倉ご出身のご婦人が参加してくれていて、
また自分の歌を聴けたことをとても喜んでくれて、
特に佐渡をテーマに歌った歌には田舎の情景が浮かんで来て感動で涙が出てくるし、
郷土にこんな歌手がいるのは誇りだと、
皆さんの前で話してくれて嬉しい限りでした。
最後の方に、松浪健四郎元文部科学副大臣の奥様も駆けつけてくれて、
現在「アフガニスタン協会」の活動を熱心にされていますが、
ご主人さんが現役の国会議員の時に一度お会いして以来、
12、3年ぶりの懐かしい再会でした。

そして、来年の会は早速1月17日(日)で会場を押さえて開催のようです。

82486506_2730212270401631_2355497340871114752_n

82938097_2730212217068303_2998525275899166720_n 82564320_2730212120401646_6546113785029984256_n

82802447_2730212347068290_1905509983726862336_n

17日は「2020銀座@復興バー」でのライブでした。

17日夜、ボランティア仲間の渥美さんがマスターを務めた「2020銀座@復興バー」、
無事に終わりました。
大盛況でした!
ライブでは、前の席のお客さんたちのノリが良かったので、
お名前拝借コーナーで絡んでもらったり、
昨年フェニックス救援隊で一緒にボランティア活動に行った皆さんとの再会もあったり、
短くも楽しい一時でした。
渥美マスター、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

82897928_2728361137253411_1728785514154164224_n

83547336_2728361230586735_5199405138439045120_n

・はなおとLIVE
83027102_2728361340586724_4281062347969134592_n

・YAMATO LIVE
82842785_2728361420586716_2092830167683563520_n

・お名前拝借コーナー
83579238_2742921519087772_7815067344421519360_o

82539776_2742920942421163_3904535965426778112_o

・くみさん(左)& あこさん(右)
82274051_2742922922420965_9016409717617983488_o

・渥美マスターと。
82527721_2728361720586686_1989361983161368576_n

83493755_2728361810586677_5225309391871279104_n

・全国土木建築健康保険組合の皆さんと。
83322250_2728361927253332_7270735752105820160_n

82435107_2728362033919988_3544582719218384896_n

82774312_2728362180586640_1408056688136683520_n

82863344_2728362270586631_6134470375485997056_n

83225099_2728362340586624_6016185116433317888_n

・残っていた皆さんで。
83130197_2728362430586615_4093366929899651072_n

『海府の冬』のMV作ってみました。

今年の年明け、帰省中にスマホで獲った映像を使って、
簡単に『海府の冬』のミュージックビデオを作ってみました。

佐渡の中でも自分の生まれ育った外海府という地域は、
陸の孤島とも言うべき、海からすぐに切り立つ断崖が続く険しい海岸線で、
自分が生まれて物心つく頃になって
やっと自動車が通れる道路がついたような辺鄙な地域です。
今でも冬は強風と荒波で生活するには本当に厳しい地域ですが、
冬に帰省して故郷の冬を体感すると、
自動車も通らなかった時代に
この地に暮らしていた先人たちの想像を絶する苦労の生活が思い起こされ、
ただただ故郷の先人たちへの敬意の思いが沸き上がります。
そして、そんな先人たちに思いを馳せながら勇気をもらい、
改めて頑張らねばと思えてきます。
そんな我が故郷の冬を歌にしてみました。
この歌は、やはり自分の中で気合の入る歌の1曲ですね。

本日「2020復興バー@銀座」でミニライブ。

さて、本日17日、
東北被災地復興支援のための「2020復興バー@銀座」でミニライブします。
自分のライブは20時15分頃になる予定ですが、
その前に「はなおと」のライブもあります。
是非、食べて、飲んで復興支援、是非お越し下さい!

81218085_2698149563564968_3753582515105824768_o

●1月17日(金)
復興バー2010.1.17 ミニライブ
時  間:18:00~22:00(YAMATOライブ時間20:15頃から)
※東北の復興支援のため、チケット1枚1品につき600円でオーダー願います。

 

フェニックス救援隊の新年会でした。

一昨夜は、忘年会に続き、 フェニックス救援隊の新年会でした。
場所は、恒例の高知料理のお店「新橋浪漫亭」。
昨年、女川や鋸南町、丸森などの被災地で一緒に活動したメンバーでした。
古川さんの計らいで新しいアルバムを持って行き、
皆さんにご購入頂きました。
今年は災害が少ないことを祈りつつ。

83657207_2371117059660200_6395341358990622720_n

82344937_2371117292993510_8126288543069765632_n

82033227_2371117176326855_4172383543483170816_n

82037071_2371116946326878_4220631823106965504_n

・女川出身のまなさん。
82376155_463739944306316_2448052945502076928_n

・ネパール出身歯科医師のスジャータ&まなさん。
82598917_2371117409660165_2553868110608203776_n

・女川でのライブの話が…。
82957019_799391817138418_1058336145676435456_n

82193360_484309219132245_7143996240772988928_n

・Newアルバム【花鳥風月 絆】皆さんに買って頂きました。
82297072_2371136722991567_7084959209460072448_n

82863169_633796514023747_8173379213043171328_n

WordPress Themes