医療従事者への感謝を込めて。

2018年暮れのクリスマスチャリティーでご縁を頂いてから、
翌年の台風被害の復興支援で一緒に活動させて頂いた
「フェニックス救援隊」の古川代表からアルバムのご注文を10枚頂き、
今日届いたとのことで写真を送って頂きました。
本当に身に余る大変光栄なことなんですが、
今コロナ禍の大変な医療現場で献身的に活動しているスタッフを励ましたいと、
古川さんがいつも車で聴いてくれている自分のCDの中から
医療現場で聴いてもらえると良いかな?と思ってくれたのが、
東日本大震災後5年の節目に作った【光めざして】のアルバムだったようです。
昨年は、コロナ禍で、
前年のような台風被害が全国に広がったら…?と言う心配がありましたが、
熊本の水害はありましたが、全国的に広がらなかったので、
フェニックス救援隊としての活動も無かったのが何よりでした。
そんな中でも、常に支援できることがあればと支援対象を探しているような古川さん、
どうしようもない性分なんでしょうね…。
同時に、音楽活動がストップしている自分のご心配も頂いたのかな?と、
本当に敬服致します。
自分からも一緒に送ってもらえればと、
別のアルバムを気持ちで10枚お送りさせて頂きました。
ありがとうございました。m(_ _)m
献身的に働いている医療現場の皆さん、本当にお疲れ様です。

142744984_3684878811601634_6356346595130113520_o

そして、古川さんから「フェニックス救援隊」の活動写真が送られて来て、
古川さんからのリクエスト曲【君に花籠を】に合わせて
フォトスライドショーを作りました。

【君に花籠を】

さくら貝の歌も4曲目。

春までに制作予定の能登志賀町のさくら貝のCDに収録する曲、
遂に予定外の4曲目ができました!
さくら貝だけのテーマで4曲も…、実は、自分でもびっくりしてますが…。
輪島のCDが4曲になる予定なので、
志賀町のさくら貝のCDも、
できれば何とか4曲にしてレコーディングに間に合わせたいと頑張りました。
これまでの3曲は、桜貝のイメージで作った曲ばかりでしたが、
今回は、自分の心を動かした完全なドキュメンタリーソングです。

昨年12月、支援者からの依頼で能登輪島で開催したクリスマスライブに、
さくら貝デザイナーの美智紀とお母さんで
能登三十六歌仙貝装飾デザイナー濱口初美さんが親子で参加してくれました。
美さんからは、ご自身が制作した素敵な作品をプレゼントして頂きましたが、
その後お母さんの濱口初美さんからもさくら貝が沢山入ったツリーが届き、
またそのお手紙の中で、少女時代に結核にかかり、
入院中に知り合った友達と励まし合いながら、
朝夕増穂の海岸を散歩している時に出会ったさくら貝が、
その後6年と言う長い闘病生活を余儀なくされる中で生きる支えになり、
また、それがきっかけで桜貝デザイナーになったことが書かれていて、
とても心動かされました。
その頃の白血病の友達は亡くなってしまったそうですが、
そんな大変な人生を送りながら、
友への思いも込めながらさくら貝デザイナーになった
口初美さんの人生への感謝の気持ちをイメージして作ったドキュメンタリーソングです。
これで、レコーディングするCD2枚分の歌がデモ音源まで入れて全て揃いました。
※デモ音源から、歌詞が少し変わりました。

【さくら貝の歌~増穂の海の贈り物~】詞・曲/ YAMATO

(一)
さくら貝打ち寄す浜辺 増穂の海に沈む夕陽
あの頃と変わることない 優しく色づく海の色
この富来(まち)に生まれ この富来(まち)に暮らして
励まし過ごした友たちと いつも歩いた浜辺
戸惑いもがいた日々も ありのまま受け止めて
抱きしめる感謝の意味を 増穂の海は知っている

(ニ)
荒れる波貝寄せの風 増穂の海に息吹く命
あの頃に思い馳せれば 聴こえる遥かな友の声
この人生(みち)を描き この人生(みち)を夢見て
出会いと別れを繰り返し 巡る季節を数え
苦しみ悲しみすべて 今に続いていたと
噛みしめる感謝の意味を 増穂の海は知っている

幸せを呼ぶという 小さなさくら貝
わたしの心に寄り添って 生きる力をくれた
願いと祈りを込めた 確かな愛の証
薄紅色の幸せの雫 増穂の海が教えてくれた
増穂の海の贈り物

144167923_809407046305440_6626767699492697260_n

MTW201912111904200018197

190629hito01 (1)

【さくら貝の歌~増穂の海の贈り物~】

【君をつれて~輪島編~】

輪島の歌をCDにする為には、最低もう1曲と思っていた最後の1曲を、
2時間くらい?でシンプルに作りました。
2曲は、完全に男歌なので、ギャップの大きな優しい感じの曲を入れようと思い、
昨年能登の支援者から教えてもらった能登の人情を表現した
「能登はやさしや土までも」と言うフレーズを使いたいと思いながら、
輪島市内の地名を使って四季の歌を作りました。
あとは、レコーディングするだけになり、何だかホッとしました。
これで、後はバンドメンバーの協力の元レコーディングして、
今年の目標である志賀町のさくら貝の歌のCDと輪島のCD2枚作れる目処が立ちました。

【君をつれて〜輪島編〜】詞・曲/YAMATO

(一)
能登に春が来たのなら 君を連れて門前町へ
そぼ降るような桜滝 木漏れ日差して架かる虹
能登に春が来たのなら 君を連れて行きたいな

140541321_3670688539687328_1131765691921878512_n

(ニ)
能登に夏が来たのなら 君を連れて名舟町へ
御陣乗太鼓鳴り響き キリコの灯り舞う夜に
能登に夏が来たのなら 君を連れて行きたいな

139970244_3670688603020655_5963845424793779367_n

(三)
能登に秋が来たのなら 君を連れて白米町へ
黄金に実る千枚田 遥かな夕日眺めたい
能登に秋が来たのなら 君を連れて行きたいな

140849282_3670688673020648_8467370132117049970_n

(四)
能登に冬が来たのなら 君を連れて大沢町へ
間垣の里の竹囲い シベリア下ろし波の花
能登に冬が来たのなら 君を連れて行きたいな

141038732_3670688716353977_1302180285098440836_n
能登の四季は折々に いつも優しく迎えてくれる
能登はやさしや土までも 能登が恋しや土までも
君を連れて帰りたい

【君をつれて~輪島編~】

御陣乗太鼓の歌。

さて、能登関係のCD、志賀町のさくら貝の歌の他に、
昨年クリスマスライブをして輪島をテーマにしたCDも作ることにして、
漁師の歌に続き、御陣乗太鼓の歌を作りました。
歌詞は基本同じなんですが、メロディーを変えて2バージョンできました。

【御陣乗太鼓~冬の陣~】 詞・曲/YAMATO

(一)
冬の荒波牙をむき 七ツ島越え押し寄せる
ここは奥能登名舟町 この地に伝わる陣太鼓
一打入魂バチに込め 砂を裸足で踏みしめる
地打ち鳴らして回り打ち 鬼夜叉気合いの見得を切る
叩け御陣乗太鼓 輪島の冬に
響け御陣乗太鼓 輪島に春を呼べ
(ニ)
意地と度胸で血が躍り 巻いたサラシに汗滲む
鼓動脈打つ男衆 気迫の雄叫び雪も舞う
皮を破るかバチ折るか 心奮わせ音刻む
燃える篝火火の粉浴び 一心不乱に乱れ打つ
叩け御陣乗太鼓 輪島の冬に
響け御陣乗太鼓 輪島に春を呼べ
(三)
あえの風吹く頃までは 凍る寒さを堪え忍び
吹雪混じりの波の花 間垣に身を寄せ春を待つ
親父息子と受け継がれ 面と単衣に沁みついた
名舟魂胸に秘め キリコの祭りが待ち遠し

叩け御陣乗太鼓 輪島の冬に
響け御陣乗太鼓 輪島に春を呼べ
叩け御陣乗太鼓 輪島の冬に
響け御陣乗太鼓 輪島に春を呼べ

gojinjyo

【Ver.1】

【Ver.2】

佐渡テレビでオンエア頂いたプロモーション番組です。

忘れてましたが、昨年佐渡テレビで放送して頂いた番組を、
「にいがた経済新聞」のサイトから観れるようにアップして頂いています。
良かったらご覧ください!

https://www.niikei.jp/49587/

♬さくら貝の歌シリーズ③【さくら貝の歌~淡き恋心~】

昨年の能登ライブに出発する直前に作った3曲目です。
作ったばかりで録った音源なので細かいところの歌いまわしが変わるかも知れませんが、
とりあえずこんな感じになったという弾き語りデモ音源です。
純粋に初恋のイメージの曲です。
3曲の中のどの曲が一番良いか、好みのアンケートを取ってみたい感じですね。

【さくら貝の歌〜淡き恋心〜】詞・曲/YAMATO

(一)
君と歩いた月夜の浜辺 
波打ち際にぽつんと一つ
薄紅色のさくらの雫
波が残した贈り物

小さなさくら貝 幸せを呼ぶと言う
君はそっと拾って 無邪気に笑った
心に灯る温もりは 桜の色した淡き恋心

(二)
増穂の海に浮かんだ月に 
寄せては返す波がきらめく
君の瞳はさくらの雫 
月が落とした贈り物

小さなさくら貝 幸せを呼ぶという
君は月に翳して 二人で見ていた
心に揺れる切なさは 桜の色した淡き恋心

小さなさくら貝 幸せを呼ぶという
君と僕の願いを 明日に託した
心に灯る温もりは 桜の色した淡き恋心
幸せ色した淡き恋心

♬さくら貝の歌シリーズ②【富来さくら恋日記】

さくら貝の歌の2曲目は、
以前は朝霞市の歌として知人が作る映像作品の挿入歌として頼まれて作ったのですが、
応募期限を間違えていたようで話が流れてしまい、
ふと、さくら貝の歌にも合いそうだと思い、
折角なので少しだけ歌詞を替えてみたらきちんと成立しました。
タイトルは、【富来さくら恋日記】にします。
1曲目の【さくら貝の歌〜悲しき初恋〜】とは、真逆のイメージになりますね。

【富来さくら恋日記】 詞・曲/YAMATO
(一)
二人初めて手と手繋いだ 夏の終わりの海岸通り
頬を赤らめ恥ずかしそうな 君が何だかいじらしかったよ
君の笑顔の裏に滲んだ 隠しきれない涙の痕
できることなら消し去りたくて 僕は戯けてばかりいたね

この街で君と出逢い この街で恋を見つけた
小さな幸せの種をまき 優しく優しく温めて
いつしか幸せの花咲かせ 二人暮らして行こうこの街で

(ニ)
時間も忘れて夢中で拾った 桜色した小さな貝殻
瞳きらきら輝かせてた 君がとっても愛おしかったよ
海を見下ろすベンチに腰掛け 夕陽の向こう明日を探して
肩を寄せ合い口ずさんでた 僕が贈ったあのラブソング

この街で君を愛し この街で夢を描いた
小さな幸せの足跡が いくつもいくつも重なって
いつしか幸せの道となる 二人歩いて行こうこの街で

若い二人が糸で結ばれ 幸せ運ぶ富来の浜辺で
あの日芽生えた恋の始まり 永遠に誓った愛の約束

さくら貝の歌シリーズ ①【さくら貝の歌~悲しき初恋~】

昨年は、コロナ禍でも3回能登に行きましたが、
その際にご縁を頂いた志賀町富来の増穂浦海岸は、
さくら貝の日本三大名所として知られていて、
昨年コロナ禍にならなければ、
さくら貝の魅力を発信する為に力を入れていくところだったようです。
そんなご縁もあり、さくら貝をテーマに歌を作る約束をしていたので、
何とか輪島ライブに間に合わせようと頑張って何とか3バージョン作りました。
本来はさくら貝には幸せを招くという意味合いがあるそうで、
そちらのイメージでも曲ができていますが、
1曲目は自分の中でさくら貝の淡い色、脆さ、
儚さから勝手に初恋をイメージして作った曲です。
さくら貝をテーマにした歌はどんなのがあるのか調べてみたらほとんどなくて、
昔ヒットしたらしい昭和24年に作られた
「さくら貝の歌」と言うのがあるくらいなんですね…。
若く19歳にして病気で亡くなった
恋人を思い詠われた短歌がもとで作られた歌のようですが、
何だかその歌のイメージと重なるので、
現代版の「さくら貝の歌」と言う感じでしょうかね…。

歌の感じも、まさに日本海側のイメージになっていると思います。

【さくら貝の歌】詞・曲/YAMATO
(一)
君を想い歩く浜辺に 冬の荒波打ち寄せる
白く積もった雪の下 薄紅優しきさくら貝
瞼閉じて今も浮かべし 君と温めた初恋の面影(かげ)
時に傷つき過ごした日々も 思い出帰らぬ君恋し

故郷・初恋・増穂浦(ますほがうら)
無邪気にはしゃいだ砂浜に
二人が残した恋跡を
辿れぬままに時は過ぎて
ああ悲しきかな初恋は
ああ儚きかなさくら貝に似て…

(ニ)
冬の夜は雲間に覗く 月の光が照らす海
風に吹かれ佇めば 足元優しきさくら貝
耳を撫でて今も聴こえし 君と紡いだ青春の旋律(うた)
波の音が掻き消すように 願いは届かぬ君恋し

故郷・青春・機具岩(はたごいわ)
頬染め見ていた夕焼けに
二人が描いた夢跡を
見果てぬままに時は過ぎて
ああ悲しきかな初恋は
ああ儚きかなさくら貝に似て…

故郷・初恋・増穂浦(ますほがうら)
無邪気にはしゃいだ砂浜に
二人が残した恋跡を
辿れぬままに時は過ぎて

ああ悲しきかな初恋は
ああ儚きかな…
ああ悲しきかな初恋は
ああ儚きかなさくら貝に似て…

♬漁師一筋夫婦船

昨年、輪島ライブから帰って、
能登輪島の名物漁師、東野親分の歌を作ってデモ音源録りました!
【漁師一筋男歌】に続く、漁師一筋シリーズ【漁師一筋夫婦船】。
最初、ロックンローラーの東野親分のイメージで
ロックンロール風のメロディーを付けて、
普段音符に落とさなくてもコードだけ拾っておと、
すぐにメロディーが出てくるんですが、
何と、今回は、次の日メロディーが全然出て来なかったんですよね…。
普段、自分は歌詞のイメージから自然に浮かんで来るメロディーをのせるので、
ジャンルがわからないと言われるように色んなタイプの曲ができるんだと思いますが、
今回は、歌詞のイメージを無視してメロディーを考えたので、
すっと出て来なかったと言うことは、
多分歌詞に合わなかったんだと結論づけました。
よって、その後は、自然に浮かんでくるメロディーを付けたんですが、
多分アレンジで歌謡ロック風にはなるかな?と。
ちなみに、最初ギターをかき鳴らしてる部分は、
津軽三味線をイメージしているので、この歌には津軽三味線を入れたいと思っています。
東野親分の過去のフェイスブックから写真を頂き、フォトスライドショーにしてます。
しかし、またさくら貝の歌からの振り幅が大き過ぎる〜!

【漁師一筋夫婦船】詞・曲/YAMATO

(一)
竜ヶ崎灯台 灯りが消えて 
七ツ島遠く 霞む頃
輪島の港 北の漁場へ 
夫婦漁師の 東和丸(ふね)が出る

島影見える
舳倉島(へぐら)の沖で 
波のうねりに 揺れながら
御陣乗魂 打ち鳴らして 
潮目を読んで 舵を取る

十五で決めた男道 
歯を食い縛って貫いた
奥能登荒海に人生賭けた 
男の誇りが胸に滾る

(ニ)
凍てつく風雪 耐え忍んでは 
刻まれた手のシワ 顔のシワ
汗水涙 船板(いた)に染みた 
夫婦漁師の 東和丸(ふね)が着く

海原染める 夕陽の紅(あか)が 
お前の横顔 染めながら
キリコ祭りの 祈り乗せて 
港に帰る 有り難さ

十九で決めた女道 
苦労を覚悟で付いてきた
奥能登荒海に人生賭けた 
女の血潮が胸に燃える

漁師一筋夫婦船 
荒波阿吽(あうん)で乗り越えて
揉まれ揉まれた俺とお前 
夢に波の花が咲く
明日に絆の花が咲く
ヤッサー ヤッサッ ヤッサー ヤッサッ

昨年暮れには、土田さんの畑の応援に。

昨日は、年内最後の土田さんの畑のお手伝いに行って来ました。
今回は初めて、三味線奏者の舞ちゃんと一緒に。
彼女とは、もうかれこれ8年近く前に知人が小岩で企画したライブに、
当時高校生だった舞ちゃんが三味線の演奏で参加していたのが最初のご縁でした。
それから何年か前にフェイスブックで繋がったのですが、
その時にはすでに師範になっていてビックリ。
あれから三味線をやり続けて来たんだ…と、
何だかとっても嬉しかったのを思い出します。
能登に行く前に行った土田さんの畑のことをアップした時に、
舞ちゃんも興味があるので行ってみたいとのことで
やり取りして一緒に行くことになったんですが、
彼女は津軽三味線もやる手前、若いのに田舎暮らしにとても興味があるそうなんです。
東京で生まれ育ったので、三味線の演奏に更に深みを出すために、
常々田舎的な暮らしに触れたいと思っていたそうで、
本来なら、今年は青森の津軽三味線の大会なんかにも
参加したいと思っていてところでのコロナだったようです。
昨日は、土田さんがほうれん草を「宙の会」の支援者に50箱送るので、
舞ちゃんはその袋詰めと箱詰めをメインに、自分は、畑で採れた落花生を粉にする為に、
囲炉裏で煎る作業をしました。
曇りでも、雨にならなければ良いな…と思っていた天気予報でしたが、
太陽が出て気持ちの良い畑仕事になりましたが、舞ちゃん、
本当にいい娘なので土田さんも嬉しそうでした。
舞ちゃん、伝統民謡だけでなく、和楽器バンドなんかでも柔軟に演奏をしているので、
津軽三味線とコラボできると良いね…と言う話をしていたこともありました。
今回能登の輪島ライブを機に新たな漁師の歌を作りましたが、
丁度アレンジを考えながら、
ふと津軽三味線を入れると良いな…と思っていたところだったので、
舞ちゃんにお願いすることにしました。
能登に行く前には、全くそんな流れになるとは思っていなかったので、
ほぼ8年越しにこうやって再会したのも、やっぱりご縁を感じますね…。
と言う事で、帰りの車は音楽談義を交わしながら、
彼女がきちっとした信念を持ちながらも、
本当に音楽が大好きなことも伝わって来ましたし、
音楽に対して自分と共通の価値観を持っているのもわかり、とっても楽しい一時でした。
舞ちゃん、お疲れ様でした!
そう言えば、10年前に自分の【涙雨】のPVを撮影してくれた佐久間監督が、
その後奇遇にも舞ちゃんの三味線演奏のPVも撮影してくれていたようで、
その時に自分の名前が出て驚いたようです。
これ舞ちゃんの演奏です。

134135568_3612522678837248_3236060735792057345_n

133759415_3612522752170574_8346487714981037972_n

134030314_3612522892170560_6813344177556024530_n

133927639_3612522835503899_6728847607242821253_n

133783847_3612522945503888_5737420136258729731_n

 

※舞ちゃんの津軽三味線演奏

WordPress Themes