Category: 未分類

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/ED6HJmZA99Q” title=”YouTube video player” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

能登富来展のお知らせです!

さて、今年は能登志賀町の♪さくら貝の歌のCD を作りましたが、
そのきっかけになったさくら貝クラフトアーティストの美智紀さんと、
志賀町で熱く応援頂いている森外茂子さんたち婦人部の皆さんが、
今週土、日で有楽町駅すぐ近くにある石川県のアンテナショップに来られます。
https://100mangokushop.jp/
歌が4曲できてしまった程、何とも言えない魅力のさくら貝、
是非ともアクセサリーやクラフト作品を直接見に行って下さい!
自分が能登でお世話になっている皆さんの人間的魅にも、
会って感じてもらえると嬉しいで〜す!
そう言う自分は、明日から佐渡民謡の保存会「若波会」の有志の皆さんを連れて、
自分の車で逆に能登志賀町に行くことになっていて、丁度入れ違いになりますが…。

257805673_4553296111426562_2676384659888415292_n

 

256923507_4553297108093129_2665227668397393156_n

 

・昨年12月の輪島ライブで。
241488231_4553300491426124_4573089682542045918_n 257242114_4553301051426068_6393458682572285396_n

 

・さくら貝ネックレス。
242774230_4553300698092770_952561397912319034_n

・さくら貝のネクタイピン&カフス
257951629_4553300848092755_1659236744930374605_n

 

257865044_4553296961426477_6054821800278115715_n

 

気仙沼ツアーの報告。

丸2年ぶりになる2泊3日の気仙沼ツアーから帰りました。
初めて、仙台まで新幹線で、その後レンタカーと言う交通手段でした。
色んな建物や住宅が随分建って空き地が減り、
街並みがかなり変わっていたのに驚きましたが、
とにかく懐かしい人達と再会できたのが何よりでした。
まずは、復興支援に通ってから、
いつもお世話になってきたボラ宿若芽の熊谷さんが、
昨年脳梗塞になってしまい、その後の快復状態が心配だったのですが、
思いの外お元気そうだったので何よりでした。
そして、自分が気仙沼に初めて復興支援に行って歌った階上中学校の仮設住宅で、
お名前を使って歌ったのがきっかけで、
それ以来ずっと懇意にさせて頂いている94歳のきよねさんが、
2年前に最後に会った時よりもお元気そうだったのが、また本当に嬉しかったです。
これまでに入院されていたこともあったり、
このコロナ禍の間も3回救急車で運ばれたこともあったとか…。
写真を見ると、まるで嘘のような感じです。

また、出会った時のことを事細かに覚えていて、我々が行くと、
仮設住宅の皆さんの表情が本当に変わっていったと感謝の気持ちを何度も伝えてくれて、
気仙沼の街がこんなに復興できたのは、
皆さんのお陰で本当に有り難いと、身に余る言葉を頂きました。
5年前に無料ホールコンサートをした時、コンサート後の記念写真を撮る時に、
脚が弱っているはずのきよねさんが、
ステージに駆け上がるように上がって来たのに驚いたことがありましたが、
今回も別れ際、娘さんの手に引かれながら家の外に出て来たのに、
自分が車に乗り込もうと手を振ると、
娘さんの手を離してこちらに一人で歩いて来ようとして、
娘さんに止められた姿を見て、コンサートの時のことを思い出しました。
温かくなって、またライブを観てもらいたいな…と、
健康でいてくれることを祈るばかりでした。

ヤマヨ水産のオヤジさんには、またいつものように若芽で牡蠣を振る舞って頂き、
他にも懐かしい「食事処 塩田」に顔を出したり、
震災後東京で出していたお店を
地元に戻って再建した「釜揚げうどん団平」にも初めて行けました。
バッティングセンターの千葉さんにもちょっとだけ会えましたが、
随分痩せていたので無理してるのではないかと健康状態が心配でしたが…。
行ったメンバーで、このままコロナの動きが終息に向かってくれれば、
来年の春にはライブをしようと言う話になりました。
とにかく、懐かしい思いでいっぱいの気仙沼ツアーでした。
暖かくなって、再会できる日までお元気で!

●11月14日(日)

・久々のボラ宿「若芽」
256416263_4551002858322554_9064669507079682954_n

・夜は、「釜揚げうどん団平」へ。
258149185_4551004451655728_3056002541693017247_n

256186460_4551005441655629_5458168720036423853_n

・ヤマヨ水産のオヤジさん。
257569160_4551005848322255_4881316413669197686_n 255743484_4551006371655536_8932499995544383278_n

255764327_4551007234988783_1349392564309230113_n

●11月15日(月)

港付近の新しい街並みを散策。
256763888_4551008328322007_2410983879019301543_n

257345705_4551009228321917_6243149310839257856_n

256775515_4551009694988537_1558635912107912341_n

・グッズショップへ。
257955628_4551010581655115_7634078687489090517_n

258167086_4551010188321821_9148297717783327147_n

・「食事処 塩田」でマスターとお孫さん。
256362477_4551011181655055_2398140076473994836_n 256612378_4551011481655025_3285553103934213451_n

・大島の田中浜
242621194_4551011898321650_5469221408839448991_n

・ヤマヨ水産のご自宅で。
254088421_386111473241427_2627383167605758420_n

・気仙沼大橋からの夕陽。
242203116_271017628316523_2461867696330461990_n

・「若芽」で最後の晩餐。
256050367_326891568807749_376413252647562852_n

255506837_4551013344988172_1020359820035656342_n 255870801_4551013641654809_3906928811932829180_n

242472791_4551013034988203_5514221885473333435_n 256419834_4551013841654789_6976005030650405761_n

●11月16日(火)

・きよねさんと二年ぶりの再会。
256025721_4551014371654736_7776741221372497812_n

・きよねさん、川柳で受賞されてました。
256303987_4551078418314998_308061066360383287_n

256444762_4551078501648323_5790398165306054913_n

自宅前に出てきてくれて見送りしてくれました。
241553720_4551078614981645_5167842480305034756_n

・仙台でレンタカーを返して、その後は新幹線で。
255736923_4551078794981627_8933339186673659874_n 258585454_978411506073753_8332332570508503782_n

・きねねさん宅から頂いてきた栗ご飯と、お新香。
255793749_4551078991648274_405341202827317551_n

・美味しかった~!
241496780_4551079291648244_2005307405357480176_n

フォトスライドショーを三つアップ。

先日の千鳥ヶ淵のシベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭の奉納演奏♪涙雨、
♪ヤゴダの祈りの動画を編集して一つにまとめてみました。
枯れ葉は少しだけ舞っているのが映っていますが、
突然吹き出した風の音よくわかります。

先に歌詞だけアップしていましたが、いつも能登に行くと中さんの別宅の拠点になっているので身近に感じている宝達志水町と言う町の歌、個人的に何人かの地元の方とのご縁もあり、2曲のデモ音源を録ってYou Tubeにアップしてみました。
1曲目は、皆さんで歌えるようなイメージの曲ですね。
※町名の漢字が違っていたので修正版を再アップしました。

【〜はじまるまち〜宝達志水町の歌】

そして、宝達志水町の歌、もう1曲は、能登に行けば必ず走っているなぎさドライブウェイをテーマに。
先程の曲とはガラッと違って、正式にレコーディングする時には、フルバンドアレンジで疾走感のある完全なロックになりますね。

【走れ!なぎさドライブウェイ】

「金沢おぐら座」の映像をアップしてみました。

今少し時間ができたので、気持ちが乗っている時に色々編集してアップ。
9月にはじめて「金沢おぐら座」で劇団とのコラボをした時の映像です。
スマホで撮ってもらった映像なので、きれいには撮れていませんが。
この日は、大入り七枚、
コロナ禍とは無縁の昼の部、夜の部合わせて220名以上入ったようです。

10月、「金沢おぐら座」で自分の曲【御陣乗太鼓~冬の陣~】に合わせて、
「劇団美松」の松川小祐司座長が踊ってくれた映像です。
二つスマホの映像を合わせたらフルバージョンになりました。
若干29歳の座長でしたが、踊り本当に素晴らしかった!

「漁師一筋夫婦船」と「御陣ん乗太鼓~冬の陣~」が収録された輪島応援歌集。

随分昔の歌ですが、【青春の日々】。

久しぶりに昔作った曲を弾き語ってみました。
中国に留学中の24、5歳頃に作った、
若い頃の心の葛藤みたいなものをテーマにした曲ですが、
ライブ活動始めたばかりの頃は時々ライブハウスで歌っていました。
昨年、【漁師一筋男歌】のCDを出した時に、
新潟のuxテレビさんで紹介の番組を作って頂きましたが、
その時に昔の写真が欲しいと言うことで整理した時にスマホに保存しておいた、
高校時代と中国留学中の写真使ってみました。
やっぱりギターは日常にありましたね。

  【青春の日々】 詞・曲/YAMATO

(一)
足早に駆け抜けた青春の日々たちよ
俺はそこに何を残してきたのかと
顧みる日々は行き場のないままの
もどかしさだけが埋め尽くしている

何もかも投げ捨てて逃げ出したいほどに
挫折という文字に囚われかけたけど
心通わない人波の中へは
流されまいとただ必死だった

ああ何が真実で ああ何が偽りなのか
どう生きてゆこうか どう生きるべきなのか
答えを探し続けた青春の日々よ

(二)
心を偽れずに真っ直ぐ歩き続けた
しがらみと誘惑のその真っ只中を
例え馬鹿な奴と弾かれようとも
心の叫びに逆らうまいと

だけどいつからだろう何故か怖いくらい
流れる時の速さ感じ始めたのは
生きるということの答えが見つからず
命朽ちるのが怖くなったからだ

ああ何が真実で ああ何が偽りなのか
どう生きてゆこうか どう生きるべきなのか
答えを探し続けた青春の日々よ

ああ何が真実で ああ何が偽りなのか
どう生きてゆこうか どう生きるべきなのか
答えを探し続けた青春の日々よ

どう生きてゆこうか どう生きるべきなのか
答えを探し続けた青春の日々よ
答えを探し続けた青春の日々よ

 

新曲【愛のの面影抱きしめて】のご紹介。

昨年9月、
山形で開催された政府後援北朝鮮拉致被害者に向けた短波ラジオ公開収録イベントが、
1年余り経ってまた再開に向けて動き出したようです。
今年3月、鳥取開催の出演オファーも頂いていたんですがコロナで中止になり、
来年1月29日(土)、
何と最近個人的に石川県の能登から更にご縁が広がった金沢での開催が決まったようで、
出演オファーを頂きました。
金沢の皆さんよろしくお願いします!
昨年、拉致被害者家族として、
長年最前線で闘って来られた横田滋さんが亡くなられました。
自分もご縁を頂き、
拉致被害者救援応援ソングとして【愛しき人よ もう一度】https://youtu.be/XZidAmzlcA8
と言う曲を作っていたので、何か追悼の歌をと思い、
思い浮かんだフレーズを書き留めたりしてそのままになっていましたが、
2、3日前に思い立って完成させました。
結果的にご夫婦で支え合いながら歩んだ、
早紀江さんから滋さんへの思いみたいな感じになりました。
【愛の面影抱きしめて】 詞・曲/YAMATO
(一)
思い辿ればいつも傍に
あなたの優しさが寄り添って
風吹く朝も雨降る夜も
微笑みくれるあなたでした
行く先さえも見えない日々に
希望の欠片を繋ぎ合わせ
闇夜に浮かぶ月のように
わたしを照らしてくれました
失くした過去(きのう)を探し求めて
涸れることない涙の跡に
遠い彼方の愛の面影
あなたと二人で抱きしめた
252266833_4515659268523580_4550313876603340374_n
(二)
目覚めた時はいつも傍で
あなたの温もりに包まれて
焼けつく夏も凍てつく冬も
変わることないあなたでした
手探りばかり彷徨う日々に
渇いた心を奮い立たせ
砂漠に咲いた花のように
わたしを支えてくれました
信じた未来(あした)を探し求めて
尽きることない涙の跡に
遠い彼方の愛の面影
あなたと二人で抱きしめた
途切れた月日を手繰り寄せては
愛しきあの頃瞼に描き
遠い彼方の愛の面影
あなたと二人で抱きしめた
もう一度あなたと抱きしめたい
252308073_4515659358523571_3731651631988324437_n

【愛の面影抱きしめて】

台湾人戦没者の慰霊碑に行って来ました。

千鳥ヶ淵墓苑での慰霊祭の後、中一日でまた慰霊祭でした。
そして、またまた♪涙雨を歌っている時に…。
実は、一昨日のシベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭の時に、
ご参列頂いていた呉正男先生にお声をかけて、
「呉先生、そう言えば、
奥多摩にある台湾人の戦没者慰霊碑に一度行こうと言ってもらっていましたが、
年内気候の良いうちに行きませんか?」と言うと、
「実は、明後日5日、久々に慰霊祭をするんだよ」とのこと。
何と、翌日だと土田さんの畑に行くことになっていたのでNGだったんですが、
「その日なら自分も行けます」と言うと、とても喜んでくれて、
ただ参列するつもりだったんですが、ギターを持って行って、
電源はないので生声で歌うことになりました。
TBSの報道特集で呉先生を追いかけた取材をしているらしく、
取材陣も一緒に同行するとのことでした。
そんなことで急遽でしたが、今日初めて台湾人戦没者の慰霊碑に行って来ました。
TBSは、何と報道特集メインキャスターの日下部さんまで同行されていました。
慰霊碑近くに行ってびっくりしましたが、
今年山梨のみうらやファームのお手伝いに5、6回通いましたが、
自分の印象にしっかり残っている所が、慰霊碑のある山腹に続く道の入口でした。
慰霊碑に行って下を眺めると、
山梨に行き来した時に通っていた橋がバッチリ見えました。
台湾の何処かの景色に似ているらしく、すごく良い景色でしたが、
頻繁に来れる場所ではないので、やはり交通の便の良い所にあって、
簡単に行ける場所にもあると良いのにな…と言うのが印象でした。
電車が遅れて集合時間が遅れたりで、
慰霊祭の始まりが恐らく予定より1時間半は押していたと思うのですが、
かなり冷えてきてギターを弾く指も悴むくらいだったので、
♪涙雨1曲で終わりましたが、
何とまた歌っている時に何かのメッセージ?と思えることが。
歌い出して程なくして、自分の足元に15センチくらいの葉っぱが、
パタッ!と言う感じで落ちて来ました。
自分には、その瞬間が歌いながら目に飛び込んで来てハッとしましたが、
呉先生もその葉っぱに目が行ったのがわかりました。
そして、今日一緒に行った御婦人も、
その瞬間に気がついて、やはりハッとしたとのことでした。
急な展開での慰霊祭参列になりましたが、
やはり思いが届いてくれたのかな?と思わされました。
何だか毎回毎回、思いも寄らないタイミングで予期せぬ現象が起こりますね…。
253061488_4513145698774937_4529896307409131095_n
252610084_4513145888774918_8975697682975422711_n
253092594_4513146088774898_5210823723195362681_n
250765018_608300790362641_4482977363935168069_n
253213317_4513146305441543_5295371509459176132_n
・この葉っぱが落ちて来ました。
252801514_4513146525441521_6631343630096727381_n

土田さんの畑に三人お連れして。

11月4日、大宮から3人をお連れして土田さんの畑に行って来ました。
皆さん、5キロダイエットを合言葉に里芋、菊芋、生姜などを掘る作業をした後、
さつま芋、里芋、落花生を茹でたり蒸したりしてもらい、
その分はしっかり食べて、すっかり元に戻って帰って来ました。
天気が良かったので、気持ち良かったです。
253085139_4509983125757861_6521476661492442144_n
252463231_4509983285757845_2508717539335016578_n
252580193_4509983475757826_5186680396358038684_n
253021978_4509983769091130_7262846350583034094_n
253221792_4509984015757772_2286297212086974144_n

11月3日千鳥ヶ淵墓苑の「東京ヤゴダ会」慰霊祭でした。

千鳥ヶ淵墓苑での「東京ヤゴダ会」主催、
シベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭無事に終了しました。
ご参列頂いた皆さん、ありがとうございました!m(_ _)m
計算してできるものではないですが、今年もサプライズの演出がありました。
昨年は、自分が【涙雨】を歌っている時だけ、
ミストのような雨が会場を包み参列者の皆さんが感動されていましたが、
今日は完全な秋晴れで、全く雨の心配はなくいましたが、
自分が歌っている時にそれまで吹いてなかった風が吹き出し、
雨の代わりに枯れ葉が降っていたようです。
自分も歌いながら風が吹いて来て、
落ち葉が自分の方に落ちて来ているのを感じながら、
何かに包まれているような感覚で歌っていましたが、
そのうち、一枚枯れ葉が頭の上に落ちたのがわかりました。
歌い終わった後、司会の佐波さんが
「皆さん、YAMATOさんが歌っている時に雨のように枯れ葉が降っていましたね。
そして、YAMATOさんの頭の上に1枚枯れ葉が乗っていますね。」と。
自分は、歌っていたのでその雨のように降る枯れ葉の光景は見れていませんでしたが、
やはり後で皆さんが感想を述べている時に、その感動の光景を話してくれていました。
自然を相手に、こんな演出を計算してできるものではなく、
これまでも涙雨を歌っているタイミングでそんなことが何度となくあるので、
やはり偶然ではなく、
鎮魂の祈り、思いが亡くなった方々に届いているとしか思えなくなるんですよね…。
実は、枯れ葉が1枚頭の上に乗った瞬間、
何かメッセージをもらったような感覚にもなりましたね…。
結構現実的な自分は、
その後、また風が吹いて枯れ葉が落ちてくるかな…と思って意識していたんですが、
その後は全く風は吹きませんでしたね…。
余談になりますが、医療現場でも、臨死体験の報告があったりしていますが、
今、科学でも量子論の世界で、
人間は死んでも意識はそのまま存在するということが
実証されて来ていることを紹介したYou Tube映像をたまたま見ました。
要は、人間の魂の存在と言うことになりますが、
これまで宗教や信仰の世界で問われていたことが、
いよいよ科学でも実証される時代になって来ていると言うことだと思います。
単なる自分の心の自己満足的な鎮魂、慰霊とかではなく、
やはり亡くなった方の魂というものが存在しているのであれば、
必ず我々の思い、祈りというものは届いていて、雨を降らせたり、
今日のように風を吹かせて枯れ葉が降ったりといったように、
自然現象を通してメッセージを我々に送ってくると考えるとスッキリする気がします。
10年余り戦友遺族会に関わっていますが、
戦争体験者の方は、皆さんそう言う考え方を普通にされていました。
霊感がある人なら、直接感じ取ったりするのかも知れませんが、その力はないので…。
終わった後、毎年参列されている遺児の方からも、
「毎回、YAMATOさんの歌の力は本当にすごいね…。ありがとう」と言われましたが、
やはり、歌が届いていて、
御霊がそれに応えてくれていると言うことを感じて頂いているんだと思います。
昨年まで参列されていた「東京ヤゴダ会」立ち上げ世代最後の廣島会長(93歳)が、
今年は残念ですが体調不良で欠席となりましたが、
台湾人で抑留経験のある呉正男さん(94歳)が、今年も参列されたのが嬉しかったです。
また、元々奥さんと交流があったのですが、
自分の地元戸田市の小金澤市議がご夫婦でご参列くださいました。
来年もまた、無事に開催できますように、
一人でも多くの方のご参列をよろしくお願いします。m(_ _)m
252981359_263588852256829_373791808511702284_n
252082706_4506705909418916_3553921985941239340_n
252124156_4506706129418894_6300236846431061908_n
・松浦杉並区議会議員
251777430_4506706329418874_829801482317864969_n
・能登から参列の中西さん。
252030241_4506706426085531_7711960507915841729_n
・今年は正式に式次第に入れて石笛を吹いて頂きました。
251978621_4506706596085514_3803442196124161156_n
・YAMATO奉納演奏
252793810_4506706722752168_1112944829027711237_n
253137391_4506706819418825_5160109109200115525_n
・尺八山野さん
251873398_4506707002752140_620095279804619581_n
252444959_4506707242752116_2980345527170826899_n
・参列者の献花
252422893_4506707389418768_4469374601434726962_n
・台湾人抑留者の呉正男さん
252769334_4506707512752089_1800506080060968274_n
・能登から参列の元自衛官中さん。
252545670_4506707632752077_7413826686740169142_n
・小金澤戸田市議会銀
252444985_4506707826085391_600824733845611314_n
252550785_4506708009418706_8225995525162586534_n
・司会の佐波さんと。
251339781_4506877099401797_3787300867783276381_n

WordPress Themes