Category: 未分類

現在3番目に新しい曲。
春をテーマに、10代の昔を思い出して作ってみました。

【いつかの飯田橋】
詞・曲/YAMATO 2017

1:葉桜揺れる四月のはじめ 飯田橋駅のざわめく夕暮れ
寂しさ隠し田舎者の僕 笑顔まぶしいあなたがいた
神楽坂上四畳半一間 薄暗い部屋でギターつま弾き
瞼にあなた描き歌えば 窓の向こうで木漏れ日揺れた

あれから時は無情に流れ あなたと過ごし季節も置きざりに
それでもいつかは同じ空の下 何処かで会えると信じていたい
変わらぬ笑顔でいるのでしょうか

2:不貞腐れてはあなたを困らせ 傷つけた日々の消えない思い出
年上ということに甘えた 僕の幼さ包んでくれた
あなたが書いた手紙の束の 懐かしい文字を読み返しては
あなたに出会い今の僕がいる 胸に込み上げ涙こぼれた

あれから時は刹那に流れ あなたと過ごした季節も置きざりに
それでもいつかは同じ空の下 何処かで会えると信じていたい
変わらぬ笑顔でいるのでしょうか

ふたりは時の海原に浮かぶ 運命の小舟でぞれのそれ岸辺に
それでもいつかは同じ空の下 何処かで会えると信じていたい
ありがとう一言伝えられたなら

葉桜揺れる四月のはじめ 何度目の春を数えるのだろう
久しぶりに来た飯田橋駅 あの日のあなたを探してみます
桜散るたび面影揺れる

新曲【いつかの飯田橋】の歌詞。

現在3番目に新しい曲。
春をテーマに、10代の頃を思い出して作ったみました。

【いつかの飯田橋】
詞・曲/YAMATO 2017

1:葉桜揺れる四月のはじめ 飯田橋駅のざわめく夕暮れ
寂しさ隠し田舎者の僕 笑顔まぶしいあなたがいた
神楽坂上四畳半一間 薄暗い部屋でギターつま弾き
瞼にあなた描き歌えば 窓の向こうで木漏れ日揺れた

あれから時は無情に流れ あなたと過ごし季節も置きざりに
それでもいつかは同じ空の下 何処かで会えると信じていたい
変わらぬ笑顔でいるのでしょうか

2:不貞腐れてはあなたを困らせ 傷つけた日々の消えない思い出
年上ということに甘えた 僕の幼さ包んでくれた
あなたが書いた手紙の束の 懐かしい文字を読み返しては
あなたに出会い今の僕がいる 胸に込み上げ涙こぼれた

あれから時は刹那に流れ あなたと過ごした季節も置きざりに
それでもいつかは同じ空の下 何処かで会えると信じていたい
変わらぬ笑顔でいるのでしょうか

ふたりは時の海原に浮かぶ 運命の小舟でぞれのそれ岸辺に
それでもいつかは同じ空の下 何処かで会えると信じていたい
ありがとう一言伝えられたなら

葉桜揺れる四月のはじめ 何度目の春を数えるのだろう
久しぶりに来た飯田橋駅 あの日のあなたを探してみます
桜散るたび面影揺れる

39314d96

3月5日の「田舎料理 さど」でのライブの件です。

お陰様で、少し前に早々と30名の定員を越えています。
ママさんが、いざとなったら入り口の戸を外して、
踊り場にテーブルと椅子を並べられるので、
できるだけたくさん来てもらいたいと言っていたのですが、
自分のライブの直前に、
普段あまり入らない大所帯の宴会が二つ続いているらしく、
食材の仕入れが間に合わない可能性を心配していて、
35名くらいで止めておいた方が無難とのことです。
ただ、考えたら人数分の料理が出せるかどうかということで、
ライブを聴いて飲むだけなら問題ないので、
かなり狭くなるかも知れませんが、
飲むだけでの参加希望の方がいましたら、
もう少し大丈夫かな?という感じです。
よろしくお願いします!

16266023_1249804505109089_2036987365256733404_n

昨日は、「全国ソロモン会」理事会でした。

昨日は、理事をしている住職のお寺浅草「寿仙院」で、
「全国ソロモン会」http://www.japan-solomon.com/の理事会でした。
理事会後、皆で食事をして解散した後、
佐渡の居酒屋『だっちゃ』に寄って、
佐渡の酒「北雪」が飲みたいという理事と二人で久々に顔を出しました。
驚くほどの満員御礼でしたが、
ちょうどカウンター席が待っていたかのように二席だけ空いていたので、
何とか入れました。
そしたら、何と、久々に佐渡高校後輩の藤井健太郎君もお客さんといてびっくり!
以前、「だっちゃ」で自分と会っているという
藤井君の仕事仲間の竹山さんも来ていて良い交流ができましました。

16832097_10154796054015795_8297412037633200368_n

さて、フラメンコに興味がある方がいましたら、
3月2日、3日と、
「よみうり大手町ホール」で”小松原庸子スペイン舞踏団”のステージがあります。
自分の知り合いのお嬢さんが出演するので、
以前もお声かけ頂き観たことがありますが、
素晴らしかったです。
自分が2日の部しか行けないのですが、
もし行きたいという方がいましたらご招待しますので、声をかけてください!

Z4SblPmw4v9YQzg1487838100_1487838191 IMG_0632

新曲【平和の花を咲かそう】の歌詞です。

さて、今日は、自分が理事をしている
戦友遺族会「全国ソロノン会」の理事会に出席してきます。
この会とのご縁で【涙雨】という曲を作り、
自分の歌に平和、鎮魂といったテーマが根ざしたと言っても過言ではありませんが、
2009年に現地で歌ってほしいと、
初めてガダルカナル島の戦没者慰霊巡拝に同行させていただきました。
その時に、現地の空港にあった日本政府から寄贈された
”平和の鐘”をテーマに
【平和の鐘】https://www.youtube.com/watch?v=I-TqPB8AM2Q
という曲を作りましたが、
久々に、昨年暮れから改めて考えさせられることがあって、
世界で起こる紛争は、
結局突き詰めると家庭や社会などでの人間個々の争いがより大きな次元に発展して、
そこに武器などが絡んで
より悲惨な民族、国家間の紛争が起こっていると言ってもよい気がして、
平和、平和と唱えても、
まずは自分の心の中が平和でなければならないと思わされ、
そんなことを考えながら、かなり苦戦しましたが、できた曲です。

【平和の花を咲かそう】
詞・曲/Y…AMATO 2017

1:ただ一欠片の優しさでいい 差し出す勇気があればいい
誰もが胸に灯る温もり さあ愛を抱いて歩いてゆこう
掛けがえのない奇跡の地球で ひとりひとりに託された
それぞれの命の確かな意味を さあ大地に根ざして輝かせよう
悲しみ苦しみ絶えないほどに 愛を抱けば世界は変わる
平和は僕らの心の中にある
僕らは一つの心になって 愛の花を明日に咲かそう

2:空き地の片隅ひっそり咲いた 名も知らぬ花の命にも
健気なまでに生きる力が さあ理想(ゆめ)を描いて歩いてゆこう
掛けがえのない奇跡の地球で ひとりひとりに託された
それぞれの翼の確かな意味を さあ大空目ざして羽ばたかせよう
憎しみ争い絶えないほどに 理想(ゆめ)を描けば世界は変わる
平和は僕らの心の中にある
僕らは一つの心になって 理想(ゆめ)の花を明日に咲かそう
平和は僕らの心の中にある
僕らは一つの心になって 平和の花を明日に咲かそう
世界が一つの絆になれば 平和の花が明日に咲くだろう
平和の花を永遠に咲かそう

最新曲【夢に突き刺さった三日月】の歌詞です!

最近、創作モードに入っていて、4曲ほど作りました。
昨日も、朝からふと浮かんできて、
田舎のおふくろをテーマに『夢に突き刺さった三日月』という曲ができました。
実は、自分のファンの方、演歌世代の応援が少なくなく、
最近サービスの意味も込めカラオケで演歌を歌うと、
演歌も上手いと驚かれることが多くなりました。
自分も演歌が歌える年になったのかな?と思ったり。(笑)
と言うことで、これまで演歌のイメージで作った曲が、
『ヤサグレまき子の子守唄』と、
佐渡の酒造「北雪」の社長と交流のあることから
「北雪」をイメージした『北の雪』の2曲がありましたが、
この曲も演歌ですね。
正直、自分で作りながら、
実際のおふくろのことを歌っているので泣けてしまいました。(笑)
歌詞だけご紹介します。
3月5日、池袋「田舎料理さど」でのライブに、
佐渡出身の人も結構来てくれるのと、
入間から来てくれるファンの方は、
演歌世代の方も多いようなので、
3月5日に間に合うように準備しようかな?と。
尾崎豊から北島三郎まで、
ロックから演歌まで歌えるシンガーを目指します!(笑)

【夢に突き刺さった三日月】
詞・曲/YAMATO 2017

1:白髪まじりの髪を梳かして 「すっかり歳をとったよ」と
手鏡の中溜め息つけば いつかのあなたは遠い面影
自分を捨てて慎ましやかに ただ子どものために生きてきた
そんなあなたも今ではやっと 親父の差し出す酒を飲む

あの日故郷に背を向けた 夢を言い訳に不孝者
負けるもんかと 夜空を見上げりゃ
尖がった三日月が 夢に突き刺さる

2:ボロ着をまとい土にまみれた あなたの背中見つめてた
涙しみじみ愚痴をこぼせば いつかのあなたは遠い面影
休むことなく働きづめで ただ家族をささえ生きてきた
そんなあなたも今ではやっと 親父と並んでうたた寝をする

あの日故郷に背を向けた 夢を笠に着る不孝者
逃げるもんかと 夜空を見上げりゃ
尖がった三日月が 夢に突き刺さる

あの日故郷に背を向けた 夢を振りかざす愚か者
今に見てろと 夜空見上げりゃ
尖がった三日月が 夢に突き刺さる
今に見てろ 夜空見上げりゃ
尖がった三日月が 夢に突き刺さる 夢に突き刺さる

05356b0a

昨日は、入間のファンの皆さんとの交流でした。

昨の日は、今年に入って初めてでしたが、
入間で、YAMATOファンの皆さんとの交流会を企画して頂きました。
「歌処 歩」のママさんが、ずっと熱烈に応援してくれていましたが、
昨年でお店を閉めた後、
新たに別のオーナーのもと「チャン太」というお店になっていて、
今後、そこで自分のライブができる機会ができればと、
新たなお店のオーナーに話をしてくれ、
そこで1次会をし、「歌処 歩」のお客さんを中心に20人弱が集まってくれました。
写真を撮るのを忘れました。

その後は、昨年自分のライブに来て感動してくれた「石田食堂」の奥さんが、
お店でライブをやって欲しいと言っていることもあり、
そちらで、スタッフ的に動いてくれているメンバーを中心に 会場の下見と、
今後の入間でのライブの打ち合わせ兼夕食を交えた2次会をしました。
入間市が佐渡市と姉妹都市ということもあり、
こんなに組織的にYAMATOの応援体制ができている地域はないので、
普段自分で主催してやっている以上に
ホールライブなどやるとなれば集客がしやすいと感じているので、
今年、種まきのようなライブを企画しつつ、
来年、思い切って入間でのソロホールコンサートを企画しようという話でまとまりました。

・「石田食堂」にて
IMG_0624

そして、3次会は、 やはりいつも応援してくれていて、
80歳とは思えないほどきれいなママさんのお店「ひさ乃」へ。
深夜0時まで盛り上がりました。

・「ひさ乃」のお客さんも交えて。
IMG_0627

3月5日(日)15:00~の池袋「田舎料理 さど」でのライブ、
思いの外、入間からの参加表明が多く有難い限りでした。
かなり参加者が増えましたので、 参加ご希望の方、お早めにお声かけください。
入間の皆さん、本当にありがとうございました。
今年も、応援よろしくお願いします!

さど

今日は、1日レコーディングでした。

今日は、午前中から夜10時まで、一日かけてのレコーディングでした。
昨年、群馬の東吾妻町の歌『ふる里あがつま四季の歌』を作り、
地元で歌ったときに好評で、CDにして欲しいという声が多く、
一度レコーディングをしたんですが、
時間のない中、バタバタやったので良いものができず、
今回改めて時間をかけて録り直しました。
昨年、東吾妻の文化祭に歌いに行った時に知り合い、
東吾妻の地元で音楽活動をしている”畑山”さんが、
今回はマイキーボード持参で来てくれ、
畑山さんが作った『AGATSUMAの風』も自分が歌いCDに収録することになっていて、
レコーディングは、何度かコラボしたことのある、
やはり東吾妻出身の尺八奏者の”山野明彦”さんが前回に続きやってくれました。
一日会場を押さえてもらっていたので、
ついでに、同じメロディーに乗せて歌詞を書いた
『ふるさと さいたま四季の歌』と
『ふるさと 大宮四季の歌』の2バージョンも同じオケで録れるので、
この2曲も録りました。
この2曲は、昨年自分のコンサートを主催して頂いた
さいたま市の”関根信明”市議の妹さんで、
コンサートでも歌ってもらったのですが、
地元で書道家をされている”関根雅美”さんに歌って頂き、
『ふる里あがつま四季の歌』は、
先月参加したイベントで知り合い、
素晴らしい歌唱力だったことで、
今後自分のコンサートでのコーラスをという話をした
”奏メイナ”さんにお願いしました。
それ以外にも、音源ができたら拉致被害者救援のための、
北朝鮮向け短波放送で流したいと言って頂いている曲『愛しき人よ もう一度』も、
畑山さんのキーボード伴奏に合わせて、
奏メイナさんのコーラスも入れて、
最後ぎりぎりの時間で間に合わせのようになってしまいましたが、
何とか録り終えました。
この後は、山野さんが、自宅で尺八を重ねミックスの作業をして完成します。
本当に長時間、皆さんお疲れ様でした!

16788009_368458056886246_1379448751_n 16809640_368457950219590_1997777577_n

・東吾妻から畑山さん。
16830413_368458103552908_875421918_n

・関根雅美さん。       ・奏メイナさん。
16809893_368459283552790_138996208_n 16684816_368865303512188_2001872846_n

・レコーディング担当、尺八奏者”山野明彦”さん。
16830164_368459050219480_596734577_n

気仙沼から帰りました。

ボランティア仲間で、
YAMATO気仙沼コンサートの実行委員会メンバーでもあった6人で、
豪華な改造新車ハイエース”ひらっち号”に乗って、
今回は、ボランティア抜きの純粋な気仙沼の旅を楽しんできました。
昨年の気仙沼コンサートに来てくれ、
ステージに上がって「おいらの船は300トン」を歌ってくれた
大島でカキ養殖をしているヤマヨ水産のおやじさんの船で大島に渡り、
自宅でカキ料理をご馳走になったり、
大島を案内してもらったりして来ました。
密度の濃い旅でした。
皆さん、お疲れ様でした。
関東に戻ったら暖かく感じるくらい、やっぱり気仙沼は寒かった!

・行きは福島経由で。
16729952_1027780957325855_1908343316_n

・改造ハイエースの車中は、こんな感じ。
16683317_1027780980659186_1816802457_n

・1日目の宿、岩井崎にある「沖見屋」の夕食。
16731058_10212026219601144_620634304_n

ご主人さんの仕事柄、
毎回果物の手土産を持ってきてくれる”ねいっちゃん”から今回は、スカイベリー8箱。
何と、高いものは1個700円。

・ボラ宿「若芽」でお世話になっている由美さん。
16700041_1028483273922290_553626486_n

・翌朝は、大島のヤマヨ水産のオヤジさんの案内でカキ養殖の見学。
16699832_10212026221121182_50271271_n

・ご自宅でのカキ三昧の昼食を堪能しました。
16700149_10212026224561268_142282396_n

・大島で一番高い亀山山頂で。
16730744_10212026222681221_1926580789_n

16706819_1028483213922296_256700266_n

・大島からの帰りのヤマヨ水産の船。
16731127_1028483080588976_942475112_n

・唐桑観光。
16729764_1029181003852517_1888139012_n

・かさ上げの為、4月いっぱいで閉まる銭湯「亀の湯」で。
16754586_1029180993852518_1524892289_n

2日目は、ボラ宿「若芽」での宿泊。
ヤマヨ水産のオヤジさんもカキ持参で宴会に合流。
翌日朝も、カキの配達がてらにカキの差し入れをしてくれました。

・ヤマヨ水産のオヤジさん。
16736518_1029181017185849_730036456_n

・熊谷さんに、いちごの食べ方の指導する”ねいっちゃん”。

16731049_1029181020519182_674421436_n

・2日目から加わった仙台からの”門脇”さんも交えて。
16754711_1029181060519178_940140955_n

・そして、まどろみの帰りの車中。
16754118_1853318084881794_1623295481_n

・午後8時、無事に池袋到着。
16754529_1029407477163203_347399127_n

インターネットラジオ出演終了しました!

今日は、岡恵子さんの「明日へのトビラ」
http://palau-links.com/radio-2-8-asu.html
というインターネットラジオへの出演、
無事に終えて来ました。
ヘッドマイクで声を拾っての放送だったんですが、
聴いて頂くとわかりますが、
やっぱりシャウトするところは、
声がでかすぎて完全にマイクで飛んでますね。(笑)
「赤く燃える冬の三日月」と「月になれたら」を歌いました。
2月7日分放送で、USTREAMから映像が観れます。
(岡恵子さんの歌が終わって、番組始まって35分頃から出ます。)http://www.ustream.tv/recorded/99728020

無題

無題

WordPress Themes