Category: 未分類

15周年コンサートDVDダイジェスト版アップしました。

昨年10月6日に開催した
「埼玉会館」15周年コンサートDVDのダイジェスト版をYou Tubeにアップしました。
アップしてすぐに観て頂いた方が結構いたようですが、
編集し直す前のものを間違ってアップしたいたことに気付き、再アップしました。

【涙の勲章】ライブ映像。

2月21日、【Rock!LIVE】に向けて。
9年前、東日本大震災の1ヶ月後にやった「アミューズメント佐渡」でのライブ映像。

もう9年経つんだ…と言う感じです。
佐渡高校の21世紀枠での甲子園出場が決まった年で、
甲子園が中止になるかどうかと言うこともありましたが、
【栄光の花たち】と言う応援歌を作って当時の校長先生に届けたことがありました。
このライブも中止にするかどうかと考えたんですが、
結局福島から佐渡に避難されていた皆さんを御招待して開催しました。
この時音楽活動を始めて7年目、
これがフルバンドとしてやったソロコンサートとしては初めてのもので、
この年の11月にはこのメンバーで「文京シビックホール」でもやり、
それからアコースティック編成以外のバンドスタイルも定着していった感じです。
もちろん全曲フルバンドではなく、
アコースティック編成、弾き語りを織り交ぜながらのステージでしたが、
これは1曲目オープニングでやった【涙の勲章】という完全にロックな曲。
2007、8年頃だったと思いますが、
知人を通してデスマッチをやっている大日本プロレスと接点があり、
佐渡興行を実現してもらえれば
【男道】をテーマソングにと言う話も頂いたことがあったので、
当時知り合いの市議に話をしたら、
近年佐渡でプロレス興業が無いので面白いかも?と言われたのですが進展は無く、
その後、別ルートで何回か大日本プロレスの選手との交流する機会があり、
だったらとプロレスをイメージして改めて作ったのが【涙の勲章】でした。
話はそのまま絶ち消えてしまいましたが、
以前新日本プロレスのJrヘビーで活躍されながら怪我で引退を余儀なくされ、
今は佐渡相川の実家の酒屋を継がれている小杉さんが橋渡しになってだと思いますが、
この何年か毎年相川でプロレスの興行をしているようですね。

【涙の勲章】

2月21日(金)の【Rock!LIVE』に向けて。 

聴いたことがない方のために、
2月21日「Rock!Live」当日初めて聴くよりも、
予習しておいてある程度耳に馴染んでおいてもらうために、何曲かアップしていきます。
実は、これまでこう言うフルバンドでのロックな曲は、
コンサートホールでしかやってないので、
ライブバーのお客さんと近い距離でやるのがすごく楽しみです!

音楽活動を始めて間もない頃、悔しい思いをした夜の事を歌った曲です。

【赤く燃える冬の三日月】

1992年、とにかく日本に帰って音楽活動をしたい一心で中国留学を終え帰国し、
留学中に作った曲と帰国後に作った曲で弾き語りのデモ音源を作り、
当時のレコード会社に送ったりした頃、
社会がいわゆる世紀末と言われ出した時代でしたが、
そんなことをテーマに作った曲ですね…。
一通りレコード会社に送って、箸にも棒にも引っかからないのですぐに諦めましたが、
その後プロを目指してライブハウスでの活動を始める2004年まで、
10年余りのブランクに入ることになります。
その頃は、アコースティック系のライブハウスが軒並みつぶれるほど、
世の中が完全にバンドブーム一色になっていた時代でしたね。
そんな時代に作った曲が、こうしてバンドアレンジで復活、嬉しいですね。
やっぱり20代の若さを感じる曲です。

【Dark Grayの空、吹き荒れる風の中で】

 

新曲【故郷よ】デモ音源。

先日録った新曲デモ音源4曲のうち最後の1曲【故郷よ】。
時間がなくなり1回で録ったのであまりよくないですが、こんな感じと言うことで。
ロックな【果てしなき旅路へ】の後だと、またギャップが凄いと思いますが、
写真は実家付近で撮ったこの何年かの写真を中心に適当に使ってます。
昨年の台風被害の後、
メディアから流れる被災地の様子を観ている時に、
変わり果ててしまった故郷で生きていかなければならない
被災地の皆さんの心の痛みを感じながら、
「故郷」と言うテーマが自分の中に沸き上がって来て作った曲です。
昨年台風被害のあった房総半島と丸森にボランティアで行かせて頂きましたが、
今年は新たな自然災害が出ないことを祈るばかりです。

引きこもり宣言!

2月21日の「Rock!LIVE」に向けて、YAMATO引きこもり宣言!
と言うのも昨年「埼玉会館」での15周年コンサートでは、
本番前の2か月間ほとんど自宅に不在で、
自分でもよく本番を無事に終えれたな…と驚いたくらいでした。
それも信頼おけるサポートメンバーのお陰なんですが、
ただそのツケとして、
普段はたまに歌う特殊な歌以外は基本完全に覚えて歌うようにはしているんですが、
15周年コンサートでは覚え切る時間がなく、
かなり譜面を見ながらになってしまいました。
歌いながら見ながらだと、
時々見間違えるリスクがあるので覚えるに越したことはないんですよね…。
バラードなんかが多い落ち着いたステージでは、
それでも良いと思うんですが、
2月21日のロックライブでは譜面を見ながらでは様にならないので、
覚えていない曲を中心に練習して、
全曲見ないでやるようにするための引きこもり宣言です。
歌詞と歌ってる時のコードだけなら問題ないんですが、
問題はイントロ、間奏、エンディングなんですよね…。
ワンパターンで繰り返せば覚えるのも楽なんですが、
それぞれコード進行変えてるので、自分で首を締めてるんですけどね…。
逃げないように宣言して…、頑張ります!

Rockチラシ_page-0001 83513868_2751360741620117_5576335625864347648_n

新曲【果てしなき旅路へ】※デモ音源

さて、【虹の架け橋】、【福寿草】と新曲デモ音源アップして、
YAMATOのコンサートを聴いたことのない方は、
特に復興支援関係のライブをしたりする時にはバラードの曲が中心になるので、
ロックなイメージがないかも知れませんが、ロックな曲も結構あります。
一昨年、自分の曲の中のバラード曲ばかりを集めて、
ピアノ、バイオリンをベースにバラードライブをして大変好評でしたが、
すでに告知してある通り、来る2月21日(金)夜には、
初めて赤坂でロックな曲ばかりを集めたロックライブを敢行します!
どんなステージになるか楽しみにお越し頂きたいと思います。
次に上げるデモ音源は完全にロック。
これまでの2曲とは全く違って、余り知らない方は同じ人?
と思われるかも知れませんが、
ギター1本の弾き語りですが、結構ハードに魂ぶち込んでいます。
実は、曲自体は、
一昨年5月に気仙沼のうどん屋団平さんが都内でお店をやっている時にライブをして、
その時に団平さんの応援歌として作って行って一度だけ歌いました。
震災後、行く先の見えない中で他人の助けはすれど、
なかなか自身のお店を地元気仙沼で再開できず、
色んなご苦労がありましたが、昨年無事にオープンに漕ぎ着け嬉しい限りです。
そんな先の見えない人生の応援歌のつもりで作った曲で【果てしなき旅路へ】です。
これまでの2曲と聴き比べて頂き、ギャップを楽しんで下さい。
多分2月21日のRock!LIVEでは、フルバンドアレンジにして、
正真正銘ロックな【果てしなき旅路へ】をお披露目できると思いますのでお楽しみに!

新曲【福寿草~3月9日の君へ~】

すでに歌詞だけアップしていましたが、
今年3月9日に行われる卒業式で歌うために作った曲です。
元々3月9日と言うことで、
レミオロメンの「3月9日」のリクエストがあったんですが、
普段コピー、カバーはほとんどせず、
元歌も巷で流れているのを耳にしていた程度で聴き込んだことがないので、
それはみんなで歌う伴奏にして、
自分でお祝いの歌を作ろうと思い作った久々の卒業ソングです。

子供の頃は、
春先になれば福寿草はたくさん見ていたのに気にも留めてなかったんですが、
フォトスライドショー用にたくさん見ていたら、
何だか地味ですが可愛らしくて良い花ですね…。
好きになってしまいました。
カラオケBOXで録ったデモ音源なので、バックが少しうるさいですが。

【福寿草~3月9日の君へ~】

新曲【虹の架け橋~オリオンの三つ星見上げて~】

昨日、何曲か新曲のデモ音源をギターで録ったんですが、
その中の1曲【虹の架け橋~オリオンの三つ星見上げて~】は、
一昨年のフェニックスクリスマスチャリティーでご縁を頂いた
石巻の木工作家遠藤伸一さんをテーマに作った曲です。
デモ音源ですが、ご本人に先程聴いて頂き、
泪が止まらなかったとの感想を頂きました。
東日本大震災や熊本地震などを通して、
実際関わった中で、何曲か楽曲作りをして来ましたが、
個人的なつながりで作るのは
「気仙沼フェニックスバッティングセンター」の千葉さんとの出会いで作った
テーマソングの【光めざして〜不死鳥のように〜】以来かな?と思います。

東日本大震災で3人のお子さんを亡くされ、
生きる意味を失った失意のどん底から這い上がり、
今は木工作家としての立場から子供たちに関わる木工作品を多く作られています。
そんな遠藤さんを支えてくれたのが、人とのつながりであり、
想いであったと関わって頂いた皆さんに大変な感謝をされています。
「虹の架け橋」と言うのは、そんな遠藤さんの想いを表現した言葉で、
子供たちのために作る公園の遊具にもその名が付けられています。
歌を聴いて頂くとわかると思いますが、
今朝見た夢の中ではっきり降りて来た
「苦しみ、悲しみはありがとうと感謝するためにある」と言う言葉が、
まさしく遠藤さんの生き様と重なりました。
遠藤さんと知り合ってから、都内での物販を手伝ったりもして、
遠藤さんのとことん誠実な人柄にも触れ、
応援したい気持ちで歌を作ろうと思い、
昨年夏頃には大筋の歌詞ができていたんですが、
遠藤さんの想いとズレないようにと慎重になる分、
なかなかこれで良し!とならず、
少し直してはまた冷却期間と言うことを繰り返し、
つい3日ほど前に出来上がりました。
ご本人に歌詞だけでも先に送ろうと金曜に郵送した後で、
遠藤さんを応援しているフェニックス救援隊の古川さんから、
昨日が遠藤さんの誕生日と知らされ、タイミングがタイミングでびっくり!
日曜日を挟んだので、歌詞が届くのは明日か明後日だと思いますが、
昨日デモ音源を録ったお陰で
先に「YOU TUBE」にフォトスライドショーにしてアップし、
遠藤さんに聴いてもらい感動して頂いたのでホッとしました。
歌詞は、遠藤さんがNHKの「こころフォト〜忘れない〜」に書いた
3回分のお子さんたちへのメッセージを
そのまま自分なりに歌詞として表現したと言っても良いと思います。
今日遠藤さんから思いの詰まったネットでは拾えない
「虹の架け橋」の感動的な写真がたくさん送られて来ましたので、
それらを使った正式なフォトスライドショーは、
正式にレコーディングした音源で改めて作りたいと思います。
ピアノベースでアレンジしたらガラッと雰囲気が変わると思いますが、
取り敢えずご紹介します。

虹の架け橋~オリオンの三つ星見上げて~

詞・曲/YAMATO

(一)
いくつもの悲しみ越えて 心に描いた虹の架け橋
流した泪は雨となり 空を彩る虹を咲かす
暗闇を彷徨いながら 生きてゆく意味を探し続けた
瞼の面影今も煌めく 三つの温もり胸に抱きしめ

あの日消されかけた灯火が いくつもの想いに生かされ
新たな息吹の光となり 奇跡の人生(みち)を照らしてゆく
想いがつながり愛が生まれる  心つなぐ愛の架け橋

(二) 
いくつもの苦しみ越えて 心に描いた虹の架け橋    
誓った約束噛みしめて 希望織りなす虹を咲かす

絶望に打ちひしがれて 幸せの意味を探し求めた  
瞼の面影今も煌めく 三つ微笑み胸に抱きしめ  

あの日途切れかけた道程(みちのり)が いくつもの願いに生かされ   
新たな明日への道標(しるべ)となり 奇跡の人生(みち)を支えてゆく
願いがつながり夢が生まれる 心つなぐ夢の架け橋

遥か夜空凛と浮かんだ 冬の星座瞬くオリオン
寄り添う三つ星見上げては 三つの面影抱きしめる
人がつながり絆が生まれる 三つの命が生きた証
             心つなぐ虹の架け橋

 

15周年コンサートDVDできました!

長らくお待たせしました。
昨年15周年コンサートのDVDやっと発送できるようになりました。
ご注文頂いていた皆さん、明日発送しますのでもう少しお待ちください。
15周年記念【花鳥風月 絆】CD(15曲入り2,500円)、DVD(24曲入り2,500円)
で販売していますので、興味のある方はお声かけ下さい!m(_ _)m
チラシ

・CD【花鳥風月 絆】(15曲入り2,500円)
71022724_782145362221911_7281538651417214976_n

・15周年コンサートDVD(24曲入り 2,500円)82315852_2732372083518983_8962499112024932352_n

正月明けの仕事一段落で書いてみました。

昨日で、正月明けからのバタバタが一旦落ち着いたので、
少し前にネットで読んだ内容を。
これまでの人生、
振り返ると自分の心の声と向き合って選択してきた人生ような気がしていますが、
自身のこれまでの経験などから培ってきた考え方や価値観がどうなんだろう?と、
時々客観的にみつめて整理することがあります。
ネットで気になるキーワードでそういったことを検索してみることがあるんですが、
普段自分が考えていることと気持ちよいほど
全く同じことが書かれている文面がありました。

元々自分は、周囲と同じということにどちらかと言うと逆らいたいタイプで、
売れているとか流行っているとか、
そういう周囲の評価に流されて何かに飛びつくことはしたくなく
(今の世の中、自然発生的に何かがブレイクするということはほとんどなく、
基本大衆心理をコントールしながら
商業的に仕組まれて作り出されているものだと思っているので)、
そうとわかった時点で、
そんなことに自分をコントロールされたくないという反骨精神?
が湧いて興味がなくなるので、
何も情報のないフラットな状態で自分が感じた感性で評価や価値づけをしたいという、
商業的な利益を得ようとしている側にとっては、
実に不利益な面倒くさい人間だと思います。
何もかもがそれでは、現代社会では生活できないので、
人並よりもそういう意識が強いかな?と。
噂なんかにも流されたくなく、人に対しての噂もそうですが、
ある程度前情報として参考にしたとしても、
自分が実際会ってみてどうなのか、やっぱり自分で判断したいと思います。
メディアなどから流れる情報も何でもかんでも鵜呑みにせず、
何かしら意図がある場合もあるでしょうし、
利権が絡んでいる場合もあるでしょう。
新しいものほど、それまでの既成の価値観に囚われている組織や人にとっては
攻撃、批判の対象になるでしょうが、
歴史的にみても攻撃、批判されている物の中にこそ、
真実があることもありますので、
多分本当に正しいもの、真実と言うのは歴史が証明していくものだと思います。

かなり話が飛びますが、第二次世界大戦中日本が開戦に踏み切ったのは、
一般的に陸軍が暴走したというような見解でいましたが、
お父さんが佐渡出身ということで佐渡とご縁があることから
佐渡の郷土会で講演されたJR東海の葛西会長の講演では、
当時の陸軍幹部は弱腰で暴走するだけの士気は無かったとのことでした。
ネットなんかでも調べると出てきますが、
結局何がそうさせたかと言うと、
結論はメディアとそれに煽られた日本国民の大衆心理ということだと思います。
当時戦争を反対的に書いていた新聞は売れず、
肯定的に書いていた新聞が売れていたことから、
新聞各社が挙って戦争肯定の論調へと流れるようになり、
結局それに日本国民の大衆心理が扇動され止めることのできない状況下で
戦争へ突入していったというもの。
ここにも、大きな教訓があると思いますが、
一見メジャーな物の裏には、何か意図が隠されている可能性があり、
以前NHKで出版社を立ち上げた若き企業佐渡島庸平氏を紹介していましたが、
人々がもっとマイナーに目を向ける勇気を持つことが必要ではないかと言っていました。
単に周囲の風潮、流れにそのまま同調しないで、
しっかり自分自身で物事を見極める、
一人一人がそういう意識を持つことがとても重要で、
そういう人が増えていくことでまた社会も変わるのかな?と思ったりもします。

例えばテレビなどメディアに頻繁に出ることの無いような
自分のようなスタンスで音楽活動しているアーティストを応援してくれる支持者は、
ある意味本質で物事を見ようとしている方たちなのだと思います。
もちろん、10人いて10人が評価してくれるなどとは思っていませんが、
まず耳を傾けて聴いてくれるかどうか、
そこで物事の本質を見ようとしている人なのか、有名かどうかなど、
ただ周囲に作られた評価で聴くかどうかを判断する人なのかは
篩にかけられると思っています。
よくテレビに出ている人、有名な人かどうかなど、
自分がどう感じるかという作品の本質ではなく、
周囲によって作られた評価で判断する人は、まず耳を傾けることをしないでしょう。
真剣に聴こうとするのと、聴き流すのでは伝わり方は全く変わりますので。
以前も書いたことがありますが、
典型的な例として昔コブクロが売れる前の野外ライブ動画が
「YOU TUBE」にアップされていて、
レコード大賞を獲った有名な曲を歌っているのに誰も足を止めず素通り。
歌の本質、価値は変わってないのに、
単に有名か無名かで耳を傾けるかどうかを判断されている典型的な例ですね。

結局自分に自身がないと、
まだ周囲で注目されていないマイナーなものを自分の判断で良いと評価できないから、
周囲がすでに決めた評価の中にいることで居場所を見つけ安心する、
全く同じことが書かれていますね。
自分のファンに自然と年配層が多いのは、
年齢層の壁を越えたいという目標があり、
そういう楽曲作りを意識していることもありますが、
結局若い頃と言うのは外見がカッコいいとか、
ノリが良いとか、流行だとか、どちらかというと外的な要因で判断する部分が大きく、
年を取れば取るほど人生で苦労をしてきて、
本質を見抜く力が養われていきているので歌詞をしっかり聴いてくれて、
音楽のジャンルを越えたところで歌詞に共感してくれるからなんでしょうね…。

周囲の評価や流行に流されず、物事の本質を見抜ける人間が、
基本的に信頼できる人間であり、
理想的な人間関係を築くために必要だとありましたが、
そういう人間でありたいものですね。

https://ten-choose.com/life/ikikata/%E5%91%A8%E5%9B%B2%E3%81%AB%E6%B5%81%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BF%A1%E9%A0%BC%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4/?fbclid=IwAR38bNKOXKM-WPZB4Y6NUefOJv31MQJ5swRAwri9l_4v4SaF0MsFun50Flc

 

DSC_6429

WordPress Themes