帰省足止め…。

昨夜から佐渡の方は大荒れということで、
今日は間違いなく終日フェリーは欠航だろうという情報をもらっていたので、
佐渡汽船の運行状況をチェックしていると案の定、フェリーは終日欠航。
帰省の予定は明日に延期しました。
これからの時期、佐渡への帰省にはつきもの。
でも交通手段の予約をしてなかったので良かった! という感じです。
今日新潟に移動した人たちは新潟で足止め食ってるんだろうな…。

今日は、時間ができたのでずっと創作活動。
15,6年前に作った曲の歌詞やら、
メロディーやらをチェックしながら唄ってみてますが、
荒削りな部分を直しながら今唄っても全然違和感なし!
近年作った曲も含め、ライブで披露してない曲、20曲くらいはあるんだよな~。
追々披露していきます。

そう言えば、佐渡テレビの方で、
11月2日のアミューズメント佐渡での【YAMATOデビュー記念ライブ】の模様を番組にして
放映してくれることになっています。
当初、佐渡テレビのスタッフからは、
正月番組として流したいと言われていたんですが、
色んな方から、第1回目は今月29日になっているとの報告を受けています。
まあ、何回か放送して頂けるんだとは思いますが、
佐渡の皆さん、佐渡テレビの番組表チェックして是非観てやってくださ~い!

そして、昨日、やってしまいました…。
交流のある大利根町の児童養護施設「光の子どもの家」のクリスマス会に行こうと家を出たのはいいが、
外環道がやたら混んでいて、
やっと浦和から高速に乗れるというところまで来たところで財布を忘れたことが発覚!
職員に電話を入れて、
取りに戻る時間は無かったので泣く泣く引き返しました。
出かけるときに上着を変えたので、
もともとの上着のポケットに財布を入れたままでした…。
クリスマス会自体、時間的に余裕がないようだったので、
ライブをやる予定はなかったのですが、
あ~あ…、という感じでしたね。

今年は喪中のため年末年始のご挨拶を控えさせて頂きますが、
来年も変わらぬ応援をよろしくお願いしま~す!
関東への帰りは1月5日の予定で、初ライブは1月8日の予定です!

大宮【愛の家】クリスマスライブ

昨日は、毎月1回定期的に通っている大宮のデイケアセンター【愛の家】に、
午後から行ってクリスマスライブをして来た。
今回は初めて自分のサポートメンバー交えて4人編成のライブを披露しました。
ジャンベ”masa”さん、アコーディオン工藤絵里”さん、そしてピアノ”永井寛子”さん。

皆さんとても満足して頂いたようで、
スタッフから普段あまりしゃべらず笑わない利用者さんが、
笑顔で唄っていた姿に感動したとのコメントをもらいました。
普段は一人で足を運んでいるのですが、
サポートメンバーさんのお陰で良いライブになりました~!

●第1ステージ
1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:Happy Birthday
4:遥かなる故郷の空よ、海よ
5:月
6:男道
※全てギター、アコーディオン、ピアノ、ジャンベ

●第2ステージ
1:真っ赤なお鼻のトナカイさん(永井寛子さんピアノ、工藤絵里さんアコーディオン、masaさんジャンベ)
2:星に願いを(永井寛子さんピアノ・ソロ)
3:神の御子は~もみの木~ほたるの光(工藤絵里さんアコーディオンソロ)
4:きよしこの夜(永井寛子さんピアノ、工藤絵里さんアコーディオン、全員合唱)

●第3ステージ
1:シクラメンのかほり (ギター弾き語り)
2:夕やけこやけ(ギター・アコーディオン・全員合唱)
3:涙雨 (ピアノ伴奏)
4:追憶の故郷 (ピアノ伴奏)
5:朱鷺色の島~ふたたび~ (ギター・ピアノ)
6:それだけで幸せなこと(初披露曲・ギター弾き語り)

サポートの皆さんお疲れ様でした!
”工藤絵里”さんのブログ:

http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2008/12/yamato-dc1e.html?cid=34478554#comment-34478554

新曲の【それだけで幸せなこと】は、
利用者さんも、スタッフの皆さんも感動して頂いたとのことで良かった。
自分が今関わっている方々との交流をイメージしながら作った曲です。
歌詞を紹介します。

==========================
【それだけで幸せなこと】
詞・曲/YAMATO 2008

1:誰もが胸の奥に 大切なものを抱いて
繰り返す出逢いの中で 人生の花を咲かせる
僕らは糸で結ばれ この場所で巡り逢って
同じ時間をともに過ごせる それだけで幸せなこと

だから今日はこうして あなたに寄り添って
僕は心からこの歌を届けたい
あなたの胸の奥の大切なものを守るために

2:誰もが手の平に 温かなものを乗せて
差し伸べる誰かのために 人生を歩き続ける
僕らは同じ時代に この場所で巡り逢って
喜び悲しみ分かち合える それだけで幸せなこと

だから今日はこうして あなたに寄り添って
僕は心からこの歌を届けたい
あなたの手の平の温かなものを守るために

だから今日はこうして あなたに寄り添って
僕は心からこの歌を届けたい
あなたの胸の奥の大切なものを守るために

あなたの手の平の温かなものを守るために

==========================

【朱鷺色の島~ふたたび~】

デビュー記念ライブが終わってから、
佐渡や新潟への移動の間に詞を考え、
自宅に帰って作曲といった感じで創作活動を進めてます。
デビュー記念ライブ後、3曲完成しました。

トキの放鳥も話題になっているので、
以前から色んな人からトキをテーマに曲を作って欲しいと言われていたのですが、
天邪鬼な面を持っている俺は、
アマチュアの方でも色んな方が曲を作っていることを耳にしたりしてるし、
トキ放鳥が話題だからとそれに便乗して作りたくないと思っていたのであえて作らないでいました。
最近特に、トキの歌をYAMATOがどう表現するかを聴きたいという熱い声を頂くようになり、
自分の中でもある程度踏ん切りがついたので創作に乗り出すことにしました。

そして、曲が完成したので、
佐渡に関係する人達が様々な情報交換の場として運営されている”ばうむ”で歌詞を発表したのですが、、
間もなく行方不明になっていたトキのNo.15”みかん”が死んだというニュースが大々的に流れました。
実は行方不明になっているということも歌が出来上がった直後に知り、
見つかることを願っていたのですが、
忘年会先の箱根で死んでしまったというニュースを知りました。
トキの歌を作ったばかりだったのでニュースは正直ショックでしたが、
”みかん”に捧げる曲になった気がしてなりません。
自然で生き抜くことの厳しさを目の当たりにした思いです。

ということで、歌詞だけご紹介します。
「~ふたたび~」という言葉には、
かつてトキを絶滅させてしまった我々の反省と、
これからトキの自然復帰が成功するようにとの祈りの両方の思いが混在することで強調しました。

===================

【朱鷺色の島~ふたたび~】

詞/曲 YAMATO 2008

1:朝焼け眩い故郷の空に
力の限りに羽ばたいた朱鷺よ
溢れる希望を描くかのように
その翼は朝陽を浴び黄金に光る

ああ故郷の空よ
朱鷺色に染まれ
島人の心一つに
朱鷺色の島 ふたたび

2:夕映え彩る故郷の空を
命の限りに翔け渡る朱鷺よ
流れる血潮を奮わせるように
その翼は夕陽を浴び真赤に燃ゆる

ああ故郷の空よ
朱鷺色に染まれ
島人の心一つに
朱鷺色の島 ふたたび

ああ故郷の空よ
朱鷺色に染まれ
島人の心一つに
朱鷺色の島 ふたたび

==================

この歌詞の大体の流れができた頃、
朱鷺の保護活動に生涯を捧げた佐藤春雄先生の書かれた新聞記事を呼んで、
良かった!と思いました。
と言うのも、
2番で夕陽を受ける朱鷺をイメージした歌詞にしていたので、
佐藤春雄先生が、
「私は夕焼けを背景に空を舞う一羽のトキの優雅な美しさに心打たれました」
と書かれている部分があり、
偶然にも佐藤春雄先生がトキの保護運動を始められる原点となった部分に触れていたからです。
唄い込んだら近々ライブで発表します。

忘年会シーズン到来!

先週末から新潟~箱根の忘年会でした。

まずは12日、友人がやっている小木ダイビングセンターの忘年会。
去年に続き呼んでもらい唄ってきました。
その夜は毎年のことですが、結局寝たのは深夜3時半過ぎ。
それでも翌日は、万代シティでのイベントを控えていたのでなるべくセーブしました。(笑)

翌13日のイベントは、午後3時半~の出演時間だったので、
午後1時半頃会場の万代シティ広場2Fに到着。
本来は雨の予報だったらしいのですが、昼過ぎまでは太陽が出ていい感じ。
実はこの日、何と俺の小学校の時の恩師が3人も来てくれることになっていました。
小6の時にギターを始めるきっかけになったM恩師(現小学校校長)と、
すでに退職されていますが小6の時に担任だったI恩師、
そして妹の担任で、家庭科を教えてもらった女性I恩師の3人。
自分のデビューを知り、
皆さん連絡を取り合って情報を流して頂き、何と30年ぶりの再会になりました。
恩師達が集う直前になると雨が降り出し寒くなって来て、
スタッフも「YAMATOさんどうしますか?」という感じでしたが、
ステージにも屋根 はあるし、客席側にはブース用のテントもあるので、
「今日は恩師達が来てくれるのでやりますよ。」ということで待っていると、
3時過ぎ頃から恩師が集まって来 てくれて懐かしい再会を果たすことができました。
挨拶を交わした後、雨の中ステージに立ちました。

ライブ中は横殴りの雨だったり、
少し小降りになったり変化が激しかったのですが、
途中から恩師の皆さんはじめ、
応援に来てくれたマイミクで絵本作家”サトシン”さんや通りがかりの人まで、
傘を差しながらステージ前に並んで聴いてくれていました。
その様子を見ながら唄っている自分が感動してしまいましたし、
本当に感謝でした。

セットリスト:
1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:遥かなる故郷の空よ、海よ
4:月
5:男道

【命の花】を唄いだした頃からサトシンさんや恩師を押しのけ、
一番真ん前に来てずっと聴いてくれてる若い女の子がいて、
スタッフ関係者かな?と思っていたのですが
ライブが終わりステージを降りてから俺のところに来てくれて、
「良かったです。感動しました。」と声をかけてくれて慌しく去って行きました。
あの雨の中真剣に聴いてもらい、
唄って良かったとつくづく感じました。

30分あまりのステージを終え、
その後は近くの喫茶店に行って恩師たちと懐かしい一時を持った。
女性I恩師が、
「You Tube」にアップしてある【遥かなる故郷の空よ、海よ】のPVを観て
涙が止まらなかったと聞いていたので、
セットリストに入れたらとても喜んでくれて、
【遥かなる故郷の空よ、海よ】歌を唄っている時に、
通りがかりの人が結構覗き込んで行ってくれたそうです。
「今日のライブは、一生忘れられない思い出になった。」と言ってくれていましたが、
あの雨の中のライブが逆に30年ぶりの再会ライブを感動的なものにしてくれた気がします。
M恩師からも、
「ああいう状況下で唄いきるのだから、プロの心意気を感じたし、
歌もギターもさすがにプロで聴き惚れてました。」とうれしいメールを頂きました。
うれしかったです。

その後、13日夜に一旦帰宅し、
14日お昼から箱根の旅館で行われた太平洋戦争の戦友と
遺族有志で組織された『全国ソロモン会』の忘年会に呼ばれてギターを持って向かいました。
お父さんをソロモン諸島で亡くなれている知り合いのご婦人が会員になっていることがご縁で、
【涙雨】という鎮魂歌とも言える楽曲を提供したことからお付き合いをさせて頂いているわけですが、
今回はじめて核になる会員の皆さんの前で生歌を披露して来ました。

【涙雨】http://jp.youtube.com/watch?v=tfcekRpU9AI&feature=related
【男道】http://jp.youtube.com/watch?v=TgfPQNyGx3A&feature=relatedの2曲を唄ったのですが、
皆さん本当に感動して頂いたようです。
何回かご一緒させて頂いていますが、
【涙雨】を作るきっかけになったドキュメンタリ―番組で、
カメラが追いかけて取材されていたジャーナリストの”笹幸恵”さんも来ていて、
マイクスタンドが無かったので俺のマイクもちをさせてしまいました。
1曲唄い終わるまで持ってるのはこれがかなりきついんですが、
「元体育会系だし頑張って!」ということで…。(笑)
改めて笹さんありがとうございました~!

会員の中にお父さんがソロモン諸島で戦死されている大阪の元会社社長さんがいまして、
余生をソロモン諸島と日本の友好の ためにと、
ご自分の資財でソロモン諸島の教育のために育英基金を立ち上げられた方なのですが、
俺のライブに大変感動して頂いたようで、
是非ご自分が参加している大阪のロータリークラブでライブをしてもら う機会を作りたいと言って頂いた。
でも、皆さん戦争で戦地に赴いた人も、
父親や親族を亡くし遺族となった人も、
時代に翻弄された辛い体験を通しながら平和と言うことを本当によく考えていて、
戦地となったソロモン諸島との友好のために遺骨蒐集の傍ら本当によく尽力されている。
高齢の為、健在者がどんどん少なくなっているようなのですが、
実際戦争を体験している方々の実体験の話も聴きながら、
平和のために実際行動されている姿に考えさせられることが多いですね…。

新潟~箱根、こんな忘年会ライブでした!

”命の花”と新潟県「いじめ根絶県民運動」

今日、現在新潟の小学校で校長をされていて、
俺が小学校時代にギターを始めるきっかけになった恩師の紹介で、
新潟県で力を入れて推進している
「いじめ根絶県民運動」のサポーターとして登録させて頂いた。

デビューCD【月】のカップリング2曲目に収録されている【命の花】は、
まさしく、自分が音楽活動を始めた2004年、
当時、子供たちのいじめとそれに伴う自殺の連鎖が社会問題になっている時に、
かつて学習塾の講師として教育に携わった期間があり、
子供好きな自分にとってはとても胸を痛める社会問題だったこともあり、
子供たちに命の大切さを伝えるメッセージソングとして作った曲でした。
4年前、本格的に音楽活動を始めると同時に、
やはり、今回のカップリング曲【佐渡ヶ島】とともに、
まず最初に手がけた思い入れのある1曲です。

この【命の花】の根強いファンも多くいまして、
レコード会社のプロデューサーも、
【命の花】は、多くの人に受け入れられ、
大衆ソングになる可能性を秘めた楽曲なので、
デビューCDのメイン曲にしないかと言っていたほどでした。
実際、今回のデビューCDの中で【命の花】が1番好きだという声もたくさん頂いています。

事務所の社長も【命の花】という楽曲を大変気に入っている一人で、
楽曲が持っている力、可能性を常々口にしていて、
これまでも、打ち合わせで合う度に、
「今、社会的に”命”というものを見つめなおさないといけない時だと思うので、
YAMATOの【命の花】を通して、
”命”をテーマにした”命の花運動”みたいなものを展開できないかな~。」
と提言されてきました。
そう言う意味では、
今回お話を頂いた新潟県が取り組んでいる「いじめ根絶運動」は、
まさに直結するテーマであり、
本当に縁を感じる次第です。

いじめに関して自分なりに言うなら、
やはり小さい頃から”思いやりの心”を育てることに尽きると思う。
何もかも学校、教育現場に任せて、
そのせいにしてしてしまう傾向がありますが、
先ずは家庭が基本であって、
親が子にしっかり”思いやる心”を教えていく、
それが一番重要だと思っています。
昔から子供社会では、大なり小なりいじめというのはあったと思いますが、
ふざけていたことが、
実は相手にとってはいじめとして受け取られていたりということも
往々としてあると思います。
しかし、やはり自殺にまで追い込むような陰湿ないじめ、
これは、絶対社会から無くさないといけないと思っています。

まずは自分をしっかり愛し、
そのためには、自分の存在価値というものをしっかり認識できないといけないわけで、
同じように他人の存在価値をも認め愛せるようになること。
微力ながら、少しでも活動の一助になれば本望です。

ということで今日、
「いじめ根絶県民運動」のサポーターとして、
メッセージカードにメッセージを書いて送りました。

●ストップ・ザ・いじめ ~やめよういじめ 許すないじめ ~ いじめ根絶県民運動実施中
http://www.pref.niigata.lg.jp/kyoikusomu/1194279102163.html

【Weekly ぴあ】CD満足度ランキングで【月】が8位獲得!

遅ればせながらですが、
公式ホームページ公開前の情報をアップします。
YAMATOデビューCD【月】が、
去る10月2日売「Weeklyぴあ」10月1日発売新譜CDコーナーで紹介され、
100人のモニターリスナーが試聴採点した結果、
何と8位にランクインしました!
正直、他のCDは日本のトップアーティストや話題作ばかりだったので、
無名の新人としては、かなりの大健闘だったようです。

ちなみに、こちらからランキング情報見れます!
CD満足度ランキング/@ぴあ
http://www.pia.co.jp/music/cd/081009_cdranking.html

WordPress Themes