さいたま『ふれあい音楽祭♪』終了!

去る、1月10日、
「さいたま芸術劇場」で行われた『さいたまふれあい音楽祭♪』に参加してきました。
普段は都内と佐渡ヶ島、新潟あたりの活動がメインなので、
そろそろ自分が住んでいる埼玉県内での活動をしようと思って、
年末インターネットで探したところ引っ掛かったイベントでした。
前日の悪天候とは打って変わって良い天気で何よりでした。

●第1ステージ:(13:55~)
1:立ち上がれ
2:命の花
3:月
4:涙雨

●第2ステージ:(18:25~)
1:佐渡ヶ島
2:永別の空
3:月
4:追憶の故郷
5:それだけで幸せなこと
※サポート:ジェンベ(masa)、ピアノ(永井寛子)、撮影:美月

美月さんが「You Tube」に今回の動画アップしてくれてま~す!
【立ち上がれ】:http://jp.youtube.com/watch?v=F_O96diP34M&feature=channel
【追憶の故郷】:http://jp.youtube.com/watch?v=QuM-RWie9RQ&feature=channel
【それだけで幸せなこと】:http://jp.youtube.com/watch?v=GZEG7poOVc4&feature=channel_page

【涙雨】は、
太平洋戦争時代にソロモン諸島で戦死されたご遺族や戦友の有志の方々が組織する
「全国ソロモン会」に提供した曲。
元々作るきっかけになった知り合いでご遺族のご婦人が、
生で【涙雨】を聴かせたいと92歳の母親と一緒に来てくれて、
とても感動して喜んで帰って頂きました。
この【涙雨】は、すでに自分が作った音源を現地の慰霊祭で流して頂いているのですが、
実際現地で直接唄って欲しいとの強い要望を頂き、
年間2、3回行われているソロモン諸島の遺骨収集に同行し、
3月7日から一週間、現地の慰霊祭で【涙雨】を唄って来ることになています。
それだけ、【涙雨】が会の方の心に響いて頂いているようで、
大変光栄なことだと思っています。

第1ステージから第2ステージまで4時間も空いていましたが、
最後まで残ってくれていたお客さんには本当感謝でした。
最後は、自分がトリなので少し長く唄って欲しいとうれしいお声を頂いていたので、
1曲だけですが予定より多く唄わせてもらい、
最後は、お二人の方から花束まで頂いてしまいました。
あとで、「恥ずかしさを堪えて花束を渡したのですが、
あなたに花束を渡せたことに誇りと喜びを感じました。」というメールを頂き、
身に余る思いで更に頑張らねばと思いました。

終了後、出演者の若いアーティストからも心に響いたという声もたくさん頂き、
改めて若者達にも自分の歌が届いてくれたと実感できた充実の1日でした。
とにかく派手なプロモーションはできないので、
こういうライブで一人でも多くの方の心に届くように頑張って行こうと思います。

マチュアのイベントということで、
お客さんの動員数は少なかったですが、
主催している”HAYATO”君もまだ27歳の若者。
とにかくこういうイベントを続けるだけで大変な労力だが、
何とか地元を盛り上げようと頑張っているので、
今後も自分にできる範囲で関わって盛り上げていけたらと思いました。
HAYATO君のお母さんにもCDを買って頂き、
ご両親も”HAYATO”君の活動をサポートしてくれてるそうで、
彼自身もそれに結果を出して恩返ししたいと言っているのを聴きながら、
頑張って欲しいと思いましたね~。

打ち上げに後から顔を出したら、
今回は演奏しなかったのですが、
普段はインストの曲を作っている主催者の”HAYATO”君と
他にギターの弾き語りをした”佐藤とも”君と”Yu-ya”君の3人がいました。
実は、なかなか実力あるな~と思った2人でした。
俺と合わせて4人、夜11時過ぎまで熱く音楽談義を交わしました。
「YAMATOさんの演奏を聴いてさすがプロだと思いました。」とか、
「ステージを見て色々勉強になりました。」など感想を述べてくれました。
特に演出など考えず、
自然体を心掛け自己流なんだけど…と思いながら、
今後も良き交流をしていけたらと思わせる本当に良き青年達でした。

その後は、いつもお世話になっている浦和の『サンアイ』に
今月24日にやる予定のライブの打ち合わせを兼ねて立ち寄り、
結局朝5時に帰宅。(笑)
実は、当日2時間も満たない睡眠でライブをしたので、
さすがにマスターと話しながら何回か意識が飛んでました。(笑)

でも、気持ちの良い一日で、
お越し頂いた皆さん、関係して頂いた皆さん、
本当にありがとうございました!

WordPress Themes