必聴!【月】の”ヒチリコ”(Bamboo Sax)バージョン

最近、ライブのサポートとして演奏に加わるようになった”光平”さん。
”ヒチリコ”というバンブーササックスの考案者であり、演奏者でもありますが、
先日の浦和のライブでも披露して頂いた
俺のデビューCD【月】のカラオケに合わせた”ヒチリコ”演奏を
「You Tube」にアップしてくれました。

とっても良いムードに仕上がっていますので、是非聴いてみて下さ~い!
http://jp.youtube.com/watch?v=72CJ_SMJmKc

”光平”さんのホームページ :http://bamboosax.client.jp/

明日は、「国際留学生協会」の新年会でライブして来ま~す!

3日間の報告3:木更津【木更津 FM】

昨日25日は、木更津の【木更津 FM】に行き、
【仍世まさこの
MOTHER LAND】という番組に出演して来ました。
佐渡にIターンした後、今は東京に働きに来ている知人の紹介で、
『リトルパンゲア』というNPO法人に参加してることから、
31日に木更津で開催されるNPO法人による【市民活動フェスタ】http://www.netb.co.jp/festa/に出演することになり、
(YAMATO出演 13:10~13:40)
【木更津 FM】への出演交渉もして頂いたわけです。
そして、何と【木更津 FM】の社長は、今仕事が忙しく顔を出されていないのですが、
会費だけは納めて同じ異業種交流会のメンバーになっている『日本総合企画株式会社」の社長。
確か、数年前に年商100億円を越えたと伺ったと思いますが、
貸しビル業をされながら、空きビルの再建などで活躍されている方で、
ダイヤモンド経営者倶楽部に紹介されていました。
http://www.dfc.ne.jp/venture_2006/d_01.html#a

そんなことにご縁も感じながら、
仍世まさこ
さんのMOTHER LANDという番組の名の通り
母親のような温かい雰囲気の中で、
ラジオは、普通ゲストと言っても10分、15分のあっという間の出演が多いので
何か、不完全燃焼感が残るのですが、
1時間という充実感の残る出演になりました。

【月】のギターでの弾き語りと、
【命の花】のCD音源を流して頂きましたが、
ただ、やはり午前中というのと、
極めつけは、連日の不規則な生活で若干鼻風邪をひいてる状態でしたので、
十分な発声はできないまま騙し騙し唄ったものの、
高音部が出切っておらず最悪の状態でした。(笑)

仍世まさこさん、朱鷺の情報に普段から関心を寄せているということで、
番組の中でリクエストがあり、
【朱鷺色の島~ふたたび~】も予定外でさわりだけ唄いましたが、
音源ができたら是非ラジオでかけたいとのことでした。
お陰さまで、これから3ヶ月に1度くらいでも定期的にゲストでの出演要請を頂き、
今後も木更津との親交が深まりそうです。
そうそう、自主制作の15曲入りソロアルバム『故郷を遠く離れて』を
視聴者プレゼントとして3枚置いて来ました。
問い合わせあるかな…?(笑)

帰り際、『AQUA 木更津』の中を廻って歩いたら楽器店があり、
ギターを試奏させてもらったりして、
今度「全国ソロモン会」を通してソロモン諸島へ行く予定なので、
現地でのライブの後、そのままプレゼントとして置いてくるギターを買うことにし
マネージャーさんと話していると、
かつて、自分の住んでる地元戸田のジャスコにあった楽器店にいたことがわかりびっくり。
今度、店内でイベントも企画する予定がるらしく、
接客してくれた若い女性スタッフが担当ということで、
その時には、是非呼びたいと言ってくれていました。
ここでも、思わぬ木更津との縁を深めて帰ってきました。

こんな感じのまた出会い多き感謝の3日間でした!

3日間の報告2:浦和【らうんじ サンアイ】ライブ

さて、翌24日は、15:30~浦和【らうんじ サンアイ】でのライブでした。
新潟から深夜の高速バスで家に帰宅したのが朝6時頃。
浦和でのライブ前に知り合いの集会に呼ばれていたので休む間もなく動き、
都内で昼過ぎに3曲ほど唄ってから浦和に向かいました。

戸田公園で”美月”さんと合流して【サンアイ】に行くことにしていましたが、
途中、土曜ということもあり道路が異常に混んでいて思うように車が動かず、
結局【サンアイ】に着いたのはライブ時刻の15:30頃。
先に、知り合いの女性が教えている「クミフラ」というフラダンス教室のメンバーさんが
先日の発表会の反省会を兼ねて集まっていて、
まだその名残でガヤガヤしている中に
自分のライブを聴きに来てくれたお客さんも混じっている状態で、
急いで準備をして結局30分近く遅れてスタート。

セットリスト:

1:月(ギター・ピアノ)
2:I Love You(ギター・ピアノ)
3:太陽へ向かうハイウェイ(ギター・ピアノ)
4:Happy Birthday(ギター・ピアノ)
5:命の花(ギター・ピアノ・ヒチリコ)
ゲスト”光平”さんのヒチリコ(バンブーサックス)演奏3曲
※1曲は、自分の【月】をカラオケに合わせて演奏してくれました。
6:泰平「改め”らんこ”」(ギター弾き語り)
7:永久に咲く花(ギター弾き語)
8:男道(ギター・ピアノ)
9:それだけで幸せなこと(ギター・ピアノ・ヒチリコ)
※ サポート/ピアノ:永井寛子、ヒチリコ(バンブーサックス):光平
【泰平】という曲は、同郷の”らん”さんのお名前をお借りし、
女性の名前を使うと大変失礼な替え歌になるんですが、
3文字が唄い易いので”らんこ”として唄わせて頂きました。
ご協力ありがとうございました!
夜は、ライブというより【サンアイ】の新年会というかたちになり、
カラオケで唄う程度になりましたが、
カラオケの後、「今CDを売らないと駄目だよ~!」というお客さんの声で、
車までCDを取りに行き、
皆さんほとんど顔見知りの常連さんですが、
皆さんにCDを買って頂き感謝の1日でした。

【サンアイ】のマスターとは、自分が音楽活動を始めて間もない頃、
佐渡出身の方がやっている居酒屋でギターの弾き語りをした時に知り合ったご婦人が、
俺の応援をしてくれるだろうと後日紹介してくれたのがご縁。
その時には、今の【らうんじ サンアイ】というお店はまだやってなく、
開店したのは昨年末。
それから事あるごとに応援して頂いているので、
時々ギターを持っては顔を出して簡単に唄うことは結構ありますが、
ある程度で正式なかたちのライブとしてやるのは今回は初めて。
今回は、お店が狭いこともありシンプルな編成でやりました。

普段、プロダクションやライブハウスなどでは、
アーティストを安売りして価値を下げないようにと
どちらかと言うとスターを演出をされる扱いになるのが普通ですが、
【サンアイ】では、普段ほとんど素の状態でホストのようになりますので(笑)、
またそういうアットホームな交流を楽しみたい方は是非【らうんじ サンアイ】にどうぞ!

3日間の報告1:新潟【いじめ根絶県民運動】

3日間の過密スケジュールを終えやっと一息…。
まずは、23日、
M恩師の紹介で新潟県【いじめ根絶県民運動】のフォーラムに参加して来ました。
会場は350席以上あったようですが満杯で、関心の度合いの高さを感じました。
子供達の直接の声を聞きながら、
また、関係している大人側の考え方なども聞きながら
自分にとってもとても有意義な時間でした。
著名人サポーターのサイン入りメッセージ色紙が会場の後ろに展示されていて、
俺のもしっかりありました。(笑)

個人的には、やはり基本は家庭で、
まずは、自分自身がどれだけ愛され必要とされているかという
存在価値をしっかり認識できるかどうか、
その上で、相手も自分と同じ価値のある存在だということ、
本当の意味での思いやりの気持ちが確立できるのだと思う。

でも、子どもたちに責任のない段階で、
家庭の事情からそういった土台が確立できない子どもたちもいるわけで、
そういう場合は、家庭の次にもっとも身近な存在である
学校での教師の役割はかなり大きくなってくるのだと思う。
とにかく子どもたちにとって、
自分の存在価値を認め受け入れてくれる大人がいるということはとても大切なことで、
子どもの段階で愛された経験の無い人が、
他人を愛するということは本当に難しいことだと思う。

懇親会では、自分がギターを始めるきっかけになったM恩師と親しい教育庁の女性職員と同席になり、
ポスターと同じ写真を使ってデザインした新しい名刺を渡すと
M先生が今年の年賀状に使ってた写真の人だということで大変驚かれ、
自分の教え子がデビューしたので応援してあげて欲しいと書いてあったと教えてくれました。
実は、俺は喪中葉書を出していましたので、
M恩師からの年賀状を受け取ってなかったのですが、
俺の知らないところでそんな応援までして頂いていました。
「M先生とYAMATOさんの関係は、教師としてはとてもうらやましい関係ですよ。
M先生もすごくうれしいはずだから思いっきり甘えて応援してもらったらいいですよ。」
と言ってくれていました。

その他にも、新潟県小中学校PTA連合会の会長さんとも名刺を交換すると、
「実は、YAMATOさんのことは知っていましたよ。」と。
新聞でデビューの記事を読んで貰ったのかな?などとと思いましたが、
思いの外、新潟で自分を知ってくれている方がいるのに驚くと同時に
陰ながら色んな方に応援されているのだな…と改めて感謝の思いが湧いたひと時でした。
でも、新潟の教育関係者の皆さん、
とても熱く、元気がある印象を受けて帰ってきました。

WordPress Themes