【にっぽんe物産市】サイト内のの店舗CMソングに。

経済産業省支援プロジェクト【にっぽんe物産市】のサイト内で、
佐渡から出店している店舗のうち2店舗に自分の楽曲2曲を使ってもらいました。
同郷の吉井氏が経営している「株式会社うぶすな」で制作したものですが、
自主制作のアルバム【故郷を遠く離れて】の中から【佐渡ヶ島】と【男道】です。

CM自体は30秒なので楽曲を部分的に使ったものですが
、なるほどという部分を使ってもらってます。
メンテをしているのか、時間によって観れない時があるようです。
【にっぽんe物産市】:https://ebussan.jp/

●大上塚本商店:【佐渡ヶ島】
※日本海の荒波から始まり、日本海の荒波に揉まれたイカを焼いてるシーンです。
●本間工芸:【男道】
※男道は、職人の世界にも通じてるぞという感じです。
CMここから観れます。
https://ebussan.jp/pg/blog-kiji4/?uid=122544025895506&kid=1392

さて、明日は銀座【Miiya Cafe】でのライブです!
Newアルバム制作に向けて、
収録予定曲でこれまでライブで唄ってなくて音源がない曲を中心にやろうと思っています。

■2月28日(土)
場 所 : 銀座【Miiya Cafe】 http://www.miiya-cafe.com/
時 間 : 21:15~
チャージ : ¥2000+1Dr

明後日は、昨年末に知人が立ち上げた芦花公園での野外ライブのイベントに参加して来ます。
※野外なので、雨が降ったら中止です。

■3月1日(日)
場   所:【芦花公園】http://hananooka.web.fc2.com/やごの楽校前(野外)
時   間:13:00~15:00(YAMATOは、14:00~1時間やります。)
チャージ:無料

ご都合がついたら足をお運びくださ~い!

昨日は、【エフエム 新津】に電話で収録出演しました。

先週20日の新潟ライブの日に【エフエム 新津】に出演の収録ができなかったので、
結局、昨日電話で出演のための収録をしました。
PM3時前にパーソナリティの”船尾佳代”http://www.chat761.com/personality/index.htmlさんから電話があり、
10分くらいのやり取りを収録して、
後は【月】の音源を流してもらうことになりますが、
オンエアは、今週27日(金)とのことでした。

”船尾佳代”さんは、
偶然にもラジオのパーソナリティの仕事を始める前に一度面識があり、
何ともご縁を感じるわけですが、
ラジオの収録の後、
実は、ご本人も歌を唄うんだという話になりました。
たまたま、最近自分が女性の立場の歌を何曲か作っていることもあり、
いずれ自分の楽曲を唄ってもらってコラボしましょうとの話で盛り上がりました。
その時は、自分がギターを弾いて船尾さんが唄うことになるんでしょうかね…。(笑)
パーソナリティをしているだけあって、
とっても声の良い女性なので歌も期待できそうで楽しみです。

ちなみに、これまで女性の立場で作った曲には、
【憧憬~あこがれ~】、【月夜の祈り】、【木蓮の花咲く頃】の3曲があります。
面白いもので最初は女性の立場で作る予定ではなく、
完成した後、何だか女性の曲にした方が良いように思えてそうしました。
だから、ちょっと歌詞を部分的に替えると男性の歌にもなります。(笑)

ちなみに、最新の曲【木蓮の花咲く頃】は、
少し前にもうそろそろ木蓮の季節だな~と思い、
白木蓮をイメージした曲を作りたくなり作った曲です。

先日大宮のデイケアセンターのライブで
初めて唄い試しのように唄ってみた音源を
ブルーさんが撮影して「You Tube」にアップしてくれました。
自分の場合、新曲ができるまでに
最後の詰めでかなり推敲に推敲を重ねるタイプで、
ほぼ完成という段階で一度ライブで唄ってみます。
実際ライブでしっかり声を出して唄ってみてから
しっくりこなかった歌詞やメロディーを更に部分的に変えることが度々です。

と言うことで、
今回もライブ音源の後少し歌詞とメロディーを変えてますのでご了承ください。
途中コードも少し間違えてます。(笑)
ブルーさんが新しいカメラの試し撮りを兼ねて
とりあえずこんな感じの音と映像になりますということでアップしてくれたものですので、
また、しっかり完成した【木蓮の花咲く頃】を追々アップしてもらいま~す。

=========================================

【木蓮の花咲く頃】
詞・曲/YAMATO 2009

1:ふんわりと真っ白な 木蓮の花が
真綿を散りばめたように 空に咲いている
仄甘い花の香が 風に漂えば
あなたの面影が揺れて 愛しさ胸に溢れる

心に拭えない季節と 恋を抱きしめたまま
今年も同じように春が巡り来れば あなたを思い出す
木蓮の花咲く頃

2:おぼろげに霞んだ 十六夜の月を
見上げた木蓮の下 遠い春の夜
仄甘い月の香に そっと包まれて
私の黒髪を撫でて あなたがくれた口づけ

あれからいくつもの季節と 恋を見送っただろう
今年も同じように春が巡り来れば あなたを思い出す
木蓮の花咲く頃

今年も同じように恋の儚さ抱いて 涙に脆くなる
木蓮の花咲く頃

=========================================

ブルーさん撮影の【木蓮の花咲く頃】ライブ動画:
http://www.youtube.com/watch?v=aeIZleZCuMg

新潟~佐渡の報告。

去る2月20日(金)、
新潟【NAMARA-YA】で久々にソロライブやって来ました。
今回は、ジェンベのmasaさんが新潟まで同行してくれました。

この日、数少ない新潟の知人友人達に声をかけると、
タイミング悪く、皆ほとんどが新潟市内から離れていました。(笑)
昨年末に30年ぶりに再会を果たした恩師の皆さんが声をかけ合って、
お友達などを誘って来てくれることになっていましたので、
知人、友人がそういう状況だったこともあり、
今回は、恩師にたっぷり聴いて頂くことをメインに考えて行きました。

【NAMARA】で一週間の催し物のスケジュールを新聞広告に掲載するらしく、
ライブ前日の新聞に掲載された自分のライブ情報を見つけたと、
佐渡市のO元副市長さんがお友達と駆けつけてくれたのには驚きました。
元々新潟市内のご出身で、
佐渡市の副市長時代は佐渡に住まれていたのですが、
自分が佐渡での色んなイベントに呼ばれ唄いに行くと
必ずと言って良いほどO副市長がいらっしゃって、
「YAMATOさん、ご苦労さ~ん!」と笑顔で声をかけてくれていました。
本当に人柄の良い方だな~と思っていたのですが、
役職を離れた後も、
こうやってライブ情報を知って応援にお越し頂いたことに本当感謝でした。
残念ながら女性恩師が一人、
少し遅れて近くまで来ていてくれたようなのですが会場がわからず、
携帯を持ってくるのも忘れたようで、
結局、他の恩師と連絡がとりあえず辿り着けませんでした。
本当残念でした。

そんなことで、20人入れば一杯になるこじんまりしたお店ですが、
平均年齢60代半ばくらいだったでしょうか、
10人くらいのお客様とのライブになりました。

<セットリスト>
■第1ステージ
1:佐渡ヶ島
2:時代の風
3:淡雪
4:行こうよ!
5:永別の空
6:月
7:夢の歌を口ずさみながら
8:遥かなる故郷の空よ、海よ
9:朱鷺色の島~ふたたび~

■第2ステージ
1:立ち上がれ
2:真夏の太陽を抱きしめて
3:命の花
4:Happy Birthday
5:永久に咲く花
6:涙雨
7:男道
8:追憶の故郷
9:それだけで幸せなこと

サポート:masa(ジェンベ)

※ ライブの様子は、NAMARA代表江口さんのブログで!
http://blog.goo.ne.jp/ayumu-namara/e/31832847d475afc702c0afae658360ed

昨年12月、恩師の皆さんには新潟の万代シティーのイベントにお越し頂き、
30年ぶりの再会で5曲聴いて頂いただけでしたが、
今回はソロライブということで、
18曲たっぷり聴いて頂くことができました。

バスの長時間移動の後すぐで、
喉が乾燥していたのもあると思いますが、
水分を摂るようにはしていたものの高音の出があまりよく無い感じで、
高音部は騙し騙し唄った感は否めませんでした。
それでも終了後、
「歌詞が伝わって来て本当に感動しました。」
「涙が出ました。」
「いい歌を唄いますね~。」
「これなら友達を誘ってくれば良かった。」など、
うれしいお声をたくさん頂きました。
休憩時間にシングルCDと自主制作アルバム
どちらか1枚ずつ買って頂いていた方が多かったのですが、
ライブ終了後は、もう1枚の方も買いたいと、
結局、すでにCDを持っている恩師以外の方が全員CDを2枚とも買って頂き、
成功だったと実感できたライブでした。

ライブ後、小6の時の担任ご夫妻とmasaさんで近くにある10割蕎麦のお店に行き
一杯やりながら懐かしい話で花が咲きました。
子どもが少なかったこともありますが、
本当によく覚えてくれていて、
小学校時代の恩師と当時を思い出しながら交流ができることに、
幸せなことだな~とつくづく思えました。

翌日、ギター始めるきっかけになった恩師からも
「本当に良い歌が多くて、あっと言う間のライブでした。
たくさんの人に聴いてもらいたいと思いました。」
とうれしいメールを頂きました。

masaさんは、前日注文した饅頭を取りに朝から出かけたのは良かったのですが、
帰り道に迷ったようで、予定のバスに乗り遅れるハプニングが。(笑)
結局、バスを1時間遅らせて先に関東に帰りました。
自分は、朝9時20分のフェリーで佐渡へ向かう予定が、
海上が荒れて欠航になり、
その後も欠航なら関東に帰るつもりでいたら、
12時40分が出航になったので予定通り佐渡に行って来ました。

元々、2月中にメジャーから出すCD以外に自主制作の新たなアルバム制作の件で、
次のアルバム制作のプロデューサー的な立場になるT君と
打ち合わせする予定でいたのですが、
なかなか佐渡に帰る時間が取れなかったので、
今回ついでだったので行って来ました。

収録曲の選曲とレコーディングを始める日程などを打ち合わせましたが、
3月中から自分のスケジュールの空いている時に佐渡に帰り、
レコーディングを開始する予定にしました。
T君は、佐渡でのデビュー記念ライブでパーカッション担当でしたが、
佐渡発のアルバムを作りたいという意気込みがひしひしと伝わって来ました。

今回打ち合わせしながら、
初めての曲なんかはその場で弾き語って聴かせていくと、
「YAMATOさんの曲は、
1曲1曲がどれもシングルになるようなメッセ―ジ性が強い曲ばかりで、
アルバムにそういう曲ばかり入れるのは本当は勿体無いんで、
何か捨て歌的な曲はないんですかね…?」
など言ってくれていました(笑)。
確かに自分は曲を作る時に1曲1曲が独立してテーマを持ち、
シングルになってもいいようなつもりで作るので、
やはりそれが伝わってくれてるようでした。
逆に自分の中で捨て歌的な曲を作る方が難しいな…とういう感じ。(笑)

前回のアルバム【故郷を遠く離れて】は、
元々12曲の予定をサービストラック的に3曲追加して15曲入りにしたんですが、
今後またアルバムを作って行けば良いので、
一度に15曲入れるのは勿体無いという話になり、
12曲入りにすることになりました。
タイトルは、【真実の光を探して】の予定です。
T君が気合を入れてくれているので、
かなりのクオリティーのものができるのではと思っています。

【故郷を遠く離れて】を制作してから1年3ヶ月くらいですが、
曲数的には、何枚かアルバムを作れるだけの60数曲あるので、
様子を見ながらアルバム制作していこうと思っています。
とにかく次のNewアルバムお楽しみに~!

今日は、大宮【愛の家】でライブでした。

今日は、月一回通っている
大宮にあるデイケアセンター【愛の家】でのライブでした。
最近自分のライブ写真を撮ってくれているカメラマン”ブルー”さんと
自分のデビュー曲【月】のPVを作ることになっていて、
今日は”ブルー”さんも撮影同行してくれました。

今日は偶然にも、
自分のライブにも時々来ていただいている知り合いの看護婦さんが、
月1回の当直の日だと聞いていたので、
楽しみに行きましたが、
11月のデビュー記念ライブに来て頂いて以来久しぶりに会えました。
皆さんお馴染みの曲などを交えて、
10曲1時間のライブでした。

セットリスト:

1:佐渡ヶ島
2:淡雪
3:命の花
4:酒と泪と男と女
5:シクラメンのかほり
6:夕やけこやけ(全員合唱)
7:木蓮の花咲く頃(新曲)
8:月
9:朱鷺色の島~ふたたび~
10:それだけで幸せなこと

自分の歌も皆さん大分覚えてきてくれて、
職員さんが、皆さん積極的に手拍子したり、
かなり馴染んできてるのがわかりますと言ってくれていました。
終わった後、皆さん本当に喜んでくれるのですが、
やはり【月】は、特に皆さんにも好評頂いているようで、
今日も「【月】は、じ~んと来ます。」と言ってくれてる方や、
「【月】のCDが欲しいと言ってあるんだけど、
来月は、必ず持ってきてね。」と言ってくれてる方もいました。

うれしい限りです。
また来月も日程組んで行って来ま~す!

さて、明日は、新潟【NAMARA-YA】での久々のライブです!

http://www.namara.tv/index.html

★2月20日(金)時間18:30開場、19:00開演
2000円(1dr付)
会場・NAMARA-YA(新潟市中央区古町通5-599)TEL025-224-8001

ライブのお申込お問合せは
TEL 025-222-1125(NAMARA)

以前やった時には、新潟市内にほとんど声をかける人脈がない中でやりましたが、
今回は、新潟の小学校時代の恩師達も知り合いに声をかけたりして頂いているようで、
たっぷり2時間気合入れてやって来ようと思います。

いつもサポートに入っているジェンベの”masa”さんが同行して叩いてくれま~す。
明日朝、二人で新潟にむかいますが、
自分は、ライブの後佐渡に行って来ま~す!
新潟の皆さん、是非遊びにお越しくださ~い!

西川口【ゆの郷】ライブ終了しました!

住んでる戸田から本当近いので、
ライブ終了後、あっという間に家に帰ってる感じで、
何だか楽ちんでした。(笑)

今夜は、19時前から漫才コンビのステージ。
その間、我々4人はステージ裏に楽屋と食事を用意してもらい、
漏れてくる漫才を聞きながら待機。

19時25分頃からステージをスタートしました。

セットリスト:

1:佐渡ヶ島(ギター・ピアノ・アコーディオン・ジェンベ)
2:月(ギター・ピアノ・アコーディオン・ジェンベ)
3:酒と泪と男と女(ギター・アコーディオン・ジェンベ)
4:命の花(ギター・ピアノ・アコーディオン・ジェンベ)
5:乾杯(ギター・アコーディオン・ジェンベ)
6:男道(ギター・ピアノ・アコーディオン・ジェンベ)
7:追憶の故郷(ギター・ピアノ・アコーディオン・ジェンベ)

サポート:ピアノ(永井寛子)、アコーディオン(工藤絵里)、ジェンベ(masa)

【ゆの郷】の関係業者さんの宴会ということで、
支配人からは、宴会の席なんでうるさいかも?とは言われていたんですが、
まあ普通宴会の場はそんなもの。
それでも、その中に何人かしっかり聴いてくれてる人がいるという感じ。
その心づもりで始めると、
途中までさすがに少ししゃべってる席はあったものの、
ライブ途中から完全に皆さんステージ側を向いて
聴きにきてくれたお客さんのように聴き入っ てくれてました。
途中、初めての方ばかりなので、
MCでメジャーデビューに辿り着くまでの遠回りした経歴などを話すと、
「おお~!」という驚嘆にも似た声が漏れていました。
関係業者さんということもあったんでしょうが、
本当演奏する側からすると、
宴会の場とは到底思えないほどとってもやり易い良いライブでした!

温泉大好きなジェンベのmasaさん、
風呂に入って帰ったようで、
色んな人にライブ良かったなどと声をかけられたみたいで、
ライブ会場の手ごたえは確かだったようです。(笑)
masaさん、工藤絵里さん、永井寛子さん、サポートお疲れ様でした!

最後、支配人さんは接待に入ってしまったということで、
話ができませんでしたが、
正式に3月から【ゆの郷】の歌謡ショーの出演日程が決まりました。
1日2ステージのようです。

3月7日(土)
第1ステージ/15:00~
第2ステージ/19:00~

温泉に入るついでにお越しくださ~い!
割引けんたくさん貰って来ましたので近くで欲しい方差し上げます!(笑)

明日は、西川口の天然温泉【ゆの郷】で。

明日は、先日、同郷の先輩方の同級会に呼ばれ、
アトラクションで唄った際に支配人を紹介して頂き出演が決まった
川口にある天然温泉【ゆの郷】http://www.oragamachi.jp/biyoukennkou/yunosato/index.html
での演奏に行って来ま~す。
今月はすでに歌謡ショーの出演日程が全て決まってしまっていたので、
支配人が関係業者を集めて主催する新年会でのアトラクションにと呼んで頂いたもです。

今日連絡を取ると、明日は19時~漫才が入っていて、
その後、19時半~が俺のステージとのことでした。
当初、声をかけてみないとどれくらいの人数が集まるかわからないので、
少ない場合は宴会場で、多ければ歌謡ステージのホールを貸し切ってということでしたが、
結局80名ほどの参加者になったようで、
歌謡ステージでということになりました。
支配人は、「宴会の場なんでどれだけの人が聴いてるかわからないけど、
地域の新聞関係者も来るので、色々な方紹介しますよ。」と有り難い言葉を頂きました。
3月からは歌謡ステージでの出演の話も頂いていますので、
明日しっかり演奏してきま~す!
サポートは、”masa”さん(ジェンベ)、
工藤絵里さん(アコーディオン)、
永井寛子さん(ピアノ)での予定です。
よろしくお願いしま~す!

3月というと木蓮の季節。
この2,3日で白木蓮をテーマに1曲作りました。
タイトルをどうするか、現在思案中…。

バレンタインデー前の一足早いデート。

明日は、バレンタインデーですが、
昨日、ファンの方と早々のデートをして来ました~。
息子さんを通して自分のCDを聴いて頂いてファンになって頂き、
渋谷のデビューライブで初めてお会いしてからというもの
熱烈に応援頂いているファンのお一人、
埼玉の母ということになっているMさんと。(笑)

以前も2種類のCDを各10枚ずつご注文頂いたのですが、
この日も、自分のデビューCD【月】と
自主制作ソロアルバム【故郷を遠く離れて】を5枚ずつご注文頂き、
丁度夕方6時前に異業種交流会仲間と会う約束があったので、
その前の5時に待ち合わせをし、
時々利用している三越2Fの喫茶店で約1時間お茶をしながら過ごしました。
Mさんからは、いつも自分の楽曲に対して
ミュージシャン冥利に尽きるような温かい励ましの言葉を頂いてばかりで、
昨年末に作った【それだけで幸せなこと】も大変お気に入りだそうです。
色々話しているとあっという間の1時間で、
もう1時間くらい早めに待ち合わせすれば良かったかなと…。

しっかりチョコレートまで頂いて、
手作りカードには、
『いつもあなたには命の輝きを感じています。
自分の目指す道を!』と、
何ともうれしい励ましの言葉が書いてありました。
音楽をやっていて本当に良かったと思える一瞬ですね。
Mさん、ありがとございました!

その後は、親しく交流している【TASCA】http://tasca.blog47.fc2.com/という
オーダーメイドメンズスーツを作っている会社のオーナーと合流。
デビュー祝いにと、
【TASCA】でステージ衣装用シャツを1枚作ってくれることになっているのですが、
この日は別件で会ったものの、
思いもよらず自分の音楽活動に大きく展開できるかも知れない情報が入り、
来週水曜日に関係している知人と改めて打ち合わせることになった。
まあ、自分の楽曲がコンセプト的に合うかどうかが大きいと思いますが、
うまく展開できるといいな…。

デビュー後初の新潟ソロライブやりま~す!

さて、来る2月20日(金)、
イベントではなく正式なソロライブとしては、
メジャーデビュー後初になる新潟ライブをやることにしました!

場所は、以前にもやったことがありますが、
新潟お笑い集団『NAMARA』http://www.namara.tv/index.html系列のお店【NAMARA-YA】です。
元々は、絵本作家”サトシン”さんの紹介で『FM 新津』http://www.chat761.com/index.htmlに出演の話を頂き、
”サトシン”さんからは、わざわざそのために新潟に行くのも大変だったら
電話での出演でもできるとのことを言われていたのですが、
パーソナリティの女性から電話が掛かって来て話すと、
実は、新潟で行われている「フツーの飲み会」という異業種交流会で、
隣の席になって面識のある”船尾佳代”http://www.chat761.com/personality/index.htmlさんという女性でした(笑)。
確か、以前は銀行で働いていたような記憶が…。
船尾さんは、最初からわかってくれていたようですが、
俺は、まさか彼女がラジオのパーソナリティをしているとは思ってなかったので、
電話を切った後で思い出しました。
こんなつながりが生まれるとは思ってませんでした。(笑)

新潟まで行くついでなので、
20日に新潟でのライブの会場が押さえられればその日に収録する段取りにして、
ライブ直前にでもライブ会場で収録しようという話 になり、
ライブをやらせてもらう予定の【NAMARAーYA】のスケジュールを確認し、
代表江口さんに承諾をもらってパーソナリティの船尾さんに連絡すると、
その日大阪出張 になってしまったとのことでした。
久々の再会を楽しみにしていたのですが、
結局、ラジオは後日電話での出演にし、
音源は追って送ることにしました。
まあ、こういう機会でもないとなかなか新潟でのライブを決行するきっかけが無かったので
いい機会なのでやって来ま~す!

新潟の皆さん、是非遊びにお越しくださ~い!

●2月20日(金)
YAMATOライブ in 新潟
場  所:新潟【NAMARAーYA】
http://yaplog.jp/namara-opener/archive/2
時  間:19:00~
チャージ:¥2000(1ドリンク付)

※NAMARA江口さんのアメカゴブログで紹介して頂いてま~す!
http://www.amekago.net/blog/namara.php?itemid=1142&catid=40

「朱鷺ナンバー」実現に向けてのアンケートのお願い

昨年の朱鷺放鳥後、
朱鷺の自然復帰に向けて多くの方々が朱鷺の動向を見守っていますが、
現在、佐渡、新潟の方では、
「朱鷺ナンバー」を実現させる会を発足させ実現に向けて動き出しました。
自分にも実現に向けた活動への協力要請を頂き、
【朱鷺色の島~ふたたび~】という楽曲作ったご縁もありますので、
実際何ができるかわかりませんが名前を連ねています。

1点クリアしないといけない課題と言うのが、
朱鷺が地名ではないことから例外措置か要綱改正を国に求めるかたちになるようです。
追々、基本方針や規約が閲覧できるようになるようですが、
とりあえず、3月末までアンケートのご協力をお願いします!

★「朱鷺ナンバー」アンケート実施中!
新潟県にお住まいの皆様、
自分の車に 「朱鷺ナンバー」を付けてみたいと思いませんか?
詳しくは、http://toki.tiny.jp/ をクリック!

昨日、今日…。

まずは、昨日。
自分が【涙雨】という楽曲を提供した『全国ソロモン会』の方々のお誘いで、
芝居と懇親会に呼ばれて行ってきました。
芝居は、「新宿村スタジオ」で行われている
『仕掛けや本舗 第二回公演 地下室のメロディー』。
叔父さんがソロモン諸島で戦死されていることから、
『全国ソロモン会』に縁のある”福田勝洋”さんが主催している芝居でした。
”福田勝洋”さんと言うと、
我々に馴染みのあるのは初代”金八先生”の保健体育の伊東先生役。
現在は、俳優業の他に、
脚本家としても室積 光というペンネームで活躍されている様子。
今回の作品も福田さんの脚本で、
とにかく終始笑いどころ満載の芝居でした。
そうそう、何処かで見たことがある女性が芝居をしていると思ったら、
我々世代にはやはり子役でお馴染みの”斉藤こず恵”さんでした。(笑)
福田さんには、すでに会の方から俺の情報を伝えて頂いていたようで、
舞台の後軽く挨拶を交わして帰って来ました。

その後は、いつも会の皆さんが利用していて、
メンバーの同級生がやっている新宿の居酒屋へ移動して懇親会。
当初、3月7日~のソロモン諸島行きの予定が4月12日頃~に変更になり、
俺も同行することになっているのでそのあたりを確認しました。
とにかく、現地での遺骨収集に伴う慰霊祭で
俺の提供した【涙雨】を唄って欲しいという会の皆さんからの強い要望で、
今回は、慰霊碑が建てられて10周年の節目ということもあり、
レセプションも大々的に行うことになっているらしく、
そのレセプションでも演奏して盛り上げて欲しいということになっています。
現地に大変音楽好きな方がいるらしく、
いつもギターを持ってきては唄うらしいので、
俺も現地にギターを持って行き、
レセプションが終わったらプレゼントしようと思っています。
お馴染みのテレビ番組の制作会社のプロデューサーの方も同席していて、
今回のソロモン諸島行きに同行して収録してくれることになっています。

その後、会のメンバーの中に、
ソロモン諸島のある島に埋められているという
「戦艦大和」の写真フィルムを探しているカメラマンのO氏に誘われ、
一度連れて行って頂いたことがあるのですが、
まだマスターに俺のメジャーデビューの報告をしてなかったということで、
東中野にある【ZERO】というお店に行ってきました。
その日のお客さんは、かなりの大手企業のお偉いさんだった方ばかりで、
早速プロが来たということでカラオケのリクエスト。(笑)
まずは、【シクラメンのかほり】を。

いつも本当困るのですが、
カラオケがあって年輩のお客さんが多いお店で歌う機会が多く、
最初からプロの歌を聴こうという姿勢で妙なプレッシャーをかけられるんですよね。(笑)
内心は、自分がやっている音楽のジャンルは、
どちらかというと個性で勝負する色合いが強いジャンルなので、
歌の上手さを求められると違うんだけどな…と思いながら唄っています。(笑)

確かに演歌歌手もそうですが、
いわゆる純粋に歌唱力で勝負する歌手というのは歌が上手くて当たり前の世界。
そういう歌唱力を期待されながら唄うことになるんです。
ただ、そういう場があまりにも多いので
最近慣れて来たと言えば慣れてきて、
有り難いことに1曲唄うと皆さん「さすがプロ!」と納得して頂けるので…。(笑)

これまでラジオのパーソナリティーの方にも、
「YAMATOさんは、歌謡曲なんか唄ったら絶対ファン層を広げられますよ。」など、
歌唱力を買われる発言を頂いたりすることもあったりで、
最近は、ライブ以外では柔軟に遊び心で色んな歌を唄ってもいいか…、
という気構えではいます。(笑)

結局この日は、次々とリクエストが入り、
カラオケの【シクラメンのかほり】の後は、
マスターの生ピアノ伴奏で【酒と泪と男と女】、【乾杯】、【昴】と唄いました。
「上手い人の伴奏するとこっちも乗ってくるよ~!」とマスターもノリノリで、
ママさんも「コンサートホールで聴いてるみたい~。」と言ってくれ、
お客さんから俺の後援会の話などを切り出してくれたり、
皆さん喜んでくれたようです。

改めて、音楽ってこんなに場の雰囲気を盛り上げて、
初対面の人の壁を越えて喜ばせられるんだな~と、
その力の大きさを実感しながら終電ギリギリで帰ってきました。

そして、今日は夕方、
俺のライブ写真を撮ってくれたりして交流のある”Blue OKAZAKI”さんの写真展を観に
池袋のギャラリーに行って来ました。
作品は、”Blue OKAZAKI”が好きな、実は俺も好きなんですが、
青を基調にした写真が多かったです。
格好良い作品でした。
”Blue OKAZAKI”さんは、今後俺の【月】のPV制作に動いてくれることになっています。
ドキュメンタリ―タッチのPVをイメージしてくれているようです。

その後は、中国留学中の日本人学校の教え子”羊”のライブで渋谷に行って来ました。
教え子のきっちりしたライブを聴くのは初めてでしたが、
以前聴いた頃よりさすがに上達してました。
歌詞にも世界観があるし、
声も俺の低音とはまた種類の違う、
フランク永井ではないですが、
今の高音主流のアーティストの中では本当珍しい低音の魅力でした。
そのうち、一緒のステージで演奏できるようにしたいなと…。

WordPress Themes