久々に『若波会』に行って来ました。 

昨夜は、久々に首都圏で佐渡の民謡保存活動をしている
『若波会』http://sado.i-tops.co.jp/wakanami/wakanami_kai.html
の練習会場がある荏原中延に行って来ました。
佐渡出身の方以外にも、民謡が好きで参加している方も結構います。
40年もの間、佐渡の代表的な民謡、
自分達も子供の頃から運動会などでは必ず踊った『佐渡おけさ』、『相川音頭』など、
毎週一回水曜日に集まっては練習をし、
全国各地での要請に応じて佐渡の民謡を披露してきている会で,
時々顔を出すと熱心に練習している姿にまた頭が下がる思いです。
自分も一時会員として関わっていたのですが、
音楽活動が忙しくなり、時々顔を出す程度になっています。
でも、顔を出す度に家族を迎えるように佐渡弁で歓迎してくれるので、
何だか故郷に帰った気持ちになります。

昨年10月、デビュー直後に一度報告に行って以来になりますが、
会長からデビューCD【月】を30枚ご注文を頂き持って行って来ました。
応援しようというお心遣いに、本当に感謝です。

会自体、元々民謡ということで60~70歳代くらいの割合が高かったのですが、
年齢の高い方々が退会されたのでしょうか…、
以前より人数は減っているようですが、少し若返った感じでした。
毎回お馴染みだった『若波会』の草創期近くから関わってこられた
84歳の三味線の先生と、
もう一方馴染みの深い方も亡くなられたとのことで、
必ず練習の後の打ち上げに参加されては、
元気にお酒を呑んで交流させて頂いていたのですが、
歳月の流れを感じてとても寂しい気がしました。

練習の後は、いつも通り行きつけの居酒屋に立ち寄り、
佐渡弁での楽しい一時でした。
皆さん、郷里を愛する思いでこの会を何とか後世に残すことを考えながら、
本当に楽しみながらも真剣なんです。
40年…,自分の人生と同じくらいの歴史があるわけで、
色んな方の思いが込められて今日まで続いて来たのかと思うと、
何とも言えない思いが過ぎりますね~。
来年は、『若波会』40周年ということで、
記念の催しを考えているようで、すでに出演の話を頂いて来ました。
盛大に祝いたいものです。

WordPress Themes