いや~、【ゆの郷】盛り上がりました!

昨日は、西川口【ゆの郷】
http://www.oragamachi.jp/biyoukennkou/yunosato/index.html
での歌謡ショーデビューライブでした。
先月、【ゆの郷】で行われた佐渡の大先輩方の同期会と、
支配人の配慮で80人ほどの業者さんの宴会に呼んで頂きましたが、
一般客に向けた歌謡ショーとしては初舞台でしたので、
今回で客層や雰囲気を掴み、
次回からまたライブの構成を考えるつもりでした。

■第1ステージ(15:00~)
1:佐渡ヶ島
2:永別の空
3:木蓮の花咲く頃
4:酒と泪と男と女
5:命の花
6:月
7:酒と泪と男と女(アンコール)

サポート:ジェンベ(masa)、アコーディオン(工藤絵里)、ピアノ(永井寛子)
撮影:美月

いつも撮影担当の”美月”さんも頭から間に合わないかも?と
結局地元のお友達も呼んでくれて3曲目から駆けつけてくれました。
何だか第1ステージからとってもノリの良いステージになり、
途中”工藤絵里”さんのアコーディオンソロの部分でも拍手喝采!
聴かせるな~という演奏して頂きました。
前にいた20歳代前半くらいの男女グループがいて、
この子達がまた盛り上げてくれてました。
最後の曲の【男道】を唄おうとすると、
一番正面前にいた御婦人二人から【酒と泪と男と女】の再度強烈なアンコールが。(笑)
「よっぽど好きな曲なんだな~。」と思いながらアンコールに応え唄い終わると、
ショーの時間40分になり強制的に幕が閉まり出し、
お客さんからの「えッ!?もう終るの~!」とか、「CDはあるの?」など
うれしい声が入り混じる中第1ステージ終了。

ギターを置いてすぐCDが欲しいというお客さんの席を回って歩くと、
皆さん、ライブにすごく満足してくれたのがよくわかりました。
あるご婦人たちのグループでは、
「YAMATOさんを呼んだらいくらで来てくれるの?」という商談もあり、
「今度改めて電話をするから。」と仕事につながりそうな声もありました。
中には、「甥っ子が音楽をやってるんだけど、
YAMATOさんのCDを聴かせてメジャーデビューは甘くないと自覚させたいから。」と
CDを買ってくれたご夫婦もいました。

知り合いでもう8年のお付き合いになるご婦人とお友達や、
ブログでお馴染み埼玉の母”M”さんも妹さんとご一緒にお越し頂いていました。
”M”さんは、いつも俺のライブではたっぷり聴きたいと、
30分、40分のライブでは短いとクレームが出ますが…。(笑)
結局、第1ステージで帰る予定だった妹さんも第2ステージまで残ってくれました。

最後に【酒と泪と男と女】を強烈アンコールしてくれたご婦人二人のところに行くと、
「来るのが遅いよ~!」と最初不機嫌な表情。
「すみません、お待たせしました。」と(笑)、その後は腰を据えてたっぷり話しました。
お二人は癌の治療中のお友達で、今も治療の真っ最中。
他にもいくつかの病気を併せ持っているらしく大変な境遇に置かれてる方たちでした。
酒で紛らわせてるところもあるらしく、
あの【酒と泪と男と女】へのこだわりがよくわかりました。
幕が閉まってる時に聴こえて来た俺のリハの歌声を聴きながら、
「姿は見えないけど声がすごく良かったから、聴いて行かなくちゃと思ってね。」
と言ってくれ、
ライブ中最初一人だったんですが、途中で電話をしてるのがわかり、
それは、俺の歌を聴かせようと一緒に来ているお友達を呼んでくれてたようです。
後で合流したお友達は、若い頃千昌夫と同期で演歌歌手をした経験のある方でした。
この後予定があるらしく、第2ステージは聴けないと帰って行きました。

■第2ステージ(19:00~)
1:命の花
2:シクラメンのかほり
3:月
4:竹田の子守唄
5:追憶の故郷
6:男道
7:それだけで幸せなこと
8:~アンコール~佐渡ヶ島

サポート:ジェンベ(masa)、アコーディオン(工藤絵里)、ピアノ(永井寛子)
撮影:美月

第2ステージは、近所にお住まいのジェンベ”masa”さんのお友達も加わり、
いや~、これがまた本当に盛り上がりました!
7曲目が終わり幕が閉まったものの鳴り止まないアンコールの嵐!(笑)
40分と決められた歌謡ショーは時間厳守の感があるのでどうしようかという感じで、
普通はお客さんも諦めて良いくらい間が空いたんですが、
それでもアンコールの声が鳴り止まないのでさすがにマネージャーも笑いながら、
「YAMATOさん、じゃあギターだけですぐやれる曲を何か1曲やって下さい。」と。

再び幕が開くと拍手大喝采で、
第2ステージで唄ってなかったノリの良い【佐渡ヶ島】を唄い出すと、
皆さん満場の手拍子で、
「【佐渡ヶ島】ならサポートメンバーでやれば良かったな…。」と思っていると、
左横に”masa”さんがジェンベで登場!
ここでまた会場が湧き上がり、
続いて右横には”工藤絵里”さんがアコーディオンで登場!と、
最後は、また意図とせずとも思いも寄らぬ演出になり、本当に盛り上がりました~!
ピアノの”寛子”ちゃんは、客席に撮影に回っていたようです。(笑)
この後も、またアンコールが続いたんですが、
さすがにビンゴ大会が控えていたため、
マネジャーも笑いながら、「YAMATOさん、これで終わりで。」と。(笑)
【ゆの郷】事情に詳しい常連さんからは、
「歌謡ショーでアンコールが出て、あれだけ盛り上がったのははじめて。」と
かつてない盛り上がりだったようです。(笑)

ライブが終わり、残っている知り合いと交流したりしていると、
最後の方で一番前の真ん中の席に座っていた年輩の男性が声をかけてくれて、
話をすると親族で演歌や民謡の歌手をしている方で、
ご自分も、以前は福島の常磐ハワイアンセンターの専属歌手だったようです。
「最後の方しか聴けなかったんだけど歌詞もメロディーもすごく聴き易くて良かった。」
とCDを買って頂きました。
自分の曲は、和の要素があるからだと思うのですが、
結構演歌の方からも受け入れてもらえることが多く、
自分でもジャンルを越えられるというのはうれしいことだと思っています。

名刺を車に忘れて取りに行く途中階段で若い女性二人とすれ違い、
すれ違った後、「YAMATOさ~ん!」と呼ばれ、
「あれ!?知り合いかな?」と思い振り返ると、
「ライブ素敵でした!」と。
さっき歌謡ショーを聴いてくれていたお二人のようでした。
名刺を取って来た後、また二人と出会ったので名刺を渡すと、
「お父さんとお母さんにも宣伝しておきま~す!」とうれしい声をもらいました。
どうも二人は姉妹?で、
家族で【ゆの郷】を利用している地元の人かな?と思えましたが、
とっても美人な姉妹?からのうれしい声でした。
川口の人はすごく情に厚いので大切にすると応援してくれるよという声もあり、
本当に盛り上がった【ゆの郷】歌謡ショーデビューライブでした。

お越し頂いた皆さんありがとうございました!

来月は、4月4日(土)で~す!

WordPress Themes