昨夜は講演を聴いて来ました。

昨夜は、今年初め新年会と俺のライブをコラボで企画してくれた
「真人会」という論語を学ぶ会と
社団法人である倫理法人会の会長をされているN氏からのお誘いで、
新年会の時に俺のライブの前に講演をされましたが、
イギリスレディング大学で戦略学科博士課程に在籍し、
Dr.を目指しながら「地政学」という本を出版されている
” 奥山真司”氏の2度目の講演を聞いて来ました。

戦時下での戦略が、実は、自分の人生の目標達成においても有効であり、
「順次戦略」と「累積戦略」にわけられるという内容のものです。
自分も成功哲学とかをかじったことがありますが、
奥山さん自身、高価な成功哲学プログラムとかが大嫌いだという方で、
もっとシンプルに人生の目標達成ができるという考え。
通常の成功哲学は、どちらかというと「順次戦略」に基づいた感じですが、
「累積戦略」の方が一般的には実践し易いもので、
”ビートたけし”やケンタッキーの”カーネルサンダー”の例を出しながら、
日々の生活の中での「累積戦略」の大切さ、
そうすればお金に困ることはないというシンプル且つ興味深い内容です。
講演を聞きながら「順次」、「累積」の両方にあたる目標達成を自分自身体験しているが、
講演も2度目なのでとっても整理された感じです。
日常の事象を「陰」と「陽」に分けて、
「陰」がより根本的で重要だということも日々の心がけの中で
とっても整理される内容です。

2次会では、また他の参加者と色々語りあいましたが、
江東区倫理法人会の会長さんと話しながら自分のメジャーデビューまでの話と、
少し前のブログ に書いたことがありますが、
今月のソロモン諸島行きに至るまでの自分の生い立ちから今日までの経緯を話すと、
「もうYAMATOさん、完全に使命ですね!」という言葉が返って来ました。
そして、「YAMATOさん、講演したことはないんですか?
自分にとってはYAMATOさんと話せて今日の講演以上に得るものがありましたよ。」
と言って頂き、
話を聞いていたもう一人の青年も「YAMATOさん、完全に呼ばれていますね~!」
と言っていました。
そう言えば、”山本五十六”海軍大将もソロモン諸島で戦死されているが、
新潟出身なのでそういう繋がりもあるんですよね…。
お誘い頂いたN会長と事務長の3人で3次会をして終電帰りでした。
今日は、これから異業種交流会【八交会」に行って来ま~す!
ふと、明日ライブなのに忙しいな…と思いながら。(笑)

さて、明日はいよいよ初ステージとなる渋谷【CROCODILE】でのライブです。

●4月9日(木)
YAMATOライブ(初出演)
場  所:渋谷【LIVE PERFORMANCE CROCODILE】
http://www.crocodile-live.jp/index2.html
時  間:19:00~(YAMATO出演は21:00~です。)
※1時間強のライブになります。
チャージ:¥2000+1Dr

是非、ご都合がつきましたらお越しくださ~い!

西川口【ゆの郷】歌謡ショー終了!

今日は、絶好の花見日和の中、
西川口【ゆの郷】http://www.oragamachi.jp/biyoukennkou/yunosato/index.html歌謡ショー終了しました。
残念ながらジェンベの”masa”さん、アコーディオンの”工藤絵里”さんは
タイミングが悪く不参加でしたので、
スペイン帰りの”永井寛子”ちゃんのピアノとのステージでした。

●第1ステージ
1:命の花
2:木蓮の花咲く頃
3:酒と泪と男と女(カバー)
4:永別の空
5:月
6:乾杯(カバー)
7:男道

サポート:ピアノ(永井寛子)
撮影:美月

第1ステージを始める前マネージャーさんに、
「今日は花見でお客さん少ないですね~。」と言われ、
確かにステージに立つとお客さんが少なかったですが、
高校の先輩御家族が来てくれていたり、
地元のご家族が東京からおじいちゃんおばあちゃんまで呼んで来てくれていて、
おばあちゃんは、歌に感動して涙が出たと言ってくれていました。
神奈川から叔父さん、叔母さんも来てくれていました。
そう言えば叔母さんが【ゆの郷】のお湯はすごくいい。
肌がツルツルになると絶賛してました!
もちろん、自称追っかけ第1号の”美月”さん、
そして埼玉の母”Mさん”にも先月に引き続きお越し頂きました。
うれしいことに先月初めて自分の演奏を聴いて、
熱いアンコールの掛け声をかけてくれたご婦人お二人が
また同じ一番前の席に座って聴いてくれてるのがわかりうれしかったですね~。

そして、第1ステージが終って幕が閉まった後、
ステージの幕裏に来て「YAMATOさん!」と一人の男性が声をかけてくれました。
誰かと思ったら、何と「You Tube」にアップされている俺の曲を
ご自分のブログで紹介して頂いているのをたまたま見つけたことでご縁が生まれ、
2月の【Miiya Cafe】のライブに初めて来て頂いた”yuusuke320”http://yuusuke320.blog115.fc2.com/さんでした。
そして、「追っかけ第2号です!」と言って、
ご自分のブログにもアップしているというパンを手土産に頂きました。
またうれしいことに自称追っかけの方が増えました。
ありがとうございます!

休憩時間に先月に引き続き来てくれたご婦人二人と話すと、
先月のステージの翌日、お二人とも手術をして入院されると言っていたんですが、
手術後、久しぶりに俺の歌を聴きに「ゆの郷」に来てくれたようです。
若い頃演歌歌手をされていたお一人のご婦人は、
姪っ子さんがジャズシンガーをされているそうで俺のことを話してくれたらしく、
そうしたら驚くことに、
「姪っ子がYAMATOの【月】を知っていると言ってたよ。」と言ってくれていました。
時々、メディアに出るわけでもない俺の情報が一人歩きしていることがあるんですが、
本当、うれしさと同時に驚きでしたね。

●第2ステージ
1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:シクラメンのかほり(カバー)
4:月
5:竹田の子守唄(カバー)
6:追憶の故郷
7:それだけで幸せなこと

サポート:ピアノ(永井寛子)

前回が異常な盛り上がりをしたステージだっただけに(笑)、
今回はライブもサラッと終了し帰りました。
実は前夜、久しぶりにお世話になっている浦和の『らうんじ サンアイ』http://www.web-kitaurawa.com/main/sanai/page01.html
に顔を出して、
夜中3時半まで常連のお客さんのカラオケリクエストに付き合って唄いまくり、
結局朝5時帰りで喉をかなり酷使したので
喉を騙し騙しのステージでした。

終了後、マネージャーさんから、
良かったら6、7月あたりに6000円のチケットで最低80名くらいを目標に
ディナーショーをやらないかとの提案を頂きました。
そうなると、普段と違い真剣にチケットを捌かないといけなくなりますが、
ほぼ地元なので都内でやるよりは人は集めやすいかとは思うので、
ちょっと前向きにスケジュールを詰めてみようかな?とは思っています。
来月のステージは、まだスケジュールがはっきりしませんが後半になりそうです。
お越しいただいた皆さん、ありがとうございました!

今日は世田谷「芦花公園」で野外ライブです!
短いステージですが、12:30頃~の予定です。

ライブ終了!明日は西川口【ゆの郷】歌謡ショーです!

まず、「湯島天神 梅香」で行われた全経連主催の第8回『日本酒を楽しむ会』。
60人くらいの参加者の中、3曲唄わせて頂きました。

●セットリスト
1:酒と泪と男と女
2:月
3:男道

サポート:ジェンベ(masa)、アコーディオン(工藤絵里)
CD販売スタッフ:美月

ライブ後すぐに、沖縄出身の比嘉美津子さんという女性画家が声をかけてくれて、
絵を描く以外に詩も書いて自分で唄ってCDも作っているそうで、
俺の曲から受けたイメージが自分の求めている感性とピッタリ合ってる感じだったので
良かったら曲をつけてもらえないかということでした。
その時は自分のプロフィールを読んでなかったようなのですが、
しばらくしてまた話すと、
俺のプロフィールを読んだ後だったらしく、
佐渡ヶ島出身ということと、
中国に留学していたことにとても縁を感じて頂いたようでした。
と言うのもご自身は沖縄出身ですが、
近々佐渡に行くことになっているのと、
中国にも度々行かれているそうで、
俺の曲からは中国のイメージも感じたそうです。
時々、俺の曲は大陸的な印象を受けると言われることがあるのもその辺りだろうか…。

実は比嘉さん、
俺が一時期紹介されて通ったことのあるかつての大物作詞家I先生と懇意にされてるようで、
「I先生に曲をつけてもらおうとしたこともあるんだけど、
やっぱり演歌になってしまうんでちょっと違うんです。」とのことでした。
また、後日連絡を取り合ってということになりましたが、
また何か広がりが生まれるかな?という出会いでした。
ちなみに”比嘉美津子”さんの作品です。
http://www.k3.dion.ne.jp/~ladyscom/iland2.html

終了後は、銀座【Miiya Cafe】のライブへ。

●セットリスト

1:少年のように
2:永別の空
3:行こうよ!
4:木蓮の花咲く頃
5:月
6:佐渡ヶ島
7:それだけで幸せなこと

サポート:ジェンベ(masa)・アコーディオン(工藤絵里)
撮影:美月

Miiya Cafeに着いた時には、
丁度俺の前のアーティスト”すすまご秀雄”さんが始まるところでした。
「東京ラブソング」というバンドを組んでた頃に
【Miiya Cafe】のオムニバスアルバムに一緒に参加したことがあるんですが、
最近バンドを解散してソロ初舞台ということで緊張していたようです。
でも曲は、とってもセンスの良いお洒落な曲を唄うんです。
これからソロのスタイルを確立するまで試行錯誤が続くと思いますが、
頑張って欲しいでね~。
そうそう、奥さんがまた明るくて笑顔の素晴らしい方でしたが、
俺の【月】と【故郷を遠く離れて】の両方とも買ってくれて感謝でした!

そして、かなりの頻度で対バンになることが多いんですが、
軽井沢でスタジオ付きペンションを経営されている”由井 KARAMU ”さん。
今日は、演奏に間に合わず残念ながら聴けませんでした。
世代的にもフォークの王道とも言える安定した演奏をされますが、
イベントに声をかけたいと言って頂き、うれしい限りでした。
ライブ後は、Miiya マスターと”すすまご秀雄”さん夫妻と4人で
音楽談義に花を咲かせて帰って来ました。

今日は、『日本酒を楽しむ会』でのスタッフからお付き合い頂いた”美月”さん、
久しぶりの”ふー太”さん、
そして、昨年佐渡高校の関東同窓会のアトラクションで初めて演奏を聴いて頂いて以来、
ライブハウスでの俺の演奏は初めてになりますが、
高校の先輩”320”さんにお越し頂きました。
ありがとうございました!
サポートの”masa”さん、工藤絵里さん、長丁場お疲れ様でした!

さて、明日は西川口【ゆの郷】での歌謡ショーです!
お近くの方、遊びにお越しくださ~い!

●4月4日(土)
天然温泉【ゆの郷】歌謡ショー
場  所:西川口【ゆの郷】3Fイベントステージ

http://www.oragamachi.jp/biyoukennkou/yunosato/index.html

時  間:■第1ステージ/15:00~ ■第2ステージ/19:00~
※ 利用者は、自由に観れま~す!
割引券ありま~す!

明日4月2日は、ライブ2本です!

さて明日2日は、
隔月で定期ライブをしている銀座【Miiya Cafe】でのライブですが、
その前に、自分が音楽活動を始める前から参加している
異業種交流会【八交会】http://www.8koukai.jp/会長からの依頼で、
全経連http://www.jfeo.net/主催の第8回『日本酒を楽しむ会』のアトラクションで唄います。
出演が19:00頃らしいので、
今月の【Miiya Cafe】もリハ無しで21:15~の本番に向かいます。

そう言えば先日【八交会】会長が、
知人に連れられて初めて池袋にある『いち』http://www.d6.dion.ne.jp/~ichi_k/
という居酒屋に行かれたようで、
「今『いち』にいるんだけど、YAMATOさんのポスターと色紙が貼ってあるよ~。」と
うれしそうに電話をくれました。
そうなんです。
『いち』のマスターは佐渡出身。
以前やっていたインターネット番組「Wやすし」の公開収録を『いち』でやったのがご縁で、
その後何度かお店に行ったことがあり、マスターにも応援して頂いています。
ソロモン諸島から帰ったら、
会長がご馳走するんで来月にでも『いち』に行こうと言って頂いています。

本当、人の繋がりって不思議なものです。

●4月2日(木)
YAMATO 定期ライブ
場  所:銀座【Miiya Cafe】 http://www.miiya-cafe.com/
時  間:21:15~
チャージ:前売り¥2000 +1Dr

ご都合がつきましたら、お越し下さ~い!

★山本真帆遺稿集【故郷へ】出版のお知らせ★

自分のブログですでにご紹介させて頂いたことがありましたが、
昨年10月15日にご逝去された山本真帆さんの遺稿集が出版されることになりました。
山本真帆さんは生前、9年間にわたり佐渡テレビの特派員として
都内で活躍されている佐渡出身者を取材され、
【故郷へ】にまとめて佐渡TVガイドや情報誌を通して発信され続けて来ました。
親父の高校時代の同級生にもあたる方で、
昨年6月、佐渡で行われた親父達の同級会のアトラクションに呼んで頂き、
そこで初めて自分のライブを聴いたのがきっかけで取材を申し出てくれました。

何の因果か、結果的に自分のメジャーデビューにあたっての取材が最期の仕事となり、
この度、生前のご本人の念願でもあった遺稿集が発売されることになりました。
昨年初夏、自分を取材頂いた時に
「これまで取材した方の中で一番若いわ~。」
とおっしゃってくれていたのが蘇えります。
ただ、取材後原稿をまとめている時に佐渡テレビの経費削減の流れの中で、
【故郷への】の発行継続が難しくなり取り止めになったとの連絡が入ったそうで、
それでも、俺の10月のデビューに向けて
何とか応援したいという気持ちから交渉してくれたようなのですが、
結局難しかったようです。
佐渡テレビの社長さんからもわざわざお詫びの手紙を届きました。

昨年夏佐渡に帰省している頃に山本さんから何度か電話があり、
記事は短くなるけど『佐渡ジャーナル』に載せてもらえることになったとのことで、
自分のデビューのことを気にかけてくれている想いが伝わって来ました。
9月に関東に戻ってから原稿の校正でやり取りをし、
『佐渡ジャーナル』10月号に掲載してもらえる段取りが済んだので
安心して下さいとの連絡を頂いた後、
俺もデビュー記念ライブに向けてバタバタし出し連絡が途絶えました。

年が明けて、遺稿集の出版に向けて準備されている山本真帆さんの同級生から
山本真帆さんが昨年10月15日にご逝去されていたとの訃報を受けました。
俺の3弾にわたるデビュー記念ライブが10月23日から始まりましたので、
その直前にご逝去されていたことになります。
ご逝去は大変遺憾なことであり、
またそのことを知らずにいたことが悔やまれますが、
まさに自分の取材を人生最期の仕事にして頂いたことは、
大変光栄なことでもあると感謝の想いが込み上げます。

正確に言うと、自分の記事は【故郷へ】に掲載されたものではなく、
『佐渡ジャーナル』に掲載された記事になりますが、
山本真帆さんと自分とのやりとりの手紙なども見つかり、
若輩ながら俺の記事も掲載したいとの関係者の意向で名前を連ねさせて頂きました。

佐渡関係者の方は、掲載されている名簿を見ると
現在各方面の第一線で活躍されている、
また活躍された大先輩方ばかりなので知っている方も多いと思います。
この機会に是非ともご購入頂けましたら幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

佐渡テレビガイドの掲載された
【故郷へ】
山本真帆遺作集 出版(予約 受付)

山本真帆(本名静枝、佐渡市沢根出身)さんが佐渡TVガイド&情報誌を通して
ふるさとへ9年間に及んで発信し続けた【故郷へ】が、いよいよ遺作集として
一冊にまとめられ、4月10日に出版する運びとなりました。
佐渡をふるさととする諸先輩方54名の「人生経験によって培われたものを伝え、
生活設計並びにお仕事に参考として頂ければとの願いとふるさとの将来を想い…」
を山本さんの柔らかい文章タッチで紹介しているこの作品集は、佐渡在住者並びに
佐渡に想いを寄せる方にとって必読の書と思いますゆえ、ここにお勧めする次第です。

冊子、A-5版 340ページ
■定価 1,800円(消費税85円込み)
■送料(別途) ゆうメールで送付 1冊:290円、2冊:340円
※それ以上の場合はお問い合わせ下さい。
ご予約は、郵便振替用紙をご使用され、下記宛てにお申し込み下さいますように
お願い致します。
お問い合わせは、下記にお願い致します。

<お問い合わせ・お申し込み>
●株式会社ソフトガーデン 担当:逸見
住所:東京都新宿区中落合1-17-5
電話:03-5988-8800 FAX:03-3952-5243
郵便振替 口座番号:00150-7-632674

以上

WordPress Themes