佐渡の報告:3

29日は、都内からの応援隊の皆さんを佐渡汽船で見送った後、
今回パーカッションと音響をやてくれていた”田中KAZU”君のお店「TOM TOM」で
ピアノの寛子ちゃんとレコーディング。
メジャーから出すCD以外に自主制作のアルバムは作り続けるつもりでいて、
”田中KAZU”君が、佐渡発のYAMATOのアルバムを作りたいと言ってくれているので、
今回佐渡へ行ったタイミングでピアノを中心にレコーディングを試みました。
本当はアミューズメントの生ピアノがあるところを借りたかったのですが、
今回のタイミングが悪く押さえられなかったので、
持って行ったキーボードを使ってのレコーディングになりました。
もっと簡単に考えていたんですが、
”田中KAZU”君、かなり耳が良いので細かいところまでこだわるのと、
やはりキーボードでは納得いった音が作れないことがわかり、
今回は、お試しレコーディングみたいになりましたが、
寛子ちゃんもかなり勉強になったようなので良かったという感じでした。
今回の経験をベースに、また次回生ピアノでということで夕方6時に終了しました。

その後寛子ちゃんは友達と一晩過ごすということで、
俺は「花の木」に戻りましたが、
その日は、「花の木」も一日休業で女将さんは用があって出かけていたようです。
”HAYATO”君と”光平”さんはずっと「花の木」で留守番をし、
”HAYATO”君は創作活動に没頭、”光平”さんは近所を散歩して歩いたようです。
自分が帰って間もなく女将さんが帰宅して顔を出してくれて、
それから、たこ焼きとコーヒーを用意してくれて色んな話をしました。

自分のライブを初めてしっかり聴いて頂きましたが、
「声や持っている雰囲気が若い人たちには頼れる兄貴的な存在で、
年配の方達にとってもこの人について行っても裏切らないというか、
この人なら何かあっても最後まで面倒を見てくれるという信頼を感じるんでしょうね。
90歳を越える方が二人もいて佐渡に行こうと思ったのは、
YAMATOさんだからで、他の人ならそういう気持ちにならなかったと思いますよ。」
と言ってくれていました。

そして、「全国ソロモン会」との出会いから関わることになった戦没者の慰霊に対しても、
やはり”YAMATO”の使命だと感じたと言ってくれていました。
「YAMATOさんは、霊にも頼られて色々背負いそうだから、
知人がくれた良い塩があるから慰霊地に持って行ったら良いですよ。」と頂きました。
4月にガダルカナル島に行く直前、
たまたま自分のライブを初めて聴いて頂いた漫画家にも、
「YAMATOさんは、戦時中に戦死した若者達にとって兄貴みたいな存在だと思いますよ。
YAMATOさんが、たとえ唄わなくても現地に行くだけで供養になると思いますよ。」
と言われたことと重なりました。

そして、また驚くことがわかりました。
女将さんは名古屋の出身なんですが佐渡に嫁ぎ、
85歳のお母さんを呼んで同居しているらしいのですが、
「全国ソロモン会」のご一行が帰られた後でこういう方々来られていたと話すと、
何とお母さんのお兄さんがガダルカナル島で亡くなっている事実を
初めて聞かされたとのことでした。
85歳のお母さんもコンサートを聴きに行けば良かったと言っていたようです。
実は、今回の「花の木」コンサートは、
自分がガダルカナル島から帰った直後に女将さんが友人を通して依頼してくれたもので、
まさかこんな落ちがあるとは、つくづく不思議な縁が続いているな…と。

そんな話をしながらも”HAYATO”君がシンセで【涙雨】のアレンジを考えていて、
できあがると披露してくれましたが、
完成した【涙雨】を聴いている時に雨が土砂降りになって来て、
開けてあった窓から結構強い風が吹き込んで来て窓を閉めるという一場面も。
何というタイミングかと怪談話でも聞いてる時のように背筋がゾクゾクしました。(笑)
女将さんは先に自宅に帰りましたが、
その後も3人で平和について語り合ったり、音楽談義をしたりで、
結局俺と”HAYATO”君が寝たのは3時半を回ってました。(笑)
佐渡での生活は毎日3時間睡眠でさすがに疲れが出たのか、
夜中は強烈に喉が痛くてかなり咳き込んでしまいました。
俺だけかと思ったら、翌朝は3人とも喉が痛いという症状に見舞われました。
まだ、鼻風邪を引きずっています。

そんな佐渡での4泊5日を過ごし、
帰ると時には皆さん完全な佐渡ファンになっていました。
現実社会に戻りたくないと口々に言いながら日常に戻って行きました。
いや~、本当に充実した日々でした。
この夏も佐渡で結構ライブが入っていますので、
是非ライブ情報と照らし合わせて観光を兼ねて遊びにお越しくださ~い!
以上で今回の佐渡の報告は終了です。

7月11日~18日までは、ブーゲンビル島に行って来ま~す。

WordPress Themes