連日うれしいことが…。

まず一昨日、ブログにも書いたことがありましたが、
自分がガダルカナル島に行く直前に出演した
渋谷『CROCODILE』のライブをたまたま聴いてくれたことから、
大変自分の音楽に共感いただいている漫画家の”河口仁”さんとお会いしました。
かつて赤塚不二夫さんのアシスタントをされていた方で、
検索するとお名前は結構出てきます。
最近は、プロレス雑誌の中の漫画を描いたりしているようです。
ご本人が書いたこんな年賀葉書が載ってました。
http://www.tashiro3.com/manganenga/2009/japan/kawaguchi.html
実は本をお借りしていてそれを返さないといけなかったんですが、
電話番号を書いた葉書をどこに片付けたかわからなくなり、
手紙を出したところすぐに電話をくれてお会いすることに。
ガダルカナル島の報告をしたり、
最近の自分の動きを報告したりすると大変喜んでくれて盛り上がりました。
”河口仁”さんが最初に自分のライブを聴いてくれた時から、
やはり戦没者の慰霊は自分のアーティストとしての使命だと感じたようなのですが、
また今回話しながら更に強く感じたとのことでした。

その後、
「東京相川会」のアトラクションの時にMCでガダルカナル島に行って来た話をすると、
大叔父さんがガダルカナル島で亡くなられていて
たまたま慰霊に行くことを考えていたと声をかけてくれた
同郷のご婦人”S”さんとお会いすることになっていたんですが、
”河口”仁さんも”S”さんのことを話すと是非お会いしたいということになり、
5時半に大宮駅で待ち合わせ、居酒屋に入って3人で話に花が咲きました。
実は、”S”さんは保育園の園長をされて退職した方で、
”河口仁”さんは、これから絵本を書こうと思っているらしく、
そういうつながりからもお会いしたいと思ったんでしょうね。

”S”さんの実家と自分の実家は車で10分くらいと近いこともあり、
そこにソロモン諸島のご縁が絡み、
自分のことを何とか応援したいと考えてくれていて、また大変感謝のひと時でした。
ご馳走にまでなってしまいありがとうございました!
夏、佐渡でお会いできるでしょうか…?

そして昨夜は、移転後の『APIA』で初ライブでしたが、
いや~、随分キレイに様変わりしてました!
そこでまたうれしい出会いが…。

今月自分はブーゲンビル島に行くこともあり、
今回通常の土、日の昼間のブッキングができず、
初めて夜にブッキングされたんですが、
昨夜の出演者”minoru”君という若いアーティストと一緒に楽屋にいた時に、
いきなり「YAMATOさん、サインをしてもらってもいいですか?」と言うので、
一緒になった記念に”minoru”君自身のCDにでもサインするのかな?と思ったら、
「YAMATOさんのCDを持ってるんです。」と。
今まで一緒になったこともないのに何で?と思いよくよく聞くと、
自分のメジャーデビューにあたって『APIA』発行の「あたふた」に記事を載せてもらった時に、
その文を読んで感銘を受けたとのことでamazonでCDを買ってくれてたようなんです。
彼自身も30歳を過ぎて1年前に音楽の夢を抱いて上京したらしく、
彼の思いと共感してもらえるところがあったんでしょうね…。
そして、まさかそんな背景を『APIA』のスタッフが知っているはずはないのに、
今まで昼の部にしか出演しなかった自分と夜の部にしか出演していない”minoru”君が、
何ともたまたま昨夜、偶然にも一緒にブッキングされこんなうれしい出会いが…。
そして、自分とブッキングになることを前もってわかっていて、
サインをしてもらおうとわざわざ昨夜CDを持って来てくれたんですね。
いや~、本当うれしかったです!
こんな気持ちの良い青年がいるのかということにも本当感動でした!

自分のブログも読んでくれていると言っていたので、
読んでくれていたら”minoru”君ありがとう~!
そして、楽屋で片づけしているうちに自主制作のCDも買って行ってくれたようで、
重ね重ねありがとうございました!
是非是非、今後ともお互い良き交流ができたらいいですね~。
連日、うれしいことが重なりました!

セットリスト
1:佐渡ヶ島
2:涙雨
3:Become A Child Again
4:月
5:追憶の故郷

サポート:masa(ジェンベ)

昨夜は、行くかもしれないと行っていた漫画家”河口仁”さんもライブにお越し頂き、
そして、いつもながら追っかけ1号”美月”さん、2号”埼玉の母”さんありがとうございました!
”masa”さんお疲れ様でした~!

ブーゲンビル島行きが近いぞ~!

WordPress Themes