最近の写真とライブ動画

※ クリックすると拡大します。

●2009年8月13日、佐渡新穂『清水寺』にて若林氏撮影(デジカメ)。

? ??

?? ?????

?

●2009年6月28日、大佐渡方面にて上石神井小川写真館小川氏撮影(フィルム)。

?? ??

?

■最近のライブ動画

知らないうちにいくつかアップして頂いてました。
ありがとうございます!

※ BLUE OKAZAKIさんがハイビジョンカメラで撮影してくれたもので、
映像がとってもキレイです。
涙雨 ※HAYATOアレンジ
YAMATO-月-原曲version
YAMATO-命の花-オケバージョン-

※ 6月27日佐渡「花の木コンサート」でのヒチリコバージョンの【佐渡ヶ島】です。
観客席からKONBUさんが撮影してくれたようです。
佐渡ヶ島 ~ヒチリコバージョン~

佐渡での活動報告:5(8月14日)

?この日は、畑野の多田の【いこいの村まつり】に出演。
前日までの天気予報が大きく外れ、
この日も朝から真夏日よりの晴天。
本当天気にも感謝しながら会場に向かいました。

「お菊・三助」プロジェクトを立ち上げた木村紀子さんの地元ということもあり、
実行委員会にCDを聴いてもらったりで出演交渉をして頂きました。
佐渡高校時代に生徒会長をやった同級生の出身地でもあり、
彼は、終日「お菊・三助」プロジェクトのブースで、
T
シャツやら俺のCDやらを販売してくれていました。
「海洋薪能」http://www.niigata-kankou.or.jp/sado/kyoukai/event/5987.html
を大きく宣伝しているように、
ステージは多田港の海上特設舞台でした。
リハを済ませて自分のステージまで地域の伝統芸能を見ましたが、
この地域の「鬼太鼓」を初めて見て、
佐渡の「鬼太鼓」と言っても地域によって全然違うことを改めて実感し、
改めて佐渡の奥深さを知りました。
そして、まだ明るいうちに自分のステージがスタート。

?■セットリスト

1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:涙雨
4:深い森へ(「お菊・三助ィメージソング)
5:月
6:それだけで幸せなこと
7:追憶の故郷

?ステージが終わると俺も面識のある地元にお住まいの、
親父の佐渡高校の同級生にあたる方が、
YAMATO君、市長がちょっと話したいそうなんで来てくれる?」と。
どうも【いこいの村まつり】に来られていて久々に俺のステージを聴いてくれていたようです。
ところが、それまでにいろんな人から声をかけて頂き、
なかなか市長のもとに辿り着けず待たせてしまいました。(笑)
ミクシーつながりで東京で会ったことのある同郷のTちゃんが、
今はオーストラリアにいるようですが、
帰省していたようで友達と一緒に声をかけてくれ話していると、
CD
販売ブースで俺に会いたいと待っている人がいると。
話もそこそこに駆けつけると、
やはりミクシーを通しての知り合いで奥さんが畑野出身なんですが、
現在名古屋で中学教師をされているHさんでした。
これまでも佐渡で何度かお会いできるかな?という機会があったのですが空振りしていて、
今回やっと対面できました。
佐渡のトライアスロンに毎年出場されているようです。
H
さんのクラスの子供達にポスターにサインして送ることを約束して来ました。

それから、地元出身でスタッフをしている同級生に呼び止められ、
YAMATO君とどうしても話したいという人がいるんで。」
ということで連れられて行くとあるご婦人がいらして、
まさか来てくれるとは思ってなかったようで驚いた感じでしたが、
一言「これからもYAMATOさんの感性を大事にして唄って行ってください。」と。
固く握手を交わして別れましたが、とても心に響きました。

そんなこんなでやっと来賓席の市長のところに辿り着き、
「ご無沙汰しています。」と挨拶をすると、
「佐渡市としてもYAMATOを応援しないといけないと思ってるんだけど、
何をしたら良いのかな?」ということでした。
ただ漠然とではなく、
しっかりした方向性を決めて応援するためにも
できればレコード会社のプロデューサーとも一度話をして
何ができるのかを考えたいとのことでした。
思いがけずありがたいお言葉を頂きました。
佐渡島民が皆歌えるような歌もあるといいなと思っている話もされてました。
そうそう、次に出す予定の【涙雨】も良い歌だと言っていただきました。

その後は、YAMATOの新曲ヒット祈願の花火も打ち上げて頂けるとのことで、
2発目に「YAMATO新曲ヒット祈願」というアナウンスが流れ、
見事に打ち上げて頂きました。
小さな過疎地域のお祭りにも関わらず花火も驚くほどたくさん打ち上げられ、
勢いを感じるお祭りでした。
後で木村紀子さんから改めて電話を頂き、
地域の皆さんからもステージの評判が良かったとのことでほっとしました。
ある人が、
「いつも音響担当のメンバーはステージの間仲間でしゃべってるのに、
今回は、YAMATOの歌声を聴いて良い音を作らないとまずいと思ったのか、
全くしゃべらず黙々とやってたよ。」と言っていたそうです。(笑)
地域の皆さん、色々ありがとうございました。
あと、この夏の佐渡でのィベントは、
8月29日18:50~
【小木港祭り】http://www.walkerplus.com/hanabi/koshinetsu/detail/fw0921.html
の花火大会前のステージを残すだけとなりました。
皆さんお待ちしていま~す!

佐渡での活動報告:4(8月13日)

?8月13日、この日も、驚異の晴れ男伝説を打ち立てた一日となりました。(笑)
今回、初めて畑野方面からのライブ要請があり、
今まで行って唄ったことのない地域と言うこともあり、
毎年地元の【高千芸能祭】が行われる日ではありましたが、
先に早々と依頼があった【三宮・畉田ふれあい祭り】で唄うことにしました。
後から【高千芸能祭】スタッフからも出演要請が来て、
強行スケジュールにはなるけど畑野でリハをやった後【高千芸能祭】で唄い、
また畑野に戻るということも考えたんですが、
【高千芸能祭】スタッフから人の少ない時間に唄ってもらうのも申し訳ないということだったので、
今回は畑野に行くことにしました。

当日、朝目覚めると台風の影響か何かでかなりの風雨でした。
「こりゃあ今日は天気が悪いぞ。」と思いながらも、
天気が悪いときには室内でということになっていたので、
今日は中止はないとしても、
次の日は【いこい村まつり】の野外ライブがあるのに、
天気予報は2,3
日雨のような予報だったので正直不安になりましたね。

佐渡にいて自分のCDジャケットの写真を撮ってくれているカメラマンが、
久々に写真を撮ろうと言ってくれていたので、
【ふれあい祭り】の会場に行く前に新穂にある「清水寺」というお寺で撮影しました。
お寺の建物の中なので雨が降っても撮影OKということだったんですが、
結局、雨どころか撮影が終わる5時頃には太陽が出て眩しいくらいでした。
今までにないパターンの良い写真が撮れました。

ただ、時々【ふれあい祭り】のスタッフEさんからメールが来ていたんですが、
午後4時の時点の天候で野外にするか室内にするか判断するということでした。
結局その時点では天気が微妙だったようで、
途中で雨に降られると音響関係が大変なので室内にセッティングさせてもらうということでした。
これまで俺は数々の晴れ男伝説を打ち立てて来たので、
「自分は晴れ男なので大丈夫ですよ。」とも言えず(笑)会場に向かうと、
音響関係がすでに室内にセッティングされていたんですが、
スタッフのEさんが、
「こんな天気になるなら野外にすれば良かった…。」と言うのを聞きながら、
「やっぱり俺晴れについてる男だな~。」と思ってました。(笑)

?念入りにリハをしながら本番を迎え、
途中スタッフのEさんにギターを弾いてもらい、
【シクラメンのかほり】のコラボも織り交ぜました。

?セットリスト

1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:月
4:シクラメンのかほり(Eさんとコラボ)
5:追憶の故郷
6:それだけで幸せなこと
7:~アンコール~
遥かなる故郷の空よ、海よ

?結局、室内に用意したメインスピーカーを外に出して、
室内で聴いている方はモニターアンプから聴こえる音で聴いてもらいました。
スタッフの方々も外でできなかったことがとても残念だったようです。

?今回高千方面出身なんですが、
高校の後輩にあたるマイミク”りゅ~まま”さんが、
【高千芸能祭】に行かずにライブを聴きに来てくれました。
昨年から会えるかも知れない機会が何回かあったんですが空振りしていて、
やっと会えたという感じでした。
可愛い息子さん二人が目の前で真剣に聴き入ってくれてました。
本人のブログで当日の様子を写真つきで紹介してくれてま~す。http://blogs.yahoo.co.jp/mama_2dragon/50768158.html?

?でも、今回初めて畑野方面で唄うきっかけを頂いた【三宮・畉田ふれあい祭り】、
まさに”ふれあい”という言葉がピッタリの地域のお祭りでした。
三宮という集落と畉田という集落合同の手作りの小さなお祭りでしたが、
地域の皆さんの心配り、温もりに自分自身がとっても感動してしまいました。
本当に至れり尽くせりとはこのことだとつくづく感じました。
やはり”りゅ~まま”さんもブログに書いてましたね。
都内で面識のある方とも出会ったりで、
「この地域の出身だったんですね!」という感じでした。
お客さんからたくさんの感動の声も頂きましたし、
最後の打ち上げでは、
ステージを組んだ大工をしているスタッフの方から
「あんたは苦労してきとるな。歌でわかるよ。」という言葉を頂いたり、
自分自身が励まされた一日でもありました。
心に暖かいものと、商売できるのでは?というくらいお土産を頂き帰りました。

三宮・畉田の皆さん、お世話になりました!?
?そして、後で驚くべき事実が!
何と俺が【高千芸能祭】にこれまで4回出演したんですが、
一度も雨に当たったことはなかったんですよ。
確か去年だったかは、雨の予報が外れて晴れたくらいだったんですが、
今年は、どうだったか気になったので【高千芸能祭】ホームページを見たら大雨だったようで、
結局、初めて中学校の体育館で開催したようなんです。
http://blog.goo.ne.jp/takachi_geinousai
畑野はあんなに晴れてたのに、という感じですが、
、何だかつくづく晴れに縁のある男です。
毎年、屋外の時にはかなりの人出なんですが室内ではどうだったんでしょうかね
?【高千芸能祭】で多分今年も唄うと思うんでと言ってあった方、
予定が変わってごめんなさ~い!

佐渡での活動報告:3(8月12日)

?その前に昨夜は、「Miiya Cafe」でのライブでした。
HAYATO
君がアレンジしたオケがある曲はオケを使い、
かなり久々の曲も唄ってみました。
?ギターもたまにやるマイク取りにして
中島みゆき”モデルと言われている「N-500」というアコギを使ってみました。
結構箱鳴りするギターでした。

セットリスト

1:夏の終わりに
2:佐渡ヶ島(オケ)
3:涙雨(オケ)
4:平和の鐘
5:月(オケ)
6:真実の光を探して

サポート:masa(ジェンベ)

今日は、8月7日に新潟で知人がやった
「お菊・三助」プロジェクトの立ち上げイベントに一緒に参加した
詩人の”江口あけみ”さんがお友達と来てくれました。
イベントで「お菊・三助」のイメージソングとして”江口あけみ”さんの詩に曲をつけて唄ったんですが、
その中の【深い森へ】の詩をアップして欲しいという声を頂いたのでご紹介します。

■ 深い森へ

わたしのこころをつきぬけて 
あなたのこころへつづいてる
深い森へ
はじまりはいつも点 点から点へ
ゆっくりゆっくりつなぐ架け橋
ゆっくりゆくりのぼる架け橋
青い地球をひとまわり
青い地球をふたまわり
あなたとわたしの深い森へ

実は、以前どこかで”江口あけみ”さんの詩の朗読をお聴きした記憶があるんですよね
「深い森へ」の朗読が記憶にあるんです。
昨夜頂いた、ご自分の詩が書いてある名刺代わりのものにも覚えがありました。
きっとご縁があるんでしょうね~。
ありがとうございました!
今度は、是非詩の朗読をお願いしたいものです。
昨夜も前日に続き追っかけ1号~3号さんまで勢ぞろいで、
ライブ後4人でお茶をしながら、
10月1日で【月】発売1周年を迎えるので、
その頃に3号さんのお宅で【月】発売1周年記念ライブ企画の案も出て盛り上がりました。
ありがとうございました!

さて、本題に戻り、
8月12日は、高校卒業以来初めてだと思いますが、
口コミで参加者を募っての高校の同級会でした。
1次会は、30人くらいだったかな?
わざわざ自分の都合に合わせて企画してもらったようで、
前もって唄って欲しいというメールがパソコンに入ってようなんですが、
自分が佐渡へ帰った後だったようで気づかず、
結局同級会では唄わずじまいでした。
楽しみにしていてくれた人もいたようですが、ごめんさ~い!
またの機会に!

先日、新潟で俺の歌を初めて聴いた佐渡の伝統芸能”文弥人形”「常盤座」の座長に
この日、演芸披露の後唄って欲しいと頼まれていたので、
途中一旦抜けて唄いに行って来ました。
ギターは車に載せてあったので今思えば同級会でも唄えたんですがね
1次会の後は、2次会に。
2次会は15人くらいだったかな?
佐渡で時々俺のライブに来てくれて顔を合わせる同級生もいますが、
特に女性は高校卒業以来の顔ぶれが多く、
当時の思い出のある人もいたりで懐かしかったですね。
旗振り役がいないとなかなか集まる機会が無いけど、
これを機に時々やるのかな?
幹事さんお疲れ様でした!

そうそう、早速自分のホームページで
俺のこと紹介してくれた同級生もいたので覗いてみてくださ~い!
えっちゃんありがとう~!

?※昔の内容は本当かどうかわかりませんが…。

?

?

明日は、銀座「Miiya Cafe」でライブです!

戸田文化会館「LIVE ACT 21」でのライブ無事終了しました。
3年ぶりくらいの地元戸田でのライブでしたが、
自分の地元の知人も結構たくさん来て頂き、
またご婦人方がメインでしたが、
芝居の開演を待つお客さんもたくさんいて、
多くの方に聴いてただけました。

■セットリスト
1:命の花
2:涙雨
3:佐渡ヶ島
4:月
5:それだけで幸せなこと

サポート:ピアノ(永井寛子)、パーカッション(石川高士)

?慣れない場所で音のバランスを作るのに苦戦しましたが、
音響を通せないピアノ音に合わせる感じでバランスを調整して
何とか無事演奏できました。
当然ながら自分の歌を初めて聴く人がほとんどでしたが、
リハの時からずっと聴いていてくれていたお二人のご婦人が、
最後に「とっても良かったです。感動しました。」と言って声をかけてくれたり、
来てくれていた漫画家の知人がお客さんの様子をみていたそうで、
「満足そうな表情で聴いているお客さんが多かったですよ。」
と言ってくれていました。
戸田文化会館のスタッフの方にも、
「いい声ですね~。皆さんの評判が良くて結構チラシを持って帰ってましたよ。
今日でまたファンが増えましたね。」と言って頂き、
音響の心配はありましたが、まずは成功だったかな?ということで。

?今日は、追っかけ1号”美月”さん、追っかけ2号”埼玉の母M”さん承認の元、
追っかけ3号さんが誕生しました~!(笑)
自分の佐渡の実家近くご出身の”S”さんで、
自分が東京相川会のアトラクションライブで、
ソロモン諸島への慰霊巡拝に行って来た話をしたところ、
やはり大叔父さんがガダルカナル島で亡くなられていることから声をかけて頂き、
それからのご縁で力強く応援して頂いています。
この夏は、一緒に”S”さんの大叔父さんのお墓参りにも行ってきました。
応援いただける方が増え、ありがたき幸せです!
そう言えば、ご自分は0号だという方もいるのですが。(笑)

さて、明日は銀座「Miiya Cafe」での定期ライブです。
ご都合がつきましたらお越しくださ~い!

●8月23日(日)
YAMATO 定期ライブ
場  所:銀座【Miiya Cafe】 http://www.miiya-cafe.com/
時  間:20:30~
チャージ:前売り¥2000 +1Drink*

明日は、地元戸田でのライブとテレビ番組用の撮影。

さて、明日22日は久々に地元戸田でライブをします。
何年ぶりかな…。
場所は「戸田文化会館」http://www.todacity-ch.com/
ピアノが置いてあるエントランスロビー。
13:00~13:30まで30分間の演奏です。
サポートに”ちょろこ”さんのピアノとこれまた一緒にやるのは4年ぶりくらいになりますが、
地元の知人がコンガを叩きます。
ということで、お近くの方足をお運びくださ~い!

そに後、夕方は、佐渡つながりの知人からのお誘いで、
新宿にあるシルクロードとの文化交流を支援しているNPO法人「ユーラシアンクラブ」に、
”加藤九祚”氏http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E4%B9%9D%E7%A5%9A
が来られるので一緒に飲み会をどうかとのお誘いを頂きました。
”加藤九祚”氏は、
作家”井上靖”氏のシルクロード方面の作品には無くてはならない人物だったそうで、
またシベリア抑留を経験されていることもあり、
自分が来年シベリアへの慰霊巡拝を考えていることからもつながりがあるので、
参加させて頂くことにしました。
来年の自分のシベリア慰霊巡拝に向けて、
シベリアに絡んだ自分の国内での動きも合わせてテレビ番組にしたいと言ってくれている
放送作家の”原渕”氏に明日の件を伝えると是非一緒に参加したいと言っていただき、
カメラを回してくれることになりました。

シルクロードに興味のある方は気軽に参加してくださいと言って頂きましたので、
関心のある方、是非一緒に行きましょう!
一品持ち寄りらしいです。
参加したい方ご連絡ください。
5時45分頃、JR新宿駅南口で待ち合わせということで。

佐渡での活動報告:2(8月9日)

毎年夏になると、
自分の実家のある集落の「外海府ユースホステル」に
20人くらいの団体で遊びに来る世田谷の皆さんが今年も遊びに来てくれました。
その中に世田谷の芦花公園で音楽イベントを主催している方がいるため、
今年は音響を持って行くのでYAMATOのライブをやろうということになっていました。

思えば3年前の9月、
芦花公園の野外イベントに出演し【佐渡ヶ島】を唄った時、
それ聴いていたその中のメンバーの女性が、
8月に佐渡に遊びに行って来たと声をかけてくれ、
佐渡と言っても広いので何処だろうとよくよく聞いてみると、
「外海府ユースホステル」に泊まっていたことが判明。
しかも、俺が海で潜っていたときに隣で泳いでいた団体さんでした。(笑)

そのメンバーで、毎年「外海府ユースホステル」に泊まりにきている一級建築士のI氏は、
俺が子供の頃、学生の時に遊びに来たのがきっけで、
30年以上も毎年遊びに来ている方なんです。
そして、現在の「外海府ユースホステル」の建物はI氏が設計したものなんです。

そういう運命的な出会いから3年、
皆さんが佐渡に来ると囲炉裏を囲みながらギターで弾き語っていましたが、
今年は、是非しっかりした音響でライブということになり月9日に遂に実現しました。
本来バーベキューをした後、
外庭でそのまま野外ライブということになっていたのですが、
朝から降っていた雨が夕方には止んでくれたものの、
地面が濡れているので結局は室内になりました。

?世田谷からの20人くらいの皆さんの他、
一般客や自分の親や親戚などで総勢40人くらいのライブでした。
自分の伯父さんがシベリア抑留で亡くなっているため、
来年のシベリアへの慰霊巡拝に向けてインターネットで色々調べている時に
自分の伯父さんと同じシベリアのチタ州でお父さんを抑留中に亡くされている
遺児の長峯さんと知り合い、
その方を通して佐渡のシベリア抑留を経験されている菊池さんのことを知りました。
佐渡と言っても広いので何処だろうと思っていたのですが、
長峯さんがホームページでの自分とのやりとりを佐渡の菊池さんに郵送してくれたようで、
その後、菊池さんが、シベリア抑留から生還し今も健在の自分の伯父さんや、
実家を訪ねて親父と会ってくれたことがわかり、
すぐ近くの集落の方だということもわかりました。
当然ながら両親も顔見知りの方で、これまた驚きましたが、
今回の自分のライブに帰省している娘さんと息子さんと一緒に来てくれました。

実は、自分は佐渡に帰るとすぐ菊池さんを訪ねて、
自分とのやりとりをビデオ撮影したのですが、
【涙雨】のこともNさんが伝えて歌詞を送ってくれていたので音源を聴いていただいたところ、
ボロボロと涙を流されながら聴いて頂き、
何度も何度も「ありがとう。ありがとう。」と言ってくれていました。
菊池さんは88歳ですが、
今も抑留で亡くなった戦友のことを思い写経をされては、
それをシベリアへ慰霊に行く方に託して現地で埋めてもらっているようです。
遺児の長峯さんとはそういう間柄のようです。
本当に立派な字を書かれていて驚きました。

この日のライブで【涙雨】を唄った後、菊池さんを皆さんにご紹介すると、
また涙ながらに感謝の言葉を述べてくれて、
やはり【涙雨】は、世に出すべき曲だということを強く実感したひと時でした。

?ライブ後、本当に皆さんに喜んでいただきましたが、
7日の新潟のイベントからそのまま佐渡に渡って
この日もサポートしてくれたジェンベの”masa”さんは、
今まで俺のライブでたくさん俺の歌を聴いてきたけど、
俺が生まれ育った故郷で、
しかも目の前で俺の両親がライブを聴いてくれているライブということで、
ジェンベを叩きながらすごく感動していたんだと言ってくれていました。

記念すべき自分の生まれ育った集落でのライブでしたが、
また来年もやって恒例にしようとのことです。
是非是非、来年、ライブに合わせて佐渡に遊びにお越しくださ~い!

※参考までに、自分が「シベリア抑留死亡者チタ州遺児の会」の長峯さんとやり取りしたブログです。
http://blog.goo.ne.jp/naga1937/e/e1068f877b261734b2795fed923bd5c5#comment-list

佐渡での活動報告:1(8月7日)

まず、この夏故郷での最初のライブは、
8月7日に新潟「朱鷺メッセ」で行われた【お菊・三助萬代橋ロマン】と題して、
言ってみれば佐渡に嫁を呼ぶきっかけをつくるプロジェクトの立ち上げ集会みたいなものでした。
 三助、お菊は佐渡に米を伝えたと言う伝説の人物らしいです。
http://homepage2.nifty.com/sado/sansuke_okiku.htm
佐渡出身でNPO法人『感声アイモ』http://www.npo-aimo.org/
代表を務める”木村紀子”さんが発起人。

第1部では、詩人の”江口あけみ”さんがご自分の詩の朗読をされましたが、
その中で、終戦記念日が近いこともあり、
自分の【平和の鐘】という曲の歌詞も朗読したいとのことでして頂きました。
次に作家の”ののはらゆみ”さんによる”良寛”と”貞心尼”の恋にまつわる講話など、
大変内容の濃いものでした。
自分は、今回”木村紀子”さんから「お菊・三助プロジェクト」のイメージソングにしたいので
江口あけみ”さんの詩【野の花のように】、【愛 逢い あい】、【深い森へ】の3曲に
メロディーをつけて唄って欲しいとのことから関わりました。
これがまた、元々歌詞ではなく詩なので、
これまでの作曲の概念を取っ払わないとなかなかメロディーがつけられず、
ぎりぎりまで苦戦しましたが、
いざできあがり今回披露すると、
江口さんご本人も木村さんも大変気に入ってくれたようで、
特に一番苦戦した【深い森へ】がお二人とも一番気に入ったと言っていました。(笑)
第1部でも時間があり、結局40分ほどライブをしましたが、
途中「朱鷺メッセ」の女性の営業部長さんが、
自分のライブの時になるとわざわざ若い従業員を連れて会場に入って聴いてくれていて、
終った後少しお話しましたが、とても感動したとのうれしいコメントを頂きました。

?第2部は、【YAMATAOディナーショー】と題して「日航ホテル」に移り夕食会。
この時からサポートのジェンベ”masa”さんが都内から到着し、合流。
1時間たっぷりライブをさせて頂きました。
ディナーショーには、新潟にいる小学校時代の恩師で
時々メールをやり取りしている恩師が、
ありがたい事にホームページのスケジュールを見ていてくれたようで、
担任だった恩師にも連絡していただいたようで参加してくれました。
担任だった恩師は、奥様と息子さんご夫婦、そしてお友達を連れて参加してくれ、
恩師の方々にはいつも気にかけて頂き、本当に感謝です。

ライブの後、
佐渡から駆けつけた伝統芸能文弥人形「ときわ座」の女性座長本間さんからは、
もちろん自分の歌を初めて聴いて頂いたんですが、
12日に、帰省客の皆さんに文弥人形を披露する場があるので、
そこに来て頂いた方に、
是非俺の歌を聴かせたいと思ったということでお誘いを頂きました。
うれしいことです。

?終了後は、恩師の友達が是非ご馳走したいとのことで、
新潟市内の行きつけのスナックに。
そこでも盛り上がり、恩師のお友達が、
10月にそのスナックで俺の同級会ライブをしようということになりました。
俺の小学校時代の同級生は二人だけ。(笑)
恩師と小学校の同級生二人に、
お客さんを20人くらい呼んでの同級会ライブということでした。
日程さえ合えば喜んでやりたいところです。
?
でも、本当この年齢になって、
昔の恩師とこれほどの交流ができ、
また自分の音楽活動を応援して頂いていることが
改めて有難いことだな~と思えた一日でした。
ありがとうございました!

やっと一息、久々のブログです。

バタバタのスケジュールが終わりやっと一息
久々のブログです。
佐渡でもかなり過密なスケジュールでしたが、
佐渡での様子は、また追々アップしたいと思います。

15日に佐渡から帰り、
16日は朝から浅草のお寺「寿仙院」で「全国ソロモン会」法要でのライブ、
夜は”HAYATO”君の音楽イベントにゲスト出演とバタバタの一日でした。
午前中「全国ソロモン会」の法要には「全国ソロモン会」関係者が約30人、
今回の法要を知って参列した一般参加者が約50人でした。
【涙雨】と【ソロモン戦友讃歌】と2曲唄い、
法要が終った後たくさんの方に歌に感動したと声をかけて頂き、
【涙雨】の発売を楽しみしていると言う声をたくさん頂きました。
TBS
でオンエア予定のガダルカナル島慰霊巡拝のドキュメンタリー番組を撮影してくれていた
放送作家の原渕さんも撮影に来てくれていたので放送日のことを確認しました。
近々間違いなく放送するとのことで、
放送日は決まり次第知らせてくれるそうです。
また改めてお知らせしま~す!

その後は、色んな方にCDを購入して頂いたり
声をかけられたりしているうちにお寺を出るのが遅れましたが、
富士見市の「キラリ☆ふじみ」で行われる音楽イベントに向かいました。
直接「全国ソロモン会」と関係がないのですが、
自分のライブで交流があったり、
8月3日の「全国ソロモン会」の暑気払いに参加したのがきっかけで
法要へのお誘いを受けた追っかけ第2号”埼玉の母M”さんが
午前中の法要からずっと同行してくれて大変助かりました。
CD
以外にも法要用のスーツや靴も別に持参したので荷物多く、
途中荷物を持ってもらったり、
会場と自宅が近いことから近くの駅まで行ってから車まで出して頂き,
最後は会場の撤収作業が終るまで待って頂きかなり疲れたことと思います。
一日マネージャーありがとうございました~!
?
DREAM☆FESTIVAL vol.3~真夏の夜の音楽祭♪~】http://music.geocities.jp/pianokeyhayato/MUSIC/dream3.html
の会場には午後3時半頃着き、
そのままリハに合流し、バタバタのまま本番に突入。
今回の模様はDVDにするとのことでビデオ撮影も入っていて、
しかも撮影用クレーンなどを使って本当に凝った準備がされていました。

今回の自分のステージは、
HAYATO”君と1曲【涙雨】を、
そして、”HAYATO”君が今回のステージ用にアレンジしてくれたオケに、
ジェンベの”masa”さんとピアノの”ちょろこ”さんの生楽器を合わせて4曲でした。

第1ステージ:
1:涙雨
サポート:HAYATO(シンセサイザー)

?第2ステージ:
1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:月
4:追憶の故郷
サポート:masa(ジェンベ)、永井寛子(ピアノ)
出演者も、皆気心が知れた仲間ということで気さくなメンバーばかりでした。
”HAYATO”君、masaさん、寛子ちゃん
お疲れ様でした!
主催者自身が楽しめたようで何よりでした。
今回は、直前まで佐渡にいてほんとんど動員らしい動員ができませんでしたが、
次回は年明け1月23日(土)に同じ会場ですでに決定しているそうで、
また楽しみにしていま~す!

出演者、スタッフ、お越しいただいた皆さん、ありがとうございました~!

【DREAM☆FESTIVAL vol.3~真夏の夜の音楽祭♪~】

佐渡から帰りました!

さて、今日は昼間「全国ソロモン会」の法要が浅草のお寺であり、
そこで歌った後、
”HAYATO”君の主催する富士見市の「キラリふじみ」のイベントにゲスト出演します。
お薦めアーティストばかりを揃えた豪華なイベントになるようです。
自分も、”HAYATO”君のアレンジしたオケと生楽器を絡めて、
今までにないステージになる予定です!

もうチケットの予約は終わっていますが、
明日、会場で当日受付で入場できますので、
是非、お時間の取れる方、遊びにお越しくださ~い!

【DREAM☆FESTIVAL vol.3~真夏の夜の音楽祭♪~】
http://music.geocities.jp/pianokeyhayato/MUSIC/dream3.html
場  所:富士見市文化会館「キラリ☆ふじみ」
http://www.city.fujimi.saitama.jp/culture/index.html
時  間:開場 16:30 開演 17:00~20:00
チャージ:前売り/当日 ¥2,000(全席指定)

※TBSオンエアの件、
当初の8月8日放送予定に編集が間に合わず、延びたようです。
また決まり次第お知らせしま~す!
見る準備してくれた方、ごめんなさい!

WordPress Themes