二日間のライブ報告。

?二日間のライブ終了しました!
まず、土曜日は午前中車で芦花公園に。
『花の丘フェスタ』という毎月1回第1日曜に開催されているイベントに
知人が実行委員として関わっているため、
その中の音楽ステージに出演依頼があり行って来ました。
今回は、盆踊りを企画しているため、
日曜の夜では人の集まりが悪いのでは?ということで土曜にしたらしいのですが、
昼間は日曜開催の時と比べると人出が少なかったですね。

セットリスト

1:佐渡ヶ島(オケ)
2:命の花(オケ)
3:涙雨(オケ)
4:平和の鐘(ギター弾き語り)
5:月(オケ)
6:それだけで幸せなこと(ギター弾き語り)
7:男道(オケ)

?ライブが終わってから午後2時過ぎまで次のアーティストの演奏を聴いて、
3時から次の自由が丘「熊野神社」でのステージの準備があるので離れようとすると
出演者でギターインストをしている岩橋さんが、
曲が良かったのでCDを買いたいと購入してくれました。
普通同じ出演者だとCDを買ってくれるのは稀なことなんですが、
ありがとうございました!

その後、「熊野神社」へ移動。
「熊野神社」のライブは、昨年は間に合わせの音響でやったのですが、
今年はサポートのHAYATO君がしっかりした音響を持参してくれてのステージになりました。

?セットリスト

1:命の花
2:涙雨
3:木蓮の花咲く頃
4:平和の鐘
5:佐渡ヶ島
6:月
7:男道
8:それだけで幸せなこと

?サポート:masa(ジェンベ)、HAYATO(キーボード)、打ち込みアレンジ:HAYATO
撮影:BLUE OKAZAKI
CD
販売スタッフ:美月、masa夫人

HAYATO君が、ステージの上で演奏と音響を掛け持ちでやってくれていたので、
客席側のスピーカー近くなど場所によっては音が大きすぎる感はあったようですが、
後で当日の演奏をビデオで振り返っていますが、
サポートメンバーも音響も充実している上に、
神楽殿のステージというスィチュエーションもあり、とても良い感じです。
最後の【それだけで幸せなこと】を唄っている最中に
誰か怒鳴ったような声が聴こえて、
演奏中だったんで何と言われたのかわからなかったのですが、
改めてビデオで振り返るとはっきり「YAMATO!」と叫んでいる声で一瞬驚きます。(笑)
力強い腹から叫んでいる声でビデオを見ながら本当にうれしくなりましたね。
誰だったんでしょう?
それにしてもビデオでもすごい声です。(笑)

?そう言えば、HAYATO君の1月のイベントの時にも
【それだけで幸せなこと】を唄い終わった直後、
出演アーティストの誰かが唸った声が聴こえビデオにもその声が入っていましたが、
何か【それだけで幸せなこと】という曲には、
人の心に深く入っていく力があるのかな?と思えてきます。

ライブ後masaさんの奥さんが、
YAMATOさんの新たな一面を見た気がします。」と言ってくれてましたが、
確かにこれまで俺の弾き語り、
もしくはピアノ、ジェンベとの生演奏しか聴いたことがない人にとっては、
HAYATO
君がアレンジしたオケを使っての演奏はかなりゴージャスだと思います。(笑)
今回のライブ映像は、”BLUE OKAZAKI”さんが撮影してくれて、
他の映像と合わせて編集後、11月の渋谷駅前オーロラヴィジョンでオンエア予定です。

?さて、この日も追っかけ1号”美月”さん、2号”埼玉の母M”さん、
そして同郷の3号”S”さんまで勢揃い!
第3号”S”さんは、北海道旅行から帰るなり、
帰宅せずに旅行バッグを持ったまま駆けつけてくれました。
俺の追っかけと言っても良い叔父さんも来てくれていて、
次の日はまた目黒でライブのため、
その夜は百合ケ丘の叔父さんの家に泊まりました。

さて、その翌日は、目黒「APIA」でのライブ。
叔父さんは、叔父さん宅から俺の車でそのまままたライブに。
そして、前日の「熊野神社」ライブに続き、
追っかけ1号~3号さんまでまた勢ぞろいしてくれました。

?セットリスト

1:Become A Child Again
2:涙雨
3:平和の鐘
4:月
5:佐渡ヶ島
6:それだけで幸せなこと

?前日、かなりゴージャスバージョンでライブをした後だったので、
この日は、あえてギター1本まったり弾き語りライブにし、メリハリをつけました。
?前日が野外ライブということで声を出しすぎたのと、
リハでの声出しが不十分ということもあり声が出きらないうちに終わりましたが、
PAIA』の店長からも「最後の曲いい曲だよね。」と。
【それだけで幸せなこと】、いい感じの反響です。
二日間連日の追っかけありがとうございました!

10月3日に同郷の追っかけ3号”S”さんの久喜のご自宅で、
俺のデビュー1周年パーティー&ライブをやろうという企画が出て正式に決まりました。
定員は15人くらいになると思いますが、
ピアノもあるそうですので、普段のライブ編成での演奏も可能のようです。
もし希望される方がいましたら声をかけてくださ~い!

WordPress Themes