小学校でライブをすることになりました。

自分自身の音楽活動の目指すところは、
世代を越えて聴いてもらえる楽曲を作って唄っていくことですが、
最近は、デイケアセンターや老人ホームでの活動が増えたように、
上は、80代、90代の方までファンができてきました。
逆に、下の世代、特に10代に向けて唄う機会が少なかったのですが、
地元、戸田市にある芦原小学校で2月13日(土)に行われる
『芦原ブルーフェスティバル』という学校行事に出演させて頂く事になりました。

自分も中国留学時代、
日本企業の駐在員の子供たちが通う日本人学校でアルバイトをしたことがきかっけで
教育に関心を持ち、
帰国後も学習塾の講師として働いた期間が長かったこともあり、
音楽を通して子供たちに発したいメッセージもいろいろあるので、
大変よい機会だと思っています。
確か、音楽活動を始めて間もない2005年、
廃校が間近に迫った足立区の公立中学校の音楽の先生が自分の歌を気に入ってくれて、
学校長からも、
「下手な教育講演会をやるより、
YAMATOさんの歌を聴いてもらった方がよっぽど心に響くと思いますよ。」
というお言葉を頂き、
教育講演会の替わりに教育講演ライブをやったことがありました。
学校関係での演奏は、そのとき以来かな?と思いますが、
”鍵盤奏者HAYATO”君も、”masa”さんも予定は空いているとのことなので、
3人で演奏する予定です!

WordPress Themes