ミニアルバム【誓い】販売スタートしました!

さて、プレスが完了したCDが本日届き、
いよいよ、購入可能になりました
また、1000枚限定でライブ会場をメインに販売をしていきます。
ホームページからも受けつけまので、よろしくお願いしま~す!

■自主制作ミニアルバム【誓い】(全5曲+カラオケ3曲入り)

税込定価¥1,000(枚数限定販売)
※鍵盤奏者HAYATO(ワンワンミュージック)プロデュース第一弾。
今後シリーズで発売する予定です。

●収録曲//
1:立ちあがれ/2:Birthday~20歳になった君へ~/3:誓い
4:木蓮の花咲く頃/5:12月の空に…(「全国ソロモン会」菊本享氏追悼の歌)
6:立ちあがれ(カラオケ)/7:Birthday~20歳になった君へ~(カラオケ)
8:木蓮の花咲く頃(カラオケ)

菊本さんの法要と『木下アカデミー』の新年会でした。

昨日一日、ちょっと寝不足で動いてしまったので、
帰宅してから、気がついたらファンヒーターの前で寝てしまってました。(笑)
起きてブログ書いてます。

昨日は、昨年12月23日に亡くなられた
「全国ソロモン会」故菊本事務局長さんの49日の法要に行って来ました。
場所は、田町駅から徒歩10分くらいのところにある「済海寺」というお寺でしたが、
ご親族や近い方ばかりの中にお呼び頂いて大変光栄でした。
昨日、納骨まで済ませ、
奥様が、「やっと家族も落ち着いて来ました。」とおっしゃっていましたが、
本当お元気に動かれていた方なだけに、
急に入院され、あっという間に亡くなられたので、
ご家族、特に奥様は大変だったと思います。

自分の自宅身辺には、
菊本さんと一緒にガダルカナル、ブーゲンビル島で撮った写真や
生前菊本さんからマメに送って頂いた郵便物などがたくさんありますが、
時々、写真や直筆の文字を見ながら、
まだ、まだ、一緒に交流させて頂きたかったな…と寂しい気持ちが過ぎってしまいます。
血の繋がった人の死以外で、
これだけ一人の人の死を寂しく感じてしまうというのは、
やっぱり、【涙雨】から始まって【ソロモン戦友讃歌】など、
自分が音楽で関わったことに対して、
菊本さんご自身が本当に喜んで感謝してくれていたので、
何かにつけ「YAMATOさん、YAMATOさん」と可愛がって頂き、
自分の中に残して頂いたものがとても大きかったということなのでしょう。

1月30日の「フルムーンクルージング」の前にやった【APIA】ライブは、
本来なら、菊本さんが入院される前に、
「YAMATOさん、その日ライブに行くよ。」と言って頂いていたライブでした。
替わりになってしまいましたが、
2月14日『菊本さんを偲ぶ会』では、
”masa”さんも”鍵盤奏者HAYATO”君もサポートで入ってくれるので、
精一杯良いライブにしたいと思っています。
奥様にも、
菊本さんの追悼の歌【12月の空に…】を収録したCDが間もなく仕上がるとお伝えしたところ、
大変喜んで頂きました。

その後、夜は立川に移動。
佐渡出身の方がやっているカラオケ教室「木下アカデミー」の25周年の新年会に行って、
ゲストで唄って来ました。
昨年10月、佐渡つながりの方からのご紹介で、
カラオケ発表会にゲストで呼んで頂いてからのお付き合いです。
木下さん、介護が必要になったお母様を佐渡から連れて来られて、
ご自分で介護をされながらカラオケ教室をされているのですが、
そんな苦労をされているとは思えないほど元気で明るい方です。
また、気にかけてゲストとして呼んで頂き、とても有難かったです。

会場に入る前に、
会場のホテル近くで息子さんが経営している
焼肉屋『てっしん』で食事を済ませて来てと言われていたので立ち寄って来ました。
牛タン定食、美味かったです。
立川には、年に二回くらい音楽イベントで行くことがあるので、
また、今度行った際には寄りたいものです。

19:40頃から自分のステージで、
1:月、2:男道、3追憶の故郷、の3曲を唄いました。
そう言えば、楽屋にいると、
時々、会のスタッフの方が顔を出して、
「小金沢さんいらっしゃってますか?」と聞くので、
「誰だろう?まさかあの演歌歌手の?」などと思ったりもしました。
出演が終わって楽屋に戻ると、
最初背を向けていたのでわからなかったのですが、
自分が下を向いて片づけをしていたら、
「もう終わったんですか?」と声をかけられたので顔を上げると、
あの演歌歌手の”小金沢昇司”さんでした。
どうも、木下さんにはいつもコンサートに来て頂いてお世話になっているので、
顔を出さないわけには行かないのでプライベートで駆けつけたとのことでした。
きっと教室の生徒さんを引き連れてコンサートに行かれるのでしょう。
「自分も、今日は、法要を終えてから来たんです。」と言うと、
「親族の方でも亡くなったんですか?」と聞かれるので、
随分丁寧に物を聞かれる方だなという印象だったんですが、
お世話になった方の法要だったと話した後、
ご自身の出番ということでステージの方に行かれました。
自分も客席に回って聞かせて頂きましたが、
MCで、5年くらい介護されたお母さんが半年前くらいに亡くなったという話をされていたので、
それで、自分にも「誰か親族ですか?」と聞かれたんだなと思いました。
当然、初めてお会いしましたが、
人柄の良さそうな気さくな感じの印象の方でした。

木下さんと最後に1枚。

WordPress Themes