『菊本さんを偲ぶ会』無事終了しました。

今日は、浅草「寿仙院」での『菊本さんを偲ぶ会』でした。
寒い中、多くの方が集まり、
遠くは関西方面からお越しの方もいました。

今日は、本来お寺の空間を考えたら音響は使わず、
一人の弾き語りでも良いくらいだったのですが、
どうしても菊本さんのために良い音で演奏したいという気持ちが強かったので、
”鍵盤奏者HAYATO君”に音響設備を用意してもらい、
いつもの3人編成でやりました。

■セットリスト
1:涙雨
2:ソロモン戦友讃歌
3:12月の空に…ー菊本さん追悼の歌ー

サポート:masa(ジェンベ)、鍵盤奏者HAYATO(キーボード)

スピーカーを置く場所を考えるのにちょっと大変な面もありましたが、
結果的に自分のライブを聴き慣れている追っかけさんからも、
「音が良かったので3曲でも満足!」という声があったので、
やっぱりちゃんと音響を用意してもらい、3人で演奏して正解でした。
終わると早速色んな方から声をかけて頂き話し込んでしまうので、
追っかけさんが、すぐ気を利かせてCD販売のお手伝いに回ってくれたので助かりました。
ありがとうございました!

MC中、masaさんと。

最後、思いがけず頂いた花束。

大阪から来られていたあるご婦人は、
二人のお兄さんを先の大戦で亡くされているそうで、
堰を切ったように抱えている思いを自分に話してくれました。
靖国神社の慰霊祭の時も来られていて自分の歌を聴いて頂いたようで、
最後に握手をしたら、
「もう手を洗えないわ。
家に帰ったら、息子にYAMATOさんと握手したって自慢します。」
と言って喜んでくれました。
最近、よく慰霊の場でお会いする遺児の方々からも、
たくさんの暖かい応援の言葉を頂き、
父親を強く思うその思いが、
そのまま自分への応援の気持ちとして顕れている気がしてなりません。

自分ができる音楽と言う手段を通して、
戦争で大変な悲しみを体験されて来たご遺族の方々の気持ちを
微力ながら少しでも慰められているということが実感できるお声を直接頂き、
改めて音楽をやっていて良かったと思える瞬間でした。
ご遺族、特に親、兄弟を亡くされた方としては、
先の大戦で国家のために命を落とされた多くの日本兵がいたことを
一人でも多くの人の意識の中に忘れ去られずに残してもらえることが
せめてもの救いなんだということに気づかされます。
それだけに、次の世代の我々が、
そのために何か行動をすることに対して感謝の気持ちをもって頂けるようです。

放送作家の原渕さんとも久々にお会いし、
先日、戦艦大和のフィルムの取材の件で、
フィルムを捜索しているカメラマンの小川さんと三重テレビに行ってきたそうで、
その間、次の第二弾CDの【涙雨】と【男道】をずっと聴いてくれたそうです。
「【男道】の最後のギターソロやコーラスがすごくいい感じですね。
聴いていてジーンと来ますよ。」
と言ってくれて、
そして、その後、
「発売日は決ったんですか?
自分の番組の中では是非使いたいんで、
どうせなら発売のタイミングと重ねて少しでも宣伝になるようにしたいですよね。」
と言ってくれていました。
なので、ドキュメンタリー番組内での挿入歌は間違いなく予定通り行きそうです。

昨年11月、菊本さんと撮った最後の写真です。
パプアニューギニア大使の送別会で。
この2週間後に入院されたことになります。

左隣が故菊本さん(85歳)。
その隣が「全国ソロモン会」安田会長(92歳)。
中央が、戦艦大和のフィルムを追いかけているカメラマン小川氏。

WordPress Themes