新曲【君に花篭を】の歌詞

今日は、毎月通っている大宮のデイケアセンター『愛の家』でライブをして来ました。
いつもより利用者さんが多い感じで、
初めての方も結構お見かけしました。
今日は、自分の歌を初めて聴くあるご婦人の方が、
自分が歌い終わるたびに特別大きな声援をくれるんですが、
唄っている間、最初から最後までずっと鼻をすすっている音が聞こえていました。
唄い終わるとすぐ自分のところに来てくれて、
涙を浮かべながら、
「実は、去年息子が43歳で亡くなって。
歌が心に響いてずっと泣いててごめんなさい。
本当にいい歌を聴かせてもらってありがとう。」
と言ってくれました。

その後も、お茶をしながらその方とずっと話しましたが、
何度も感謝の言葉を伝えてくれました。
息子さんは、ガンで亡くなられたそうですが、
ヤンチャだったけど親孝行息子だったそうで、
やっぱり親より先に子供が先立つということは、
本当に辛いことだと思います。
「これからYAMATOさんを応援しますよ!」
と何度も言ってくれていました。
そういう方の心を一時でも歌で癒せたということは大変光栄なことで、
今日は、またとても意味のある良い一日になりました。
また、音大で声楽を専攻され、
音楽の先生だったという80代のご婦人は、
「YAMATOさんの歌は、優しさとロマンがあってすごく素敵だわ。」
と言ってくれていました。
当然、年齢層を考えてバラード中心にしているわけですが、
大変うれしい言葉でした。

さて、今年に入ってとりあえず新曲を3曲完成させましたが、
冬季オリムピックの時期と言うこともあり、
数日前、たまたまフィギュアスケートの”鈴木明子”選手が、
病気との闘いなど想像を絶する困難を克服して
オリムピック代表に選ばれたという内容の番組をテレビで見ました。
スポーツの世界でどん底から這い上がって
世界レベルで競技をする状態まで復活するとうことは
一般の人が同じ状態を克服して普通の生活に戻る以上に遥かに大変なことと思います。
新聞なんかで、
他の二人の選手が期待され写真入りで記事に掲載されていても、
鈴木選手の写真がなかったりというのも見かけました。
きっと悔しい思いをするのは当然ではないかと思うんですが、
でも、ブラウン管に映る彼女の映像を見ていると、
何かとても自然体で力が抜けている感じで、
実に良い表情をしている気がします。
大変なドン底を這い上がった者の強さとか、
同時に優しさみたいなものを感じますね。
彼女から受けた印象で浮かんできた曲があり、
一昨日から取り掛かって完成したのが、【君に花篭を】という曲です。
ある意味応援歌だと思いますが、
女性から受けた印象で作ったので、
そんなイメージのタイトル曲になったんでしょうね。(笑)
頑張っている女性への応援歌といった感じでしょうか。
歌詞だけアップします。

============================

君に花篭を

詞・曲/YAMATO 2010

1:苦しみの坂を越えたら
人は強くなれるもの

唇を噛み締め笑えば
心に花を咲かすでしょう

躓(つまづ)いて明日が遠くて
それでも一縷(いちる)の希望に

夢を託し諦めないで
直向(ひたむき)に生きる君だから

今君に贈りたい 安らぎの花篭(はなかご)
やがて君もいつかは苦しみの坂を越えて

安らぎの花を咲かすでしょう
花篭いっぱい咲かすでしょう

2:悲しみの谷を越えたら
人は優しくなれるもの
人知れず流した涙が
心に花を咲かすしょう

傷ついて時に辛くて
それでも一縷の勇気で
傍にいる誰かを守り
真っ直ぐに生きる君だから

今君に贈りたい 幸せの花篭を
やがて君もいつかは悲しみの谷を越えて
幸せの花を咲かすでしょう
花篭いっぱい咲かすでしょう

今君に贈りたい 安らぎの花篭を
やがて君もいつかは苦しみの坂を越えて
安らぎの花を咲かすでしょう
花篭いっぱい咲かすでしょう

=============================

さて、明日は、『Miiya Cafe』での定期ライブです。
お時間の都合がついたら、是非お越しくださ~い!

●2月26日(金)
YAMATO 定期ライブ
場  所:銀座【Miiya Cafe】 http://www.miiya-cafe.com/
時  間:19:45~(19:00スタート)
チャージ:前売り¥2000 +1Drink

WordPress Themes