ひとり 【GLAYナイト】

昨夜、ご案内したNHKBS熱中夜話「GRAYナイト」、
実は、自分のライブ映像を送ってあげた地方のファンの方から電話が入って
見逃してしまいました。
”JOLLY-JET”さん、ごめんなさ~い!
再放送があるのでまたその時ですね。
まあ、そのうち「YOU TUBE」あたりでも誰かがアップしてくれるとは思いますが…。(笑)

替わりにと言ってはなんですが、
【ひとり GLAYナイト】と題して、「GLAY」への個人的所感を。
「GLAY」は、当然自分の音楽ジャンルとは違うので、
きっと、”JOLLY-JET”さんとご縁がなければ意識を止めることもなかったかも知れませんが、
”JOLLY-JET”さんの「GLAY」への情熱から、
自分なりに「GLAY」の魅力って何だろうと興味を持ってみたことがあります。
歌番組に出演した時の司会者とのやりとりを初めて意識して見た時に、
自分なりに「GLAY」の魅力というか、とても好印象を受けました。

ロックバンドって若ければ若いほど、
ある意味尖がったカッコよさみたいなものを前面に出そうとする傾向があり、
常に自然体を心がけている自分にとっては、
変にカッコつけたりしているような不自然さを感じることが多々あるんですが、
「GALY」から感じたのは、
良い意味でとても素朴な印象と実に自然体で変にカッコつけてないんですよね。
まず、「GLAY」の曲をそんなに知らない自分にとっては、
音楽性云々以前に、それが彼らの魅力をカタチ作っている根底にあると感じました。
北海道函館出身、
地方出身ということもあるのかも知れませんが、
次の「YOU TUBE」の映像を見ると、
更に彼らの魅力を築いている根底にあるものがわかる気がしますね。
http://www.youtube.com/watch?v=fz9v_Riz6XQ
http://www.youtube.com/watch?v=9d7nSsnTEOc

北海道から出てきてすぐポンとデビューしたわけではなく、
とにかく、デビュー前にかなり苦労した下積みがあるんですよね。
それが、人間性の部分で確実に「GLAY」の魅力を作り上げていると感じますね。
昨夜、NHKBS熱中夜話「GKAYナイト」を見れなかったことで、
だからこそ、既成概念を持たずに、
逆にニュートラルな立場で自分なりに「GLAY」の魅力を語ってみました。

今日、先月、ゲストで唄ってきた木下アカデミー新年会の写真が送られて来ました。
ステージの模様。

ステージ後、木下さんの娘さん夫妻とお孫ちゃんたちと。

WordPress Themes