懐かしい恩師から電話がありました。

今日は、何だか色んな電話が入りましたね。
今の携帯に登録されてない電話番号も何件かあったり。(笑)
まず登録なし一人目は、
7,8年ぶりくらいになる一時期ちょっと面識のあったご婦人から。
自分が音楽活動を始める前の名刺があったので電話をくれたようですが、
今デビューして歌を唄っていることを伝えると驚いてました。(笑)

そして、二人目は、何と約35年ぶりの女性恩師からでした。
登録されていない携帯番号だったので誰かな?と電話に出ると、
「今お忙しいですか?」と訊かれたので、
「何の御用でしょうか?」と尋ねると、
「覚えているかどうか、以前外海府小学校で…」という話になり、
少し話すと小学校2年生の時の担任だった女性恩師だと判りました。
小学校時代は複式学級だったので、
自分のすぐ下の妹が1年生で一緒の学級でお世話になりました。(笑)

ありがたい事に、
自分がギターを始めた小6時代の恩師の皆さんからは応援を頂いて、
新潟のライブには必ず足をお運びいただいたり、
CDを購入頂いて宣伝して頂いているのですが、
今日の女性恩師は、
小6からさかのぼること更に4年、小2の時の女性恩師でした。
どうも、他の恩師からCDを送って頂いているようで、
小3~5までの3年間担任をして頂いた佐渡にいる女性恩師と久々に電話で話した後、
すぐ電話を頂いたようです。
小2の頃の恩師ですが、
やはり声が記憶に残っていて、
電話越しでも話していると当時の恩師の声を思い出してきました。
恩師も自分が覚えていたことをすごく喜んでくれていましたが、
自分でも声まで覚えていたのに驚きましたね。(笑)
恩師のほうからすれば、
子供の幼い声だったのがいきなり太く低い声ですから、
そのギャップは大きいでしょうけどね…。(笑)
何か、当時授業中よくしゃべっていて叱られた記憶があります。(笑)
今のイメージと随分違うと思いますが、
その恩師が担任の時の通知表には、
確か「おしゃべりです。」と書かれていましたね。(笑)
同じ佐渡出身の恩師ですが、
結婚されてすぐ教師は辞められたそうで、
今は千葉の松戸にお住まいとのことで、
近いのでライブにも行きたいとおしゃってくれていました。
いや~、恩師の皆さんが連絡を取り合ってくれていること、
本当にうれしく感謝です。

今日は、また戦艦大和のフィルムを探しているカメラマンの”小川”氏からの電話で、
以前から話はあったのですが、
今年8月、三重県でのライブの話がほぼ決まりそうです。
元々は、自分も「全国ソロモン会」つながりで面識がある三重県”H”氏の依頼なのですが、
”H”氏は、戦時中、お父様をパプアニューギニアで亡くされている戦争遺児で
三重県ではかなりたくさんの会の役を担って幅広くご活躍されている方です。
戦艦大和のフィルムを探しているカメラマン小川氏とも
同じ三重出身ということで懇意にされていて、
時々、仕事で東京にも出て来られることがあり、
小川氏を交えて何度かお会いしています。

最初にお会いしたのは、
昨年、パプアニューギニア大統領が来日されたレセプションで、
故菊本事務局長さんがPNG大使館側に交渉してくれて、
半ば強引に自分の唄うステージを作ってくれて【涙雨】を唄った時でした。
先月の「菊本さんを偲ぶ会」にも三重から来られていて、
その時の3人での演奏を聴いて頂いていたからだと思いますが、
masaさん、HAYATO君の3人編成でお願いしたいとのことでした。
日程はこれから調整しますが、
masaさん、HAYATO君よろしくお願いしま~す!

マイケル・ソマレPNG首相歓迎レセプションの写真。


向かって左から、
・「全国ソロモン会」安田会長
・YAMATO
向かって右から、
・放送作家原渕氏
・三重県のH氏

WordPress Themes