新大久保で『広州会』でした。

今夜は、毎年この時期に企画されているんですが、
自分が中国留学中にアルバイトで教鞭をとった
「広州日本語補習校」(現広州日本人学)時代の生徒のご父兄と教師とで
年一回集まっている『広州会』でした。
今年は、明治大学で教鞭を執られているご父兄の教え子の留学生がアルバイトをしている
新大久保のお店が会場でした。
今は、日本企業の駐在員が増え、
「広州日本人学校」も400名くらいの規模になっていますが、
当時は、小・中学校合わせて17,8名という規模でしたので、
教師も日本から文部省派遣の先生が一人校長で、
あとは留学生のバイトと言った感じで
生徒やご父兄とも密に交流していたため、
すでに、16,7年経ちましたが、
今も年に一回、こうやって皆さんで幹事を決めてお会いしています。
子供たちはそれぞれ就職していたり、学生だったりで毎年参加が少なく、
元教師やご父兄も全国に散らばっていたりするので、
都内での開催に出てくるのはなかなか難しい方も多く、
ほぼ毎年固定参加のご父兄方で10名くらいの顔ぶれでした。
でも、こうやって皆さん当時を懐かしんで毎年集まるというのは、
やはり、当時まだ日本人学校が小規模だったからこそのことで、
やはり集まると当時の様子が鮮明に蘇えります。
来年は、20周年ということで、
子供たちの参加者をもっと増やして盛大にという話になりました。
2006年、「広州日本人学校」の10周年式典には行ってきましたが、
来年は、15周年を迎えるということで、
歴代の校長だった方から
自分のライブを企画できるようにしたいという話も頂いたりしていますが、
是非実現したらうれしいですね。

WordPress Themes