シベリアへの慰霊巡拝。

昨年、11月3日、
初めてシベリア抑留死亡者の千鳥が渕での鎮魂慰霊祭に参加して
【涙雨】を唄わせて頂きました。
自分の母方の伯父がシベリア抑留中に亡くなっているのですが、
「全国ソロモン会」を通してのソロモン諸島方面への慰霊巡拝に同行したのがきっかけで、
やはり伯父の慰霊にシベリアへ行きたいという思いが強くなりました。

放送作家の原渕さんからも、
自分がシベリアへ行くときには是非同行取材をしたいと言って頂いているのですが、
昨夜、シベリア抑留死亡者の慰霊活動を行っている
「東京ヤゴダ会」の事務局長さんのところに電話を入れました。
昨年の鎮魂祭でもお世話になったのですが、
「ああ、あの素晴らしい歌を唄ってくれたYAMATOさんですね。
今年も11月3日、空けておいてもらえますか?」
とのことでした。
そして、今年のシベリア慰霊巡拝の日程が決まっているかどうか確認をしたところ、
昨年よりも早くなるような話を聞いているとのことでした。
昨年は、8月末~9月初めにかけてだったので、
自分もそのつもりで予定をしていたのですが、
ちょっと、予定が変わってきそうな感じです。
今日、早速関連部署に問い合わせて確認して電話を頂けるとのことでした。

今年は、戦後65年の節目でもあり、
やはりシベリア抑留を体験したもう一人の伯父が健在なうちに、
弟にあたる亡くなった伯父の慰霊にシベリアに行って来た報告をできたらと思っています。
もちろんギターを持って行って現地の慰霊祭で【涙雨】を唄って来たいと思っています。
良いタイミングで日程が組まれていれば良いのですが…。
聴いたことのない方はどうぞ。
【涙雨】ブーゲンビル島慰霊巡拝Ver.
watch?v=4KmArwUj7nk

WordPress Themes