五反田『タマリ』最後のライブ。

と言っても、7日(月)で二回目ですが、
現在の五反田での『タマリ』が閉店するため、
現『タマリ』でのライブは最後になります。

定員10名予約制ですが、
急遽キャンセルが何名か出たそうです。
ぎりぎりまで予約受け付けますので、
ご都合がつく方、お声をおかけくださ~い。

**** 以下 が、タイムテーブルです。******

6:00 たまり開場
早めにいらした方は,「たまり」にていっぱいやることもできます。
6:30~ YAMATOライブ開始
場所 スタジオペンタ五反田店 tel?03-3447-2333 東五反田1-12-3-地下
* 五反田駅東口を出たら,目の前に赤いビッグエ コーが見えます。
丁度その裏側だと思ってください。
* 左手,交番の前に横断歩道があります ので,ビッグエコー側に渡ってください。
* 決して大きな通りは渡らな いでください ね。迷子になります。
* 洋服屋の「コナ カ」を右に見ながら,少し進みます。セブンイレブンも右に
見ながら行くと,大きめの道に出ます。こ の間、数十秒。
* この通りは「遊楽街」
ちょっと顔を上 げると,看板が見えます。
* これを右折。10メーター行かないう ちに,右側にオレンジ色の扉が あります。
これを下りてください。
* へやはDです。
* 駅から約3分あれば十分着 きます。
缶ビールとソフトドリンクくらい、用意し ます。
お食事は後のお楽しみ。

7:30 ライブ終了
桜をみながら「たまり」へ移動
呑み,食べながらの歓談

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以上です!

シベリアへの慰霊巡拝が決まりました!

早々と一眠りして、今起きました。
さて、連日出かけモードです。

一昨日は、普段ライブでサポートしてもらっている
ジェンベ”masa”さんの奥さんの銀座での個展に行って来ました。

『本戸朋子 ゆるゆる個展 』
2010年06月02日~06月07日 11:00~19:00(最終日17:00)
ギャラリーハウス オブ ブルースロマン
http://hobr.org.uk/
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-18

購入した作品です!

2007年9月、佐渡出身のデザイナーの個展で”masa”さんと出会い、
その時も、奥さんの作品が展示されていて購入したのですが、
10cm×10cmくらいのすごく小さいものでした。
今回は、それに比べると大きいです!(笑)
順調に売れているようでした。
月曜日までなので、足をお運びくださ~い!

昨日は、同郷の画家”中川宇妻”さんのお誘いで駒場東大に行って来ました。
『東京大学 駒場リサーチキャンパス キャンパス公開2010』ということで、
外部にリサーチキャンパスを公開する催しでした。
”中川”さんが以前いた研究室の教授が、
地元「上原小学校」の子供達と毎年行っているという
『第6回 ぼくらは街の探検隊』の成果発表を聴講して来ました。
班毎に、かなり抽象的なテーマを投げかけられていましたが、
子供たちの思考の柔軟性で見事にまとめていました。
他に”中川”さん馴染みの研究室も二つ回って来ました。
東大は、中国留学中に国費留学の面接試験を受けに行ったのが最後だったと思いますが、
思いもよらず、久々に行ってきました。
大学のキャンパスは緑が多くていいですね。

さて、その後は、午後3時に市ヶ谷で待ち合わせて、
シベリア抑留死亡者の慰霊活動をしている会で、
昨年、自分がはじめて参加した「千鳥が淵 鎮魂慰霊祭」でお世話になった
『東京ヤゴダ会』の”杉村”事務局長さんとお会いして来ました。
今年、自分がシベリアへの伯父の慰霊巡拝に行くための情報をもらおうと
一昨日電話で連絡を取ったのですが、
すぐに関係機関に連絡を取って頂いたようで、
慰霊巡拝にぎりぎり参加が可能とのことで申し込み用紙を受け取りに行って来ました。
わざわざ鎌倉から出てきて頂きました。
本来5月31日に締め切られ、
参加人員不足で中止になる予定だったようなのですが、
自分の伯父が亡くなっている地域ではない
日本海沿岸地域への慰霊巡拝が今からでも何とか間に合うとのことで
その慰霊巡拝コースでも行くことにしました。

やはり、シベリアは広大な土地なので、
慰霊巡拝と言っても10のコースに分かれるようで、
各コース定員に達しないと取りやめになるようです。
昨年は、自分の伯父の亡くなった地域への慰霊巡拝もあったのですが、
今年は、各コース定員割れをしていて、
ほとんど中止になってしまったようです。
沿岸地域だけが、今からでも最低5名になれば何とか計画できるということで、
かなり若い方らしいのですが、
自分以外にすでに申し込みのあるという2名と、
あと、今ヨーロッパに取材に行っているようで連絡が取れないのですが、
自分がシベリアに慰霊巡拝に行くときには必ず同行取材したいと言って頂いている
放送作家の”原渕”氏が行けるとして、それでも4名。
ところが、”杉村”事務局長さんが、
「YAMATOさん、私が名古屋の人をもう一人誘って行きますよ。
それで可能になるので。」とのことでした。
そして、
「本当はね、昨年YAMATOさんが鎮魂慰霊祭に参加してくれた後、
僕のほうからもっと早く連絡を取れば良かったのに申し訳ない。」
とおっしゃってくれていました。
『全国ソロモン会』のソロモン諸島への慰霊巡拝もそうですが、
戦友が少なくなると同時に、
年々、先細りしていっているのは間違いない事実で、
特に、シベリアは広大でコースが分散されるので尚更ですね。

事務局長さんは、戦争体験者、シベリア抑留経験者の中では最も若い年齢ですが、
それでも、すでに82歳。
2年前に癌の手術をされたようなんですが、
何とも有難い事務局長さんの計らいで、
シベリアへの慰霊巡拝が実現できることになりました。
もちろん、ギターを持って行って唄ってきます。

伯父が、亡くなった地域ではありませんが、
今年は戦後65年という節目でもあり、
やはりシベリア抑留を経験している
亡くなった伯父の兄に当たる伯父も健在と言えどもすでに87歳。
1年後、健在でいる保障がない年齢なので、
元気なうちに少しでも早く自分がシベリアの地に足を踏み入れて
慰霊をした報告をしたいという思いが強いです。

昨年、伯父が亡くなったチタ州という地域への慰霊巡拝が
8月末~9月はじめだったこともあり、
自分の中では8月末と思い込んでいたので、
もう何日か連絡が遅ければ完全に手遅れだったことを思うと、
本当にぎりぎり間に合って良かったという感じです。
期間も、7月22日~25日というのは短期の慰霊巡拝で、
その間、バッティングする大きなスケジュールも入ってなく、
それが一番心配だったのですが、日程的にも恵まれました。

「財団法人 全国強制抑留者協会」というところが主催するのですが、
協会から少し援助が出て今回のコースは14万円になるようです。
戦友、遺族は全く関係なく、慰霊という目的で希望者は参加できるようです。
10日までにはっきりすれば良いとのことですので、
もし希望者がいましたらお声をかけてください。
ちなみに、沿岸地域というのは「ウラジオストク」方面です。

WordPress Themes