自分の座右の銘『損して得を獲れ』

自分が常々心がけていること。
ビジネスでよく使われる『損して得を獲れ』の精神。

もう丸10年前の2000年正月明け、
6年ほど勤めた学習塾講師を辞め、
その後3年間、一般企業のサラリーマン生活でサラリーマンに見切りをつけ、
何もないところからいきなり脱サラして飛び込み営業から始めました。
その時にお客さんとして出会ったご婦人方とは今も関係が続いていて、
この前のライブパーティーにも来てくれていました。
丸4年間、自分でビジネスをしてみましたが、
つくづく自分は商売らしい商売は向いてないということがわかりました。
自分が儲けようというよりお客さんの懐事情を考える方が先に立ち、
つくづくお金に執着がないことがわかりました。(笑)
だから、どちらかと言うと、
損して損して損したみたいな感じで全然儲かりませんでしたね。(笑)
ただ、その時の経験は、
音楽活動を始めてからというもの色んな方から、
「YAMATOさんは、普通のミュージシャンでは考えられない人の広がりを作りますね」
と驚かれることも結構多く、
それに象徴されるように、大いに活かされていると思います。
その時、その時一生懸命やっていれば人生に無駄はないと本当につくづく思います。

音楽活動でも、やはり『損して得を獲れ』は鉄則だと思っています。
一応プロという立場で活動はしていますが、
現段階ではお金になるならない、
ギャラが多い少ないで仕事を選別する段階ではないと思っています。
何故かと言えば、
現時点で自分に仕事として声をかけてくれている方々は、
歌を気に入ってくれて、予算がなくてギャラは少ない場合でも、ボランティアの場合でも、
少なくとも自分を応援したいと言う気持ちもあって声をかけてくれているわけで、
基本的に、安いギャラで自分を利用しようなどと考えているわけではないのです。
そこで、プロとしてのプライドでギャラが安い、お金にならないと断ってしまうこともできますが、
人の広がりはそこで終わってしまうでしょう。
ギャラが少なくても、よっぽど変な仕事でなければ、
声をかけてくれる方の気持ちを汲んで引き受けることによって、
もしかすると新たに自分の歌を聴いて感動してくれた方から
更なる広がり、展開が生まれる可能性もあるわけです。
人間、基本的に誰しもが良心を持っているわけですから、
ギャラが少なくて申し訳なかったと思う人であれば、
次に何とかお金になるような仕事があればとか、誰かに紹介するとか、
何か良い機会があれば思い出してくれるはずなんです。
断ってしまえば、そこまででつながりが途絶えてしまいます。
まあ、明らかに利用しようとしているとかになれば話は別ですが…。(笑)

そして、本当に自分が名実ともにランクアップしていけば、
それからいくらでも予算が組めるような仕事が入ってくるはずなんですよね。
だから、現時点では、『裸の王様』にならないように、
あくまでも応援と言う気持ちから声をかけて頂く方の気持ちは無為にしたくないですね。

そして、全てお膳立てされ、集客されている場所での演奏経験しかないと
集客の苦労がわからなくなってしまうので、
自分で集客の苦労を経験するということも大切だと思います。
まあ、華々しくポンっとデビューして、
全てプロダクションのお膳立てで動くアーティスト以外は、
基本下積みを経験しながら動員で苦労するミュージシャンがほとんどだとは思いますが。
メディアなどに露出して有名になっていけば集客の苦労も徐々に軽減されるのでしょうが、
無名の間は集客が一番大変ですから、
そういう苦労を経験することで集客してくれる方々、
来て頂いた方々への感謝の気持ちももてるようになるはずです。

今回のミニアルバム発売記念ライブにしても
料理メニューが最低料金だとどうしても不安があり、
やはりこちらの利益を優先するとそのままやって、
多分、それでもライブに満足して頂ければ
不満を言うようなお客さんはほとんどいなかったと思いますが、
HAYATO君も、CD発売に掛かった経費や普段の出費の埋め合わせも含めて、
こういう時くらい少しでも俺の収入になるようにと考えてくれたりしましたが、
でも、8000円という決まったチケット代から
こちらの利益よりお客さんに満足してもらう方をとって
料理メニューを一人1000円分アップしました。
それだけで5万円の収入減になってしまったのでほんとんど利益は残らないのが現状でした。
その分、出演者のギャラも少なくはなるのですが、
でも、やはり目先の利益に囚われず、
まずはお客さんに少しでも満足して頂くことを優先しました。
当日の料理を見ながら、
もし、あのまま利益追求で最低料金の料理メニューでやっていたらと思うと
本当に料金をアップしておいて良かったという感じでした。
結果として、感動し、満足頂いた方々何人かからすでに次につながるお話を頂いています。
実現するしないは別にせよ、そう思って頂いたことに価値があると思います。
物事、平面的に考えず、立体的に考えて自分の座右の銘、『損して得を獲れ』、
成功には欠かせない要素だと思っています。

夜中に車で佐渡に向かいま~す!

明日から新潟、ついでに佐渡にも行って来ま~す!

元々4日に新潟市内で、
俺の同級生の友達がやっている「小木ダイビングセンター&海風」の忘年会があり、
音楽活動を初めてから毎年アトラクションで呼んでくれて唄いに行っているのですが、
これがまた、いつも最低3次会まで続く忘年会。
もちろん終わるのは朝方。
新潟は、結構このノリなんすよね。(笑)
丁度、ミニアルバム発売のタイミングでもあるので、
佐渡の「TSUTAYA」への営業と佐渡島内でポスターを貼ってもらうために
ついでに佐渡へも行って来ることにしました。
最悪海が荒れてフェリーが欠航になると、
帰れなくて4日の忘年会に参加できなくなる可能性もあるのですが、
今のところ天気予報では海は大丈夫そうなので佐渡に渡って来る予定です。
帰りは5日の予定です。

WordPress Themes