『Code G!が大好き♪』無事放送終了!

今回は、中国帰国報告特集ということで、
一緒にゲスト出演してもらおうと思った”吉井”氏が熊本出張のため残念でしたが、
たっぷり時間を頂き話すことができました。
鈴木社長と吉井氏の怪しい雰囲気マックスの掛け合いを期待したんですが、
またの機会ということで。(笑)
放送をお聴き頂いた皆さん、ありがとうございました!

・番組中

・放送終了後の記念撮影

終了後は、また軽く打ち上げをして
熱い音楽談義などを交わして帰って来ました。

いつも会場に来てくれているファンの方が、
帰宅途中の駅だということで、
2月2日夜の浦和「らうんじ サンアイ」の中国の報告会&ライブに来てくれることになりました。
うれしいですね~!
タイミングが合いましたらお声かけくださ~い!

●2月2日(水)
YAMATO中国『広西テレビ』出演報告&ミニライブ
場  所:浦和【らうんじ サンアイ】
http://www.web-kitaurawa.com/main/sanai/page01.html
時  間:19:00~
チャージ:¥3,000(食事付き&飲み放題)
※今回中国に同行した「Wやすし」相方、吉井氏が映像を使って報告する予定です。

明日21時~、「あっ!とおどろく放送局」に生出演です!

さて、明日30日21:00~、
ゲストとして3回目の出演になる
「あっ!とおどろく放送局」の『Code G!が大好き♪』に生出演しま~す!
今回は、1月18~23日まで、
中国『広西テレビ』に出演するために行って来た中国滞在の模様を中心に報告する予定です。
是非、見てやってくださ~い!

●1月30日(日)21:00~
『あっ!とおどろく放送局』の【CodeG!が大好き♪】に生出演!

http://www.odoroku.tv/variety/code_g/index.html
場  所:秋葉原『あっ!とおどろく放送局』
時  間:21:00~
※ 今回は、中国『広西テレビ』出演の帰国報告です。
入場料1,000円で、会場で見学もできます。

中国からの帰国報告&ミニライブやりま~す!

昨夜は、一昨日出演した『レインボータウンFM』で知り合った新潟出身の牧師さんが、
発達生涯を抱えた息子さんをもつ親として、
いじめ、虐待の防止活動を展開している『サークル・ダルメシアン』http://cdal.org/
が主催する「いじめ・虐待防止フォーラム」で講演されるとのことで、
元々自分も関心のあるテーマでもあるので参加してきました。
シンガー・ソングライターでもある”岡田ユキ”さんという
やはり幼少期に虐待経験のある女性が代表をしている会でした。
http://okadayuki.com/index2.html
社会のいろんな犯罪の裏には、
加害者になる人間が、幼少期に受けた虐待が要因となっているケースが多いことなど
改めて色々勉強になることが多かったですね。
定期的にフォーラムを開催しているようで、
関心のある方は、是非参加してみてください。

それから、一昨日、「レインボータウンFM」の出演後、
今回一緒に出演した佐渡出身の”T”氏とお茶をしていたら、
昨年5月、『音楽アートミュージアム』というところで自分のライブを企画して頂いた際に
お客さんとして来られていて、
お名前拝借コーナーですぐに手を挙げてくれたので、
ご本人のお名前『芳子』で唄ったところ大変喜んでくれた”大川芳子”さんが現れビックリ!
何と、元々、”T”氏と知り合いで、
用があったらしく連絡を取り合って合流したところに
思いもよらぬ俺がいたという感じだったようです。(笑)
実は、この”大川芳子”さん、
大変明るい方なんですが、幼少期からかなりの苦労の人生を歩んできていて、
その後、ご自身の人生体験を本にして出版していました。
ご本人からも、今後俺の音楽と何かでコラボできたらというお話も頂き、
早速、購入して読んでみましたが、本当苦労されてきている方でしたね…。
興味を持って頂いた方は、購入して読んでみて下さ~い!
ご本人のホームページがありました。
http://www.rongoken.jp/yoshiko/welcome.html

さて、今回の中国滞在期間の一部始終を
マネージャーとして同行してくれた「Wやすし」相方”吉井”氏が映像に収めてくれましたので、
ミニライブを交えて、映像を使った帰国報告をすることになりました。
自分の戦没者慰霊活動の取材を進めてくれようとしている
N●Kさいたまの記者の方々にも見てもらう予定で、
場所は、お互い出入りしている浦和の【らうんじ サンアイ】というお店です。
是非是非、気軽にお越しくださ~い!

●2月2日(水)
YAMATO中国『広西テレビ』出演報告&ミニライブ
場  所:浦和【らうんじ サンアイ】
http://www.web-kitaurawa.com/main/sanai/page01.html
時  間:19:00~
チャージ:¥3,000(食事付き&飲み放題)
※今回中国に同行した「Wやすし」相方、吉井氏が映像を使って報告します。
平日なので、皆さんの仕事帰りの集まり具合を見ながらまったり始めます。

中国滞在報告:3

今日は、無事に「レインボータウンFM」の出演を終えて来ました。
また、色々出会いがあり、有意義な一日となりました。
デジカメを忘れたので、
また、様子は追って画像を頂いてからアップしま~す!

さて、中国滞在最後の報告です。
最終日の22日、
観光パンフで是非行ってみたいと思わされた
ベトナム国境にある”徳天瀑布”という美しい滝を見に行きました。
http://www.gxtourism.com/sight/chongzuo/110.html
道中の車中、がっつり寝たので何時間かかったかは正確には覚えてないですが、
3、4時間は乗っていたようです。
驚いたのは、広西チワン自治区のベトナム国境付近だと言うのに、
地理的に対極に近い桂林と同じような景色がどこまでも続いてるんです。

・こんな景色が永遠と続きます。

・途中トイレ休憩で。

・何故かエメラルド色のベトナムとの国境の川。

・滝の入り口の門。

・徳天瀑布(今の季節は水が少ないようです)。
 

・天真爛漫な地元ガイドの女の子と。

・この筏に乗って滝の真下まで行きました。

ここのパンフを見た時から、
”吉井”氏は、ここで俺のPVを撮影する計画を立て、いよいよ撮影に。

・段々滝に近づきます。

・この辺りは、飛沫が飛んできて濡れてます。

・吉井氏と記念撮影。

・こんな筏でした。

これだけで終わりではなく、今度は滝の上に移動。

観光地なので、アクセサリー関係を露店で売っている女性が二人いてちょっと会話をし、
買い物をするつもりはなかったのですが、
日本から来た歌手で、昨夜「広西テレビ」の正月番組の収録をした話をすると、
もし歌を唄ってくれたら何かあげるからということになり、
急遽ストリートライブを決行することに。
【月】、【把根留住】、【乾杯(中国語)】の3曲を唄いました。
こんな奥地なのに、みんな携帯で動画撮影しているのを見ながら、
中国の経済発展の影響がこんなところまで及んでいるのかと驚かされましたね。

・露店前でのストリートライブ

・みんなで記念撮影。

・御礼にもらった品々。

その後、ベトナムへ行くというので冗談かと思ったら、
この辺りは、元々同じ民族でありながら国境が引かれたような地域で、
特別区のような感じで自由に往来ができるようなんです。
中国側から、かなり長く露店が並ぶ舗装された道路が続き、
国境付近は、露店が立ち並ぶマーケットになっていました。

・国境のマーケット。

帰りも車中爆睡してましたが、
知らぬが仏で、
ずっとノンストップの道路で中国人はかなり飛ばすので、
追い越し中に対向車とぶつかりそうになったりというのは日常茶飯事。
我々が寝ている間、友人Pは三度ぶつかりそうになったのを目撃し、
後から、かなり怖かったと言っていました。
意外と、当の中国人はこんなのいつものことくらいの感覚なんでしょうけどね。
その夜は、日本から広州経由で南寧入りした”付”さんのお姉さんと、
「広西テレビ」のスタッフとの会食で中国最後の夜を終えました。

帰りの機内でも、今後の俺の中国進出について、
かなり具体的に話ならがら帰って来ました。
俺と”吉井”氏と”付”さんは同じ成田行きの便でしたが、
友人Pは、1時間遅れの羽田行きの便で帰国し、
俺の自宅にまた一泊して、無事に佐渡に帰りました。
と言うことで、
18日~23日までの中国滞在は、思いの外、実りあるものとなりました。
南寧は、とても人が明るく温厚な印象で、すっかり気に入ってしまいましたね。
10月には、ASEAN博覧会が開催されるそうで、
その頃、観光で行くのも良いかも知れませんね。

これで、報告終わりで~す!

中国滞在報告:2

中国に行く前から話を頂いていたんですが、
佐渡出身の人がゲスト出演するということで、
明日、「レインボータウンFM」にゲスト出演しま~す!
●1月26日(水) 14:00~
「レインボータウンFM」の『シンクロプラス』http://www.792fm.com/

それから、「NHKさいたまFM」の出演日も決まりました!
●2月21日(月) 18:00~
NHKさいたまFM「日刊!さいたま~ず」の『月曜日は音楽』に出演決定!
(さいたま85.1MHz)※東京都内でも結構聴けるようです。
http://www.nhk.or.jp/saitama/program/nikkan/music/index.html
※キャスターは、石垣真帆さんです。
http://www.nhk.or.jp/saitama/caster/re_ishigaki.html

さて、中国の報告の続きです。

●1月21日(第四日目)
収録本番当日。
昼食は、海外、中国他地域からの出演者全員が同じホテルに宿泊しているため、
全員が、「広西テレビ」の接待でホテルのレストランで昼食。
リハのステージを見ていなかったので、
韓国からの女性歌手がどう人なのか気になっていたんですが、
食事後、丁度エレベータで一緒になり、
中国人のマネージャー的女性といて、
日本人か?と聴かれたので、中国人か?と聞き返すと彼女が韓国人の歌手でした。
普段から中国での活動も多いらしく、中国語は、かなり話せますね。
米娜(Mina)という名前で、今回、この歌を唄ってました。
http://www.youtube.com/watch?v=0vjMwxFffgs&feature=related

4時半にスタジオ入りし、【月】を簡単に合わせることになっているので、
現地で時間があるのと、日本にいる時のような食べきりの食事ではなく、
毎回、食べきれない中華料理を囲み、一生懸命食べすぎていることもあり、
運動を兼ねて街に出かけました。
吉井氏は、怖いのでホテルにある体重計に乗らないと言い、
友人Pは、普段日本では仕事が忙しいこともあり、朝、昼は、ほとんど食べない生活らしく、
この数日で、間違いなく日本にいる時の一か月分くらいの食事をしているかも知れないとのことで、
みんなから、胃がびっくりしてるんじゃないか?と言われてました。(笑)
薄着しか持って来てないことも心配したんですが、
南寧の料理は、同じ南方でも広東料理とは全く違い、
四川料理のように強烈に辛い料理が多いので、
そのお蔭もあってか、食事をした後は体がポカポカして寒さを凌げたようです。
きっと、食事のせいでしょうが、
顔を洗うと肌がツルツルになっているのでびっくり!
女性は、しばらく滞在すると肌が若返るかも?(笑)
その後、4時過ぎにスタジオ入りしました。
子どもたちが、オープニングアクトの練習をしている中、
ちょっと時間をもらってCDのオケに合わせて【月】のリハ。

リハが終わると、子どもたちの世話役の女性に一緒に写真を撮影して欲しいと頼まれ、
今度は、子供たちと次々に撮影になりかけたところで、
プロデューサーから時間がないとストップの声がかかってそこまで。

・子供たちの世話係の女性と。

この後も、丁度のど飴が切れていたところで飴を差し入れしてくれたり、
とても助かりました。

・子供たちと。

その後は、本番メイクのため控室に。
昨日と同じメイク担当の女性とヘア担当の男性にやってもらいました。
南寧には、日本人駐在員がまだ20人くらいしかいないらしく、
日本人アーティストというのが珍しいこともあるのでしょう。
何か、メイクをやってもらっている時からチラチラ見られている感じだったんですが、
メイク終了後、自分が一番早い時間でやってもらったので、
まだ、他の出演者がいなくて忙しくなかったこともあり、
一人の強烈に明るいメイク担当の女性に一緒に写真を撮って欲しいと頼まれると、
その後、堰を切ったようにヘアメイクの女性たちとの写真撮影ラッシュに。
結局10人くらいと次々に撮ったでしょうか。
こういうのを見ていると、
自分が、招待されたこともそうですが、
日中国家間の摩擦は、個人レベルでは全く問題ないことを感じましたね。

・メイクを担当してくれた女性。

本番直前には、俺を探してしっかりメイクの直しに来てくれました。

・ヘア担当の青年。

・手の空いていたメンバーで記念撮影。

その後、ポスターをメイクの女性たちにあげようということになり、
ポスターを持って控室に行くと大喜び。
”吉井”氏に
「デパートバーゲン会場でのおば様たち状態だった」と言わしめるほど、
奪い合うようにみんな喜んでもらってくれました。(笑)
ついでに、ステッカーも持って行っていたのでステッカーも。

・あげたポスターとステッカーを持って、手の空いているメンバーで。

いやいや、とにかくみんな明るいのとパワーに驚きました。
その後、一人は、
早速YAMATOステッカーをワッペンのように貼って仕事をしていました。(笑)
後で、”付”さんが言っていましたが、
あの女性たちが、「YAMATOファンクラブを作ろうか」と盛り上がっていたそうで、
今回、仕掛けを作ってくれた”付”さんにとっても、思いの外、成果を感じたようでした。

・本番前の控室で、少数民族壮(チワン)族の民族衣装を着た出演メンバーと。

本番の模様は、今自分のデジカメにはありませんが、
15人ほどのバックダンサーをつけて、何とか【北国の春】を演じ切りました。(笑)
【月】は、リハの時にモニターが聴こえ難かったので上げてもらったにも関わらず、
本番、お客さんが入ったのでやっぱり聴こえ難くなったんですが、
サビだけ中国語で唄うことにしていたので、何とか歌詞も間違わず無事終了。
やっぱり、サビで中国語に変わると、
お客さんたちから自然に拍手が湧き上がりました。
【月】はアップするかも知れませんが、
【北国の春】は、極秘映像かな…?(笑)

・無事の収録を祝って”吉井”氏と。

後ろでは、司会者たちが、
エンディングで噛んだ部分などを録り直しています。
最後まで残っていた二組のカップルらしき青年たちが、
一緒に写真を撮って欲しいと声をかけてくれて記念撮影。
ステッカーが残っていたのでサインをしてあげました。

全て終了して、
夜は、出演者、スタッフで打ち上げと言うことでしたが、
女性司会者二人は参加できないとのことで、控室で記念撮影。

その後、マイクロバスで打ち上げ会場に移動。
お得意の白酒での乾杯もあり、
最後は、みんないい気分になっていました。
この写真は、みんな中国各地から来たお笑い芸人たです。
中国国内では、かなり知られた芸人たちのようで、
”吉井”氏も、言葉はわからないけど見ていて面白かったと言っていましたが、
言葉を越えて、確かに、皆さん力のある芸人だということはわかりましたね。

向かって右端にいるピンクのジャンパーを着た女性お笑い芸人は、
四川から来ている男性2人との3人組で、
ネタの途中唄うアカペラの歌が声もよく、プロと思う程とても上手かったんですが、
収録後、廊下で声をかけられ、
俺の歌は、とても情感豊かですごく感動したと言ってくれました。
言葉の壁を越えて届くものがあることが証明され、
とてもうれしかったですね。
当然、四川に戻れば、また現地のテレビ局などともつながっていると思いますが、
今後、唄ってもらう機会を作りたいので連絡先を教えて欲しいと言ってもらいました。
しっかり、”吉井”氏が会社の名刺を渡して、
また、中国の次の地域での活動に繋がってほしいものです。

・今回のイベントプロデューサーの一人”劉”氏と。

そういえば、この”劉”氏も、
俺のCDを聴いての感想を最初に会った時に言ってくれていましたが、
当然、日本語の意味はわからないのですが、
苦労して来た人間が持っているような情感みたいなものが、
俺の歌からにじみ出ているようなことを言ってくれていました。
やっぱり、音楽っていうのは、言葉を越えて伝わるものがあることを
改めて実感させられましたね。

翌日は、22日は、一日観光ができればとフリーにしてあったので、
ホテルの観光パンフレットで見たベトナム国境近くにある滝を観に行くことにしました。
そこで、俺のプロモーションビデオ用の映像も撮影できればということになり、
片道、車で3,4時間かかるということでしたが、
本当に行って良かった!と思えるほど、
景色も、また出会いも楽しかったですね。

それは、また次の報告で。

「広西テレビ」のホームページで、
今回の収録の公式画像がアップされています。
http://ent.gxtv.cn/20110122/news_1228368408081.html

中国滞在報告:1

昨夜11時過ぎに無事帰宅しました!
いやいや、想像以上に実りある中国での滞在期間でした。

●18日(第一日目)
早朝5時前に友人Pと自宅を一緒に出て、
その後、同じ北京に向かうのに何故か非情にも日暮里で別れ、
俺は成田へ、友人Pは羽田へ向かいました。
無事、北京で落ち合えるように祈りつつ…。

友人Pの方が30分早く北京に着くことになっていたのですが、
入国審査を終えたところで彼が待っていました。
俺の便が30分遅れたのか、
結局1時間ほど待っていたようです。
なかなか俺の便が到着しないので、
もしかして見過ごしたのかと不安になって、
日本人を見かけてはCA422便ではないかと確認していたようです。(笑)
実は、今回、友人Pは、”吉井”氏が進めている南寧の日本園に出店する商材のことで、
佐渡のカニのことを相談されたときに、
自分で直接行って市場調査をしたいということになり、
今回の俺の「広西テレビ」出演に便乗して同行したのでした。
それで、カニが中国に持ち込み禁止だということを知らずに、
”吉井”氏からも、
「もし、税関で引っ掛かっても自分が食べると言えば大丈夫だろう」
ということで、
今回、茹でた佐渡のカニを保冷用の発泡スチロール製の箱に入れて持って来ていました。
持ち込めるかどうか不安のまま税関のところに行くと手荷物検査がない感じだったので、
もしかして、このまま入れるのかな?と思いながら抜けようとすると、
やはり、発泡スチロールの箱がいかにも怪しかったのでしょう。
女性税関員に止められ、「これは、何だ?」との質問。
カニが禁止とは知らないので、
「自分たちで食べるカニだ」と答えると、早速取り調べ室行きに。
中を開けると、氷も全然解けておらず、しっかりと保冷された状態。
税関職員からは、海産物持ち込み禁止の説明書きを見せられ、
友人Pは、しっかりパスポート情報をパソコンに入力され、前科者に?(笑)
取調室を出ると、彼は、俺と出会ってから俺には言ってなかったのですが、
実は、機内で持ち込み禁止物が書かれた用紙に
しっかりカニの絵に×印が書いてあるのを見つけていて、
これは、罰金か何か払わないといけなくなるのか、内心ドキドキしていたようなんです。(笑)
ところが、税関のところで検査らしい検査がなさそうだったので、
もしかしてこのまま抜けれるかな?と思ったらしっかり止められましたね。
やはり、いかにもという箱がまずかったんでしょう。(笑)

その後、先に中国入りして大連に行っていた”吉井”氏と、
”吉井”氏のビジネスパートナーで、
南寧にできた日本園の日本企業出店を斡旋して、
今回の俺の「広西テレビ」出演の動きを作ってくれた”付”氏と合流。
”付”氏は、おばあちゃんが熊本出身の中国残留孤児で、
その後、家族で中国から日本に来たという経歴を持っている30代半ばの青年実業家。
税関でのカニ没収の話をすると、
「今夜は、きっと税関職員でカニパーティーでしょう」とみんなで大笑いに。
この一件で、その後、中国滞在中は何かにつけカニの話題になり、
中国に何とかしてカニを持ち込もうと生涯をかける男のドキュメンタリー番組ができるのでは?と、
笑いのネタになりましたね。(笑)

・北京空港で、”吉井”氏、”YAMATO”、”付”氏の3人で。

その後、南寧に入るとすぐ、
予定していた『秋田和食』という日本料理屋に行き、ライブをしました。
3階建で、回転寿司もあり、いやいや、平日ながらすごい繁盛していました。
南寧は、日本人がまだ20人くらいしかいないらしいのですが、
中国で一番日本料理屋が多い都市で、
市内に70軒ほどあるようです。
日本人が経営しているお店ではないようですが、
滞在中も、何軒かみかけるほど多い感じでしたね。

・こんなポスターも作ってくれていました。

・ライブの様子。

・花束を頂きました。

・この『秋田和食』を共同経営をしているオーナー夫婦たちと。

当然、本当の和食とは多少違いますが、
料理は、かなり和食っぽく、よくできていましたね。
かなりの種類の日本酒も置いてありました。

・南寧に入り、5日間拠点となったホテルの部屋。

南寧初日の夜が、こうやって終わりました。

●19日、(第二日目)
翌日は、午前中から、
自分の唄う【北国の春】のバックダンサーをするメンバーがいる芸術学院へ行き、
簡単に打ち合わせをして来ました。

・バックダンサーのリーダーと練習場で。

午後から、初めての「広西テレビ」スタジオ見学。
かなり、広いスタジオでした。
ここで、番組プロデューサーと初めて会いましたが、
30代半ばの若いプロデューサーでした。
番組の出演順や司会との掛け合いなどが書かれた進行表をもらうと、
何と、実質俺がトリで、メイン出演者という扱いになっていました。

・オープニングアクト打ち合わせ中。

バックダンサーを交えて、
【北国の春】を唄いながらステージ上での動きを簡単に確認しました。
その後、2月3日放映に向けた番組宣伝のコマーシャル用に撮影を頼まれ、
可愛らしい男の子と女の子との掛け合いを撮影しました。

・夕食を一緒にした、ベトナムのアイドル歌手とマネージャー、同行の専属ヘアメイク。

実は、今回唄う曲の構成も、
結果的に二転三転することになり、
とりあえず、翌日の収録リハでは、
【ジャスミン】のギターアレンジを考えて行っていたんですが、
どうも、ギターをライン取りする準備がなく、
司会とのやりとりの中でアカペラで唄い、
【北国の春】と【乾杯】を唄うということになりました。
この時点で【月】は、保留に。
夜は、カラオケに行って、
翌日の収録リハに向けて【北国の春】と【乾杯】の練習。
3時間近くいましたね。(笑)

・日本でも入ったことのないような豪華なカラオケルームでした。

●20日(第三日目)
収録リハ当日。

・「広西テレビ」ロビーで。

・「Wやすし」の中国進出か?(笑)

この日は、「広西テレビ」の社員食堂にある応接室で、
女性副社長の接待で豪華な昼食をご馳走になりました。

・食事後、副社長を交えて。


実は、プロデューサーの間で唄うかどうか保留になっていた【月】を、
”付”さんが、食事の場で副社長に直々に交渉。
簡単にOKになりました。
この日の収録リハでは時間の関係上難しいけど、
翌日の本番リハでは唄えることになりました。
とにかく、コネでどうにでもなるという、このあたりは、実に中国らしいですね。(笑)
ただ、ギターの音はラインで取れないので、
ギターは弾くものの音は拾えず、格好だけにすることにしました。

・収録リハに向けてメイクを施した顔。(笑)

・ステージは、こんな感じに。

・でかいクレーンカメラ。

・オープニングの中国らしい華やかさ。

・司会者4人。

・唄う前の司会者との掛け合い。

この後、まずは【北国の春】を唄い、次にギターを持って【乾杯】を唄おうとすると、
何と、頼んであったカラオケ音源と違う前奏が流れだし、
これは【乾杯】ではないと伝えて、
しばらく前奏を聴いた後歌が始まるとアレンジの違う【乾杯】でした。
違う曲かと思うほど、これまで全然聴いたことのないアレンジで、
キーも違ったので、時間の関係上急遽リハで唄うのを中止。
とんだハプニングでした。
急遽、【乾杯】をやめて、やはり【月】をということになり、
明日、本番収録の前に簡単にリハをすることになり、
翌日の本番収録に不安を残したまま収録リハを終えました。

他の出演者は、
歌手以外にも、二人組、三人組のお笑い芸人や雑技団のような演技、マジックなど様々でしたが、
どれも、完全にプロの演技で見ごたえはありましたね。
こうして、ハプニングありの収録リハの一日が終わりました。

今日は、ここまで。

中国出発前のハプニングで徹夜だ…。(笑)

さて、今夜は、ちょっとハプニングがあり、
徹夜することにしたので、ブログを書くことにします。(笑)
昨夜は、中国出発前日ながら『国際留学生協会』の新年会でライブでした。
今回、俺のテレビ出演とは別に、
佐渡の友人Pが、今回の話を持って来てくれた同郷の”吉井”氏とのつながりから、
”吉井”氏が進めている日本の地域商材を南寧で販売する流通に興味を持ち、
佐渡の商材を中国で販売するための下見として、
急遽一緒に行きたいと言うことになり、昨夜、合流しました。
彼は、消防団の出初式が長野であり、
佐渡から長野に行って、その後、東京に来ました。

俺が、新宿の『酒処 ふるさと』で新年会をしている間、
彼は、最初、「佐渡 お笑い島 計画」http://www.owarai-jima.jp/index.html
を知っている人にはお馴染み、
第三期お笑い親善大使「デカメロン」の”りゅうぞう”君と連絡を取って呑んでいて、
その後、俺がアトラクションで【男道】を唄っている最中に二人で合流して来ました。

■セットリスト
1:月(サビ中国語)
2:ジャスミン(中国語)
3:男道
4:乾杯(日本語&中国語)

唄い終わると彼らに合流して色々話しました。
実は、”りゅうぞう”君は、
「お笑い島」の後、コンビを解散して、
今は、プロダクションの営業をしているようです。
昨年、四月、自分が立川の昭和記念公園のイベントで唄っている時にやはり仕事で来ていて、
【月】が聴こえてくたのでびっくりしたと、ライブの後、声をかけてくれて、
2007年の佐渡以来の再会を果たしたことがありました。
話に花が咲いていたのですが、途中で今夜のハプニングが発生!
明日の中国出発の話になり、
友人Pが”eーチケット”を出して明日のスケジュールを確認すると、
何と、俺も彼も同じ便のフライトと思っていたら、彼は羽田発で、俺は成田発。
何かの間違いではないかと、お互いにびっくり!
友人Pは俺が成田と知って、
もしかして、変更があって自分も成田の間違いだったら、
すでに大きな荷物は羽田に送ってしまったとのことで、
”吉井”氏からは、俺と一緒だと聴いていたけど、
もし、羽田が間違いなら荷物と商材を取りに行かなければと焦りだしました。
何処の空港発になるか、
二転くらいした経緯があるので、
すでに中国にいる”吉井”氏に確認することに。

とりあえず、新年会全体の集合写真を撮り、解散。

そして、3人で。

この撮影の後、
北京にいる”吉井”氏と連絡が取れて話をすると、
どうも、元々違う便らしいことが判明。
と言うのも、
”吉井”氏は、仕事を兼ねて行っているのですが、
あくまでも、俺がテレビ出演のゲストで、そのマネージャーという立場で行くため、
先方のテレビ局スタッフがチケットを取ってくれていたんです。
ところが、友人Pは、後から”吉井”氏の会社の方で別途チケットを取ってくれて、
違った便になったようなんです。
最後、”りゅうぞう”君と3人で撮影した余裕の笑顔とピースは消え、
俺の自宅までの車内は、「ブルーになった」と連発。(笑)
結構、海外には仕事の休暇を取って一人で旅行するらしいのですが、
中国は、かなり不安があるらしく、
俺と一緒に行くと思って何の心配もしてなかったのが、
いきなり一人日本からの商材を持って
言葉の壁を越えて中国の税関を通らないといけないわけですからね…。
とにかく、車の中では悩みっぱなし。(笑)
しかも、”吉井”氏から、
南寧は、ベトナムの上あたりだから今の季節でも暖かいと聴いたので、
Tシャツのような夏の服装しか持って来てないとのこと。
俺が、「広州もそうだったけど、今の季節は、ちょっとした厚手のコートやジャンバーがないと寒いよ」と言うと、
何だか、笑い話の中国旅行になりそうだと本人も笑ってました。(笑)

そんなこんなで、
家に戻ってから、彼が不安を取り去るために色々調べたりしているうちに
友人Pは酔いと疲れでダウン。
すやすやと寝てますが、
目覚めたら、寝ている間、暫し忘れられていた現実が待っているわけです…。

俺まで寝たら、朝5時過ぎ出発が危うくなりそうなので、俺は睡眠を諦め、
雑務と、このブログ更新することに。
いや…、でも、
今日、本当に無事に北京の空港で彼と落ち合えるのか、
本人が一番不安だと思うけど、俺も心配になって来た。(笑)

皆さん、同級生が無事北京空港の税関を抜けて、
俺と”吉井”氏と落ち合えるように祈ってくださ~い!!!

そうそう、昨夜、「NHKさいたま」のキャスターさんから電話があり、
2月中の月曜日にFMに出演することになりました。
40分の番組で、電波が良いところは、ほぼ東京全域で聴けるそうです。http://www.nhk.or.jp/saitama/program/nikkan/music/index.html
また、帰国後、正式な放送日が決まったらお知らせしま~す!

では、行って来ま~す!

明日から中国南寧に行って来ま~す!

昨夜は、インターネット番組「あっ!とおどろく放送局」の『Code G!が大好き♪』に
3回目の出演をして来ました。

番組MCは、こちらの3人!
VANVI織田:http://www.vanvi-web.net/index.htm
きら☆あん:http://www.dmm.com/mono/dvd/-/detail/=/cid=71tits011/
石井里佳:http://www.ishiirika-aoikuma.com/

ゲストとしては、3回目の登場と言うのは最多のようです。
今回は、前夜の【O ZERO】に引き続き、”てるやん”が会場に来てくれました。
実は、この放送、
入場料が1000円かかるんですが、
一般公開されているので、毎回、数人は、一般のファンの方が来ているんですよね。
昨夜は、中国出発前と言うことで、
今わかっている範囲で中国での収録の模様を話しましたが、
皆さん、中国での映像を楽しみにしてくれているようでしたね。
一応、映像は収めてくる予定です。
今回も、ギター弾き語りで【男道】を1コーラスと、
中国語の歌と言うことでリクエストがあり、
あちらで唄うことになっている【ジャスミン】と言う歌を簡単に唄いました。

昨夜は、”きら☆あん”さんのファンの方から出演者全員にお土産まで頂きました。
ありがとうございました!
終了後は、また打ち上げをして帰って来ました。

そう言えば、
12月に新座駅の交番前で交通安全週間ライブをした時に前を通りかかり、
自分の歌を聴いて感動して頂き、
その後、ご自宅にもお呼び頂いた大東文化大学の”田中”教授と
中国人の奥様”徐曼”さんで書かれたCD付の中国語会話の教材が送られて来ました。
本当に出会いが不思議でならないんですが、
”田中”教授と出会った日の夜に正式に中国のテレビ出演が決まり、
思いもかけず、奥様が翻訳の仕事をされていて文学にも大変精通された方だということで、
今回、中国で唄う予定のオリジナル曲の【月】は、
ご厚意で、奥様が完全に中国語の歌詞に翻訳してくれました。
最近、今後のことを考えて、
日常会話レベルでも大分忘れている表現があり、
教材を探さないといけないと思っていたので、
タイムリーな贈り物に大変感謝でした。
ありがとうございました!
早速、これから中国語も再度勉強していこうと思っています。

さて、中国出発前夜の今夜もライブです。
『国際留学生協会』の新年会アトラクションで唄って来ます。
20人前後の集まりですが、
確か、2006年から毎年呼ばれて行っています。
今回も、わざわざ自分の中国行きの期間を外して予定して頂きました。

そして、いよいよ明日、北京経由で南寧に向かいま~す!
明日、フライトが早く、
家を5時過ぎには出ないといけないと思うので、
多分、中国へ行く前のブログは最後になると思います。
帰国後の報告をお楽しみに!

昨日は、【APIA】と【O ZERO】でライブでした。

昨日は、ライブがダブルブッキングの1日でした。
まずは、今年最初の【APIA】でのライブ。

■セットリスト
1:佐渡ヶ島
2:行こうよ!
3:淡雪
4:月
5:涙雨
6:男道

ライブ終了後、
3,4年前に一緒にブッキングされたことのある青年アーティストが声をかけてくれて、
俺は覚えてなかったんですが、
楽屋で色々話すと、
外見から演奏スキルまで、良い意味で俺のあまりの変わりように驚いたとのことでした。
確かに、3,4年前と今では、色んな意味で全然変わってますからね…。
以前を知っていて、久しぶりに聴いた人は驚くかも知れませんね。(笑)

さて、その後は、
東中野にある【O ZERO】というお店に向かいました。
昨年暮れにも一度忘年会を兼ねて行って来ましたが、
何度か知り合いのカメラマン”小川”氏に連れられて行っているお店。
ピアノもあり、いつかライブをという話になっていたのが、
いよいよ実現しました。
初めての場所で音つくりもあるので、
【APIA】から早めに向かうと、
今日来たいと連絡をくれていた”てるやん”にお店近くでバッタリ遭遇。
準備を手伝ってもらって助かりました。
お店のレイアウト上、10メートルのシールドがないと駄目だったので持って行き、
カラオケ機械にギターを直接つないで音を拾おうとしたらノイズが発生してどうしても消えない状態。
今まで何度もカラオケ機械を使ってライブをやって来ましたが、
ノイズが発生するのは初めてのこと。
もしかして、シールドが長いのと品質の問題があるのでは?と考えて、
”てるやん”が新宿の楽器店まで短いシールドを買いに行ってくれました。
その間にお客さんも皆さん集まって来て、
シールドが届いた後交換すると、思った通り無事にノイズが消え、
ライブをスタートできました。

■第1ステージ
1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:木蓮の花咲く頃
4:酒と泪と男と女
5:竹田の子守り唄
6:遥かなる故郷の空よ、海よ
7:男道
~休憩~
■第2ステージ
1:朱鷺色の島~ふたたび~
2:涙雨
3:ソロモンの花歌
4:泰平(改め:まさお)
5:シクラメンのかほり
6:ジャスミン(中国語)
7:月
8;それだけで幸せなこと

今回は、元々このお店を紹介してくれた、
ブーゲンビル島に埋められているという”戦艦大和”のフィルムを探しているカメラマン”小川”氏が、
俺の今後につながればと、
知人の中でも、特に色んな人脈を持っている力のある方を中心に呼んでくれていたようです。
”戦艦大和”のフィルム捜索の模様が番組になった時には、
【男道】を番組内で流すことになていて、
すでに、”小川”氏が知人の皆さんに俺のCDを配って聴いて頂いている方ばかりなので、
急な呼びかけでもこれだけ集まってくれたようです。
有難いことに、思いの外、皆さん感動して頂いたようで、
「この感動の余韻に浸っていたいね」とか、
まだ持っていないCDを買って頂いて
「家に帰ってから、またCDを聴いて今日の感動に浸りますよ」など、
うれしいコメントをたくさん頂きました。
そして、”小川”氏が、
今後の俺の活動にプラスになればと声をかけてくれた力のある方々だっただけに、
また、今後につながる話をいくつか頂いたりしました。

・シールドが届くのを待っている間、”小川”氏が挨拶。

・俺のライブの模様。

  

お越し頂いた皆様、ありがとうございました!

さて、今夜21:00~、
また「あっ!とおどろく放送局」に生出演しま~す!
是非、ご覧くださ~い!

★1/16(日曜日)『CodeG!が大好き♪』第14回生放送のご案内

2001年4月開局のインターネット放送局の老舗である『あっ!とおどく放送局』
http://www.odoroku.tv/index.html(お気に入りに入れてくださいね♪)にて・・・・ゲスト:
YAMATO(いよいよ中国TV番組出演前日生放送!)
2011年1月より日曜日PM9:00に変更になった『CodeG!が大好き♪』
GDS/ジーデスレコード提供の新感覚音楽生トーク番組、
『CodeG!が大好き♪』
1/16(日曜日)第14回生放送のご案内!!


今回のMCも里佳ときら☆あんとVANVIおたちん。
VANVI織田:
http://www.vanvi-web.net/index.htm
きら☆あん:http://www.dmm.com/mono/dvd/-/detail/=/cid=71tits011/
石井里佳:http://www.ishiirika-aoikuma.com/
最新情報はこちら・・・http://yamato-yasushi.com/blog/
仲手川 純(甘い声とUKサウンドが合体した新感覚J-POP)
MYSPACE・・・http://www.myspace.com/nakategawajun

今週末のライブのご案内!

さて、中国行きが一週間後となって来ましたが、
出発前日まで3日間、連日仕事が入っていますのでバタバタしそうです。
中国の歌番組で唄う歌の準備は着々と進めています。
テレビ局リクエストの1曲目【茉莉花(ジャスミン)】は、完全ギターアレンジでの弾き語り。
テレビ曲リクエストの2曲目は、【北国の春】になるか【乾杯】になるか、
当日収録してみて良い方に決めるようですが、
カラオケで日本語と中国語を織り交ぜて唄う予定です。
そして、自分のオリジナル曲【月】は、
メジャーCDアレンジのオケに自分のギターを合わせて、やはり日本語と中国語で。
こんな感じのパフォーマンスを考えて準備しています。

さてさて、
今週末15日(土)、ライブが2本あります。
一般向けライブとしては今年最初のライブになりますので、
ご都合がつきましたら是お越しくださ~い!

●1月15日(土)
YAMATO定期ライブ
場  所:目黒【APIA Forty40】
http://apia-net.com/
時  間:14:00~
チャージ:¥1500+1Dr

●1月15日(土)
新春YAMATOライブ
場  所:東中野【O ZERO】http://www.ozero.jp/
時  間:19:00~
チャージ:¥5,000(フリードリンク)
※ 新年会を兼ねたソロライブですので、お声かけくださ~い!

そして、翌日16日は、
また、『あっ!とおどろく放送局』の【CodeG!が大好き♪】に生出演します。
是非、番組ご覧くださ~い!

●1月16日(日)
『あっ!とおどろく放送局』の【CodeG!が大好き♪】に生出演!

http://www.odoroku.tv/variety/code_g/index.html
場  所:秋葉原『あっ!とおどろく放送局』
時  間:21:00~

WordPress Themes