出演する中国の春節歌番組、バックダンサー付き!?

さて、来る1月18日~23日まで、
出演する中国の春節歌番組の収録に広西チワン自治区の南寧に行って来ますが、
ほぼ、ステージ構成が決まって来ました。
今回マネージャー役を務めてくれる吉井氏の方で
先方のテレビ局スタッフとやり取してくれているんですが、
元々、【ジャスミン】という中国民謡のリクエストがあり、
それをどうしても唄って欲しいとのことでギターで弾き語るのと、
あとは、自分のオリジナル曲【月】を中国語を織り交ぜて予定していたのですが、
2,3日前に、急遽、もう1曲増やして【北国の春】を日本語で唄って欲しいということになりました。(笑)
かつて留学していた頃から、
中国で【北国の春】の中国語バージョンが大ヒットしていて、
”テレサ・テン”も中国語で唄ってたみたいですが、
カラオケなどでも中国人が大好きな曲だということは知っていました。
まさか、自分に唄って欲しいという依頼が来るとは思ってもいませんでしたね。(笑)
明らかに自分の音楽の路線と違うのと、
自分はシンガー・ソングライターで一般的な与えられる歌を唄う歌手とは違うので
吉井氏を通して、そのあたりの考えを伝えてもらって、
それなら、同じように中国語になっている【乾杯】ならどうかと交渉してもらいました。

結果、何と「広西テレビ」のお偉いさん直々に
どうしても【北国の春】を日本語で俺に唄って欲しいという話になっているそうで、
何なら、日本の和服っぽい衣装を着せたバックダンサーを付けるという話にまで発展しているそうです。(笑)
バックダンサーを付けるとなると、
それはそれで、また俺のキャラとは全く違うんですが、
そこまで強い要望があるとなると、日中友好のために一肌脱ぐしかないかな…?という感じですね。(笑)
ただ、ギターの弾き語りにバックダンサーを付けるのはどうしても合わないので、
その場合は、カラオケでということにしました。
その後、先方も一歩譲って【乾杯】での可能性も残してくれているようで、
収録当日、【北国の春】と【乾杯】の両方を唄って収録してみて、
良い方でということに落ち着いてくれたようです。(笑)
とにかく、中国人はムードとか、派手な演出なんかが好きですから、
日本では絶対見れないバックダンサー付の俺のステージが実現するのかな?と。(笑)
言ってみれば、よく日本のプロレスラーがアメリカなんかのプロレスのリングに上がると、
日本のリングのキャラとは全く違う、
アメリカに合わせた派手なキャラを演じる感じでしょうかね。(笑)

でも、中国、ASEAN諸国7億人が視聴できるメジャー番組に、
3曲も自分に番組時間を割いてくれるのは正直大変ありがたいことですし、
俺のCDは、吉井氏から先方に渡してあるそうなので、
当然聴いてくれているでしょうから、
その上で唄って欲しいということは、
ある意味、俺の歌唱力を買ってくれているということでもあると思うので、
そういう点から言っても喜ばしいことではありますが、
できれば【乾杯】になって欲しいな…。
当然、【乾杯】の方がうまく唄えるのは間違いないんですけどね。
日本でも演歌を唄えるよと言われることがありますが、
まさかの展開ですね。(笑)

と言うことで、
日本では絶対見れない中国バージョンのYAMATOを演出してきま~す!(笑)
ちなみに、【月】は、メジャーCDアレンジのオケにギターを合わせて唄うことにしました。

日帰りで新潟へ行って来ました。

今日は、日帰りで新潟に行って来ました。
さすがに、関越の湯沢、六日町あたりは雪が吹雪いてました。
新潟市内は、全く無かったです。

その変化をどうぞ!

帰り、やはり関東に戻るとこんなに良い天気。

太平洋側と日本海側の天候の違いを満喫した一日でした。
2時間睡眠だったので、さすがに日帰りはちょっと疲れましたね。(笑)

『東京九段ライオンズクラブ』新年会で初仕事でした。

さて、昨夜は浦和の『サンアイ』に呼ばれプライベートライブをし、
今夜は、『東京九段ライオンズクラブ』新年会にお呼び頂き、
『グランドパレス九段』で2011年の初仕事でした。
昨年、知人からのお誘いで、
元衆議院議員の”松浪健四郎”氏http://www.kenshirou.com/
が主催する『四季の会』という集まりに行って唄った時に、
1976年モントリオールオリンピックのレスリング48Kg級銅メダリストで、
その後は、会社を経営されながら専修大学の総監督も務められた”工藤章”氏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A5%E8%97%A4%E7%AB%A0
に大変歌を気に入って頂き、
ライオンズクラブに一度呼んで唄ってもらいたいというお話を頂いていたのですが、
今回、早速お呼び頂いて唄って来ました。
ライオンズクラブと言う名前は有名ですから、
経営者などを中心に活動されている会だということくらいは知っていましたが、
今回初めて参加させて頂いて、
今、やはり不況の影響もあるのでしょうか。
会員が減っていることも話されていましたが、
なるほど、由緒ある会だけに大変品位のあることを感じました。

・皆さんで、最初にライオンズクラブの歌を。

第一部では、2度目になる”松浪健四郎”氏の講演をお聞きしましたが、
昨年、初めて『四季の会』でお聞きした時も、
講演が本当素晴らしくて大変感動したのですが、
今日も、ご自身が理事長をされている『(社)アフガニスタン協会』の立場から、
アフガニスタン復興への熱い想い、そして世界平和への視点で講演をされ、
大学で教鞭を執られていることもあるでしょうし、
当然選挙演説などもありますから、
やはりお話を伺うととスピーチも研究されているようで、
テレビなんかに出ている有名な政治家よりよっぽど声にも力があり素晴らしく、
説得力のある講演をされますね。
レスリングを教えるために奥様と3年間アフガンに暮らされたこともあり、
アフガン人の貧しくとも心の豊さを強調されていましたが、
その経験も講演の内容の深みに大きく影響していると思いました。
選挙って、政治なんか全くのド素人である人物が人気票で当選して、
即戦力としてよっぽど活躍してくれるだろう人物が落ちてしまう…。
選挙と言うのは、大多数が政治の素人と言える国民が投票するわけで、
どの党も議席数を増やすために、
国民によく知られていて人気票で当選できそうな人を探して自分の党から出そうとするので、
最初から選挙はそんなものと言えばそれまでですが、
何か、もどかしいですね…。

・講演される”松浪健四郎”氏

・講演後一緒に撮影。

食事後、30分ほどライブをしました。

■セットリスト
1:涙雨
2:月
3:乾杯(カバー)
4:平和の鐘
5:男道
6:それだけで幸せなこと
~アンコール~
7:男道

いつも、宴会の席と言うのは、酒が入るとガヤガヤ、ザワザワになるのですが、
本当に、皆さん驚くほどしっかり聴いて頂いて、
そのあたりからも、ライオンズクラブの品位を感じましたし、
CDも結構買って頂きました。
やはり、集まっている方々がそういう方が多いからだと思いますが、
アンコールでも唄ったように【男道】が良かったという声が多かったですね。
最後にある役員の閉会のご挨拶で、
「実は、今日は、このまま解散するのが名残惜しいと思うくらい、
松浪先生の講演も素晴らしかったですし、
YAMATOさんの歌に本当に感動しました。
こんな気持ちになったのは初めてです」と、
本当に感極まった感じで心からのそんなうれしいコメントを頂きました。
うれしかったです。

・最後、”工藤章”氏と。

・今年、10月23日に結婚される”工藤”氏の息子さんとも。

とっても愛情溢れる会でした。
お呼び頂き、ありがとうございました!

謹賀新年♪

明けましておめでとうございます!
皆さん、良き新年をお迎えのことと思います。

大晦日は、「さいたま市民会館さいたま」で行われた
『大晦日だョ!紅白ライブバトル』に”HAYATO”君と出演し、
そのままカウントダウンをしながらの年越しでした。
この何年かは帰省して佐渡で年越しをしていたので、
久々に変わった年越しになりました。
イベント自体は、基本的にアマチュアの皆さん中心のイベントで、
その中に、何組か各分野のプロの人が混じっていたと言う感じでしたね。
演目自体は、なかなか見応えのあるもの多かったですよ。
歌だけのアマチュアのイベントでは、
あそこまでのクオリティーのイベントにはならないと思うのですが、
歌以外の演目に、なかなか素晴らしいものが多くあったので、
結果的に良いイベントだったのではないでしょいうか。
ただ、大晦日ということで動員はやはり難しいでしょうね…。
外部からの動員と言うより、
やはり内輪の繋がりのお客さんという感じでした。

 

個人的には、自分は白組ながら、
この日、紅組の司会をしていたNHKさいたまの滝島アナと交流できたのが収穫でした。
と言うのも、
浦和の知り合いの店で交流があるNHKさいたまの記者の方から、
この前は、運よく局長さんはじめ10人くらいの職員にライブを聴いて頂きましたが、
今後自分の取材の話を頂いていて、
ただ、それを実現させるにはかなり準備が必要な大掛かりな取材になるんですよね…。
その前に、NHKのFMラジオに出演しましょうと声をかけて頂いているのですが、
休憩時間に舞台袖で滝島アナにそのあたりも含め挨拶をさせて頂くと、
ご自身でもラジオ番組をされているとのことで丁度良かったという感じでした。
CDと名刺をお渡しして、
イベント後、楽屋で少しお話させて頂きましたが、
【涙雨】にも感動して頂いたようで、
これから出演に向け関係ディレクターさんと調整して頂けるようでした。
現場サイドともつながった感じでしたね。

さて、今年の近々の大きな動きですが、
まずは、中国『広西テレビ』の春節歌番組に出演が決まり、
1月18日~23日まで収録のため広西チワン自治区の南寧に行って来ます。
中国人の歌手150名が出演する大規模な歌番組らしいのですが、
日本と韓国から1名ずつのゲスト枠に入ったということで大変ラッキーですね。
春節の2月3,4日に衛星中継で、
中国のみならず、
ASEAN諸国を含め7億人が視聴できる地域での番組のようです。

それと、これは初めての発表になりますが、
2月26日~3月10日までの13日間、
厚生労働省主催のガダルカナル島の遺骨取集に参加することになりました。
「全国ソロモン会」を通して2009年に初めて慰霊巡拝に行った島ですが、
今年は、「全国ソロモン会」を通して遺骨収集のお話を頂いたので、
まだ予定が入っていない期間ということもあり行って来ることにしました。

そして、4月16日には、
メジャーデビュー記念ライブ以来2年半ぶりになる
アミューズメント佐渡でのホールコンサートをやりま~す!
こちらからメンバーを連れて行ってのフルバンド演奏になります。
佐渡の方は、是非お楽しみに!

今わかっている時点では、
大きな動きとしてこんな感じです。
確実に決まればすごい話が他にもあるのですが、
また、決まり次第お知らせしたいと思います。

今年も皆さんに幸多きことを祈りつつ、
今年も応援よろしくお願い致します!

WordPress Themes