中国滞在報告:3

今日は、無事に「レインボータウンFM」の出演を終えて来ました。
また、色々出会いがあり、有意義な一日となりました。
デジカメを忘れたので、
また、様子は追って画像を頂いてからアップしま~す!

さて、中国滞在最後の報告です。
最終日の22日、
観光パンフで是非行ってみたいと思わされた
ベトナム国境にある”徳天瀑布”という美しい滝を見に行きました。
http://www.gxtourism.com/sight/chongzuo/110.html
道中の車中、がっつり寝たので何時間かかったかは正確には覚えてないですが、
3、4時間は乗っていたようです。
驚いたのは、広西チワン自治区のベトナム国境付近だと言うのに、
地理的に対極に近い桂林と同じような景色がどこまでも続いてるんです。

・こんな景色が永遠と続きます。

・途中トイレ休憩で。

・何故かエメラルド色のベトナムとの国境の川。

・滝の入り口の門。

・徳天瀑布(今の季節は水が少ないようです)。
 

・天真爛漫な地元ガイドの女の子と。

・この筏に乗って滝の真下まで行きました。

ここのパンフを見た時から、
”吉井”氏は、ここで俺のPVを撮影する計画を立て、いよいよ撮影に。

・段々滝に近づきます。

・この辺りは、飛沫が飛んできて濡れてます。

・吉井氏と記念撮影。

・こんな筏でした。

これだけで終わりではなく、今度は滝の上に移動。

観光地なので、アクセサリー関係を露店で売っている女性が二人いてちょっと会話をし、
買い物をするつもりはなかったのですが、
日本から来た歌手で、昨夜「広西テレビ」の正月番組の収録をした話をすると、
もし歌を唄ってくれたら何かあげるからということになり、
急遽ストリートライブを決行することに。
【月】、【把根留住】、【乾杯(中国語)】の3曲を唄いました。
こんな奥地なのに、みんな携帯で動画撮影しているのを見ながら、
中国の経済発展の影響がこんなところまで及んでいるのかと驚かされましたね。

・露店前でのストリートライブ

・みんなで記念撮影。

・御礼にもらった品々。

その後、ベトナムへ行くというので冗談かと思ったら、
この辺りは、元々同じ民族でありながら国境が引かれたような地域で、
特別区のような感じで自由に往来ができるようなんです。
中国側から、かなり長く露店が並ぶ舗装された道路が続き、
国境付近は、露店が立ち並ぶマーケットになっていました。

・国境のマーケット。

帰りも車中爆睡してましたが、
知らぬが仏で、
ずっとノンストップの道路で中国人はかなり飛ばすので、
追い越し中に対向車とぶつかりそうになったりというのは日常茶飯事。
我々が寝ている間、友人Pは三度ぶつかりそうになったのを目撃し、
後から、かなり怖かったと言っていました。
意外と、当の中国人はこんなのいつものことくらいの感覚なんでしょうけどね。
その夜は、日本から広州経由で南寧入りした”付”さんのお姉さんと、
「広西テレビ」のスタッフとの会食で中国最後の夜を終えました。

帰りの機内でも、今後の俺の中国進出について、
かなり具体的に話ならがら帰って来ました。
俺と”吉井”氏と”付”さんは同じ成田行きの便でしたが、
友人Pは、1時間遅れの羽田行きの便で帰国し、
俺の自宅にまた一泊して、無事に佐渡に帰りました。
と言うことで、
18日~23日までの中国滞在は、思いの外、実りあるものとなりました。
南寧は、とても人が明るく温厚な印象で、すっかり気に入ってしまいましたね。
10月には、ASEAN博覧会が開催されるそうで、
その頃、観光で行くのも良いかも知れませんね。

これで、報告終わりで~す!

WordPress Themes