佐渡から帰りました。

昨夜、佐渡から帰りました。
高速バスで帰る途中、関越トンネルを抜けた後、関越道が途中通行止になっていて、
高崎で一般道に降りての走行になるため、
電車が走っている時間に都内に戻れるかどうかわからなかったので、
高崎から新幹線に乗り換えて帰って来ました。
でも、都内、埼玉は雨も降っておらずびっくりでした。

28日朝10時の高速バスで、知人”小原”さんと一緒に池袋を出発。
俺が音楽活動を始める前からのお付き合いで、
ライブを初めたばかりの初期の頃を知っている数少ない方です。
新潟16:00発の佐渡汽船のフェリーで佐渡に渡りました。

・新潟港を出発。

・佐渡が見えてきたところ。

・夕陽の金北山。

今年佐渡にUターンしたばかりで、
いつも応援頂いている方から連絡があり、
サザエを頂けるとのことで、途中寄ってサザエを頂いて帰りました。
さすがに今回は潜る時間がなさそうだったので良かったです。
”小原”さんは、自宅で遅めの夕食を摂りながら少し呑んだ後、
両親が実家に泊まるように強く勧めても、
どんなに呑んでも朝必ず5時に目が覚めるらしく、
それから自分の好きなように遠慮なく自由に動きたいので素泊まりで民宿に泊まるということになり、
近くの民宿に声をかけて急遽そちらで一泊。

翌朝は、俺がステージをする「小木港祭り」に行くことになっていて、
朝10時頃電話をしてみると、
すでに民宿を出て、6時台の始発のバスに乗って途中まで移動していました。(笑)
途中でバスを降りてブラブラ歩いたりしながら小木に向かっているとのことでした。
俺もその後小木に向かい、午後3時半頃到着。
リハを始める頃、”小原”さんも無事にバスを乗り継いで小木に到着しました。
リハの時間がたっぷりあったので、
リハながら、その日のセットリスト全曲フルコーラスで歌い、
本番と合わせると30曲歌ったことに。(笑)
ステージは、5時半から2時間とって頂いていたようなんですが、
平日なので、お客さんの集まりを見ながら6時頃スタートし、
これまで出演した6、7回の「小木祭り」で一番長い約1時間半のステージになりました。

■セットリスト
1:立ちあがれ
2:真夏の太陽を抱きしめて
3:満天の星の下で
4:木蓮の花咲く頃(オケ)
5:命の花(オケ)
6:月(オケ)
7:誓い
8:遥かなる故郷の空よ、海よ
〜休憩〜
9:平和の鐘
10:佐渡ヶ島(オケ)
11:涙雨(オケ)
12:男道(オケ)
13:栄光の花たち
14:追憶の故郷
15:それだけで幸せなこと

ライブの後は、
毎年恒例になっている「小木ダイビングセンター」http://www2.ocn.ne.jp/~ogiodc/
を経営している友人”高嶋”宅にお邪魔し、
ご馳走になりながら皆さんのリクエストで宴会ライブも敢行。
ご両親が、俺のNHKの番組偶然見てくれていました。
夜中3時頃まで盛り上がり、いつものように一泊して帰って来ました。

翌30日は、
”小原”さんが東京に帰るとのことで、
違う道を通ってなるべく佐渡を一周したいと言う話になり、
小木から赤泊経由で真野に出る小佐渡山脈を越えるコースを通って一旦実家に帰りました。
その後は、バスで内海府線に乗って両津港までのんびり行くとのことで、
真更川まで送り、夕方5時24分真更川発のバスで両津に向かい、
19時半発のフェリーに乗って新潟に向かいました。
”小原”さん、
「YAMATO君と知り合ってなかったら佐渡に来てないけど、
とにかく市街地を離れると人がいないのがいい!」と、
かなり佐渡を気に入ったようです。
今度は、仲間と改めて来たいと言っていました。

翌31日は、
今回、もう一つ予定を入れていた知的障害者施設「まつはらの家」で慰問ライブをしました。
http://www3.ocn.ne.jp/~sadoiwa/matuhara/matuhara.html
佐渡で熱烈に応援して頂いているスナック『シャトル』のママさんの息子さんが通っている施設で、
その息子さんと女のお孫さんが俺の大ファンになってくれているので、
お盆の「高千芸能祭」にも「小木祭り」にもお店を締めて応援に来てくれていました。
「まつばらの家」の施設の皆さん、明るくて純粋で
施設長さんが最後の挨拶で、泣きながら聴いてくれてる人もいたと言ってくれていましたが、
歌が終わるごとに、
「すごい!何て温かい歌なんだろう」と連発してくれている青年もいたり、
1時間ほどのライブでしたが、
皆さん喜んでくれて、唄いに行って良かったと思えました。

■セットリスト
1:佐渡ヶ嶋
2:真夏の太陽を抱きしめて
3:満天の星の下で
4:命の花
5:泰平(改:さとみ)
6:月
7:涙雨
8:栄光の花たち
9:それだけで幸せなこと

ライブが終わると、
女性職員に声をかけられ高校の同級生だったのでびっくり。(笑)
皆さんと蒸かした新ジャガを頂いて、
施設で作って販売している商品を少し買って帰って来ました。

・トキの携帯ストラップ。(400円)

・歌で名前を借りた”さとみ”さん作のクッション。(500円)

・最後に全員で記念撮影。

今年の「アミューズメント佐渡」でのライブ以来
熱心に応援頂いている佐和田の『シャトル』のママさんが、
普段演歌を歌ってやはり施設を慰問されていると言う御婦人を連れてこられていて、
終わった後は時間がなくてすぐ帰えられたのですが、
後でその御婦人からわざわざ電話を頂いて、
「私は普段演歌しか歌わないんだけど、違うジャンルでこんなに感動したのは初めて。
大げさではなくて、本当に、魂を揺さぶられました。
佐渡出身でこんな歌手がいたとは、本当に驚いたし、誇りです。
これから応援するので、佐渡でも時々ライブをしてください」
と何ともうれしいお言葉を頂き、
翌日も、また電話を頂いて、
「まだ、感動がおさまらなくて、今も余韻に浸ってます。
佐渡で若い人たちにも声をかけて広げますよ」
と言ってくれていました。
今回、またこんなうれしい出会いがあった佐渡滞在でした。

明日3日、佐渡で毎年夏に交流している方々が主催している芦花公園のパークライブに出演します。
台風もはっきりせず、雨模様のようですが、
雨天でも「やごの楽校」屋内で開催するそうです。
タイミングが合いましたら、足をお運びください。

●9月3日(土)
芦花公園パークライブ「しあわせの野音」
時  間:12:00~15:00(YAMATO出演13:30~40分間)
場  所:世田谷「芦花公園」http://hananooka.web.fc2.com/内の【やごの楽校】前広場
チャージ:無料

WordPress Themes