昨夜は、”ナビ・ヤクブ”さんの講演に行って来ました。

先日の「世田谷区倫理法人会」のモーニングセミナーに講演に行った時に
花束を渡してくれた”長峰”さんからのお誘いで、
昨夜、バングラディッシュ人の”ナビ・ヤクブ”さんの講演会に行ってきました。
”ナビ・ヤクブ”さんは、
「ここが変だよ日本人」「笑っていいとも」等他にも多数出演しているバングディッシュ人ですが、
現在、これまでの経験を活かしてナチュラルカウンセラーと言う活動を始めているそうで、
今回は、日本の社会が抱えているうつ病と自殺の問題に対して、
”ナビ・ヤクブ”さんが日本に来て25年の間で感じていることを話してくれました。
自分も学生時代から海外に何度か行ったり、
留学などで結構海外に長く暮らしたこともあり、
日本人の常識が海外では通用しなかったりと言う経験をしました。
また、近年戦没者の慰霊に関わるようになってから戦友の皆さんとの交流を通してや、
南方の国々に慰霊巡拝で行った時にも
経済的には貧しくとも、現地の人たちの心の豊かさみたいなものも感じたり、
現代の日本人が失ってしまったものに気づかされることが多々あり、
そのあたりで共感できる部分がたくさんある内容でした。
終わってからは、皆で懇親会をして帰って来ました。
8人中新潟県人が3人も占めていました。(笑)

元々関心があったようなのですが、
自分が関わっている戦没者の慰霊活動や遺骨収容に興味をもってくれた方が、
勧誘したわけではないのですが、
自分が理事をしている『全国ソロモン会』に入会したいとのことで、
また、新たな出会いがありました。

・”ナビ・ヤクブ”さんと。

”ナビ・ヤクブ”さんの出演している「麹町ワールドスタジオ」(USTREAM)の番組が見れるので、
関心のある方はどうぞ!
http://musicvideoman-kwstudio.blogspot.com/2010/11/20101118.html

シベリア慰霊墓参のフォトスライドショーを作ってみました。

昨年夏、7月22〜25日までの3泊4日の行程で
シベリア沿海地域へのシベリア抑留死亡者慰霊墓参に参加しました。
4年前までは、戦史に関心を示す人間ではなかったわけですが、
南方での遺骨収容のドキュメンタリー番組がきっかけで【涙雨】と言う鎮魂歌を作り、
それがご縁で、2009年に南方ガダルカナル島やブーゲンビル島に
戦友、遺族の皆さんと一緒に慰霊巡拝に行かせて頂き、
慰霊祭で【涙雨】を奉納させて頂きました。
現地では、ガダルカナル島でもブーゲンビル島でも、
やはり皆さんが言うところの”涙雨”を体験し、
自分が参加することの意義に対して半信半疑だったにも関わらず、
現地で慰霊することの重みを痛感しました。

実は、自分の母方の伯父が二人、シベリア抑留を経験して、
二人とも母親と15歳以上離れているのですが、
上の伯父は生還し、現在も88歳で健在、
ところが、下の伯父”平腰武司”は、
抑留中の木の伐採作業中に倒れた木の下敷きになり死亡しました。
母親とも年が離れていて、
母親が物心ついたときにはすでに亡くなっていたこともあり、
伯父の話が出ることもほとんどなく、
やっとシベリアで亡くなった状況など詳しいことを知ったのは
自分が2009年に南方の慰霊巡拝に参加した後、
伯父”平腰武司”に関心を示すようになってからでした。
南方での体験がきっかけで現地で慰霊することの重みを実感し、
無性にシベリアの伯父の慰霊に行きたいと強く思うようになり、
ネットでシベリア抑留関連の情報を検索すると、
”村山常雄”さんと言う方が作られたシベリア抑留死亡者リストと言うリストがアップされていて、
そこに、伯父”平腰武司”の死亡情報が記載されていました。
1947年5月16日チタ州ベルフナリムで亡くなっていることが判明し、
健在の伯父も、”チタ”で亡くなったらしいと言うことしか知らなかったので本当に感動しました。
そして、やはりネットから『東京ヤゴダ会』という抑留経験者の会があることを知り、
【涙雨】は、南方だけではなく、
シベリアでも慰霊に行った皆さんが体験されているそうで、
その年、2009年11月3日千鳥ケ淵墓苑での鎮魂慰霊祭で【涙雨】を奉納させて頂きました。

そして、昨年2010年、戦後65年と言う節目でもあったので
シベリアへの慰霊墓参を実現したいと言う自分の想いに対して、
『東京ヤゴダ会』の杉村事務局長さんから、
伯父がなくなったチタの方の慰霊墓参ではないが、
シベリア沿海地域の慰霊墓参には、
何とか最低人員を5名を集めれば駆け込みで実現できると言うお話を頂きました。
とにかく自分は【涙雨】と言う歌を作って歌っている時点で、
ある意味公の立場で慰霊に関わらなければならないと思っていたので、
シベリアなら何処の地域でもまずは行きたいと言う返事をし、
83歳の年齢で、2ヶ月前に手術をされたお体ながら杉村事務局長さん自らが団長となり、
自分の他4名を集めていただき、
(財)強制抑留者協会主催のシベリア沿海地域の墓参の旅が実現しました。
ご自身の体以上に、
シベリアへ慰霊に行きたいという遺族の思いを実現させてあげたい、
そんな”杉村”事務局長さんの熱い思いに触れて本当に感謝でした。

そんなことで、昨年実現したシベリア沿海地域慰霊墓参でしたが、
今月に入って、
千鳥ケ淵墓苑の鎮魂慰霊祭、自分の文京シビックホールでのライブ、
そして先日の中央慰霊祭と”杉村”事務局長さんにお会いしながら、
シベリアで撮った画像があったことを思い出し、フォトスライドショーを作ってみました。
これまで、南方方面のものはいくつかアップしていますが、
またシベリアは違った感じが伝わると思いますので、
是非、ご覧ください。

♪涙雨 YAMATO (シベリア抑留死亡者慰霊墓参フォトスライドショー)

「世田谷区倫理法人会」での講演終わりました。

今日は、朝7時から池尻大橋のホテル会議室で行われた
「世田谷区倫理法人会」の朝の勉強会で講演をしてきました。
同じ異業種交流会の会員の方が会長をされているつながりからお声かけを頂きました。
もちろん、音楽活動を初めてからライブの中でMCとして話すことはあっても、
改めて講演という形で話すことは初めてでしたが、
今年8月にNHKが番組にしてくれた時の『戦争を知らない世代が歌う鎮魂歌』というタイトルで、
講演の途中【涙雨】、【月】、【男道】の3曲挟み、
40分間の講演を無事終了しました。

・講演中。

・朝7時から歌うことは、普段まずないですが…。(笑)

講演が終わると花束まで用意して頂いていました。
CDが欲しいというお声も何人か頂いたのですが、
残念ながら勉強会の時には物販ができないことになっているとのことでしたので
持って行っていませんでした。

・会員の”長峰”さんから。

講演の後は、朝食を一緒にご馳走になりながら、
皆さんと交流して10時過ぎに帰ってきました。

・朝食の後、左から狂言の重鎮”善竹十郎”氏、”池田会長”、”長峰”さん。

会長さんからも【涙雨】を聴きながら涙が出てきたとか、
今回は、いつもより女性参加者が比較的多かったようなのですが、
中には、歌を聴きながら涙を拭っている方もいたとのことで、
慣れない講演でもあり心配していましたが、
思いの外話も上手で良かったと言うお声を頂き、ほっと一安心しました。
テーマが倫理法人会の趣旨とぴったり合うので、
他の都内の倫理法人会にも講演を働きかけたいと言うお声を頂いています。

「世田谷倫理法人会」の皆さん、お世話になりました!

今日は、朝7時〜倫理法人会で講演&ライブです。

昨夜は、フェイスブックでつながり、
3日の文京シビックホールライブにも駆けつけてくれた
佐渡高校の後輩の藤井さんのお誘いで、
ウルグンさんの馬頭琴のコンサートに行ってきました。
演奏も素晴らしかったですが、
普段佐渡関連の集まりに呼ばれて行っても
佐渡出身の若者は何処にいるのだろうと思うことも度々なのですが、
久々に佐渡人らしくない同郷の元気な青年と交流できて
そちらもまたうれしかったですね。

今日は、何とこれjから都内の「倫理法人会」の朝の勉強会で
講演とライブをすることになっています。
7時〜です。
こんなに早くから歌うことはないのですが、
自分が参加している「八交会」という
異業種交流会のメンバーからのご紹介で
自分が3,4年前から関わることになった
音楽を通した戦没者の慰霊活動に関して講演とライブをして来ます。
NHKが番組にしてくれた時の
【戦争を知らない世代が歌う鎮魂歌】と言うテーマです。
新たな出会いを楽しみに行ってきたいと思います。

「シベリア抑留死亡者中央慰霊祭」から”miRei”さんライブへ。

今日は午後から、
11月3日に千鳥ケ淵墓苑で開催された抑留者経験者の『東京ヤゴダ会』が主催のものとは別に、
「財団法人 全国強制抑留者協会」主催の『シベリア抑留死亡者中央慰霊祭』に行って来ました。
昨年、シベリアへの慰霊墓参に参加したことで、
遺族として昨年に引き続き二度目の参加になりますが、
今年は、九段会館が閉鎖したことから都市センターホテルに会場が変わっての慰霊祭となりました。

慰霊祭のあとは、
『東京ヤゴダ会』の”杉村”事務局長さんと
昨年一緒にシベリアへの慰霊墓参に参加した”野口”さんとご一緒に
お茶をしながら抑留中のお話など伺って帰ってきました。
”杉村”事務局長さんには、
昨年、自分のシベリア慰霊墓参が実現した際に、
自分がシベリアへ行けるようにと実施可能最低人数になるためのお力添えと、
ご自身も二か月前に手術をされたお体で団長として同行頂き、
”杉村”事務局長さんと知り合っていなければシベリアへの慰霊墓参は実現していませんでした。

「全国ソロモン会」の故”菊本”事務局長さんもそうでしたが、
事務局長という役職は、
会の運営のために実質的な仕事をしないといけない一番大変な立場なので、
それを担っている方は、共通して戦友への想いが人一倍熱く、情けの深い方だと言う印象です。
先日の自分の文京シビックホールライブにも、
千鳥ケ淵墓苑での慰霊祭の翌日、
大きな仕事の後でお疲れのはずなのに
近くならともかく、遠い鎌倉の地からわざわざお越し頂いていました。
若いならともかく85歳ですから、本当にハートから来る気力だけですね。
ちなみに”杉村”事務局長さんには、
【涙雨】はもちろんですが、
【立ちあがれ】と【木蓮の花咲く頃】を大変気に入って頂いているようです。

自分にとって、「全国ソロモン会」の故”菊本”事務局長さんや、
「東京ヤゴダ会」の”杉村”事務局長さんのような方に人生の途上で巡り会えたと言うことは
大変大きな財産だと思っています。
自分にとって関心の外にあった未知の世界だったことを
とても意味の深いものとして自分の中に落とし込んで頂きました。
男として、本当に尊敬してしまいます。
我々世代が耳を傾けて話を聞き、
また慰霊祭に足を運ぶという行為に対して、
亡くなった戦友の皆さんに代わって
ご自身のことのように喜んで頂けるお姿や、
昨日もお話をしながら、
こちらが感謝の想いを伝えると時折涙を浮かべるお姿を拝見し、
我々が今出来るせめてもの労いだと感じています。
「シベリア抑留を100年は恨んでいれないとは思っているけど、
ロシアの大統領に靖国までとは言わずとも、
せめて千鳥ケ淵墓苑を参拝してもらいたいね」
とおしゃっていましたが、
それが抑留経験者の戦友を思う偽らざる感情なのでしょう。

”杉村”事務局長さんも、
シベリアの慰霊でこれまでに何度も現地で”涙雨”体験されているそうで、
自分が【涙雨】と言う歌でシベリア抑留死亡者慰霊祭に参加するようになったことを
本当に喜んで頂いていて、
今年の慰霊祭の追悼文の中でも触れて頂いていました。
何が正義で、何が不正義なのか、
何かはっきりした基準がない限り、
どちらの方向から見るかで変わってくるはずですし、
各国が、自国の国益のために歴史的な史実をかなり捻じ曲げているものもあるでしょう。
ただ、多くの戦没者たちが、
自身では避けられない当時の時代背景の中で、
自分個人のためではない目的のために命を落としていったという事実を忘れず、
日本という国が、平和の上に胡座をかいて薄っぺらな国にならないよう、
いや、もうかなりそうなってしまっているのではないかという危惧はぬぐい去れませんが、
戦後、多くの犠牲が今日の平和の礎となり、
死んでしまった戦友たちの分まで日本を復興させるためにと頑張って来た
戦友の皆さんの存在が日本を支えて来たという事実を忘れてはならないし、
歴史的、立体的な物の見方、考え方を忘れてはならないと感じています。

・左から”野口”さん、”杉村”事務局長と。

ちなみに”野口”さんは、
昨年シベリア慰霊墓参でご一緒しましたが、
遺族でも何でもないのですが、
元高校教師で、ご自身の個人的な関心からシベリア抑留に対して勉強されていて、
この悲惨な事実が歴史から葬り去られてはならないと、
現在も継続して深く学んでいる方です。
一緒にシベリアへ行ったことで、
長い間の親しい友のようにして頂いています。

”杉村”事務局長さんが、
シベリア抑留の事実をまとめた「東京ヤゴダ会」のホームページです。
http://www1.kamakuranet.ne.jp/tokyoyagoda/

さて、夜は、先日の文京シビックホールライブでMCを担当してくれた”miRei”さんのライブに。
昨年の新宿のライブパーティーでもMCを担当してくれましたが、
元々は、お互いHAYATO君のイベントを通して顔見知りになったわけですが、
いつも安いギャラしか払えなくとも快く引き受けてくれるので、
お礼の意味も込めて行ってきました。
今まで、単発的には歌を聴いたことがあっても、
まとめて聴く機会がなかったのですが、
元々、ディズニーの曲が好きだと言うことなんですが、
今夜、”miRei”さんの「地球」とか「平和」と言ったテーマがはっきり見えて良かったです。
当然MCも仕事としているだけあって抜群にうまいのですが、
純白の衣装の華やかさの中にも”miRei”さんの人柄が滲み出ていて、
表現力と温かみのあるとっても良いステージでした。
なかなか良い歌だと思ったら、HAYATO君が作った歌もありました。(笑)
写真はフラッシュを遠慮したので、上手く撮れませんでしたね。

・”miRei”さんのステージ。

そう言えば、本人に言うのを忘れましたが、
”miRei”さんのライブに行くことを特別意識していたわけではないのに、
昨夜は、何故か”miRei”さんがかなり長く夢に出てきたのでした。
普段、あまり目覚めて記憶に残っている夢を見る人間ではないんですけどね…。
不思議なタイミングでした。(笑)
と言うことで、
文京シビックホールライブではバタバタで記念撮影をし忘れたので、
今夜は忘れずにして来ました。

本日、『新潟日報』朝刊に記事が掲載されました!

早速、佐渡に帰省している佐渡高校の後輩からの情報で、
本日の「新潟日報」朝刊に、
最近取材頂いていた自分の記事が掲載されたようです。
かなり細かく取材いただいたのですが、結構詳しい記事になっているようです。
自分はまだ読めませんが、
「新潟日報」を読める方、是非お読みくださ〜い!

・佐渡の後輩が、取り急ぎ携帯で撮ってくれました画像です。

一両日中に『新潟日報』で記事が掲載される予定です。

今日、新潟日報の記者から電話があり、
最近取材頂いた自分の記事が、
変更が無ければ一両日中に掲載されるそうです。
結構細かく丁寧に取材いただきましたので、
新潟日報を読める方、是非お読み頂ければ幸いです。

ついでに、取材内容がある程度重なるので、
今年NHKに取材頂き、
8月に「首都圏ネットワーク」と「新潟ニュース610」でオンエアされた自分の番組の映像を
アナウンサーが番組紹介している部分だけアップしました。
14秒です。
番組自体は、5分半の内容でした。

NHK「戦争を知らない世代が歌う鎮魂歌」
  

        鎮魂歌【涙雨】PV(仮音源)

『APIA』ライブ、終了しました!

昨日は、一昨日とは打って変わって良い天気でした。
今年最後の『APIA 40』でのライブでした。
最近は、CDになっている代表的な定番の曲以外で、
特に昔作って眠ったままになっている曲をかなりセットリストに織り交ぜて歌っています。
昨日も、【大気に抱かれて】と言う20代前半に作った曲を初めて披露しました。

■セットリスト
1:男道
2:太陽へ向かうハイウェイ
3:Happy Birthday〜20歳になった君へ〜
4:淡雪
5:Dark Grayの空、吹き荒れる風の中で
6:大気に抱かれて

====================================

 【大気に抱かれて】
                 詞・曲 YAMATO 1989

1:果てしない空を見上げて ひとり大の字に転がってみる
  雲一つ見えない空は ちっぽけな僕を呑み込みそうだ
  生ける物の息遣いが 今にも聴こえてきそうなほど
  澄み渡る大気に抱かれ 生まれきた意味を噛み締めてみる

  確かに僕はひとり歩いてきた 
  いくつもの遠回り重ねながら
  だけどどんな時でも僕を見守ってくれる
  あなたがいてくれてことを今強く感じています

2:このままで生きて行けたら 上手くゆきそうなそんな気がする
  そんな想い抑えきれず 確かなものが胸を突き抜ける
  深く深く息を吸い込み  瞼閉じたらそっと吐き出し
  熱い心鎮めてみれば 振り返る日々が感謝に変わる

  確かに僕はひとり歩いてきた 
  いくつもの遠回り重ねながら
  だけどどんな時でも僕を見守ってくれる
  あなたがいてくれてことを今強く感じています

  そうどんな時でも僕を見守ってくれる
  あなたがいてくれてことを今強く感じています
  大気に抱かれ感じています

====================================

最近は、これまでの追っかけさんたちの他にも、
2年半前に出演した「Y150」と言う横浜のイベントで
たまたま通りかかって自分の歌を聴いてファンになって頂いた”S”さんご夫妻にも
毎月目黒、銀座のライブとお越しいただき感謝です。
普段の定期ライブは、
毎回声かけられる方も大変だと思うので、
基本、個別にはお客さんに動員の声かけをしないことにしていますが、
ライブハウスでの年間定期ライブ12回プラスαのライブスケジュールをチェックして
毎回自発的にお越しいただいているファンの皆さんには本当に感謝です。

この【大気に抱かれて】は、
改めて応援いただいている皆さんへの感謝の歌ですね。
お越し頂いた皆さん、ありがとうございました!

明日20日は、『APIA』での定期ライブです。

明日は、目黒『APIA 40』での定期ライブです。

●11月20日(日)
YAMATO定期ライブ
場  所:目黒【APIA Forty40】
http://apia-net.com/
時  間:14:00~
チャージ:¥1500+1Dr

ご都合がつきましたら、お越しくださ〜い!

『YAMATO LIVE 【男道】 in TOKYO』(フォトスライドショー)

さて、当日、撮影に入って頂いた画像データは届いたので、
去る11月4日に文京シビックホールで開催した
『YAMATO LIVE【男道】 in TOKYO』のフォトスライドショーを作り、
「YOU TUBE」にアップしました。
開演前から終演までの当日の様子がわかると思いますので、
良かったらご覧ください!
http://www.youtube.com/watch?v=oaYQk0MRU7E

WordPress Themes