今日は、「めぐろ観光まちづくり協会」で打ち合わせでした。

今日は、これまで何度かライブをしたことのある
自由が丘にある「熊野神社」の宮司さんからのご紹介で、
「めぐろ観光まちづくり協会」主催で
秋に「パーシモンホール大ホール」で開催しようとしているイベントのお話を頂き、
三浦事務局長さんと打ち合わせをしてきました。
まだ、正式に決まって本格的に始動している段階ではないそうですが、
日本の伝統文化をテーマにしたイベントで、
全プログラムの中に和楽器を使ったステージを入れたいと考えているそうです。
目黒区の観光復興のために初めてやる試みらしく手探り状態と言うのが現状らしく、
大体の流れはお聞きしましたが、
1時間くらいの和楽器を使ったステージを自分の方でプロデュースしてもらえないか?
との話になりました。
単なる一般的な和楽器の演奏ではあまり面白くないかも知れないので、
できれば色々アレンジしてもらった方が良いということになり、
例えば自分の演奏であれば
普段のメンバーの他に和楽器を加えたアレンジにして演奏することもありですし、
能楽の伝統芸能を新たなジャンルにアレンジしている代表も知っているので、
何とかしてみますと返事をして帰って来ました。
うまくやれば、新たな道を開拓できるかも知れないので、ちょっと頑張ってみようと思います。
と言うことで、プロ、アマ問わず和楽器ができます!
と自信を持って言える方がいましたらお声かけ下さい!
正直、あまり時間がないこともあり、
おそらく全体リハも一回できれば良いくらいではないかと思いますので、
譜面がなくても自分の楽曲の音源を聴いて、
セッションくらいの感覚で自分でアレンジえきるくらいの方になると思います。

・三浦事務局長さんと。

昨日は、志木駅交番前で交通安全運動のお手伝い。

一昨年の暮れにもやりましたが、
キーボードの”HAYATO”君からの依頼で、
志木駅南口交番前で交通安全運動のお手伝いライブでした。
前日は雨でしたが、昨日は野外ライブ日和の良い天気で気持ちよく演奏できました。

・交番前で準備中。

・日中は汗が目にしみるくらいでした。

・休憩中三人で。

【佐渡ヶ島】を歌う前にサッカー少年たちが集まって来たので、
佐渡ヶ島を知っているか尋ねると、
一人の少年が家族で釣りに行ったことがあり「米が半端なく美味かった〜!」と。
米に感動できる中学生に驚きながら、
中学生のたちの手拍子や掛け声で盛り上がった【佐渡ヶ島】でした。

・【佐渡ヶ島】で盛り上がった中学生たち。

最初1曲目に【立ちあがれ】と言う曲を歌った時に通りかかった青年が、
すごく感動してくれたようで、
歌のタイトルとCDがあるかどうかまでチェックして、
一旦用を済ませに去ったのですが、
午後からまた戻って来てじっくりライブを聴いてくれたり、
最後ライブ終了間際に集まってくれていた何人かのご婦人方が、
【追憶の故郷】や【それだけで幸せなこと】などを聴きながら、
「いい声で涙が出てきた」と言いながらCDを買いに来てくれたり、
また、良い出会いのある一日でした。

ライブ終了後は、大学で法学を学んでいながら『新潟日報』の記者になった後、
佐渡に駐在しているいる間に佐渡の食材に魅せられて
その後、調理師の道を歩んでいる新潟出身の”二瓶真奈美”さんと言う調理師主催で、
”二瓶”さん宅で開かれたごはんの会にお誘いしてもらっていたので参加して、
手作りの美味しい料理を堪能して帰って来ました〜!

・”二瓶”さんが作ってくれた料理。

WordPress Themes