【貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜】歌入りデモ音源。

貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜】歌入りデモ音源をアップしました。
2年前の夏、シベリア抑留中に亡くなった伯父の慰霊に行きたいと思った時に、
抑留経験者の「東京ヤゴダ会」の杉村事務局長さんのご尽力の御陰で、
2ヶ月前にガンの手術をされたばかりのお体ながらご自身が団長をされて、
何とか慰霊ツアーの最低参加人員を集めて頂き実現しました。
その恩返しのためにも、シベリア抑留犠牲者のための鎮魂歌を作りたいと思い、
今年になって作った曲です。

あまりにも、首を傾げてしまうような命を軽く扱う犯罪や自殺が多い現代社会の中で、
かつて、生きたくても生きれなかったこういった尊い人命の犠牲があって
今の平和を享受できていることしっかり認識して、
平和と命の尊厳をしっかり後世に伝えていくことが、
せめてもの犠牲者への慰霊につながると思えて来ます。

一度自分がギターで歌ったのを聴いて、
その場でHAYATO君がピアノをアレンジを考えて一発録りしたデモ音源なので荒削りですが、
良かったらご覧ください!

【貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜】(歌入りデモ音源)

♪貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜(ピアノインスト)

来る11月3日、千鳥が淵墓苑で、シベリア抑留死亡者の慰霊祭があり、
今年で4年目になりますが、また自分が歌を奉納します。
これまでは、毎年鎮魂歌として作った【涙雨】を歌って来ましたが、
2年前の2010年夏、初めてシベリア抑留中に亡くなった伯父の慰霊のためにシベリアへ行き、
その体験を今年になって【貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜】と言う歌にしました。
今年は、【涙雨】と【貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜】の2曲を歌うことになり、
当日、ピアノのオケに合わせて歌うことにしているため、
サポートのHAYATO君にピアノの伴奏音源を作ってもらい、
ついでにそのインストに合わせて
フォトスライドショーにして「YOU TUBE」にアップしてみました。
ご覧ください!

【貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜】(ピアノインスト)


2010年に行ったシベリア慰霊墓参のフォトスライドショーもあります。
見ていない方はどうぞ!
【涙雨】

YAMATO”年忘れ”ACOUSTIC LIVE at 【LADYBIRD】

一度、12月16日の予定でお知らせした
”秋元順子”さんのプロダクション社長のお店【LADY BIRD】でのライブですが、
サポートメンバーの予定が合わなかったので15日に変更になりました。
よろしくお願いします!

●12月15日(土)
・場  所:赤坂【ライブバーLADYBIRD】
・時  間:18:00開場 19:00開演(45分×2ステージ)
・チャージ:¥3,500円 (1D付き)
★サポート:masa(ジェンベ)/鍵盤奏者HAYATO(キーボード)
★ ゲスト:水野未知子(歌手)/よしえつねお(お笑い芸人)
 ※30名限定(早めにご予約下さい!)

『Miiya Cafe』ライブ終了!

昨夜は、銀座『Miiya Cafe』でのライブでした。
季節が変わったので、久々に歌う歌や、最近の新しい歌が多いライブでした。

◆セットリスト 
1:涙の勲章
2:I LOVE YOU
3:Birthday〜20歳になった君へ〜
4:行こうよ!
5:貴方の眠る場所〜ヤゴダの祈り〜
6:月
7:あなたの笑顔思い浮かべて

お越し頂いた皆さん、ありがとうございました!

12月16日(日)で調整していた赤坂【LADY BIRD】でのライブですが、
サポートの”HAYATO”君の都合で15日(土)に変更できるか、
調整しなおすことになりました。
少々、お待ちください!

昨夜は、赤坂【LADY BIRD】へ。

先日、自分のサポートをしてくれている”HAYATO”君のつながりから
秋元順子さんのプロダクション「APC BRAIN」の”花岡社長をご紹介いただいて、
社長がオープンした赤坂の【LADY BIRD】でお会いしましたが、
昨夜は、イベント会場を探している日舞の先生とその知人の女性を連れて下見に行って来ました。
キャパは30名しかありませんが、
ライブをする側には本当に良心的なシステムなので、
12月16日(日)14:00〜自分のライブをする予定にして来ました。
詳細調整して正式に決まりましたらお知らせしますが、
社長の方針で、ライブは席数に合わせてゆったり聴いてもらいたいと言うことで、
必ず30名限定になります。
ご興味のある方、是非早めにご予約お願いします!

さて、明日は、銀座『Miiya Cafe』での定期ライブです。
ご都合がつきましたらお越し下さ〜い!

●10月25日(木)
YAMATO 定期ライブ
場  所:銀座【Miiya Cafe】
時  間:19:00〜(YAMATO出演時 4組最後21:15〜)
チャージ:前売り¥2,000 +1Drink

一昨夜は、また小岩で。

一昨夜は、最近ご縁ができ、
YAMATO応援の動きも作ろうとしてくれているメンバーがいて
ディープな交流をしている小岩で中心的に応援してくれている”けい子”さんが、
『ルーチェ』と言うイタリアンのお店を薬膳などを扱う健康志向のお店にリニューアルする
コーディネートを担当している関係で
プレオープンにお誘い頂いてご馳走になって来ました。
今日からオープンです。
お近くの方、是非行ってみて下さい!

自分は、学生で状況した後でテレビを見てなかったので知らないんですが、
昔、「息っ子クラブ」と言うアイドルグループがあり、
その中のメンバーの一人だった”篠崎”さんがお店にいて交流しました。
今は、サラリーマンをしながら、時々ライブをすることもあるようです。

・『ルーチェ』で、真ん中”けい子”さんと右”篠崎”さん。

『ルーチェ』に来ていた
小岩駅前の「フランスおでん」と言う立ち飲み居酒屋でオーナーをしている女性が、
佐渡出身の親友がいるという話になり、
よくよく聞くと、その親友が知人の娘さんだと言うことがわかり驚きました。
実は、その知人の娘さん、自分のアマチュア時代のライブに一度来てくれたことがありました。
何だか、益々ご縁を感じる小岩です。(笑)

・『フランスおでん』でオーナーと。

今日は、『全国ソロモン会』の靖国神社慰霊祭でした。

今日は、自分が理事として関わっている
『全国ソロモン会』の年一回の靖国神社での慰霊祭及び総会でした。
13時〜靖国神社本殿での慰霊の後、靖国会館で総会、懇親会が開催されました。
自分が参加するのは、今年で4回目でしたが、
年々、戦友の方々が少なくなっていく中で、
『全国ソロモン会』は、自分を含め戦友、遺族とは関係のない若い世代が関わって、
何とか次世代に引継ぎがなされようとしている代表的な会となっています。
戦友の方が多かった時代は、全国に3000名の会員がいたそうですが、
現在は220名ほどで、戦友2割、遺族7割、自分を含めたぞの他1割の内訳のようです。
年会費5000円で、戦友、遺族でなくても会員になれますので、
是非、関心のある方、お声かけ下さい。

・司会進行の浅草「寿仙院」の青年住職”崎津”氏。

・96歳”安田”会長。

・参加者全員の自己紹介。

・恒例のYAMATOライブ。

◆セットリスト
1:涙雨、2:ソロモン戦友讃歌、3;南十字星、4:月、5:男道

11月3日は、自分の伯父がシベリア抑留中に亡くなっているご縁で、
シベリア抑留者の会『東京ヤゴダ会』主催の千鳥が淵墓苑での慰霊祭で歌います。
そちらも、関心のある方、一般参列ができますのでお声かけ下さい。

●11月3日(祝・土)
シベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭 奉納演技
主催:抑留戦友会合同・東京ヤゴダ会・JYMA・他 同徳台七期生
場  所:千鳥が淵墓苑拝礼所
http://www.env.go.jp/garden/chidorigafuchi/
時  間:慰霊祭12:30~ ・ 懇親会15:00~
会  費:献花代¥1,000 + 懇親会(貸切)¥4,000
申し込み先:東京ヤゴダ会 事務局 0467ー25ー5587

昨夜は、北極冒険家”荻田”さんと。

北海道から上京している北極冒険家”荻田”さんから2,3日前に連絡があり、
昨日以前から”荻田”さんに紹介していた放送作家と制作会社のプロデューサーと取材の件で会い、
その後は、元々”荻田”さんを自分に紹介してくれた
高校の後輩で行政書士の”藤井”さんと3人で会いました。
新橋の「九島屋」で食事をした後、
深夜2時まで「Natsu 夏」に移動、
二人も歌が大好きなので他のお客さんが驚く程カラオケで熱く盛り上がりました。(笑)

・「九島屋」で。

・牡蠣と佐渡のおけさ柿で。

・「Natsu 夏」でカラオケタイム。

・演歌から洋楽まで何でもOK!

・命懸けの北極冒険と同じ、カラオケも真剣勝負!

俺は始発で帰りましたが、二人はまだ個室ビデオ店で寝ているはずです。(笑)
今日、夜7時〜フジテレビの2時間番組に”荻田”さんが登場するようです。
今年、北極の氷の状態が悪く断念しましたが、
来年2月には、世界でもたった二人、
日本人ではまだ誰も成し遂げていない北極点無補給単独徒歩に再チャレンジする予定です。
皆さん、応援よろしくです!
http://www.ogita-exp.com/

第19回「ブフ大会」決勝の動画

去る10月7日に自分が出演した芦花公園「しあわせの野音」主催のパークライブとコラボだった
「モンゴル文化交流ナーダム」で開催された第19回「ブフ大会」の決勝の動画です。
昨夜、馬頭琴奏者の”ウルグン”さんと会っている時に、
”ウルグン”さんからブフ大会の決勝の動画が「YOU TUBE」にアップされていて、
自分がライブで歌っている音が動画に入っていると教えてくれました。
さすがに、普段一緒に演奏している曲と声なのでわかったようです。

実は、当初「しあわせの野音」のライブとコラボの予定が、
ブフの大会が始まってしまったらライブができる合間が無さそうだと言うことで、
急遽、パークライブのスタッフが少し離れた場所に音響を移動して独自にライブを続けることになり、
最後に自分がアンコールで歌った【追憶の故郷】が2番から聴こえています。
ブフ大会決勝は、途中女性が音楽を流して伝統舞踊も踊っているので、
自分の歌が終わるのを待って始めたようですね。

第19回ブフ大会決勝動画

昨日は、『全国ソロモン会』の理事会でした。

昨日は、戦友・遺族会『全国ソロモン会』の理事会でした。
同じメンバーが住職をしている浅草の「寿仙院」が会場でした。
秋は、戦没者の慰霊祭の時期でもあり、
10月21日(日)は、『全国ソロモン会』主催の靖国神社慰霊祭、
11月3日(祝・土)には、
『東京ヤゴダ会』主催の千鳥が淵墓苑でのシベリア抑留犠牲者の慰霊祭があり、
この4年ほど毎年慰霊祭、懇親会で鎮魂歌として作ったオリジナル曲【涙雨】を歌っています。
実は、自分も一般的な日本人とほぼ同じ感覚で、
以前は全くと言って良いほど戦史に関心を持っている人間ではありませんでした。
ところが4、5年前、夜中にテレビをつけると
今は、一緒に『全国ソロモン会』の理事をしていますが、
偶然やっていたジャーナリスト”笹幸恵”さんの活動を追いかけた
戦没者遺骨収容のドキュメンタリー番組が大変感動的な内容で、
自分の知らないところで60年以上経った今も尚深く残る戦争の傷跡と、
こういった民間でも戦没者の慰霊や遺骨収容を続けている現実があることを
日本人でありながら知ることもなく、
教育の現場で教えられることもなく過ごして来た自分にすごく違和感を感じました。

その番組の中で、現地で慰霊祭をするタイミングで降る雨を
皆さんが”涙雨”と呼んでいることを知り、
また、長年の知人で『全国ソロモン会』のメンバーである
戦争遺児のご婦人も出演していた御縁もあり
【涙雨】と言う歌を作らないといけない強い衝動に駆られ、
【涙雨】と言う曲を作り提供すると戦友、遺族の皆さんから大変感謝され、
それが『全国ソロモン会』に関わるきかっけでした。
2009年から、これまでの自分の人生では全く考えもしなかった
戦友、遺族の皆さんとかつての南方激戦地や
伯父が亡くなっているシベリアへの慰霊巡拝にギターを持って同行する旅が始まりました。
意識をもって歴史を知ろうとする人にしかわからない、
日本の歴史教育の現場では触れられない衝撃的な現実がありました。

戦争体験者が、すでに若い方でも85歳くらいになってしまっていて、
わずか3年ほど前に一緒に慰霊巡拝に行っていた戦友の皆さんもすでに亡くなられたり、
ご健在でももう一緒に現地に行ける方はほぼいなくなってしまっているのが現状です。
本当に、自分は滑り込みのように貴重な体験をさせて頂きましたし、
それだけに、音楽で表現するものとして、
そう言う貴重な体験をさせて頂いたことを、
今後の平和のためにも音楽を通して発信していかなければならないと思いますし、
ひとりでも多くの国民がそう言う犠牲に意識を向けることが、
今後の日本の精神的復興にもつながると感じています。
かつての大戦で、日本人だけでも300万人以上の犠牲があり、
日本だけではなく全世界では6000万人以上の犠牲があったわけで、
その犠牲者の死を無駄にしないためにも、
その犠牲の上に現在の平和があることをしっかり認識して生活することの重要性を感じるようになり、
真の平和を希求するためには、
やはり戦史や多くの犠牲に目を向け、
慰霊祭に参加し、改めて慰霊や感謝の気持ちをもつことは大変異議ありことだと思っています。

昨年3月、東北の大震災の前日に帰国した
厚労省派遣のガダルカナル島遺骨収容に参加した時の画像を、
『全国ソロモン会』の故菊本享氏が戦友を思い作詞したものに、
自分が作曲した【ソロモン戦友讃歌】の歌に合わせてフォトスライドショーにしてありますので、
是非、ご覧いただけると幸いです。

【ソロモン戦友讃歌】
※2011年ガダルカナル島厚労省派遣遺骨帰還団フォトスライドショー

WordPress Themes