芦花公園パークライブ&モンゴル文化交流ナーダム終了!

芦花公園のパークライブ終了しました。
午前中は、かなりの雨が降っていたようですが中止にはならず、
自分は出演が最後だったので、
1時頃現地に着く頃にはすっかり雨も上がって、
そのうち太陽が覗く良い天気になってくれました。

・ブフ大会を囲んで人垣ができていました。

・ブフ大会真っ最中。

・ブフ大会主催者で、参加者最年長の”バー・ボルドー”さん入場。

・”ボルドー”さんと、対戦相手。

”バー・ボルドー”さんとは、昨年内モンゴル人の忘年会で知り合いましたが、
かつて若い頃は華々しいブフでの実績を持っている方で、
日本でのブフの普及に尽力されています。
声をかけると、「もう歳だから駄目ですよ」と言っていましたが、
この若手の対戦相手には強引に技をかけにいった感じで残念ながら負けてしまいました。

・夏一緒に内モンゴルに行った”伊東”さんが、自分の赤いデールで民族衣装ショーに参加。、

実は、パークライブは、午前中最初の一組目は屋根を作って雨の中で演奏したようですが、
ブフ大会が始まると、合間で演奏する状況ではなくなったようで、
このままだとライブがやれずに終わる可能性が出てきたと言うことで、
2組目からは、急遽パークライブの場所をブフ大会の場所から移動してのライブとなりました。

・3組目の”FUJIYO  BAND”

 

途中、移動などで少し中断があったため、
終了時間が少し押して、最後の方は、聴いいているお客さんが
少し肌寒くなる感じでした。

◆セットリスト
1:佐渡ヶ島
2:平和の鐘
3:涙雨
4:男道
5:月
6:それだけで幸せなこと
〜アンコール〜
7:追憶の故郷

ライブ終了後は、パークライブのスタッフ、出演者有志で、
千歳烏山のお馴染みのスナック「ホース」へ。

・「ホース」で打ち上げ。

「ホース」での打ち上げ終了後、
パークライブライブ終了後、一旦別れて町田に馬頭琴のコンサートを観に行っていた
夏に内モンゴルに一緒に行った女性陣と幡ヶ谷にあるモンゴル料理屋「青空」で再度合流。
実は、「青空」のマスター、モンゴル人なんですが、
芦花公園にいて自分のライブを聴いていてくれたらしく、
その後、彼女たちと一緒にコンサートに行って、
しきりに俺の歌に魂がこもっていて感動したと言ってくれていたようで、
俺がお店に行くとすごく歓迎して喜んでくれました。
夏に内モンゴルで歌った時もモンゴル人に思いの外好評でしたが、
どうも自分の歌はモンゴル人の共感を呼ぶようです。
お店でも、夜中まで残っていたモンゴルン人のお客さんたちと盛り上がり、
結局、そのままお店で仮眠して、まさかの朝帰りでした。

WordPress Themes