東京新聞「ショッパー」の取材をして頂きました。

昨日、浦和の「サンアイ」を通じて接点のあった東京新聞「ショッパー」の女性記者から電話を頂き、
元々、自分の7月6日の南浦和でのソロライブの記事を
浦和、川口地域の「ショッパー」で掲載して頂くことになっていたんですが、
すでに送ってあったライブに向けての思いの文面を読んで編集長が関心を持ってくれたそうで
急遽、一面でライブの宣伝記事を掲載してくれることになったとの朗報でした。
勝手に男性かと思っていたら、女性の編集長さんでした。(笑)

今日、早速浦和の「サンアイ」で編集長自ら取材をして頂きました。
そして、ライブ当日、浦和でフラダンス教室をしていて、
以前、自分がメジャーデビューする前にハワイアンの曲をギターと歌で演奏をしてあげたことがあり、
最近、【月】がフラダンスとよく合うので一度コラボしてみたいと言われていた
クミ・フラダンス教室の代表”太田”さんとの【月】でのコラボもあるので、
彼女にも簡単に取材をできたらと言うことで顔を出してもらいました。
7月から「サンアイ」の近くで、新しいフラダンス教室をオープンする予定です。
最後は、マスターが、是非編集長に見せてやってと言うことで、
【月】とフラダンスでのコラボを見てもらいましたが、本当に感動して頂きました。
実は、他のコラボも考えているんですが、
当日、ライブに来られる方、楽しみにお越しくださ~い!

・クミ・フラダンス教室の”太田”さん。

シンガー・ソングライターの”工藤慎太郎”君と会いました!

今日は、シンガー・ソングライターの”工藤慎太郎”君と会いました。
川口出身で、演歌歌手”矢代亜紀”さんのプロダクションからデビューし、
第39回有線大賞新人賞を受賞したことのある実力派シンガーです。
昨年6月、画家の知人が、高校の同級生のママさんがやっている
川口の喫茶店「茶色の小びん」で個展を開催し、ゲストでライブをした時に、
ママさんからデビュー前に駅前でストリートライブをしている頃から
”工藤慎太郎”君を応援していたんだけど、
色々あって活動を一旦休止している話を聞き、
一度紹介したいと言われていたんですが、1年越しに実現した言う感じです。
あえてメジャーの世界で歌い続けることを止めて、
普通のアーテイストが憧れ目指す流れとは逆の立場を選択し、
完全フリーな状態で自分がやりたいように歌っていくことを決断したようです。
肩の荷が下りて本当に楽になったと言っていました。

実は、今日会って2時間半くらい色々話しましたが、
自分の中では”工藤慎太郎”君との縁みたいなものを感じました。
初めて”工藤慎太郎”君の名前を耳にしたのは、
もう5,6年前になると思いますが、
懇意にしている浦和の「サンアイ」のマスターから、
「YAMATO君、”工藤慎太郎”君って知ってる?
埼玉テレビの歌番組で10週勝ち抜いて、
矢代亜紀のプロダクションからデビューした青年がいるんだよ」
と言われたのが最初でした。
その時には、特に気に留めたわけではなかったんですが、
同じ頃にカラオケBOXで流れていたデビュー曲の【シェフ】と言う曲を偶然耳にしていて、
久々に巷で流れている流行り廃りの歌ではない心に響く歌を聴いた気がして、
すごく印象に残ったのを覚えています。
その時には、それが”工藤慎太郎”君の曲だと結びついていなかったんですが、
後で、ネットで検索してわかったという感じでした。
と言うことで、自分の中ではこういったこともあって、
今回、こうやって実際に会えたことに縁を感じるわけです。
せっかくなので、
7月6日の南浦和のソロライブにゲストで出演してもらうことにしたかったんですが、
本人も一旦は是非お願いします!とはなったんですが、
後でスケジュールを確認すると、先に仕事が入ってしまっていました。
今日はギターを持参していて、
お店で軽く2曲ほど演奏してくれましたが、
やっぱりライブで聴いても、きちっとした実力のあるシンガーでしたね。
新たな環境を選択して再出発をした”工藤慎太郎”君、
是非、応援よろしくお願いしま~す!

・”工藤慎太郎”君演奏中。

・「茶色の小びん」のママさんと。

さて、26日(日)は、目黒「APIA 40」での定期ライブです。
ご都合がつきましたらお越しくださ~い!

◆YAMATO定期ライブ 
場  所:目黒【APIA Forty40】

http://apia-net.com/

時  間:14:00~
チャージ:¥1500+1Dr 

昨日は、浅草で『東京相川会60周年大会』でした。

土曜夜は、北海道から講演で上京している整体師の”米澤”さんと、
ジャパンアクションクラブ所属時代の”米澤”さんの後輩で、
群馬でやはり整体院を開業しながら少林寺拳法の指導をしている”高橋”さんと3人で、
佐渡の宿根木から移転した上野の『菜の花』に行って来ました。
女性にうけそうな上品なお店でした。

・マスターは高校時代の友人の弟。

・左から”高橋”さん、”米澤”さん。

その後は、雰囲気がガラッと違う”米澤”さんが東京に住んでいた頃に足を運んでいたと言う、
野球ファンが集まる四谷三丁目の『居酒屋 あぶさん』と言うお店に行きました。

マスターが、宮崎出身ですが、奥さんが沖縄出身と言うことで、
年内に沖縄ライブをと言う話で盛り上がりました。
集客は任せてと言うマスターの話なので、
何とか実現する方向で動く予定です。
結局、終電が無くなりました。(笑)

・右端がマスター。

そして、昨日は、毎年恒例の佐渡旧相川町出身の人が集まる
「東京相川会60周年大会」で歌って来ました。
今年は「浅草ビューホテル」が会場で、300人ほどの参加者で盛況のうちに終わりました。

・YAMATOライブ

・鬼太鼓

・「若波会」の踊り。

・最後は「ふるさと」をみなさんで合唱。

昨日は、浅草は三社祭と言うことで、
ホテルの控室の窓からは神輿が見えました。

気仙沼から帰りました!

「チーム恵比寿」に参加して弾丸の気仙沼復興支援ツアーに行って来ました。
昨年10月から4か月タイミングが悪く行けない期間がありましたが、
年明け2月から4か月順調に参加できています。
今回も、反松と階上中学校と言うお馴染みの仮設住宅だったので顔馴染みの方も多く、
楽しみに待っていてくれるので良き交流ができました。

午前中は、反松仮設住宅。

・反松仮設住宅。

・切り絵中。

・”HAYATO”君演奏中。

・京都から参加の「認知症予防ネットワーク」の”福井”さん。

・お名前をお借りした”すえ子”さん。

午後は、階上中学校仮設住宅へ。

・”小沼”隊長も、今回は本業のフェイシャルを。

・お名前をお借りした90歳の”ひさ子”さん。

・”小沼”さんのフェイシャルを受けてご機嫌の”きよね”さんの旦那さん。

・”きよね”さん。

・”福井”さんの認知症予防体操。

・最後残ってくれた皆さんで。

・「チーム恵比寿」メンバーと「復幸本」編集スタッフ。

夜は、恒例「塩田」での打ち上げ。

・塩田マスター。

・カウンターの赤い服の女性が塩田ママ・。

今回は、階上からの帰り際にお話した80代のご婦人が、
戦時中の本当に何も無かった時から比べると、
津波で何も無くなったとは言え、
住む場所はあり、食べる物もあるんだから幸せだと
涙ながらに感謝の言葉を話して見送ってくれたのが本当に心に残りました。
「足るを知る」と言う言葉が過ぎり、
改めて戦時中がどれだけ大変だったかと言うことと、
不満を言おうと思えばいくらでも言える大変な境遇の中でも、
心の持ち方一つでこんな感謝の言葉が出てくる。
本当に素晴らしい方から素晴らしい言葉を頂いて帰って来ました。
参加した皆さん、お疲れ様でした!

今夜から気仙沼に行って来ます!

さて、高野山から帰ったばかりですが、
今夜から「チーム恵比寿」に参加して気仙沼に行って来ます。

写真: さて、高野山から帰ったばかりですが、今夜から「チーム恵比寿」に参加して気仙沼に行って来ます。

世界遺産高野山に行って来ました!(二日目)

二日目は、初日と打って変わって暑いくらいの晴天で、
高野山の奥の院に行って来ました。
長い参道を歩いていると、
歴史上の有名な武将たちの墓が目につきました。
高野山には、宗教、宗派を超えて墓や慰霊碑があり、
真言密教の懐の深さを感じさせられました。

・薩摩島津家                      ・石田三成
 

・明智光秀

・豊臣家

・織田信長

この他、一流企業名での大きな慰霊碑もたくさん建っていました。

・今回我々の足になるマイクロバスを出して頂いたお土産屋さん。

・町田の小学校で現役校長の”富田”校長先生&”土生川”氏。

・高野山頂上から下るケーブルカーから。

一泊二日の短いツアーでしたが、
二日目の早朝には6時からの朝のおつとめにも参列させて頂き、
変化の激しい現代社会の時間の流れの中で、
1200年ずっと真言密教の伝統が受け継がれて来ている高野山での時間は、
何だかとても対照的な感じでした。
高野山から下りて大阪の人ごみに戻ると、
何だか下界に下りて来た感じがしましたね。
高野山が世界遺産になってから海外からの訪問者が増えたそうですが、
現在年間90万人くらいが訪れるそうです。
自分の故郷佐渡金山が世界遺産に登録されると、
やはり海外からの観光が増えるんでしょうか?
自分の実家も真言宗なので元々ご縁があると言えばあるんですが、
皆さんも、是非一度世界遺産高野山を体験ください!

世界遺産高野山に行って来ました!(初日)

自分が中国留学中にアルバイトをしていた広州日本語補習校(現広州日本人学校)のご父兄方と、
当時は、在広州の日本企業も少なく、
日本人の児童、生徒が20名弱で結びつきが強かったこともあり、
ご父兄の方々が退職される年齢になったこの数年、
年一回ゴールデンウィーク時期に広州会と言う集まりを企画しています。
今回は、多忙でなかなか都内まで来ての参加ができない、
やはり当時一緒に留学しながらアルバイトをしていた現在高野山でも格式の高い
ご実家の”高野山無量光院”で副住職をされている”土生川”氏との交流を兼ねて、
一泊二日で宿坊に宿泊して来ました。
初日は、雨模様でしたが、
逆に、霧がかかって大変風情のある高野山を満喫できました。

・極楽橋まで乗った「天空」。

・極楽橋からケーブルカーで高野山頂上に。

・高野山の正式な入口になる大門。

・看板を用意して頂いていました。

・お寺で”土生川”氏との懐かしい再会の皆さん。

・宿泊した部屋。

・高野山の街並み。

・国宝不動堂

・金剛峰寺

・初日の観光を終えて皆さんで記念撮影。

※中国と書いてあるので勘違いされるのでは?と言っていましたが、
皆さん、かつて在広州の日本企業の駐在員だった日本人の皆さんです。

明日から高野山に行って来ます。

修行…ではなく、中国留学中にアルバイトで教えていた
現広州日本人学校の児童生徒の父兄と年に1回”広州会と言う名称で、
都内で集まりを設けているのですが、
一緒に教えていた現在高野山の無量光院と言うお寺の副住職をされている
”土生川”氏の参加が例年難しいので、
今年はこちらから赴こうと言う幹事父兄からの提案があり、
お寺の宿坊に宿泊してくることになりました。

広州日本人学校の校歌は、
縁があって留学中に自分が作詞作曲したものが正式な校歌になったのですが、
画像は、その後、児童生徒の数が増えて広州日本語補習校から広州日本人学校になり、
2006年の10周年式典に招待されて広州に行った時に、
一文字一文字児童生徒が木のパネルに彫った校歌の歌詞があったので撮影して来たものです。

と言うことで、明日から修行…ではなく、”広州会”の高野山ツアーに行って来ます!

さて、今日は、7月6日、南浦和「さいたま市文化センター」のソロコンサートの営業を兼ねて、
これから集客に向けて力になって頂くご婦人方が集まるので
浦和「サンアイ」の歌声レストランに行って歌って来ました。
平日の昼間に集まれる方々なので、
年齢的には自分の親世代の方々ばかりでしたが、
皆さん元気よく盛り上がっていました。

・お名前拝借で歌った”つとむ”さん。

・クミ・フラスタジオ代表。

・叔父の熱唱!

・最後は、皆さんで『ふるさと』を。

佐渡でのライブ画像を何枚かアップします。

去る4月20日に佐渡で開催した
『YAMATO ACOUSTIC LIVE 平和への祈り in SADO』、
同行したカメラマンからデータが送られて来たので何枚かアップします。

 

  

 

 

 

・Djembe:masa                   ・Piano:鍵盤奏者HAYATO
 

・percussion:田中KAZU               
 

・Chorus:本間千恵             ・Chorus:中村みどり
  

7月6日(土)は、南浦和の「さいたま市文化センター」での開催です!

★YAMATO ACOUSTIC LIVE 『平和への祈り』 in SAITAMA
会  場:【さいたま市文化センター(小ホール)】
時  間:18:00開場/18:30開演
チケット:¥3,000(前売り・当日)
主催:TEAM YAMATO 共催:さいたま市文化振興事業団
※2012年「さいたま市民会館おおみや」で開催された『新春!SAITAMA紅白ライブバトル』で
紅白30組中のMVP賞として頂いたホール利用券を使ったソロライブです。

☆チケット申し込み
 ・SaCLaインフォメーションセンター
  TEL:048-866-4600(火曜~土曜9:00~17:00)
 ・TEAM  YAMATO
  TEL:070-6559-7351
YAMATO 定期ライブ

本日から、7月6日のチケットが公式発売になりました!

さて、本日5月1日より、
7月6日(土)開催のソロライブのチケットが公式発売されましたのでよろしくお願いします!

●2013.7.6(土)
『YAMATO ACOUSTIC LIVE 【平和への祈り】in SAITAMA』
会  場:【さいたま市文化センター(小ホール)】
時  間:18:00開場/18:30開演
チケット:¥3,000(前売り・当日)
主催:TEAM YAMATO  共催:さいたま市文化振興事業団

★チケット申し込み
 ・SaCLaインフォメーションセンター
  TEL:048-866-4600(火曜~土曜9:00~17:00)
 ・TEAM YAMATO
  TEL:070-6559-7351

★チケット取扱所
 ・さいたま市文化センター:048-866-3171
 ・市民会館うらわ:048-822-7101
 ・市民会館おおみや:048-641-6131
 ・市民会館いわつき:048-756-5151
 ・プラザウエスト:048-858-9080
 ・プラザイースト:048-875-9933
 ・東大宮コミュニティセンター:048-667-5604
 ・西部文化センター:048-625ー3851 
 ・宮原コミュニティセンター:048-653-8558
 ・片柳コミュニティセンター:048-686-8666
 ・らうんじ サンアイ(浦和区常盤):048-832-5535
 ・茶色の小びん(川口市飯塚):048-252-0500(祝・月休)

WordPress Themes