故原田佑三郎翁偲ぶ会でした。

一昨日は、目黒の「庄や」で開催された「東京相川会」の3代前の会長だった
原田佑三郎氏の偲ぶ会に参列して来ました。
65年続く「東京相川会」の会長を15年務められた方で、
自分が音楽活動を始めたタイミングが丁度原田会長の時でした。
右も左もわからないまま音楽活動をスタートした翌年の2005年から
「東京相川会」に呼んで頂き、歌うようになりました。
最初から音楽を通して故郷に恩返しがしたいと言う自分なりの強い思いだけで、
10年余りギターもほとんど触っていなかったところからの出発でした。
故郷からの応援などは全く考えていなかった時に、
演歌世代の方が圧倒的に多い中、
ジャンルの違う自分を「東京相川会」に毎年呼んで頂くようになり、
先行きも全く見えない中で演奏も今聴いたら恥ずかしいようなレベルでしたが、
本当に心の支えになりました。
会長を退いた後、何年かは奥さん、お嬢さんが車椅子を押しての参加でしたが、
年に1回「東京相川会」でご挨拶すると、
自分の顔を見て少年のような笑顔で喜んでくれた姿が思い出されます。
本当に郷土愛の強い方なんだな…と感心するばかりでした。
お祭り事が大好きだったと言うことで、
親しく交流された方だけに声をかけたそうですが、お声掛け頂き光栄でした。
最後に奥さん、お嬢さんにご挨拶すると、
お二人が同時に強く手を握って本当に喜んでくれる姿を拝見しながら、
原田会長が自分のことを気にかけてくれていたんだなと、
改めて感謝の思いが湧き上がりました。
ご冥福を心よりお祈り致します。

35302405_1766434970112704_6384268366365851648_n

35405034_1766493913440143_7756166527996395520_n

35347222_1766493986773469_962383556921786368_n

7月8日の熊本コンサートも近づいて来ましたが、
明日から8月19日に開催する佐渡コンサートの営業のため佐渡に帰って来ま〜す!

ポスター

WordPress Themes