今夏の佐渡滞在記(後半①)

●8月18日(土)

この日は、女性メンバーを中心とする第一陣メンバーと、
仙台、気仙沼からの支援者が合流。
この日、出演するアースセレブレーションのフリンジのステージに向かいましたが、
途中、気仙沼のヤマヨのオヤジさんがご住職と知り合いという「蓮華峯寺」に。
なかなか通りかかっても立ち寄ることがありませんでしたが、
噂には聞いていた通りなかなか立派なお寺でした。

DSC_2961_20180829152213

DSC_2962_20180829152250

・アースセレブレーションフリンジのステージ。
DSC_2964_20180829152321

1535523876702_20180829152534

1535523889875_20180829152523

ステージが終わった後は、食事をして近くを観光。

・昭和の香り漂う食堂で。
DSC_2965_20180829152607

・観光地宿根木集落はメチャ込みだったので、矢島・経島へ。
DSC_2967_20180829152636

received_294487894465509_20180829154613

received_232008234177961_20180829154536

received_1950967258294732_20180829154624

39509760_10216864023703223_8337690312302395392_n

この日の宿がある実家近くの親戚の古民家へ向かう途中、
眺めの良いお洒落なカフェ「しまふうみ」に。
オーナー松柴社長、大学の先輩で佐渡ライブのチケット販売もお世話になりました。

DSC_2970_20180903191600

39569869_10216864025623271_9147494881155874816_n

実家のある岩谷口に向かい、2年前にもやった女性陣の洞窟ライブ。

DSC_2972_20180829154719

・跳坂(Z坂)の上で。
DSC_2994_20180829154842

・海府大橋の上で。
DSC_3002_20180903191709

・波と戯れる波ちゃん。
DSC_2991_20180829154803

・黄昏るいずみん。
DSC_2980_20180903191647

・夕陽が沈む前に急いで青春写真を。
DSC_3006_20180903191731

・メイナちゃん。
DSC_3017_20180903191747

最高の夕陽を満喫し、宿になる高千の古民家へ。

39741063_10216864024343239_460302180667097088_n

DSC_3030_20180903191830

・暴走気味のヤマヨのオヤジさん!
DSC_3031_20180903191906

こうして、長くも充実した一日が終わりました。

●8月19日(日)

佐渡ライブ当日。

・翌朝、一夜限りの古民家ともお別れ。
DSC_3032_20180903191927

当日入り男性メンバー3人は、会場で合流。

39748478_1871590332930500_1653513828584914944_n

IMG_3906

39752103_2173961879483741_3928822519426973696_n

IMG_3930

IMG_3388

39515339_10216864023143209_829090702884339712_n

169

・スタッフ、睦ちゃん、由美ちゃん。
39775269_2173964289483500_2885825535915589632_n

そして、打ち上げは5年前のライブでもお世話になった「しまちゃん」で。

39557806_10216864025143259_4208830906539966464_n

・幼馴染の差し入れ刺身。
39809508_459892541195119_4752833925267587072_n

・「おいらの船は300トン」    ・ヤマヨのオヤジさん暴走気味に。
39521742_2206021442963771_5882803747414867968_n 39521878_2166811163562444_1731693825488846848_n

39686793_1652344238228428_2704585784404475904_n

39557770_1652344248228427_3434291326311464960_n

翌日バンドメンバー全員帰る予定でいたんですが、
マサさんだけ、マスターとやり取りしている中で、
22日に「しまちゃん」でライブする予定の一条五郎ショーで、
ふんどしで歌うという話に食いついたマサさん。
勢いでふんどしが見たいという話になり、
急遽自分が関東に戻る26日まで佐渡にいることになりました。
てっきり、
帰るまで「しまちゃん」でボーイでもしながら居候するものと思ってたんですが…。(笑)

・このポスターに食いついたようです。
39521878_2166811163562444_1731693825488846848_n - コピー

・この辺りまで元気いっぱい笑顔のマサさん…、
39812815_1652344288228423_6580561157910691840_n

・しかし…、その後この状態に…、
39736381_10216864026343289_3318798496080855040_n

・そして、遂には………………………床で撃沈!(笑)
39685749_1060053784162005_8470045059583049728_n

楽しかったうち打ち上げも日付が変わる頃にお開きとなりました。
撃沈したマサさんは、佐渡に残るのでそのまま「しまちゃん」裏部屋でのお泊り。
他のメンバーはすぐフェリー乗り場に行けるように、
宿は両津に素泊まりで取っておいたホテルへ。
そして、帰ってからも男性だけは打ち上げが3時過ぎまで続きました。

●8月20日(月)

部屋をチェックアウトした後は、
12:40発のフェリーまで時間があるのでみんな回転寿司へ。
すると、マサさんから電話があり、迎えに来て欲しいとのこと。
あれっ?マサさん「しまちゃん」に居候して佐渡にいるものとばかり思ったのに、
何か違う展開に…。(笑)
どうも、自分の実家に行くつもりになっているようで、
ならばと、冷静に考えるとみんな帰った後も自分はバタバタ動くので、
マサさんやっぱり帰った方が良いかな?と思いその旨伝えると「帰るよ!」とのこと。
後でわかったんですが、
実はこの時、前夜酔った勢いで残る話になったものの、
本当は帰ることになって内心良かったと思ったとのこと。(笑)
酒に酔っている時は皆さんにはわからないのですが、
基本人見知りのマサさん、
やはりシラフになって「しまちゃん」での居候は不安になったようです。(爆)
みんなが朝食を食べている間に、
自分は予定通り帰ることになったマサさんさんを迎えに途中まで行ったものの、
でも、自分が動いている間実家にいてもいいか…?と思い直し、
両親に電話すると、マサさんなら何回も実家に泊まっていて両親も馴染みなので
家に泊まっていても良いとのこと。
また、マサさんに電話し、
実家で泊まっていてもいいことになったと伝え、
結果的に佐渡にいることになりました。
みんなを見送ると「しまちゃん」にマサさんを迎えに行き、
関東から来てくれていたファンのご婦人方が宿泊している「外海府ユース」へ。
そして、ご婦人方二人を連れて午後から観光へ。

・落書きのような雲。
DSC_3036_20180903214237

・金山観光の後、大佐渡スカイラインへ。
DSC_3039_20180903214255

DSC_3040_20180903214312

・宿に帰る途中、大野亀で見事な夕陽に遭遇。
DSC_3066_20180903214337

DSC_3085_20180903214401

そして、実家に帰るとマサさん、久々に親父との交流。
39742761_1984164145207044_1429937940192034816_n

その後、「外海府ユース」に宿泊しているファンの人たちのところへ。

・御殿場から来てくれた「居酒屋 庵」のマスター&恵子さん。
39821270_246056256247977_7971493781373452288_n

・結局この一升瓶は空に…。
DSC_3090_20180903214505

帰り道、サービスラーニングで公民館に宿泊している学生たちがいて少し話すと、
翌日は、午前中岩谷口集落の浜掃除をするとのことで、
マサさんも、格好よく「俺も手伝うよ!」と。
本当に大丈夫かな…?一抹の不安を抱えながらでしたが…。
さあ、翌日どうなったでしょうか?
さて、翌日からの佐渡滞在記は、
基本マサさんの佐渡行動日記になりますのでお楽しみに!(笑) 

今日は、「関東羽茂会」で歌って来ました。

今日は、第30回関東羽茂会でお世話になりました。
自分の歌をじっくり聴いてもらえるようにとの計らいで、
乾杯をする前にステージをセッティングして頂いたお陰で、
皆さん真剣にお聴き頂き、歌詞や声が本当に素晴らしいと言う感動の声の他にも、
佐渡にこんな人がいたとは…など、
うれしい声をたくさん頂き、何と、持って行ったCDが1枚残して完売しました。
欲しいCDが売り切れて諦めた方も。
毎回歌っている「東京相川会」の会長さんも、
「YAMATOの歌は、ちゃんと聴けばみんな感動するので、
やっぱり乾杯する前に歌うようにしないと駄目だな…」と、改めて言って頂きました。
関東羽茂会の皆さん、本当にありがとうございました!
高校生の郷土芸能全国大会で優勝の経歴を持つ、
羽茂高校の現役生徒、卒業生による地方、踊りを見せてもらいましたが、
どれをとっても若さ故の切れがあって素晴らしかったです。

・元フェリス女学院大学学長で、「関東羽茂会」名誉会長本間慎先生。
DSC_3224_20180902232403

DSC_3235_20180902232422

DSC_3232_20180902232442

DSC_3245_20180902232631

・羽茂高校の郷土芸能部。
DSC_3240_20180902232505

DSC_3248_20180902232529

DSC_3253_20180902232544

・「佐渡おけさ」の輪踊り
DSC_3257_20180902232555

DSC_3258_20180902232605

その後は、東京相川会会長、東京川崎会会長、
そして、佐渡を世界遺産にする会事務局長と4人で二次会に。

DSC_3259_20180902232618

WordPress Themes