『附馬牛舟っこ流しの歌』の歌詞。

さて、遠野シリーズの歌、
先日アップした『遠四季織り物語』を作るために遠野の情報を色々知らべている時に、
遠野の附馬牛町や土淵町などの地域ではいわゆる精霊流しにあたる
「舟っこ流し」と言うお盆の行事があることを知り、
とっても興味が惹かれたので、それをテーマにもう1曲作りました。
佐渡の実家の方は、海に舟を流す盆舟流しですが、
こう言う昔ながらの日本の伝統的な行事は何とも言えない風情があっていいですね。
こう言う歌詞を書いていると、ものすごく日本人としての情緒に触れます。
ご当地ソングって色々調べると、
圧倒的に演歌かゆるキャラ的なポップな感じの両極端なものがほとんどなので、
そうでは無いその土地の四季や情緒をうまく表現する曲をつくりたいですね。

【附馬牛舟っこ流しの歌】
詞・曲/YAMATO

(一)
猿ヶ石川の 揺蕩う流れ
月明かり照らす お盆の宵に
色鮮やかな 灯籠浮かび
舟っこ流しの 夜が更けゆく

亡き父母の 面影を偲び
川辺にしゃがみ 手を合わせ祈れば
ゆらゆらと揺らめき 川面彩る
御霊送りの時が 穏やかに流れる

(二)
女らは優しく ご詠歌唱え
男らは川漕ぎ 舟っこ曳いて
トウロギ高く 掲げた夏も
淋しさ残して 終わり告げゆく

懐かし故人(ひと)よ 安らかなれと
片岸橋で 目を閉じて祈れば
めらめらと燃えては 崩れ落ちてく
御霊送りの舟が 厳かに流れる

ゆらゆらと揺らめき 川面彩る
御霊送りの時が 穏やかに流れる
めらめらと燃えては 崩れ落ちてく
御霊送りの舟が 厳かに流れる
御霊送りの舟が 夏を乗せ消えゆく

f0231072_951191

f0231072_91215

今日は、宮沢さん一家殺害事件の慰霊祭に参列しました。

今日は、各テレビ局が放映していますが、
この夏に知人が紹介したいと、
芋掘りに誘われてお手伝いに行った元成城署署長土田猛さんが中心的に活動されている
殺人事件被害者遺族の会「宙の会」https://www.jikou74.com/ が主催した
世田谷宮沢さん一家殺害事件の慰霊祭に参列して来ました。
多くのテレビ局の取材が入っていました。
終了後、土田さんや宮沢さんのお母さん、
そして地元の支援者の皆さんと昼食をいただき解散しました。
ご主人さんを先に亡くされ、
今お一人で事件の解決を願われている87歳のあ母さんのお気持ちを考えると、
この事件を契機に土田さんなどが中心になって
DNA鑑定の進歩による時効廃止を求める活動をされ認められることになり、
今も捜査が継続されているわけですが、早く解決して欲しいと願うばかりです。
現在はDNA鑑定で、
犯人は日本人以外のアジア人の混血で
父母のそれぞれの大まかな出身地域まである程度分かっているそうです。
昼食を食べた後は、
土田さんと何人かでまだ残っている宮沢さん宅近くに行って来ましたが、
以前は側の公園で寒い中慰霊祭をしていたようです。
他にも「宙の会」として土田さんが中心的になって20件の未解決事件の解決のため、
情報提供を求めるビラ配りなどの活動をしているようです。
風化させないこと、忘れないことで、
些細なことでも犯人逮捕に繋がる情報が入ってくる可能性が出てくるので。
ちなみに、ネットなんかでは憶測で面白おかしく書かれたものが色々上がってますが、
土田さん曰く、全くのガセネタばかりとのことでした。
土田さんの現役を引退された後も、
ご遺族の気持ちに寄り添う事件解決への熱い思い、執念、
本当に敬意を感じざるを得ません。

48362221_2023927447696787_549713242172162048_n

48383101_2023927491030116_6478195530148085760_n

・参列者の献花。
48355721_2023927517696780_8642445287362658304_n

・87歳の宮沢さんのお母さんと土田さん。
48369195_2024252717664260_4039341824773455872_n

・宮沢さん宅が見える公園、以前はここで慰霊祭をしていたそうです。
48389819_2024716780951187_5625422094125760512_n

知人が、宮沢さん一家の事件に関してビラ配りなど協力していることを聞き、
土田さんを紹介したいと言われてから自分なりに事件のことをネットで色々調べてみました。
その後、昨年自分のライブに来てくれた同郷のご婦人から、
ある日、前日まで何も変わったことの無かったお嬢さんが
突然亡くなっていたというお話を聞く機会がありました。
丁度知人から宮沢さん一家の事件の事を聞いたことと重なり、
愛する人を失った悲しみを『ONCE AGAIN~君のいない部屋~』と言う歌にしました。
宮沢さん一家の家も、
事件後ずっと隣同士で住んでいた妹さんの家とそのままになっていますが、
同郷のご婦人もお嬢さんの部屋をそのままにしてあるそうです。

『ONCE AGAIN~君のいない部屋~』
https://www.youtube.com/watch?v=45xLoZJJkEI

チャリティーイベント、無事終了しました!

昨日のフェニックス救援隊のクリスマスチャリティーイベント無事に終了しました。
今回、東日本大震災の時に石巻で被災された
木工大工で「木遊木」
https://blog.goo.ne.jp/mokuyuboku/c/f72b077b5ded3a8c0501d4060a64f895
と言う工房をされている遠藤伸一さんがゲストスピーカーでした。

その後は、ゲストステージになりましたが、
Ma-Yaさんと言う愛媛のシンガーソングライター、
大阪のダンサーJun Amantoさん、そしてYAMATOでした。
今回のセットリストは、
このイベントに自分を推薦してくれたボランティア仲間渥美さんのリクエスト4曲と、
主催者古川さんが自分のライブに来てくれた時にリクエストしてくれた1曲、
『月』、『あなたの笑顔思い浮かべて』、
熊本の復興応援ソング『故郷とともに』、
拉致被害者救援応援ソング『愛しき人よ もう一度』、
『光めざして~不死鳥のように~』の5曲を歌いました。
ジェンベ(masa)、ピアノ(Kenji)、尺八(山野明彦)。

『故郷とともに』は、
普段あまり歌わないのでコード譜をみないといけなかったんですが、
譜面台が借りられず、ちょうど目の前のかぶりつき席で聴いてくれていた
自分のライブにも時々来てくれている夏子さんに人間譜面台になってもらいました。(笑)
最後は時間が無かったんですが、主催者自らアンコールを頂き、
アンコール曲は譜面台になってもらった夏子さんにお任せしたら、
『愛しき人よ もう一度』になりました。
お陰様で感動の声をたくさん頂きました。
お越し頂いた皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした!

・Ma-Ya
48225570_2181738135410719_3874655633135370240_n

・Jun Amanto
48386945_382275842518864_2921119352361058304_n

48281746_361116534466284_787138183891517440_n

・「故郷とともに」は譜面台が無かったので夏っちゃんの人間譜面台で。
48365509_2303008503042743_6620794818106753024_n

・ピアノのKenji君。
48363374_402352393905265_2391488307818135552_n

1544890105649_20181216011003

・今回のゲストスピーカー木工大工遠藤伸一さん。
48418342_1207043252775980_1024263951073935360_n

・遠藤さんの作品積み木。
48389628_331796494312348_1191858488406441984_n

48281577_2206459809574688_1249286564840734720_n

・打ち上げ後にスタッフ、出演者の皆さんで。
48337174_593715924395131_4745398331855863808_n

 

WordPress Themes