気仙沼報告②

そして、気仙沼から帰る日は、
途中仙台経由の予定が無くなったので、
午前中ボラ宿若芽で熊谷さん、ヤマヨのオヤジさんとゆっくりした後、
仮設店舗以来、新たにお店がオープンしてから初めてですが、
コンサートのスタッフをしてくれていた
小野寺由美さんのお店「小野寺商店」に行って来ました。
ユニクロと並んで、とってもお洒落な町並みの場所にありました!
最近は気仙沼に行く回数が減っているので、
以前は自宅にほぼ常備品として置いて重宝していたはずのフカヒレなど
4、5種類あるレトルトスープが、しばらくの間切れていたのでまとめ買い。
お昼なんかに家にいてチャーハン作った時にあると最高なんですよね…。

・帰る日の朝はこんないい天気に。
51695122_2107647712658093_7233665623086071808_n

・早速、翌日の「三陸新報」朝刊に記事が掲載されました。
52387567_2107647772658087_876651822100512768_n

・「小野寺商店」
51715802_2107647812658083_4594218055722074112_n

52033918_2107647895991408_2292063104860684288_n

・接客中の由美子さん。
51863794_2107648009324730_5702359389487235072_n

そして、帰宅途中の栃木の高速PA「上河内」で
埼玉方面と出してヒッチハイクしている東北大医学部の学生2人乗せて埼玉に帰り、
その夜はサンアイのマスターのところに宿泊させることになりました。
一人は16日からアメリカへ短期留学と言うのに、
ぎりぎりまでヒッチハイクの旅をするとのことで、
静岡の三保の松原を目指してるようです。
学生たちと夕食の後サンアイに連れて行き、
4時間ほどサンアイマスターの話を聞いた後0時頃お開きになりました。
翌朝は7時半頃サンアイを出たようで、
メールをすると無事に親切人の車を拾えたようです。
とっても可愛いい学生たちで、
こんな手紙をサンアイに残して行ったようです。

51931688_1158293667666491_2726607739588444160_n

そう言えば、3年半前の遠野~気仙沼の帰りには、
山口大学のヒッチハイクしている学生を乗せて狭山まで送ったことがりましたね。

 

気仙沼の報告①

2月10日、気仙沼友好、交流コンサート、盛況のうちに無事終わりました。
地元の「気仙沼LOVE SONGERS」、「YAMATO」、
北海道からの「My’s」と、3組で3時間のコンサート、
長いのでどうかと心配する声もありましたが、
3組三様でとても充実したコンサートになり、
お客さんも楽しんで頂けたようで、ほとんど最後まで残ってくれていました。
後で、涙を拭きながら聴いている方が多かったというお声を頂いたり、
当日の物販コーナーが並んでいてCDを買えなかったのでと、
後から注文を頂いたりしています。
気仙沼に出発する前日に思い立って作った四季シリーズの気仙沼Ver.、
以前作ろうとして諦めたことがあったんですが、
もう一回思い立ったら前日と言うこともあり尻に火がついてできてしまいました。
元々男女パートの歌として作ってあるので、
一緒に行くマキさんに声掛けたら頑張るとのことで、
前日宿で練習して当日無事にお披露目できました。
CDが欲しいという声が結構出ているようで、
オケはあるので頑張って作ろうかと思っています。

・村上さん、マキさん、ヤマヨのおやじさん。
51647885_2106120872810777_7545339631546400768_n

・千葉さん、ヤマヨのおやじさんと。
51674637_2106120996144098_416015510157656064_n

・ボラ宿若芽の熊谷さんと。
51628703_2106120939477437_1661328500105150464_n

51781091_2106120726144125_2792844514773958656_n

・「気仙沼 LOVE SONGERS」
52426211_2106120796144118_1472184780408750080_n

・北海道からの「My’s」
51977428_2106120842810780_7844743511147544576_n

・「YAMATO」
51803996_2109734742449390_3958337216857505792_n

51858169_2106121062810758_9199748415351685120_n

・【ふるさと気仙沼 四季の歌】
51906491_2106121106144087_2537528723574358016_n

・千葉さんを呼び込んで【光めざして~不死鳥のように~】
52358953_2106121169477414_2484157230866235392_n 52303444_2106121232810741_5783528198297878528_n

・仙台から来てくれた順ちゃん&浅川さん。
52368330_2106121306144067_233024232328527872_n

・出演者&スタッフで。
52153161_2109734819116049_3886982962369003520_n
翌日は、気仙沼災害FMのパーソナリティをされている
横田さんからお声掛け頂きゲスト出演させて頂いた後、
今回の気仙沼滞在中の目的の一つになっていたきよねさんとの再会。
自分が7年前に初めて復興支援にか関わり、
気仙沼の仮設住宅でお名前を使って応援歌を歌った時に、
暗かった表情が一変満面の笑顔に変わり、
手を握ったまま話し続けてくれて、
それがきっかけで生まれた歌が「あなたの笑顔思い浮かべて」でした。
前日のコンサートには、娘さんだけ来てくれていましたが、
お元気だった頃は、自分が気仙沼に行くのを楽しみに待ってくれて、
いつも娘さんが連れてご主人さんと一緒に来てくれていましたが、
85歳だったきよねさんも現在は91歳。
最後に会ったのは2年半前のはまなすホールでのコンサートでした。
昨年末にご主人さんが亡くなられ、
精神的にかなり不安定になっていると聞いていましたが、
自分との再会をすごく喜んで驚くほどの笑顔を見せてくれて、
思いの外お元気そうで安心しました。
自分と出会ってからのことをよく覚えてくれていて、嬉しそうに話してくれました。
ボランティアに参加して、
初めての仮設住宅ライブできよねさんと出会ったことで改めて歌の力を感じさせて頂き、
それ以降の復興支援に向かう大きな力になりました。
外でのライブに足を運ぶのはなかなか難しくなって来てはいますが、
気仙沼に行った時には、今後はお宅に伺うことにします。

・きよねさんの作品と俺のポスターが貼ってあります。
51674657_2106781286078069_7521248322464514048_n

・仮設住宅で歌った応援歌【きよね】を歌いました!
51763960_2106650242757840_4334166917049745408_n 51783135_2106650312757833_2861791032071159808_n

51718710_2106781222744742_6793746090190438400_n

コンサートが終わった途端に、翌日夜はかなり雪が降りましたが、
ンサート当日は本当に良い天気で何よりでした。
最後の夜はボラ宿の熊谷さんと2人、
前夜までの夜が嘘のように静かな夜を過ごしました。

・とは言っても深夜1:20頃。
51659934_2106895556066642_1162166894157889536_n

・外はこんなに雪が…。
52259255_2106781386078059_7979571317777104896_n

ハプニングとラッキーが!

土曜夜は、久々の銀座Miiya Cafeでしたが、
その前に初めて財布を落とすハプニングをやってしまいました。
ライブ前に知人と会う予定を入れていたんですが、
永田町駅でふと財布がないことに気付き、
どうも行きの途中で財布を落としてしまったようでした。
向かう途中、販売機でコーヒーを買った後、
財布をバッグに入れずにジーンズの後ろポケットに入れて
そのままにしてしまっていたことを思い出し、
最初、もしかしてすられたかな?と思ったものの、
側に人がいるようなそんなタイミング無かったけどな…、
でもそうだとすると出てこないな…などと考えながら、
すぐに永田町駅のメトロ事務所に行ったものの流石にそんなに早く届いておらず、
Miiya Cafeに行った後入っていたカードをすぐに止めて対処。
入ってた現金は2万5千円くらいだったかな?と。

ただライブ後、帰りの電車のドア脇のスペースにギターケースを置いて
寄りかかるような体制なっていると、
ふと後ろポケットがギターケースの上で少し持ち上がる感じになることに気付き、
もしかして知人から頻繁に連絡が入って来てそちらに気が奪われているうちに、
こんな感じで財布が押し上げられポケットから落ちたのでは?とピンと来て、
そうだとすると、良い人が拾ってくれさえすれば届くかも?と、
俄に淡い希望が出て来ました。
翌朝、電車で財布が見つかったリアルな夢を見て、
目が覚めて何だ夢だったか…残念!と言う感じでしたが、
もしかして見つかると言う正夢?と思いながら、
まず朝一で念の為JRに電話すると届いておらず、
その後メトロに電話したら、何と何と届いていました!
さすが日本ですね!
大都会東京でも届くのは、改めて本当にすごいなと。
現金も全て戻って、良心的な人に拾ってもらい感謝です。m(_ _)m
拾って頂いた方に良いことがありますように!

51405670_2094711690618362_9097171483788050432_n

今年新曲第二弾【花鳥風月~絆~】の歌詞。

今年第二弾の新曲です。
1つ前の携帯に2016年12月になってましたが、
サビ以外の大筋を作詞していたようで、
メロディーに乗せるにはまだ荒削りのものを添削しつつ、
全くなかったサビの部分を作詞してみました。
2016年と言うと、
震災後5年の節目と言うことで
9月に自分が気仙沼での無料ホールコンサートをやった年で、
歌詞の内容からして
東日本大震災のボランティア活動を通して感じていたことを表現したような歌詞ですね。
ボランティア仲間やバンドメンバー10人、
そして当日は関東からもマイクロバス3台でたくさんの方が足を運んでくれて、
色んな人の支えがあって実現できたコンサートでした。
自分で歌詞を読みながらみんな絆で繋がっていることを表現したかったんだな…
と言うところから(何だか客観的ですが(笑))、
サビは地球や自然を通して
命がつながっていると言うことに焦点を当てて書いてみました。
何か思いつきで、1番、2番のサビの歌詞を合わせると
「春夏秋冬」、「山川草木」、「花鳥風月」になるよう遊んでみました。
縦に読むとわかります。(笑)

春の山に花が咲いて
夏の川に鳥が遊ぶ
秋の草を風が揺らし
冬の木々を月が照らす

DSC_2179

【花鳥風月~絆~】
詞・曲/YAMATO
(一)
胸に抱いた優しさで
誰かの悲しみに寄り添えたら
人は時に孤独の道を
悶えながら歩いてゆく

胸に溢れる温もりで
誰かの苦しみに寄り添えたら
人は時に茨の道を
傷つきながらも今日を生きる

春の山に花が咲いて
夏の川に鳥が遊ぶ
この地球(ほし)に生きとし生ける命は
愛おしみ生かされている
僕らの命は繋がっている

(二)
胸に灯した情熱で
誰かの躓きに寄り添えたら
人は時に絶望の道を
もがきながら歩いてゆく

胸に刻んだ真実で
誰かを真っすぐに愛せたなら
人は時に暗闇の道を
彷徨いながらも明日に向かう

秋の草を風が揺らし
冬の木々を月が照らす
この地球(ほし)に生きとし生ける命は
慈しみ生かされている

この地球(ほし)に生きとし生ける命は
絆で生かされている
僕らの命は繋がっている
だからそばに寄り添う君を愛したい

・♬ 春の山に花が咲いて
133538800964313218746

・♬ 夏の川で鳥が遊ぶ
da61644520a197aabe7a4e474530f9d8

・♬ 秋の草を風が揺らし
src_10041862

・♬ 冬の木々を月が照らす
o0630054212766555899_wdp

 

ご当地ソングレコーディング終了!

一昨日は、また午前中から終日のレコーディングでした。
丸2日間かけて、
すでにオケがあって前回Mamikoちゃんと歌入れだけした四季シリーズの2曲含め、
山野さんの協力のもとご当地ソングシリーズ全10曲録り終えました。
マサさんのジェンベと有香さんのバイオリンが入る曲を録った後は、
多分8曲分全部の歌は録れないだろうと、
残った分は山野さん宅でと言う話になっていたんですが、
昨日夕方からのほぼ3時間で自分の歌入れが思いの外サクサク進み、
時間を余して8曲分全部録れてしまいました。
ただ…、入っているはずのハーモニカのキーを1つ持って行ってなかったようで、
結局1曲分のハーモニカだけ残して山野さん宅に行って録ることに…。
家に帰ったら、確認したはずののハーモニカテーブルの上に置いてありました。(泣)
でも、マサさんのジェンベ録りながら、
普段のギターの弾き方と違っている所に気がついたので、
ついでにギターの修正箇所も録り直すことにします。
山野さんはこれからまだ作業が続きますが、
取り敢えず音録りは終わりと言うことで、
皆さんお世話になりました。m(_ _)m
落ち着いたら、今度は15周年コンサートに向けて、
正式なニューアルバムの制作にも入らないといけなくなるので頑張りま〜す!

・ジェンベ:masaさん。
51228001_2090485411040990_9034538396617277440_n

50943394_2090485464374318_2357243193537331200_n

・バイオリン:有香さん。
51510820_2090485537707644_7432079222237036544_n

51254717_2090485367707661_6976227911883816960_n

WordPress Themes