新曲【桜の季節がもうそこに…】八度目の3.11に寄せて。

昨日の3.11特別番組など観ていても、やっぱり被災地の皆さんにとって、
何はともあれ被災地のことをまずは忘れないで欲しいと言う思い、
そこに尽きるんですよね。
行動を起こせればもっと良いでしょうが、
忘れないと言うことだけは、何処にいてもできること。
そんな気持ちを持ちながら、何かのタイミングで支援できる機会があればして、
そんな無理のないかたちで継続できれば良いのかな?と思います。
それが被災地の皆さんの力になっているんだと、もう一度心に刻もうと思いました。
どんなにインフラ、生活環境が整っても、心の問題は深く根強く残っていることが、
改めて昨日の番組でもわかりました。
自分自身を攻め続けて生きている方がどれだけ多くいるか…。
何か大きなことができるわけではないですが、改めて忘れないこと、
心に寄り添うこと、そして時々でも現地に行ってご縁のある皆さんの顔を見る。
そんなできることを続けて行こうと思った一日でした。

昨日、2時46分に黙祷した後、特番を観ていたこともあり、
これまでご縁のある被災地の皆さんの顔を思い浮かべていたら思いが溢れてきて、
作詞し出したら30分くらいで大筋の歌詞ができました。
天気も朝は雨模様だったのに、午後から天気が回復、
2時46分頃には雨が上がって太陽が照らし、
絶望から希望に向かって行くようなそんな気持ちに包まれました。
字数を揃えたり、細かい表現を詰めないといけなかったので今になりましたが、
取り敢えず歌詞です。

【桜の季節がもうそこに…】
〜八度目の3.11に寄せて〜

(一)
雨上がりの空に 差し込む光
湿ったアスファルト 眩しく照らす
悲しみ抱く街に 思い馳せては
慕わしき あなたの笑顔を浮かべた

思い出のページは あの日に途切れ
重ねた温もり 置き去りのまま
生きてゆく 覚悟を胸に誓った
あなたの勇気に 寄り添えたなら

八度目の春が 今年も巡って
あの日あの時刻(とき)を 刻んでゆく
悲しみ降り積もる 冬を越えたら
桜の季節がもうそこに…

(ニ)
運命への空に 架かった虹を
渡った僕らは 絆を結び
苦しみ抱く街に 夢を散りばめ
慕わしき あなたの笑顔で埋めたい

道のりは遥かに 遠く険しく
行く先見えない 明日へと続く
誰もが一人では 生きてゆけない
あなたの希望に 寄り添えたなら

八度目の春が 今年も巡って
あの日あの時刻(とき)を 刻んでゆく
苦しみ伸し掛かる 冬を越えたら
桜の季節がもうそこに…

あなたのその祈り 届くと信じ
僕らのこの願い 叶うと信じ
思いの限りに 声の限りに
あなたの心に 花咲くように
桜の季節がもうそこに…

miyagi07

54433866_2149410468481817_6557137071998238720_n

佐渡LIVEの動画②&3.11に関連した曲を。

【ONCE AGAIN~君のいない部屋~】
この曲は、一昨年暮れの自分のコンサートを初めて聴いて感動してくれたご婦人から、
昨日まで普通に元気だった娘さんが、
ある日突然部屋で亡くなっていて、
今も部屋をそのままにしてあるというお話を打ち明けられ、
敢えて歌の主人公を僕にしましたが、
愛する人を失った悲しみを表現できればと作った曲です。
東日本大震災で愛する人失った方の気持ちにも重なる曲だと思うのでアップします。
昨年夏の佐渡コンサートでの映像です。

【男道】
復興支援で通った仮設住宅でのライブでは、
基本バラードの曲を歌うことが多かった中で、
復興に向かう応援歌として1番男道、2番女道にして力強く歌って来た【男道】です。
この曲、元々は、
10年余り前に亡くなってしまった知り合いの格闘家師範の追悼のためたに作った歌です。
先日の佐渡LIVEの映像ですが、
初めて自分のライブに来てくれたマスターと同級生というお客さんの大平さんを
いきなりステージに上げて、即興でサックスを吹いてもらいました。
お陰で盛り上がりました。

【愛しき人よ もう一度】
先月の気仙沼ライブに行った時、
知り合いのお店で夕食を食べている時に
マスターに紹介されたお客さんだったご婦人に、
名刺代わりにこの曲が入った非売品CDをプレゼントした後、
早速翌日CDを聴いて感動したとの連絡を頂きました。
電話で、震災ではなく20年ほど前にいじめを苦にした娘さんが
自死された経験を持たれているとのことでした。
とっても明るいご婦人で、
今は全くそんなことを感じさせない雰囲気の方なのですが、
もちろん娘さんを亡くしたばかりの頃は精神的にかなり追い詰められたそうですが、
明るく見える今も心から離れたことはないそうです。
最近、その経験があってなのでしょうか、
幼い子供たちの命を守るボランティア団体を立ち上げたばかりとのことでした。

この曲、すでにCD音源やライブ映像をアップしていましたが、
以前録ってから自分の歌い方も変わったのでそれに合わせていますピアノを録り直し、
和楽器アレンジとしてこれまでの尺八の他に二十五絃箏を入れて、
あとベースを入れれば完成になるアレンジになっています。
これは東日本大震災で、お子さんを亡くされた方のお気持ちにも通じる曲かと思います。
これも先日の佐渡ライブの映像ですが、
ライブも終盤、お店の売り上げに貢献しようと飲んでいる
初めてのおやじさん達がかなり出来上がってざわついてますが。

【涙雨】
3年前、大宮の東光寺と言う大きなお寺で、
東日本大震災後続けて来た震災犠牲者鎮魂慰霊祭での奉納演技を、
5年の節目で最後にするとのことでお声掛け頂き、
奉納ライブをさせて頂いた時の映像です。

3.11に思う。

3.11を前に、考え過ぎなのかな…と思ったりしますが、
自分なりにちょっと思うところがあり気持ちを整理していました。

自分が震災直後、何かしたいけどそういったボランティア活動の経験もなく、
どうしたらよいかもわからず、
歌を歌うものとして歌で何かできれば本望と思いながらも、
あれだけ大変な経験をされた皆さんを歌で励ますなど、
単なる自己満足かも知れないし、とてもおこがましく思えて踏み出せませんでした。
自分も被災して同じ体験をした立場で発信するのであれば、
それは大変な説得力をもつと思いますが、
そうではない立場で次々に復興支援ソングとして歌が世の中に発信されることに、
とても違和感を感じていました。
もちろん、CDの売り上げなどが全部被災地に寄付されると言うことが前提であれば、
それはそれで良いことだったとは思いますが…。
結局、自分は復興支援活動を始める前の
自分の悶々とした気持ちを歌った歌は作りましたが、
復興支援に関わる歌を作ったのは、
初めて現地に行って心から作りたいと思ってからでした。
消極的と思われるかも知れませんが、
自分の中では被災地で自分の歌が必要とされる時が来たら、
例えば震災を経験された被災地の方か、
すでに被災地で復興支援の活動していて、
現地の様子を分かっている方から
是非歌って欲しいと言うお墨付きが頂けたら歌えるかな…?と思いながら、
悶々とした日々を過ごした1年間でした。
1年少々過ぎたところで、まさにそういう出会いがあり、
自分の歌が被災地で歌える時が来たのかな?と、
背中を押された気持ちで現地に向かう気持ちを固めたのを、
つい昨日のことのように思い出します。

それで、何が言いたいかと言うと、震災後8年目を迎えますが、
愛する人を失った方の悲しみは、
もちろん当事者の皆さんは必死に忘れようと闘っていると思いますが、
何年経っても決して忘れられるものではないと思います。
だから、被災地の皆さんが、前を向いて頑張ろうとか、
もう辛いこと、悲しいことは忘れて前に進もうといったことをご自身で発信するのは、
当然そういう気持ちにならないと復興が進まないので当然のことと思うのですが、
当事者でもなく被災地に責任のない立場の第三者から
そういうニュアンスの言葉を発信するのは、何だか違う気がしてなりません。
むしろしてはいけないのではないかと思ってしまいます。

そう言う心の問題は、内面的に強い人もいれば弱い人もいる、
個人差がとても大きい問題だと思います。
復興支援に通っている中で、仮設住宅の頃から交流があり、
ご家族をほとんど全員亡くされた方がいて、
先月の気仙沼ライブにも会えるのを楽しみに来たと再会できましたが、
やはり表情に憂いを感じますし、そういう方の悲しみが消えるはずはないと思います。
また折角命が助かったと思えば、
自死を選択される方も多くいたり、
また精神的に病んでしまっている方も多くいると聞きます。
結局第三者の我々は、
単に生活環境やインフラが整ったから復興が進んでいると判断するのではなく、
被災地の皆さんの心に寄り添う気持ち、
そういう気持ちをもっての心の復興支援をまだまだ続ける必要性を感じています。
そう言うことを思っているので、自分自身が被災地で発信する歌は、
無理に明るい歌とか、元気が出る歌とか、
そういう歌はそう言う方に任せて、
そうでなくて苦しみや悲しみに寄り添うような歌、
この人は自分の苦しみ、悲しみをわかってくれる人と
思ってもらえるような歌を歌うことができたら本望で、
それが自分自身が理想とする復興支援活動かな?と思っています。
今日は、気仙沼からののど自慢を観ながら
ボラ宿熊谷さんの告知通り南郷の伊藤自治会長の出番も確認し、
その後は編集作業しながらそんなことを考えていた一日でした。

17265239_1340215119358426_3695166917647947071_n

佐渡LIVEの動画①

自分は、ご縁のあった方が亡くなった時など、
追悼のために歌を作ることが結構あるんですが、
意外かも知れませんが【男道】もそうなんです。
作りながら涙が止まらなかったのを思い出します…。

さて、先日の佐渡でのライブの時にも歌いましたが、
桜の時期になると歌う【永別の空】と曲があります。
この曲は自分が音楽活動を始める前の2003年、
脱サラして仕事をしている時にお世話になった知人の女性が
急に危篤になり亡くなってしまい、
以前も書いたことがあるので知っている方もいると思いますが、
その女性が危篤になったと言う時間に虫の知らせと言うのか、
呼ばれたと言うのか、とっても不思議な体験があり、
音楽活動を始めてから追悼にと思い立って作った歌です。
自分の歌って、これまで日舞が多いですが、
フラダンス、ベリーダンスとコラボしたり、バレーの先生からも
コラボできたらと言われたことがありましたが、
踊りやダンスの方が踊りたいと思う曲があるようで、時々御話を頂くことがあります。
実は、先日の佐渡ライブの時に日舞の方がお客さんでいたらしく、
マスター経由で【永別の空】のCD音源で踊らせてもらっても良いか?
との連絡があったそうです。
もちろん大丈夫ですと伝えましたが、
この曲、映像見た方もいるかも知れませんが、
6年前に藤間流の日舞の先生とステージでコラボしたことがありました。
桜が出てきて、ゆっくり入ってサビはかなりドラマチックに盛り上がっで終わるので、
日舞の方が踊りたくなる曲なんでしょうかね…?
最近、以前よりmasaさんと二人だけと言う演奏の機会も減ったような気もしますが、
自分の音楽スタイルの原点とも言えるギター、ジェンベの弾き語り演奏です。
久々に確認しながら歌ったリハ映像なので、
わからない程度に歌詞を少し間違ったり、
ギター、ハーモニカも怪しいところがありますが、
スマホではないビデオ映像、最近アップしてるデモ音源も
宅録で遠慮がちに歌ってる簡単な音源なので、ライブ臨場感のある音でどうぞ!
この曲も、季節的に3.11に向けた追悼の歌ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=prmllnMK9uM

新曲【いつかの蛍火】デモ音源。

歌詞を紹介したばかりの新曲【いつかの蛍火】デモ音源アップしました。
歌詞をアップした時に書きましたが、
この曲は元々は、故郷の実家付近に子どもの頃いた蛍が消えてしまったことをテーマに
歌にしようと作り出したんですが、
蛍には人の魂が宿るという謂れもあったりするので、
ふと3.11に向けて特に恋人やご夫婦のどちらかを亡くされた方をイメージして
鎮魂の思いも込めようと作った曲です。
時々、故人と蛍に纏わる不思議な話みたいなものを読んだことがある気がしますが、
丁度御殿場ライブにも来てくれるFBお友達が
ご主人が亡くなられた時の自身の体験を書き込んでくれてました。
改めて紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うち、川沿いで、7月中頃になるとちょい下った沢に蛍が数匹飛ぶんだけど、
主人が10年前の9月6日に亡くなって、
葬式が終わった日になんとうちの庭まで蛍が一匹飛んできてさ。
爺さんが「帰ってきたのかな」って。

9月に蛍が飛んだのはあとにも先にもその時だけよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分が作ったご縁があって10年前に作った戦没者の鎮魂歌【涙雨】もそうなんですが、
その場にいる当事者にとっては起こる現象が偶然とは思えない、
亡くなられた方が何かを伝えようとしているような、
そんな感覚になるんですよね…。

日本大震災犠牲者のご冥福をお祈り致します。

新曲【いつかの蛍火】の歌詞。

佐渡に帰っている間に季節外れの”蛍”がテーマの歌を作りました。
作りかけたまま佐渡に行き、佐渡で夜中に創作モードに入り大体を仕上げて、
昨夜佐渡から帰って今日最後歌詞とメロディーを詰めて出来上がったかな?と。
何となく3.11までにと言う意識が働いて急ぎました。

元々実家のある地域に昔はたくさんいた蛍が、
故郷を離れていつからか消えてしまい、今は全く見れなくなってしまっています。
どのくらい前か、自分が音楽活動を始める前だったと思うので、
15年以上前だと思いますが、
ある年の夏父親から「今年は蛍がたくさん出てる」と嬉しそうな電話がありましたが、
ただ何でその年だけだったのかわかりませんが、
残念ながらそれっきりだったようです。
そんなこともあり、いつか蛍をテーマに歌をと思っていたものです。
蛍が消えた原因は、
昔一時毎年春先にやっていた田んぼへの農薬の空中散布だと思いますが、
一度失った自然環境を取り戻すのは大変だな…と、
そんな意味を込めたのと、
あとは歌詞を読んで頂ければわかって頂けるかも知れませんが、
もうすぐ3.11が来ることもあり、
それまでにと思い蛍に重ねて鎮魂の意味も込めてあります。

【いつかの蛍火】
詞·曲/YAMATO

(一)
夏夜に灯る蛍火は 誰の悲しみ抱いて飛ぶ
儚く瞬き放っては 時の彼方で揺れ惑う

川面に映る蛍火を 二人並んで見つめてた
星降る空の天の川 誰が流した涙川

都会の暮らしに忘れかけた 遠いいつかの夏模様
淡い恋と蛍火は 何処へ消えてしまったか
時を戻してこの指止まれ

(ニ)
夏夜に灯る蛍火は 誰の魂抱いて飛ぶ
消えそにそれでも燃えながら 時の彼方で舞い踊る

指先乗せた蛍火を 君は夜空に翳そうと
見上げた空に流れ星 誰が散らした命星

都会のネオンに霞みかけた 遠いいつかの夏模様
淡い恋と蛍火は 何故に消えてしまったか

寄せ返す波 入道雲  風鈴 夕立 蝉時雨

移ろう季節に夏も巡り 遠いいつかの夏模様
淡い恋と蛍火は 消えることない幻影(まぼろし)か
時を戻してこの指止まれ
時を戻してこの指止まれ

53300014_2141731542583043_784046455978459136_n

佐渡の報告③

朝まで語りあかした後、睡眠3時間でmasaさんと行動。
「Sun the Bar」でご馳走になったカレイの干物が美味しかったので、
水津漁協で売られていることを教えてもららい、まずはそちらへ。
無事に購入した後、漁協にいた職員と話ながら知ってるかな?と、
佐高の同級生に水津から一人いた同級生の名前を言うと、
何と同級生だと言うのでびっくり!
自分は歌を歌っている話をして、
名前を聞かれたので「YAMATO」と伝えると、
「えっ、YAMATOさん知ってますよ!去年、夏のアースに出てたでしょ?
あの時に俺観客側にいたんですよ。
次の日がアミューズメントでコンサートだと言ってたでしょ!
あと、3年位前に、片野尾のお寺でもライブやったでしょ!
いや〜、こんな所で会えるなんてすごいな〜」
と感動してくれて、
「欲しいものがあれば、連絡してもらえればいつでも送るんで!」
と言って名刺もらいました。

53110845_2139004542855743_8306022732449972224_n

その後、昨年11月に中学の同級生のお父さんの書道展でライブした時に
来てくれていたご婦人が感動してくれて、
佐渡にこんな人がいるんなら応援しないといけないと、
今回の佐渡ライブをやることになったんですが、
書道展の会場だった「茶房源三郎」が漁協の目の前だったので顔を出して来ました。
丁度、ひな祭りと言うことで、手作り吊るし雛を飾っていましたが、
マスターも思いがけない訪問を喜んでくれました。

53283496_2139004689522395_3094246675154206720_n

53264587_2139004786189052_4172470228808105984_n

そして、その後は昨年11月以来2回目になりますが、
実家のある岩谷口集落から何人もお世話になっている老人ホーム「大浦の里」へ。
中にはノリの良い曲には手拍子しながら聴いている方もいましたが、
皆さんじっと静かに聴いているのでどのくらい伝わっているかな…?
と思いながらでしたが、
終わると心のこもった力強い拍手をして頂き、
最後はまた故郷を支えて来て頂いた皆さんに感謝の気持ちを込めて、
50人位の方一人一人握手して回りましたが、
握手しながら涙を流す方が何人もいて、自分も胸がつまりそうになりながらでした。
施設長も
「演歌のジャンルでもない知らない歌なのに、
本当に皆さんの心に歌が伝わって感動しているのがわかりました。」
と言ってくれていました。
たまたまタイミングの合う「大浦の里」での演奏が続きましたが、
これからも佐渡に帰る度に、
何処かしら要請があれば老人ホームでも歌いたいと思っています。
53154999_2139004912855706_8957698468164403200_n

53142861_2139005059522358_4367277885086498816_n

53008468_2139005159522348_3372519173925109760_n

佐渡の報告②

◆3月3日
ライブ当日、東京マラソンはかなり寒そうでしたが、佐渡は超良い天気!
本当に天気運がよいなと。

・真野湾。
53489145_2137338926355638_5317668875410604032_n

ライブ前に、久々にmasa大ファンのマスタの店「しまちゃん」に顔出しました。

・昨年夏のコンサート打ち上げ以来の再会。
53184611_1353928638079878_7075447514756808704_n

そして、夜の「スタジオRay’s」でのライブは無事に終了しました。
何と、初めてお越し頂いた大平さん、
「しまちゃん」に寄った時にマスターからサックスが吹けると言う前情報を頂き、
リハに来てもらい一度合わせただけで4曲にサポート入ってもらいました!
と言うことで急遽メンバーが増え、
自分のギター&ボーカルの他、
ジェンベ(masa)、コーラス(本間千恵)、サックス(大平)となりました。
お越し頂いた皆さん、ありがとうございました!

ライブ後は、「クラブRay’s」に移動してで打ち上げをした後、
更に「Sun the Bar」に行き、マサさん、マスター、同級生の4人で
朝4時まで語り明かしました。
そのままマスターの自宅でお泊りさせて頂きました。

・ライブ
53046716_2138805422875655_2164423110684573696_n

53662790_2139320682824129_187476988917710848_n

53525850_2139318019491062_5650932602136166400_n

53327536_2138805656208965_1347752680126152704_n

・男性お名前拝借コーナー克巳さん。
52749962_2138805722875625_2541925395695927296_n

・女性お名前拝借コーナー。
53394975_2138805776208953_8822046152368062464_n

・ひとみ&睦ちゃん。
received_2451059678246469_20190307040010

・佐渡ライブの時のお手伝い仲良しメンバー。
1551687526843_20190307035937

53096672_2138806002875597_8462917660139585536_n

佐渡の報告①

無事にライブを終え、5日に佐渡から帰りました。
こちらから一緒に行ったmasaさんとの佐渡の報告です。

◆3月2日
深夜に関東を出発、朝6時のフェリーに乗りました。
実家に行くと、久々にカメラ小僧と化したmasaさんと実家付近を巡って来ました。
天気が良いので、写真もきれいに撮れました。
この時期に佐渡に帰ることはなかなかないのですが、
冬から春に向かう時期で、野山はまだまだ枯れ木枯れ草ばかりです。

52974582_2135948756494655_2574161285620957184_n

・大野亀を臨む
53046606_2135948636494667_6037309642495754240_n

・カメラ小僧masa!
53761072_2135948849827979_3681675627175346176_n

52864499_2135948923161305_401834511693774848_n

53088242_2135950039827860_4092152832839385088_n

・賽の河原に向かうmasaさん。
53323501_2135948993161298_7612235920435052544_n

・二ッ亀方面から大野亀を臨む。
53639391_2135949906494540_8335915356937781248_n

・二ッ亀
52920393_2135949729827891_2145293163139432448_n

52947152_2135949839827880_5536665010110988288_n

・映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台になった灯台。
53274817_2135949163161281_2406673671499284480_n

53055745_2135949236494607_2683931449886769152_n 52850024_2135949439827920_2459382708451672064_n

53055657_2135949649827899_8634952691144982528_n

・跳坂から
52985915_2135950099827854_4987403160411701248_n

・関崎を臨む。
52956322_2137035119719352_5168803741268180992_n

53121280_2137035343052663_1191053169153540096_n

今夜から佐渡へ。

さて、今夜から佐渡に向かいます。
3月3日の佐渡でのライブが間もなくとなりました。
こちらからジェンベのmasaさん、
そして自分の佐渡ライブではお馴染みになっている
地元から本間千恵さんがコーラスで入ります!
元々自分の弾き語りで良いと言われていたんですが、
最低限でのサポート入れました。

今回演奏だけで、集客などは完全にお任せでほぼノータッチでしたが、
今マスターに集客状況を確認したら座席で80人のキャパ、
最低でも70名はすでに確定しているそうで、今夜はっきりした人数が出るそうです。
と言うことで、もしご希望の方がいましたら、お早めにお声かけ下さ〜い!
昨年佐渡でホールコンサートをしたばかりなので、
大々的にはやりませんが、
9月に開催予定の故郷での異色の音楽活動15周年企画もお知らせします!

佐渡ひな祭りLIVE

・ジェンベ:masa        ・コーラス:本間千恵
53043052_2132792156810315_6702245277987766272_n 53431890_2132792193476978_5836375223959552000_n

昨夜、佐渡行きの前でしたが、
YAMATOバンドの女子メンバーが集まっていてお声がかかり、
今年の演奏予定もあるので顔を出して来ました。

52985734_2496672230406926_6370614021086773248_n

・波ちゃんとは、今年お初!で腕相撲。
52803599_2496672243740258_5468332827755937792_n

・今年は15周年、よろしくです!
52857935_2496672170406932_3667194011065516032_n

WordPress Themes