年内開催のライブです!

まだまだコロナ禍の中にありますが、
経済も回さないといけないこともあり、
いくつかライブのオファーを受けて開催します!
横浜中華街と能登輪島です。
どちらも人数制限しながらになり、
横浜中華街は早々と締め切っていますが、
能登の輪島の方はこれからになりますので、よろしくお願いします!

・横浜中華街            ・能登輪島
123791540_3474741275948723_711966146607601652_n 124486457_1619457324930021_8577878983096195406_n

川越に行って来ました!

1年位前に初めて行って、お店でライブをと言う話にもなりましたが、
コロナ禍ですっかりご無沙汰になっていた川越の「かき小屋小江戸」に行って来ました。
マスターの太田さんが、
東北の復興支援の為に東北から牡蠣を取り寄せて営業しているお店です。
新しいミニアルバム『漁師一筋男歌』の発売に伴い、
マスターがお店にポスターを貼ってくれるとお声掛け頂いていたのと、
昨年福岡から上京したでこちゃんのご紹介で、
このお店で待ち合わせして知り合った似顔絵アーティストの鈴木正道さんの個展が、
やはり川越で開催中だったので、それも兼ねて急遽行って来ました。
会場は、鈴木さんが普段働いている地元の「日乃出」という蕎麦屋さんです。
鈴木さんの似顔絵は、本当に構図の発想が面白くて、
オリジナリティーがあり、ほのぼのして来ますね。
お近くの方、是非、足を運んでみてください!
123848447_3472750796147771_5080843874126702972_n
123369346_3472750882814429_2738298583214128235_n
123943782_3472750952814422_5316657370464832129_n
124006170_3472751019481082_4549995207476493822_n
・鈴木正道さんの【結展】へ。
123846225_3472751166147734_8780930462046752520_n
・太田さんも合流して。
123837227_3472751256147725_8500673244604314416_n 123944375_3472751362814381_7866430768895303226_n

『漁師一筋男歌』CD完成!

さて、今回のミニアルバム発売の経緯などを書いたチラシも本日無事に届き、
これでポスター、CDと合わせて販売用ツールが全て揃いました。
ご注文頂いている皆さん、順次発送して行きますので、もう暫くお待ち下さい!
これから新潟のBSNラジオ、uxテレビ、
新潟日報などでプロモーションして頂くことになり、
営業も兼ねて新潟~佐渡へ行くことになります。
新しいミニアルバム収録曲の中から、
佐渡佐和田にある元演歌歌手のマスターのお店【MUSIC PUB しまちゃん】の
イメージソング『恋っちゃ 佐和田』のカラオケ用フォトスライドショー作ってみました。
マスターとも知り合って13年になる?
知り合いに紹介されて知り合ったばかりの頃、
佐和田を元気にする歌を何か作ってよと言われて作ってあった曲ですが、
ここに来てやっと日の目を見ることになりました。

11月3日、シベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭でした。

『東京ヤゴダ会』主催、
千鳥ヶ淵墓苑でのシベリア抑留犠牲者鎮魂慰霊祭無事に終わりました。
率直なところ、本当に良い慰霊祭になりました。
昨年に続き、遠く能登から萬燈祭を主催されている中西さんご夫妻、
そして、何と先月能登でお会いしたばかりの中さんまでが、
サプライズで駆けつけてくれて、
慰霊祭前のご対面で、まるで能登にいるような錯覚に陥りました。
能登の人、熱いですね〜!
そして、自分の奉納演技では『ヤゴダの祈り』の後、
この何年か歌っていなかった
『涙雨』を前日になって急遽歌って欲しいと言うことで歌ったのですが、
何と『涙雨』を歌っている時に”涙雨”が降りました。
自分は歌っている時に全く気付かなかったのですが、
能登から参列頂いた中西さんが、最後の参列者の挨拶の時に
「皆さん、『涙雨』を歌っている時にまさに涙雨が降りましたね。
先祖はこの場に生きていて、我々の想いが届いているんです」と話され、
自分はそこで初めて、えっ!?まさかの”涙雨”が降ったの?と、
奉納演技が終わる頃には全く降っていませんでしたので、本当に寝耳に水でした。
皆さん、わかったようですが、
『涙雨』を歌っている時にミストのような雨が降っていたようです。
中さんも感想で
「初めてこういった慰霊祭に参加して、YAMATOさんが慰霊祭で『涙雨』を歌うと
雨が降り出す経験を何度もしていると言う話を聞いていて、
今までは正直本当かな?と思っていましたが、
今日まさにその”涙雨”を体験して、本当に感動しました。来年も参列したいと思います」
と話して頂きました。
シベリア抑留経験者の参列も無くなって数年経ち、
今年も抑留経験はされなかったのですが、
士官学校に通われていた92歳の廣島さんだけが、
正式に会長と言う立場でお元気に参列されました。
今年は、コロナが重なり参列者の参加人数が危ぶまれましたが、
参加予定で来れなかった方も多かった中、その分を補う急遽の参列者の方も居てくれて、
本当に感動的な良い慰霊祭になりました。
事務局長さんからも
「YAMATOさん、来年からまた『涙雨』は定番でお願いします」と言われましたので、
『ヤゴダの祈り』と合わせて歌うことになります。
司会の佐波優子さんからも「本当に涙雨を降らせる素晴らしい歌声でした。
YAMATOさんの奉納歌唱あっての慰霊祭だと、
本日改めて実感しました」とのうれしいメールがあり、大変光栄でした。
関係者、参列者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
123320891_3468149886607862_639520480018988319_n
123245876_3468149956607855_5857760860584187699_n
123476123_3468150049941179_1847673040575941345_n
123387931_3468150163274501_6694712260427978959_n
123345430_3468150256607825_2749843514038573927_n
・92歳の廣島会長挨拶。
123338956_3468150316607819_2089979219669438207_n
・大阪から参加の遺族の追悼文。
123338205_3468150459941138_95505211542882664_n
・YAMATO奉納演技。
123301385_3468150563274461_5002440327896406407_n
123227058_3468150646607786_9221069965521332775_n
・最後の献花・
123353192_3468150739941110_2537275875680050391_n
123461804_3468150983274419_4594485081199132188_n
123339634_3468151113274406_7354649346278008426_n
123377137_3468151279941056_1349310044021826404_n
123402644_3468151516607699_6342594865846054058_n
・能登から参加頂いた志賀町萬燈祭主催者の中西さん。
123435395_3468151606607690_1204019914950836983_n
・やはり能登から参加頂いた元自衛官の中さん。
123548352_3468151789941005_4650260580412869215_n
・司会の佐波優子さんと。
123595198_3468151863274331_2040602958062192430_n
・有志での直会。
123289892_3468151986607652_5261155468198122699_n

♪愛しき人よ もう一度

内閣官房拉致問題対策本部のホームページに、
拉致問題解決支援ソング10曲目として、『愛しき人よ もう一度』も掲載頂きました。

main_visual6

http://www.rachi.go.jp/jp/alljapan/song.html

再び土田さんの畑へ。

10月最終日、土田さんの畑のお手伝いに。
無農薬で野菜を作っているので、
肥料も栗の木から落ちた葉っぱなどを集めて腐葉土を作るので落ち葉を集めました。
天気が良くて気持ち良かったです。
11月4日は、今年世田谷一家殺害事件も20年目を迎えますが、
コロナの影響で12月の慰霊祭を中止にすることもあり、
以前はよく来て手伝ってくれていた宮沢さんのお母さんがこの畑に来て、
フジテレビの取材を受けることになっていました。
お母さんも89歳になるので、拉致被害者の親御さんとも重なりますが、
お元気でいるうちに犯人逮捕がなされて欲しいものです。
そのためにも、DNA捜査の早期実現なんですよね。
123082490_3459775164112001_3564161182951804757_n
123141377_3459775254111992_8912253178985268365_n
123026046_3459775570778627_6769802975774942327_n
123366437_3459775350778649_2114668587400730095_n

10月23日~27日まで佐渡へ(二)。

◆10月25日

この日は、両親が牧場の当番だと言うので、相川の牧場へ。
そして、少し紅葉には早いようでしたが、そのまま大佐渡スカイラインを走って来ました。
やはり少し早く、風が強かったですね。
白雲荘の所で、佐渡で会うのは初めてだった懐かしい女性に声をかけられびっくり!
122326180_3442906792465505_906978691267195026_n
122448763_3442907135798804_5114589020326368609_n
122531722_3442907522465432_2076599168129683941_n
122358904_3442907355798782_2756505178510056374_n
122766377_3442907805798737_3097139332706768071_n
122507997_3442908065798711_1721520705450231434_o
122739359_3443232875766230_8358219307177142321_o
実家に帰るなり、お袋からちょっと来てみろと言われ座敷に行くと、
何ときれいに残っているアオダイショウの抜け殻がありました。
よく言われているように縁起が良いと思っているので、
帰省した時に時々実家に飾ってあるのを見ることがありますが、
昨年はつがいの抜け殻が飾られてました。
話によると、畑でつまづいて倒れそうになって手を付いた所にあったそうで、
この長さのものが全く傷んでいない状態で見つかるのは珍しいようです。
長さは、172センチと書いてあり、お袋もご満悦の様子でした。
122416480_3443708852385299_3691888440592865844_o
◆10月27日

最終日の夕陽。
結局、佐渡入りした日こそは雨で海も時化ていましたが、
その後は天気も良く、佐渡最終日はこんな夕陽が見れました。
122971009_3448949781861206_3503728638161580742_n
122583223_3448949911861193_1930168821543913468_n

10月23日~28日まで佐渡へ(一)。

2日前に同級生に声掛けられて、10月23日から佐渡へ行って来ました。
本当は日曜日に入るはずの予定が無くなったので、
これは行けと言うことなのか!?と、持ち前のフットワークの軽さを発揮することに。
でも、何か県外ナンバーばっかり!
パッと見て新潟ナンバーの車なし。
遠くは室蘭ナンバーも。
今佐渡観光が人気になってるようなことをテレビか何かで観ましたが、
Go to トラベルで佐渡観光に行く車だったんでしょうね。
122386520_3437135206375997_6143295794770069577_o
◆10月23日

小木の同級生の実家、七右衛門蕎麦屋に馴染みの同級生が集まって、
腹がはち切れそうなほど御馳走食べました。
本当に苦しかった~!
この七右衛門蕎麦、江戸時代から続いていて、
同級生の父さん、母さんが高齢で頑張って続けていますが、
何と、何と、この度ミシュランガイドに掲載される快挙を成し遂げました!
2日前に声をかけられ佐渡に行くことにしたんですが、
10年くらい前は、毎年地元小木まつりに歌い行くと、
いつも同級生の家で泊めてもらって、父さん、母さんには大変お世話になったので、
元気なうちにまた会いたいと思ったことありました。
そうしたら、こんなお目出度い情報もあって、本当にうれしい限りです。
そして、明日は同級生の父さんが88歳になるそうで、
その年齢で蕎麦を打ち続けていることがすごいですね!
122485338_3438474896242028_6880760039494147409_n
122139569_3438474682908716_6582020095963710356_n
122243041_3438472129575638_4081541055676053205_n 122484667_3438472246242293_2303285950189057040_n
122269307_3438474246242093_3602227962785451783_n
◆10月24日
122257885_3440259346063583_1804418122906865175_n
・おばさんが色々説明してくれました
122383994_3440260132730171_2752106455815108174_n
122443625_3440259572730227_6705346762931748531_n 122203964_3440259842730200_341808568325422026_n
・昔の七右衛門二階
122390112_3440259979396853_1798434246813275776_n
・宿泊組はミニ観光へ!
122142285_3439706272785557_6930394371571632729_o
・小木の町に残ってる古い建物。
122202665_3440257476063770_7313167737273646367_n
・宿根木へ!
122429368_3440260719396779_8758917529657960552_n 122898143_3446119032144281_1100440372963806535_n
・上の写真は、この面々。
122466325_3446119668810884_3398560622999124760_n 122466325_3446119668810884_3398560622999124760_n
122200369_3440260846063433_8597336612916270311_n

122462920_3440261092730075_6927780302716794824_n

・沢崎灯台で。
122416480_3440261436063374_4213996341619153983_n

WordPress Themes