ドキュメンタリー映画『隣る人』試写会に行って来ました。

知人を通して数年前から交流のある児童養護施設『光りの子どもの家』を8年間に渡って取材し、
映画にした”刀川和也”監督の作品『隣る人』の試写会に行って来ました。
何年か前に施設を訪問した時に監督とお会いしたのですが、
映画の完成にあたってご案内を頂き行って来ました。
知っている職員や子供たちのこれまで知らなかった日常が描かれていて、
大人社会が生み出す歪みの中に置かれながら生きる子供たちの姿にやはり考えさせられました。
昔ならば、戦時中に両親を亡くして孤児になったり、
また事故や病気などで両親を亡くしたりで孤児となってしまうケースが考えられますが、
親がいても同居できない心に傷を抱えた子供たちがいるという現代社会の歪みは、
自分自身が「光の子どもの家」の存在を知って初めて眼前に突き付けられた現実でした。
本来、生まれた時から子供の存在をしっかり受け止め、
認めてあげられる親が傍にいて初めて子供は自信をもって力強く生きていけるのだと思いますが、
”親がいても一緒に暮らせない”、
この現実は、両親を亡くしてしまった境遇にある子供たちよりも、
更に複雑で深い傷を子供たちに背負わせてしまっていると思います。

「光の子どもの家」は、数多くある児童養護施設の中でも担任制をとり、
その担任が親のような立場になって家族のような仕組みの中で生活しています。
親元を離れ暮らさなければならない不安を抱える子供たちにとっては、
自分自身の存在を一番認め、
愛して受け止めてくれる存在が親代わりである担任となるわけですが、
やはり担任にとっても子供たちにとっても、
本来の親子関係でないながらも、その関係に近づくための生活がなされているわけで、
本来の親子であっても悩むことの多い子育て、
これで良いのだろうかと、
きっと多くの不安や葛藤を抱えながらも築かれていっている信頼関係だと思います。

自分自身が常常考えていることですが、
幼い頃の子供たちの境遇というのは、
子供たちには全く責任のない中で突き付けられた境遇であり、
子供たちはそのことに対して、
ただただどうする手立てもなく受け入れていくしかないわけで、
こういう歪みを生み出し、
犠牲になっていってしまう子供たちが後を絶たないと思うと胸が痛むばかりです。
『光の子どもの家』では、社会の人たちと子供たちとが交流をもてる場を少しでも多くつくり、
将来、何か本人が壁にぶつかったり、
悩んだりしたときに心の支えとなってくれるような
社会の人たちとの関係を築いてあげれたらということを強く願っているようです。

実は、監督さん自分と同じ年齢で、
自分を応援いただいている人が結構多い鹿児島県人でした。
何かご縁を感じます。

・真ん中”刀川和也”監督と左”菅原哲男”施設長。

5月中旬から全国ロードショーで公開が始まります。
まだ日程は決まっていないようですが、
最初は、「ポレポレ東中野」のようです。
※前売り特別鑑賞券1,300円で発売中です。
「ポレポレ東中野」:03-3371-0081

子供たちの命をテーマに作った曲があります。

虐待をテーマにした曲:【君が僕を変えてゆく】
※初めて子供をもった時の震えるような感動を思い出して欲しいという願いを込めました。

いじめをテーマにした曲: 【命の花】
※子供たちのいじめによる自殺に胸を痛め、
ひとりひとりの子供たちが、それぞれのの花を精一杯咲かせて欲しいという願いを込めました。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes