横浜「開国博Y150」ライブ終了しました。

横浜「開国博Y150」ライブ、
早い頃は、都内や神奈川で新型インフルエンザ感染者が出たら中止かな?
という心配から始まり、
直前になってからは天気予報での天気が心配になりと不安材料はありましたが、
俺の後にブローウィンドレコードからメジャーデビューした”solenergy”とのブッキングライブ、
初夏を思わせる暑い天気の中で無事終了しました!

第1ステージ:
1:立ち上がれ
2:命の花
3:太陽へ向かうハイウェイ
4:男道

第2ステージ:
1:Become A Child Again
2:命の花
3:月
4:涙雨
5:追憶の故郷

第3ステージ
1:佐渡ヶ島
2:命の花
3:月
4:男道
5:それだけで幸せなこと

サポート:ジェンベ(masa)、ピアノ(永井寛子)
CD販売スタッフ:美月さん、masa婦人

やはり、新型インフルエンザの影響は否めないようで全体的にお客さんが少なかったのと、
とにかく暑いのでステージ前に用意された客席に屋根が無いこともあり、
じっくり座って聴くお客さんが少なかったのが残念でした。
同じ会場内のシアターのアトラクションが終るタイミングだと人の流れがあるんですが、
第1ステージはそのタイミングにうまくあたり
中学生くらいの若い女の子達が足を止めてステージ前で聴いてくれていました。
CD販売をしてくれていた”美月”さんの話では、
その後、聴いてくれていた中学生達にも好評だったようで
第1ステージではまずまずCDが売れたようです。
中学生にとっては金銭的にどうかと思いましたが、
意外にも遠足や修学旅行の生徒達が気に入るとCDを買うということがわかりました。
普段まとまった中学生や高校生の前で唄うことは少ないですからね…。
「Weekly? ぴあ」のCD満足度ランキングで
【月】が8位http://www.pia.co.jp/music/cd/081009_cdranking.htmlに入り、
10代の評価が一番高かったというのは、
CDのアレンジが若い子向けというのもあったのかな?と思いましたが、
改めて普段の自分のライブスタイルでも全然OKということ実証できた気がしました。

ちなみに、第1ステージのセットリストに【月】がないのは、
ステージ上でカポが何処にいったかわからなくなり、
急遽カポ無しの【男道】にしたからでした。
終って片付けでしゃがんだらポロっと落ちて来ました。
何処にあったんだろう…。(笑)

残念ながら、第2、第3ステージはそういうタイミングに当たりませんでしたが、
遠くで聴いていた奥様方がお仲間でチラシをもらいに来てくれたり、
自分も唄いながら気がつきましたが、
3ステージとも全て聴いてくれていた年配の男性が最後CDを買ってくれて、
「【涙雨】が入ったCDはないか?」と言ってくれていたようです。
実は、【涙雨】は先月行ったソロモン諸島のドキュメンタリー番組とのタイアップもあり、
次の第2弾シングルCDを出すことになっているのでうれしい声でした。

よく考えると、デビューCD【月】の制作でお世話になった
ブローウィンドレコードのマネージャースタッフのお二方には、
きちっとした自分の生ライブを聴いて頂いたのは初めてだったのですが、
レコーディングの時のサウンドマネージャーN氏が最後、
「YAMATOさんの歌の力なのか、この3人での演奏スタイルが合っているのか、
なんかすごく良かったですよ。」
「色んな人に聴いてもらいたいと思ったので、
これから色んな切り口で演奏できる機会を作れたらと思います。」
とうれしい言葉を頂きました。

暑い中でしたが、夏好きな俺にとっては、
一足早い夏の野外ライブっていう感じで気持ちの良いライブになりました。
足を運んで頂いた皆さん、ご協力頂いた皆さんありがとうございました!

2件のコメント

  • By mizuki, 2009年5月22日 @ 4:53 AM

    こんな時間にコメントですw
    久々に痒くて起きました。。。(T-T)

    お疲れ様でした!暑かったですねー。
    さすが伝説の晴れ男!不戦勝宣言を後悔しました(笑

    野外ライブは開放感があっていいですね。
    舞台の裏側を垣間見ることが出来て。貴重な経験をさせてもらって、ありがとうございます。
    3度もスタッフさんに注意されてしまいましたが(笑

    セカンドシングルが楽しみです!

  • By yamato, 2009年5月22日 @ 1:03 PM

    >mizukiさん、

    スタッフお疲れ様でした!
    助かりました~!

    それにしても暑かったね~。
    ちょっと気合入れすぎたかな?(笑)

    いずれステージでも!

Other Links to this Post

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes