【朱鷺色の島~ふたたび~】

デビュー記念ライブが終わってから、
佐渡や新潟への移動の間に詞を考え、
自宅に帰って作曲といった感じで創作活動を進めてます。
デビュー記念ライブ後、3曲完成しました。

トキの放鳥も話題になっているので、
以前から色んな人からトキをテーマに曲を作って欲しいと言われていたのですが、
天邪鬼な面を持っている俺は、
アマチュアの方でも色んな方が曲を作っていることを耳にしたりしてるし、
トキ放鳥が話題だからとそれに便乗して作りたくないと思っていたのであえて作らないでいました。
最近特に、トキの歌をYAMATOがどう表現するかを聴きたいという熱い声を頂くようになり、
自分の中でもある程度踏ん切りがついたので創作に乗り出すことにしました。

そして、曲が完成したので、
佐渡に関係する人達が様々な情報交換の場として運営されている”ばうむ”で歌詞を発表したのですが、、
間もなく行方不明になっていたトキのNo.15”みかん”が死んだというニュースが大々的に流れました。
実は行方不明になっているということも歌が出来上がった直後に知り、
見つかることを願っていたのですが、
忘年会先の箱根で死んでしまったというニュースを知りました。
トキの歌を作ったばかりだったのでニュースは正直ショックでしたが、
”みかん”に捧げる曲になった気がしてなりません。
自然で生き抜くことの厳しさを目の当たりにした思いです。

ということで、歌詞だけご紹介します。
「~ふたたび~」という言葉には、
かつてトキを絶滅させてしまった我々の反省と、
これからトキの自然復帰が成功するようにとの祈りの両方の思いが混在することで強調しました。

===================

【朱鷺色の島~ふたたび~】

詞/曲 YAMATO 2008

1:朝焼け眩い故郷の空に
力の限りに羽ばたいた朱鷺よ
溢れる希望を描くかのように
その翼は朝陽を浴び黄金に光る

ああ故郷の空よ
朱鷺色に染まれ
島人の心一つに
朱鷺色の島 ふたたび

2:夕映え彩る故郷の空を
命の限りに翔け渡る朱鷺よ
流れる血潮を奮わせるように
その翼は夕陽を浴び真赤に燃ゆる

ああ故郷の空よ
朱鷺色に染まれ
島人の心一つに
朱鷺色の島 ふたたび

ああ故郷の空よ
朱鷺色に染まれ
島人の心一つに
朱鷺色の島 ふたたび

==================

この歌詞の大体の流れができた頃、
朱鷺の保護活動に生涯を捧げた佐藤春雄先生の書かれた新聞記事を呼んで、
良かった!と思いました。
と言うのも、
2番で夕陽を受ける朱鷺をイメージした歌詞にしていたので、
佐藤春雄先生が、
「私は夕焼けを背景に空を舞う一羽のトキの優雅な美しさに心打たれました」
と書かれている部分があり、
偶然にも佐藤春雄先生がトキの保護運動を始められる原点となった部分に触れていたからです。
唄い込んだら近々ライブで発表します。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes