無事に帰国しました!

ご無沙汰していました。
お陰様で一昨日夜、
7泊8日のブーゲンビル島の慰霊巡拝ツアーから帰国しました!
今回は、旅の4日目から全身激しい蕁麻疹に見舞われ、
酷い痒みと火照りの症状を抱えながらの慰霊巡拝となりました。
元々、中国留学中に初めてアレルギー症状が出るようになったんですが、
普段日本で生活していても、
多分疲れているときに出るんだと思いますが、
年に1回あるかないかでたまに出ることがあります。
今回は本当に全身隈なく出た感じで、全身が腫れてる感じでしたね。

行きの飛行機の中から慰霊巡拝ではお馴染みの専属添乗員さんと
添乗員さんが男性のフライトアテンダントとも顔なじみのようで、
乗客が寝静まった後、最後部に行って盛り上がり、
結局1時間寝たか寝ないかの状態で翌日からの日程がスタート。(笑)
ガダルカナル島の時もそうだったんですが、
現地では毎晩1、2時間ごとに目が覚めるので、
熟睡できてないこともあるのか、
だからと言って昼間は疲れた感は全くなく至って元気なんですが、
やはり体の疲れもあって抵抗力が弱っていたんでしょう。

結局5日くらい我慢していたことになりますが、
帰国してからも全く症状が治まらないので、
昨日地元の病院の救急部に行って診てもらって来ました。
あいにく、専門医ではなかったのですが症状を診てもらい、
念のため採血して検査の後注射をしてもらって来ました。
専門医では無かったので、
明日は休み明けにまた改めて皮膚科に行って来ますが、
アレルギーの出方が食べ物というより
薬のアレルギー反応が出るときに似ているような話をしていました。
と言っても、現地では一切薬など飲んでないんですが、
思い当たる変わったものと言うと、
車の移動中に現地の人が差し入れしてくれた生の落花生か、
現地の人が作るジャングルジュースというアルコールを、ちょっとコーク割で飲んだくらい…。
あとは、水だけど、基本ミネラルウォーターしか飲まないので…。

たまたまアレルギーが出る前に日本から持って行った柿の種を食べたときに、
ご丁寧にアルレルギーが出る可能性のあるものとして袋に三種類書いてあり、
その中に落花生が書かれているのを見ました。
普段、日本では乾燥させたものを食べているので問題なくても、
生の落花生というのが悪かったのかな?とも思ったりしています。
かなり食べましたので。(笑)

今日は、多少症状は治まった来た感じですが、
とにかく本当に全身隈なくと言って良いほど酷いのいで、
明日また病院へ行って専門医に診て貰って来ます。
アレルギーが出る人は肝臓の機能が弱い人が多いらしいですが、
採血の結果は肝臓機能は数値的に問題ないとのことでした。
献血しての血液検査でもいつも問題ないですからね…。

慰霊巡拝自体は、また感動的な出会いなどもあり、充実したものになりました。
また、追って報告をブログにでもアップしたいと思いますが、
「全国ソロモン会」の会長はじめ事務局長、他に戦友の方が一人と、
90歳前後の方が今回も3人いましたが、
ガダルカナル島以上に過酷なあの慰霊巡拝のスケジュールを
何事も無く無事に消化してくるというのは、
本当に奇跡的なことだとつくづく感じながら帰って来ました。

追記:
知人のコメントで気づいたことがあります。
今回行ったブーゲンビル島で2泊したアラワと言う地にいる時に症状が出てきたんですが、
実は、その地はかつては銅山で大変繁栄した地域で、
地域民の間に鉱毒による健康被害が多発したことをきっかけに反政府軍の運動が勃発して、
大分沈静化されて来てはいるものの、
今でもブーゲンビル島の一部地域に反政府軍の残党がいるようなんですが
そういう縁のある地だったんですよね…。
診て貰った医者が、食べ物ではなく薬疹っぽい症状だと言ったことも
今思うとその辺が関係することがあるのかな?と。
自分の体が「アラワ」にいる時に口にしたものの中に、
わずかながらでも含まれている有毒物質に敏感に反応することが可能性としてあるのかどうか…?
とにかく明日、専門医のところに行って来ま~す!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes