昨日退院しました!

ブログをご無沙汰していましたが、
実は、11日から入院して12日に鼻腔内の手術をし、昨日無事に退院しました。
前回6月の手術では出血が多く途中で手術を中止せざるをえなかったのですが、
9割は取れていたので今回は残り1割と言うことでやはり術後が楽でした。
この手術で最も大きい患者負担は詰めたガーゼを取ることだと言われていて、
前回のように4本も入れていると、
抜く時に痛みで気分が悪くなってしばらく横になったくらいなんですが、
今回はガーゼ1本とスポンジ一つだたので、ほとんど痛みがなく楽でした。
ただ、やはり10年間放置したつけがあって、
眉のあたりにある鼻腔からつながっている前頭洞まで陰影があり、
膿であれば良いのですが、腫瘍が入り込んでいる場合、
基本的には鼻腔から90度曲がるような感じになるので鼻腔からの切除が難しく、
眉の上あたりの前頭部を切開しての手術になる可能性があると言われていました。
医師も、人前に出る職業だけに傷が残ることになるので気にかけてくれていたのですが、
今回腫瘍が入り込んでいたものの、
運良く鼻腔からほじり出すようにしてきれいに取れたとのことでした。
根っこと思われるあたりの残りの部分が残っていたのですが、
とりあえずはきれいに取れたそうです。
ただウィルイスが少しでも残っていると再発の可能性の高いしぶとい腫瘍なので、
また今後長く経過をみながらになります。
10年も放置したので大きなことになってしまいましたが、
量が少なければ本来外来での通院手術でできるようです。
振り返ると発病したと思われる十数年前、
花粉症が酷かった頃にかなり頻繁に鼻血を出すことがあり、
そう言う時は粘膜に傷がある状態なので、
その頃に乳頭腫の原因になるウィルスが粘膜の傷に入り込んで発病した可能性が高いですね。
とにかく、きれいに根っこが取れていると良いのですが…。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes