【ふる里あがつま 四季の歌】ジャケットデザイン完成!

一昨日は、ガダルカナル島在住の「全国ソロモン会」顧問のY.SATO先生が、
ガダルカナル島から一時帰国されたいるため、
都合のつく会員メンバーで会食をしました。
もう70歳半ばになられると思いますが、
お元気そうで何よりでした。

18486119_969396859863448_1722284941452312268_n

さて、来る7月9日に、
群馬の東吾妻町で「よみがえれ東吾妻」主催、東吾妻町、東吾妻町観光協会後援で、
自分が作ったご当地ソング【ふる里あがつま四季の歌】の
完成お披露目コンサートを開催して頂きますが、
【ふるさと さいたま四季の歌】に続き、
CDジャケットのデザインが完成しました。
さいたま市の場合は、都会的な要素がある歌詞の四季の歌でしたが、
東吾妻町は、本当に自然豊かな場所なので、
そんな四季の歌になっています。
ジャケットにそのあたりが表れるので面白いですね。
さいたま市の歌の題字は、
女性パートを歌って頂いた書道家の”関根雅美”さんに書いて頂きましたが、
東吾妻町は、一昨年神戸ライブでお世話になって以来お付き合いのある
書道家”康越”さんに書いて頂きました。
両方のCDとも、プロの書道家に書いて頂いたので、
CDのクオリティーがぐっと上がり感謝です。
つくづく面白いもので、
それぞれの題字の字体がジャケットの画像にピッタリ合ってますよね!
字体を交換してイメージしてみると、
やっぱり違いますね…。
プロはすごいなと関心させられます。

P1-P16

0001

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes