うれしい健康面の改善がありました。

知らない方は、いきなりどうした?と思う画像かも知れませんが、
気が付いたら個人的に健康面でうれしい変化があったので、
3年前の入院中の懐かしい画像と共に…。(笑)

140702_0613001

応援頂いている皆さんはご存知の通り、
14年前に左の副鼻腔いっぱいにできていた
ウィルス性の腫瘍を手術して声が戻ったことが
音楽活動を踏み切る一つのきっかけになったわけですが、
腫瘍の根っこをきれいに取り切らない限り再発の可能性の高い病気で、
最初の手術が局所麻酔だったこともあり、
根っこが取り切れなかったのでしょう。
3年後には再発して、全身麻酔での再手術と言われながら、
音楽活動が忙しくなってきたタイミングと言うこともあり、
それから7,8年放置してしまいました。
歌うのはもちろん、日常生活にもかなり支障をきたしていたこともあり、
2014年11月の10周年記念コンサートに
ベストなコンディションで挑みたいと思い、
その年の6月に思い切って手術をしましたが、
あまりにも放置しすぎで酷くなってなっていたので
出血が多すぎて一回では腫瘍を取り切れず、
とりあえずは、何とか声の出がよくなった状態で10周年コンサートに挟み、
12月に再手術をしました。
それから約3年、再発の兆候はないので良かったのですが、
この2年近く、
術後しばらくはなかった
左の鼻からだけ常に粘液性の鼻水が出続ける症状に悩まされていました。
自分と交流のある方は、会っている時にティッシュを渡してくれる方もいたりで、
風邪でも引いているのかな?と思った方もいたかも知れませんが、
術後の原因不明の症状で、ほぼ毎回鼻水をすすりながらライブという状態が続き、
ハーモニカを吹く時に息を吸わないといけないのに、
息を吐きっぱなしで吸えず、うまく音が出せないこともばしばしばでした。
担当医は、鼻の粘膜をあれだけ切除したのでしょうがないかなと言う感じで、
試しにもらった薬も一時呑んでも一向に効く様子はなく、
実はかなり困っていました。
ところが、この夏佐渡に帰省中、扇風機をかけっぱなしで寝たのが原因で、
一週間以上酷い鼻風邪に見舞われ体調が悪くなり、
それでも海に入れる日は潜ってましたが…(笑)、
その時はさすがに両方の鼻から鼻水がズルズルでした。
風邪が抜けて体調が戻り、
佐渡から帰って9月に入ってからふと気が付いたら
左の鼻からあんなに出続けていた鼻水がすっかり止まっています。
いや~、原因は何だったんでしょうかね?
実は、半年ごとに経過を診てもらうことになっている医者にも1年余り行ってないので、
行かないといけないんですが、
海に入っていたのが良かったのかな…?(笑)
ということで、ライブが快適にできる状態になりましたので、
個人的にうれしいご報告でした。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes