新曲【いつかの蛍火】の歌詞。

佐渡に帰っている間に季節外れの”蛍”がテーマの歌を作りました。
作りかけたまま佐渡に行き、佐渡で夜中に創作モードに入り大体を仕上げて、
昨夜佐渡から帰って今日最後歌詞とメロディーを詰めて出来上がったかな?と。
何となく3.11までにと言う意識が働いて急ぎました。

元々実家のある地域に昔はたくさんいた蛍が、
故郷を離れていつからか消えてしまい、今は全く見れなくなってしまっています。
どのくらい前か、自分が音楽活動を始める前だったと思うので、
15年以上前だと思いますが、
ある年の夏父親から「今年は蛍がたくさん出てる」と嬉しそうな電話がありましたが、
ただ何でその年だけだったのかわかりませんが、
残念ながらそれっきりだったようです。
そんなこともあり、いつか蛍をテーマに歌をと思っていたものです。
蛍が消えた原因は、
昔一時毎年春先にやっていた田んぼへの農薬の空中散布だと思いますが、
一度失った自然環境を取り戻すのは大変だな…と、
そんな意味を込めたのと、
あとは歌詞を読んで頂ければわかって頂けるかも知れませんが、
もうすぐ3.11が来ることもあり、
それまでにと思い蛍に重ねて鎮魂の意味も込めてあります。

【いつかの蛍火】
詞·曲/YAMATO

(一)
夏夜に灯る蛍火は 誰の悲しみ抱いて飛ぶ
儚く瞬き放っては 時の彼方で揺れ惑う

川面に映る蛍火を 二人並んで見つめてた
星降る空の天の川 誰が流した涙川

都会の暮らしに忘れかけた 遠いいつかの夏模様
淡い恋と蛍火は 何処へ消えてしまったか
時を戻してこの指止まれ

(ニ)
夏夜に灯る蛍火は 誰の魂抱いて飛ぶ
消えそにそれでも燃えながら 時の彼方で舞い踊る

指先乗せた蛍火を 君は夜空に翳そうと
見上げた空に流れ星 誰が散らした命星

都会のネオンに霞みかけた 遠いいつかの夏模様
淡い恋と蛍火は 何故に消えてしまったか

寄せ返す波 入道雲  風鈴 夕立 蝉時雨

移ろう季節に夏も巡り 遠いいつかの夏模様
淡い恋と蛍火は 消えることない幻影(まぼろし)か
時を戻してこの指止まれ
時を戻してこの指止まれ

53300014_2141731542583043_784046455978459136_n

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes