明日は、長野飯綱町でのライブです。

昨夜は、明治大学紫紺館椿山荘で、
ガダルカナル島で26年間キタノメンダナホテルの総支配人をされていた
山縣さんがいよいよ帰国されたので、
これまで「全国ソロモン会」はもちろん、
遺族会やJICAなどガ島に行った時にお世話になった皆さんか集まりました。
ガ島に帰化し、
かつてソロモン諸島国の国会議員までされたY.SATO先生や山縣さんには、
戦没者の遺骨調査や遺骨収容にあたって、
現地での情報を提供頂いたり、大変長い間ご尽力頂きました。
振り返ると、自分がはじめてガダルカナル島に行ったのが2009年3月。
「涙雨」と言う鎮魂歌を作ったのがきっかけで、
現地の慰霊祭で歌って欲しいと言う、
当時の「全国ソロモン会」故菊本事務局長さんの強い要望がきっかけでした。
その後は、2011 年2月〜3月にかけて、
政府派遣の遺骨収容でも一度行かせて頂きましたが、
帰国して九段会館に一泊し、
納骨式を終えて帰宅した翌日が東日本大震災でした。
地震で九段会館の天井が落ちたので、
一日ずれていたら大変なことになっていたな…という感じだったのを思い出します。
ガダルカナル島ではないですが、
2009年6月にブーゲンビル島の慰霊巡拝にも同行した時の映像を使った
「涙雨」がこちらで観れます。
https://youtu.be/4KmArwUj7nk

58441799_2214795461943317_4885321206649061376_n

・元ソロモン諸島国岩撫大使。
58598992_2214795515276645_909038980773707776_n

・山縣さん。
57989036_2214795565276640_5263804522320363520_n

さて、明日は昨年9月以来の長野県飯綱町でのライブです。
上越に行く予定が入り、農繁期なのでどうかと思ったんですか、
ついでにライブができるかどうか前回もお世話になった
「スナックMAMI」のママさんに声をかけると、
あまり時間がない中で段取りしてくれました。
飯綱町のご当地ソングも2曲作り、CD制作中なんですが、
今回CDが間に合うと良かったものの、
四季をテーマ作った歌の歌詞に出てくるイベントが、
天候の影響で夏から春に変わり、
自ずと歌詞を変えて新たにレコーディングしないといけなくなったため、
今回は間に合わず、ライブでお披露目するだけになってしまいます。
ジャケットもデザイン中ですので、もう少しお待ち下さい!
明日は、ママさんも立ち上げメンバーになって復活させた、
地元の権現太鼓もサポートアクトとしてあり楽しみです!
前回は皆さん温かく盛り上げて頂き、
楽しい交流ができましたが、
また飯綱町の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

58374899_2216176065138590_2454789159324221440_n

・ママさんと。
58619883_2216204871802376_6188257784237129728_n

・飯綱権現太鼓。(左がママさんです。)
58380671_2216204911802372_1296334409695232000_n

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes