佐渡の報告⑦

●7月2日
この日、朝一便のジェットフォイルで佐渡を離れましたが、
両親を羽村の凄腕整体師青木先生に施術してもらうために連れて来ました。
途中新潟に着くと、
作ってあった『小木ダイビングセンター』のイメージソング
【琴浦仲間たちの歌】のCDを渡すために
友人が新潟市内で経営している『ダイビングショップ海風』に寄りました。
30枚預けて来ましたので、よろしくお願いします!

65502810_2235298639918939_2498508413114253312_n

64285646_2235298649918938_1584107977420308480_n

今回佐渡に帰ったのは、
元々相川中学校で依頼を受けた学校ライブ講演のオファーがあったからなんですが、
新潟であった地震の直後から佐渡牛の繁殖をしている親父が
腸閉塞になった為に早めに佐渡に帰り、
当初2,3日滞在の予定が退院するまで母親を手伝い2週間ほどになりました。
普段気丈な母親が元気な時なら、
一人でやるので心配ないから帰るように言われるんですが、
今回は酷い時は立てないほど膝が痛かったようで、
暫く這うように生活をしていたらしいので、
一時より痛みは減ったものの、
さすがに自分の助けを借りずにはいかなかったようです。
丁度学校ライブ講演の前後のスケジュールが空いているタイミングだったので、
本当良かったです。

6年くらい前にも、その時は別の原因でしたが、
母親は立てないほどの症状を佐渡から出て来て
青木先生に2回治してもらってるんですが、
それだけ痛みで大変な思いをしていても、
さすがに80歳近くなると東京まで出てくるのを躊躇っていて、
通っている整形外科の先生からは、
石灰化してるのはみんな年齢だからしょうがないと言われるだけで、
ただ痛みを止める鎮痛剤をもらっていただけのようでした。
いざとなれば手術するかと言うくらい考えていたようです。
少し前に痛みが酷くて我慢できなかったようで、
更に強い薬をもらい明らかにその副作用だと思いますが、
今回いる間に血圧が200を超える日がありましたね。
さすがに、自分の説得に腹をくくり青木先生に施術してもらうことにしました。
あとは、やはりあっちこっち痛めている父親。
以前母親と一緒に施術してもらったことがあったんですが、
これまでもまた青木先生にメンテナンスしてもらった方が良いと言ってはいても、
牛がいるから行ってられないと頑なな返事しかしない父親の説得でしたが、
退院してから母親が行く気になっているのと、
留守の間妹達が仕事の合間に交代で牛の世話をしてくれるとのことで、
どうにか説得に応じました。
でも、結局牛が心配なのでと、
施術後は高崎駅まで車で送って新幹線でトンボ返りでしたが。
結局両親とも嘘のように痛みから開放されて、
来てよかったと上機嫌で帰って行きました。

まず母親ですが、一番痛みの酷かった右膝は、靭帯断裂、剥離骨折してました。
剥離骨折している筋繊維と骨の間が石灰化しているとのことでしたが、
両親が通っている佐渡の整形外科医院で言われていた痛みの原因が
石灰化と言うのは全然違いました。
そして、それだけではなく、それをかばっていたからか、
反対の左膝は脱臼していました。
膝の脱臼は、1週間ほど固まるまでは安静にしていた方が良いとのことでした。
痛いわけですよね…。
さすがに一番酷い時は動けなかったようですが、
そんな状態で我慢して仕事してたのかと言う感じです。
何だか相撲とか激しい格闘技系のスポーツをしている人でもあるまいし、
と言うような怪我ですよね。
後は、何年か前に他の車に追突された時のものだと思いますが、
首の骨のズレとむち打ちがあり治してもらいました。

そして、父親はと言うと、
まず両膝付近の筋肉が変な風に固まっていたようで、
施術は呻くくらいかなり痛そうでしたが、
スムースに曲げ伸ばしができ、自由に動くようになりました。
あと、動かし方によって腰がかなり痛かったようですが、
やはりズレていて、これまで自分もやってもらったことがあるし、
他の人を見ている限りでも骨のズレは瞬間的に簡単に治すんですが、
父親はズレた骨の周りの筋肉がかなり凝り固まっていたようで、
戻るまでちょっと時間がかかってました。
それだけ症状が酷いということなんですが、
施術がかなり痛かったようで、
痛みに慣れてそうな父親が脂汗をかいて痛がっていましたね。
右腕も痛くて自由に動かせないくらいだったようですが、
要は四十肩、五十肩の酷い感じで固まっていたらしく、
それも自由に動かせるようになって驚いていました。
むち打ちも軽くあったようでそれも。
まさに全身メンテナンスしてもらい、
両親とも本当に体が軽くなったようで、喜んで帰りました。

病院でレントゲンを撮ってもわからないような症状を
指で触って瞬時にどうなってるとかわかるので、
本当指先がどうなってるの?と言う感じです。
普段父親が生き甲斐にやっている佐渡牛の繁殖、
母親も手伝って働き続けて体を酷使しているので、
何処まで良い状態を保てるかわかりませんが、
暫くは痛みから開放されて快適な生活できそうです。

66042412_2334138143342381_7728825105492475904_n

64607006_2334138226675706_7879331445422948352_n

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする

WordPress Themes